実は意外に難しい!? 洗濯機の捨て方とは?

洗濯機はどのご家庭にもある大型家電のひとつですよね。
では、この洗濯機が不要になったときの処分方法はご存知ですか?
「粗大ごみじゃダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、今は法律によって洗濯機は自治体では回収できないことになっているのです。
そこで今回は洗濯機の処分方法でお困りの方のために、洗濯機の正しい捨て方をご紹介しましょう。

どうして自治体で回収してくれないの?

洗濯機は平成13年より施行された家電リサイクル法の対象家電です。
この法律によって洗濯機はメーカーが責任をもって回収しなければならなくなり、使用者はリサイクル料を払って家電量販店などに引き取りをお願いしなくてはならなくなりました。
ですから、どんなに小型なものであっても、洗濯機は自治体に回収を依頼することができません。
また、どこに引き取りを依頼しても必ず一定の料金がかかります。
もし、リサイクル業者以外で、無料で回収、処分をしてくれるという業者が現れても依頼をするのはやめておきましょう。
トラブルになる可能性が高いです。

買い換える場合は引き取ってもらえるかも

洗濯機を買い替える場合は、家電量販店が古いものを引き取ってくれることがあります。
この場合は新しい洗濯機の配送時に引き換え、ということが多いので、必ずすぐに渡せるようにホースの水を抜き、コンセントやアースも外しておきましょう。

いざ、という時は不用品回収業者に依頼しよう

  • 事情があってすぐに洗濯機を処分したい
  • 古い洗濯機が何台もあり、処分に困っている
  • 人手がなく、古い洗濯機を回収してもらう店まで持っていけない

このような場合は不用品回収業者に処分を依頼してみましょう。
「こんな大型家電、持っていってくれるの?」と思うかもしれませんが、最近の不用品回収業者はむしろこのような大型の家具、家電の引き取りをメインにしているところが多いのです。
「後で高額の回収料を請求されたらどうしよう」と不安な場合は必ず最初に見積もりを作ってもらいましょう。
実績のある優良な業者ならば、「洗濯機の処分をお願いします」といえば、洗濯機のメーカーや種類、年式を電話で伝えるだけで見積もりを作成してもらえます。
また、早ければ依頼をしたその日に回収に来てくれますので、お急ぎの方にもピッタリです。
回収を依頼した場合は、家電量販店の時と同じようにすぐに持っていってもらえるように、準備を整えておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
いざという時は不用品回収業者に頼めばスムーズに持っていってもらえるようですね。
どうにもこうにも処分に困っている場合はぜひ利用してみましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから