押し買いを撃退する方法は? 悪質業者を追い払うコツと対策を詳しく!

「押し買いが増えているようだが、よくある手口や撃退する方法を知りたい」「一人暮らしの親が押し買い被害に遭わないか心配だ」とお考えではないでしょうか。大切なものを不当な方法で安く買いたたかれるのは、困りますよね。被害を防ぐためにも、業者がどんな手口を使うのかを知り、対策法を心得ておくことが大切です。

そこで今回は、押し買いを撃退する方法について詳しく解説します。

  1. 押し買いトラブルが増加中
  2. 押し買いを撃退する方法
  3. 押し買い被害に遭ったときの対処法
  4. 押し買い被害を予防するための業者選び
  5. 押し買いの撃退に関するよくある質問

この記事を読むことで、押し買い業者を撃退するコツがよく分かります。まずは、記事を参考にしてください。

1.押し買いトラブルが増加中

最初に、押し買いトラブルの主な手口や被害に遭いやすい人などを見ていきましょう。

1-1.押し買いとはどんな手口か

押し買いとは、貴金属類などの金銭価値の高いものを不当に安い価格で無理やり買取することです。業者は、最初に営業車で住宅街を巡回したり勧誘電話をかけたりして、ターゲットの家に目星を付けます。その後、突然訪問して「キャンペーンで不用品を無料回収している」などと巧みな言葉を使って家に上が込むのです。上がり込んだ後は、勝手にタンスや押し入れなどを物色し、金銭価値の高いものを探し出し、1,000円など不当に安い価格で買取してしまいます。不用品を無料で回収してもらうつもりが、思わぬトラブル巻き込まれる結果になるのです。

1-2.一人暮らしの高齢者や女性などがターゲット

押し買いの被害に遭いやすい人には、以下のような特徴があります。業者がものごとを強引に進めやすい人物と判断され、ターゲットとなるのです。

  • 一人暮らしの高齢者や女性
  • 主婦など日中に一人で在宅となることがある
  • 優柔不断でおとなしい

1-3.押し買いの被害に遭いやすいものは?

押し買い被害に遭いやすいのは、以下のようなものです。

  • 時計
  • 貴金属類
  • 着物
  • 高級ブランド品
  • 骨とう品
  • 絵画

1-4.押し買いは特定商取引法で規制される

押し買い被害が急増・問題視されたことを受け、2012年には特定商取引法が改正、2013年2月に施行され、押し買いにもクーリング・オフ制度が適用されるようになりました。クーリング・オフ制度とは、契約日を含めて8日以内なら解約できる制度です。また、法改正によって、押し買いされたものの転売先にも返還を求めることができるようになりました。

1-5.被害件数が急増している

最近、押し買いの被害件数が急増しています。押し買いに関する相談数は、2017年で8,431件もの数に上っているのです。2010年には2,367件だったことを考えれば、深刻な問題と言えるでしょう。押し買いの被害は、いつ誰が遭ってもおかしくない状況にあるのです。

2.押し買いを撃退する方法

実際に押し買いを撃退する方法を詳しく解説します。

2-1.勧誘電話はすぐに断る

勧誘電話と判明したら、すぐに断ってください。押し買い業者は、手始めに勧誘電話をかけてくることが多く見られます。実際に電話をかけてみて、訪問するかどうかを決めているのです。電話でキッパリと断ることができると、訪問してくる確率がグンと下がります。反対に、適当に相づちを打って業者の話を聞いてしまったりあいまいな言葉使いをしていたりすると、ターゲットとなることでしょう。

2-2.ドア越しに断る

押し買い業者と思われる訪問があったら、ドア越しにキッパリ断ってください。ドアを開けてもらえないと分かれば、あきらめて帰っていくはずです。「話を聞いてもらうだけでいい」と言われてドアを開けてしまうと素早く家の中に入り込んでしまうこともあるので、油断しないでください。押し買い業者に同情は不要です。ドア越しにキッパリ断って、撃退しましょう。

2-3.名刺を要求する

業者に名刺を要求するのもいい方法です。きちんとした業者なら、会社名・部署名・担当者名・会社の住所と連絡先が明記された名刺があります。名刺の提示を拒否する、忘れたなどとはぐらかしたら、その時点でキッパリ断ってください。また、名刺を受け取った場合でもすぐに信用せず、ネットなどで調べてみるといいでしょう。

2-4.警察を呼ぶことを告げる

なかなか玄関先から帰ってくれない場合、警察を呼ぶことを告げるのもいい方法です。業者も自分たちが不法行為をしている自覚があるため、警察に来られるのが一番困ります。警察を呼ぶと言っても帰らないのなら、実際に電話をしてもいいでしょう。ポイントは、大きな声で玄関の外にまで聞こえるようにすることです。

3.押し買い被害に遭ったときの対処法

押し買い被害に遭ったときの対処法について詳しく解説します。

3-1.まずは冷静に被害状況を確認する

押し買い被害に遭ったら、まずは冷静になって被害状況を確認し、書き出しておきましょう。今後、具体的に対処するときに役立ちます。

  • 被害日時
  • 被害内容(押し買いされた品目)
  • 業者名・担当者名
  • 押し買いで受け取った金額
  • 契約書の日付
  • そのほか業者の言動や行動の詳細

3-2.クーリング・オフ制度を利用する

押し買いの被害に遭ってから契約日を入れて8日以内の場合は、クーリング・オフ制度を利用しましょう。以下の内容を記載して、業者に対し契約解除通知書を作成・送付し、クーリング・オフを申し出てください。

  • 契約年月日
  • 押し買いされた物品詳細
  • 企業名(営業所と担当者名)
  • 契約を解除する旨の通知文
  • 通知を送付した年月日
  • 自分の住所・氏名

なお、クーリング・オフは必ず書面で申し出る必要があります。電話で伝えても無効なので注意してください。証拠を残すために、はがきの場合は両面をコピーする、郵便局から特定記録郵便や簡易書留などで出すことをおすすめします。より詳しい内容は、独立行政法人国民生活センターのクーリング・オフ特集ページをご覧ください。

3-3.第三者機関に相談する

押し買いの被害に遭ったときは、公的な第三者期間に相談するのもおすすめです。たとえば、独立行政法人国民生活センターでは、押し買いに関する相談に無料で乗ってもらえます。特に悪質なケースでは、業者に指導してもらえることもあるでしょう。悪質な業者でも、公的な機関から指導が入れば、解約に応じてもらいやすくなります。

3-4.弁護士に相談する

被害金額が大きい場合や悪質で法的な手続きを取りたい場合は、弁護士に相談するのもいいでしょう。弁護士は、法律の専門家として適切なアドバイスをしてくれます。ただし、相談料が1時間数千円~が相場です。とりあえず相談だけしたい場合は、法テラスなどの無料相談を利用するのもいいでしょう。

3-5.一人で抱え込まないことが大切

押し買いの被害に遭ったら、一人で抱え込まないことが大切です。押し買いは、加害者が一方的に悪いことであり、被害者に非はありません。まずは、すぐほかの人に相談して助けを求めましょう。適切な解決策が分かるだけでなく、気持ちも楽になります。早期に問題を解決し、大切なものを取り戻すためにもほかの人に相談してください。悩んでいる間にクーリング・オフ期間が過ぎてしまったり業者との連絡が付かなくなったりしてからではさらに困ります。

4.押し買い被害を予防するための業者選び

被害を予防するためにも、押し買い業者の主な特徴や信頼できる業者の選び方を知っておきましょう。

4-1.押し買い業者の特徴

押し買い業者には、以下のような特徴があります。一つでも当てはまる業者は、撃退しましょう。

  • 電話勧誘や飛び込み訪問でやってくる
  • 必要以上に無料査定や無料回収を強調する
  • 何回断ってもしつこくコンタクトしてくる
  • 会社名や名刺・身分証明書を提示しない
  • きちんとした自社ホームページを持っていない
  • 古物商許可を未取得
  • 平日の昼間など女性や高齢者が一人で在宅になるタイミングを狙う

4-2.信頼できる業者の選び方

不用品の処分を依頼する場合は、押し買いの被害に遭わないためにも以下の条件を満たした業者を選ぶことが大切です。

  • 不用品回収分野で豊富な実績がある
  • 回収後の不用品は再販もしくは資源リサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の日時に作業を依頼できる
  • きちんとした自社ホームページがあり連絡先が明記してある
  • スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

なお、当クリーンレスキューでは、豊富な実績と誠実な作業で多くのお客様よりご信頼いただいています。不用品の処分をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

5.押し買いの撃退に関するよくある質問

最後に、押し買い業者の撃退に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.特に金銭価値が高いものがない場合は安心していい?
A.金銭的な被害額がなくても、安心できません。たとえば、目ぼしい成果がないことにイライラした業者が家のものを破損することもあります。家に入れないことが一番の防御策です。

Q.顔見知りの人に押し買いされることもある?
A.あり得ます。たとえば、最初は親切な人としてターゲットに近づき、相手が心を開いたタイミングで押し買いに至ることもあるでしょう。

Q.押し買いを断ると脅されるのではないかと不安なのですが?
A.不安になる気持ちも分かります。しかし、実際には断っても問題ありません。押し買い業者たちも、特定のターゲットだけに時間を使う余裕はないからです。まずは、キッパリ断る勇気を持ちましょう。

Q.契約書を受け取っていないくてもクーリング・オフは可能?
A.可能です。さらに、契約書を受け取っていない場合は契約日そのものが無効になるため、8日を過ぎてもクーリング・オフが適用できます。

Q.業者が上がり込んだまま帰ってくれない場合は警察を呼んでいい?
A.はい。そもそも、許可していないのに家に上がり込んだ時点で不法侵入です。さらに居座って帰ってくれないのなら、迷わず警察を呼びましょう。また、警察が到着する前でも身の危険を感じたら、家を離れることも必要です。

まとめ

今回は、押し買い業者の撃退について詳しく解説しました。押し買い業者は、自分たちの利益だけを考えて行動しています。一人暮らしの高齢者などをターゲットにし、金銭価値の高いものを中心に無理やり安い価格で買取していくので、十分に注意してください。悪意業者は、絶対に家の中に入れてはいけません。万が一訪問してきても、玄関の戸を開けずに断ることが大切です。もしも実際に被害に遭ってしまったときは、一人で抱え込まずにすぐ家族や第三者に相談しましょう。押し買いにもクーリング・オフ制度が利用できます。被害に遭っても泣き寝入りせず、手続きを進めましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから