いらなくなった布団の捨て方を伝授! 処分方法を3つ紹介します。


いらなくなった古い布団が押入れを占領していませんか?
布団は大きいうえに重いものが多く、ついついタンスの肥やしにしてしまいがち。
限りある収納スペースを有効に使うために、古くなった布団は処分してしまいましょう。
ここでは布団の捨て方を3つご紹介します。
大量の古い布団をどうしよう・・・とお困りの方はぜひ参考にしてください。

捨て方1:粗大ごみとして出す

自治体が発行している粗大ごみ券・粗大ごみシールを購入して布団に貼付け、粗大ごみとして出すことができます。
自治体によって回収の仕方は違いますので、必ず一度確認しましょう。
この捨て方なら粗大ごみ券代だけで済みます。
費用が比較的少なくて済むのが最大のメリットですね。
デメリットは、大量の布団はこの方法では捨てづらいこと。
1組ぐらいの布団ならカンタンですが、何十枚という布団を捨てるのは大変です。
費用も布団の枚数だけかかります。
どうしても粗大ごみで大量に捨てる場合は費用がかかることを覚悟しつつ、家族の助けを借りて処分しましょう。
捨てる時は布団をキレイにたたんで縛っておき、回収しやすいようにして出してください。

捨て方2:小さく切って燃えるごみとして出す

布団を細かく切ってしまえば、たいていは燃えるごみとして出せば引き取ってもらえます。
自治体指定の袋に入れて出すだけですから、費用はゼロ。
費用をかけずに捨てたい方にはこの捨て方がいいでしょう。
念のため自治体に燃えるごみとして捨てられるかどうかの確認をしておいてください。
この方法は費用ゼロが最大のメリットですが、なにしろ力仕事になりますから女性一人では大変です。
自治体指定の燃えるごみ袋が小さい場合はかなり細かくする必要があります。
大量の布団の廃棄には向いていませんのでご注意を。

捨て方3:不用品回収業者にお願いする

不用品回収業者にお願いするときの最大のメリットは、家まで回収してくれることと自分の都合に合わせて捨てられること、そして大量の布団でも捨てやすいことです。
実家の遺品を整理したら大量の布団が出てきて処分したい、という場合などは不用品回収業者がイチバン便利です。
業者が近くにあれば即日回収してくれるところもあります。
大量の布団を処分したい人や引越しなどですぐに捨てたい! という人、粗大ごみの日まで待てない人、捨てる時間が無い人は不用品回収業者にお願いするとよいでしょう。
ただし、不用品の回収はリサイクルと違って買い取ってはくれませんから、費用がかかることを忘れずに!
業者の方は事前に見積もりしてくれます。
見積額に納得してからお願いしてくださいね。

布団の捨て方まとめ

  • 粗大ごみとして捨てる(若干の費用がかかる・大量に捨てるのは難しい)
  • 小さく切って燃えるごみとして出す(費用がかからない・大量には捨てられない)
  • 不用品回収業者にお願いする(費用がかかる・大量に捨てたい時、すぐに捨てたい時に便利)

いかがでしたでしょうか?
それぞれのメリット・デメリットを比較しながら捨て方を検討してください。
1・2組の布団を捨てるなら粗大ゴミか燃えるごみで。
大量に捨てるとき・すぐに捨てたいときは不用品回収業者で・・・という使い分けがおすすめです。


不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから