原因を突き止めて“片付けられない”から卒業しよう!

片付け

片付けられないということには幾つかの原因があります。
片付けられないから…と、あきらめてしまう前に、一度片付けられない原因と対策方法を確認してみましょう。
片付けられない原因とその対策方法を紹介します。

片付けられない原因1:部屋を綺麗にしてもすぐに乱雑になってしまう

部屋を綺麗に片付けてもしばらく経つと乱雑になってしまうというのは良くある悩みです。
この原因は“収納場所と収納物が適切ではない”というのが原因です。
収納場所と収納物を適切に整理する方法をについてご紹介しましょう。

良く使うものは取りやすい位置に配置

片付けても経過と共に散らかってしまう原因は、頻繁に使用するものと使用頻度の低いものを同じ場所に片付けているということにあります。
部屋を片付ける時には“モノの使用頻度”を考えることで整理を上手に行なうことができます。
使用頻度の高いものは取り易い位置に整理し、使用頻度の低いものは取り難い位置に配置することで、部屋の状況を長期間維持することができます。

片付けられない原因2:ゴミの捨て方が分からない…

片付けられない原因の一つに、ゴミの捨て方が分からないという原因があります。
ゴミの捨て方は自治体ごとに決められたルールがあり“引越しを期にゴミの捨て方が分からなくなった”、“ゴミの捨て方が複雑で分からない”といった悩みから片付けられないという人も少なくはありません。
では“捨て方に迷うごみ”について処分方法をご紹介しましょう。

USBメモリなどのPC周辺機器

外装がプラスチックで作られているUSBメモリやマウスは可燃ごみとして捨てることができます。
自治体の使用する焼却施設によって対応は異なりますが、プラスチックを燃えるごみとして分類する地域ではUSBメモリ、マウスなどほとんどがプラスチックでできている製品は燃えるごみとして捨てることができます。

大きなごみは粗大ごみ

処分に困る大きな家電や家具などは粗大ごみとして処分することができます。
粗大ごみは有料なので「有料粗大ごみ処理券」を購入することで自治体の指定した回収日に捨てることができます。
粗大ごみは処分する地域の自治体に対して「申し込み」→「粗大ごみ処理券の購入」→「収集日に回収」の手順で手続きを行ないます。
手続きや収集場所まので運搬など面倒は多いのですが、業者などに回収を依頼するよりも安い料金で処分することができます。

片付けられない原因3:どうしても片付けるのが難しい…

片付けようとしても個人の力ではどうしても難しいという状況があります。
そのような場合には不用品回収業者のサービスを利用するというのも一つの方法です。
不用品回収業者は粗大ごみなどの大型の不用品から生活ごみまで幅広く回収サービスを行なっています。
自分ひとりでは難しい片付けも専用スタッフのサポートを受けることもできます。
また、利用者が女性の場合には「女性スタッフによるサービス」も受けられ女性に一人暮らしでも安心して利用することができます。
不用品回収業者は不用品の回収に加えて、買い取りサービスも行なっているので買い取りサービスも併用することでオトクに片付けることができます。

片付けられない原因は非常に様々

片付けられない理由は “普段忙しく家に帰ると寝るだけの生活になってしまう”・“片付けようと思っているのに片付け方が分からない”など非常に様々な理由があります。
自分がどのような理由で片付けられないのかを知り適切に対応することで効率的に片づけを行うことができます。
片付けに対してストレスを溜めないようにマイペースで片付けるというのも大切な心掛けです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから