パソコンやスマホなどデジタル遺品を整理するコツ・注意点は?

「パソコンのデータを消去したほうがいいの?」など、デジタル遺品の扱い方に悩んでいる方は多いでしょう。遺品整理でパソコンやスマホなどのデジタル遺品を処分する際は、必ずデータを消去しなければなりません。きちんと消去しなければ、大切なデータが外部に流出する恐れがあります。

本記事では、デジタル遺品を処分する際の注意点などについて解説しましょう。

  1. 遺品のパソコンやスマホに関するトラブル
  2. パソコン・スマホが遺品になる前にできること
  3. パソコン・スマホが遺品になってしまったらすべきこと
  4. パソコンなどデジタル遺品に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品となったパソコンの正しい処分方法が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.遺品のパソコンやスマホに関するトラブル

最初に、遺品のパソコンやスマホに関するトラブルをチェックしておきましょう。

1-1.データを消去せず捨ててしまい情報流出

デジタル遺品でよくあるトラブルは、データを消去せずにそのまま捨ててしまい、パソコンやスマホに入っていたデータが流出したことです。パソコンとスマホには、名前・住所・電話番号などの個人情報だけでなく、メール・書類・写真・クレジットカード情報などがたくさん入っています。これらのデータがすべて外部に流出してしまい、悪用される事件が起きているのです。大切なデータを守るためには、きちんと消去してから処分しなければなりません。

1-2.家族に知られたく内容が明らかになる

もし、突然自分がいなくなったら、使っていたパソコンやスマホを家族が扱うことになるかもしれません。その際に、家族に知られたくない画像や写真・メールの内容などがすべて知られてしまうことになるでしょう。特に、スマホには個人の特徴がよく現れているものです。ブックマークしているサイト、友人や恋人とのやり取り、利用していたSNSのアカウント履歴など、すべてが筒抜けになることをしっかりと理解しておきましょう。

1-3.パスワードが解除できない

パソコンとスマホをロックしている場合、パスワードが解除できないというトラブルが起こります。パスワードを伝えていればいいのですが、伝えていない場合は遺品整理に困ることになるでしょう。家族が友人や知人の連絡先を知らない場合、パソコンとスマホのロックを解除しなければ連絡のしようがありません。そのようにならないためにも、パスワード管理を徹底することが大切です。

1-4.ネット銀行・SNS・証券取引などの問題

ネット銀行・SNSのアカウントとパスワード・証券取引など、デジタル遺品ならではの問題もたくさん出てくるでしょう。特に、近年はSNSが発達していることもあり、インターネット上でのお付き合いもたくさんあると思います。遺族にSNS上のつながりを伝えておかなければ、自分がいなくなったときに処理をしてくれる人はいません。ずっとそのままということになるため、きちんと整理しておく必要があるでしょう。

2.パソコン・スマホが遺品になる前にできること

さまざまなトラブルを未然に防ぐためには、パソコン・スマホが遺品になる前に自分で整理することが大切です。それでは、事前にできることをいくつか紹介します。

2-1.パスワードの管理を徹底しよう

ロック解除・SNSアカウント・アプリなど、インターネット上はたくさんのパスワードがあふれています。パスワードを入力しなければ手続きができないものもあるため、エンディングノートなどにパスワードを書き込み整理しておきましょう。遺族が分かりやすいように、何のパスワードなのかIDと一緒に記すことが大切です。ネット上で利用しているサービスと、それに関係するアカウントとパスワードの一覧表を作成するといいでしょう。作成した後は、鍵つきの引き出しに保管するなどの管理も重要です。

2-2.見られたくないデータはロックしよう

パソコンとスマホの中には、家族にも見られたくないデータが入っているでしょう。これらのデータはまとめてフォルダに入れて、パスワードを設定しロックをかけておくと安心です。フリーソフトやアプリを利用したり、HDDやSDカードなど外付け媒体にデータを保存してロックしたりするのも有効となります。そして、少しずつ見られたくないデータを整理しこまめに削除しましょう。連絡先などは別アカウントを作成し、遺族がアクセスできないようにする方法もあります。

2-3.自動削除ファイルのフリーソフトを活用する

見られたくないファイルを別に作っていても心配な方は、自動削除ファイルのフリーソフトを活用するのも方法の1つです。自動削除ファイルは、自分が決めた日にファイルやフォルダを自動削除してくれるソフトとなります。設定も簡単なので、誰でも気軽に利用できるでしょう。代表的なフリーソフトは「死後の世界」です。Macでは使えませんが、Windowsでは使用できます。

2-4.定額サービスなどの契約状況は必ず書き出す

動画や音楽の配信・通信などの定額サービスは、解約するまで基本料金がずっとかかることになります。そのため、定額サービスなどもきちんと契約状況をノートに書き出し、一覧表にして残しておくのがベストです。パスワードをエンディングノートに記入する際に、定額サービスも一緒に記載しておくといいでしょう。そして、エンディングノートやUSBなどは、遺言書と一緒に保管してください。遺族がデジタルに弱い場合は、契約解除方法についても記載しておくと安心です。

2-5.第三者に委託する方法もある

パスワード管理が面倒に感じたときは、弁護士・行政書士・司法書士など、守秘義務のある専門家(第三者)に委託するのも選択肢の1つです。デジタル遺品の管理を請け負っている業者や専門家に依頼すると自分の負担を減らすことができるでしょう。また、守秘義務があるため安心感が大きいというメリットがあります。自分がいなくなったときに、家族と第三者の連絡がつくようにしておけば安心です。

3.パソコン・スマホが遺品になってしまったらすべきこと

パソコンやスマホが遺品になってしまったら、何をすればいいのでしょうか。

3-1.パソコンやスマホのパスワードを解除する

まずは、ロックがかかっているパソコンやスマホのパスワードを解除しなければなりません。「キャリアショップにお願いすれば解除してもらえる」と思っている方が多いのですが、「スマホについては遺族の頼みでも解除できない」とのことです。パソコンのメーカーでも解除できないことになっているため、自分たちで考えられるパスワードを入力してみてください。たとえば、誕生日や結婚記念日など安易な数字や単語に設定している人が多いので、片っ端から試してみましょう。どうしても解除できなかったときは、専門業者を頼る方法があります。

3-2.メール・通話・ブラウザの履歴をチェックする

パスワードが解除できたら、次はメール・通話・ブラウザの履歴をチェックしましょう。ブックマークもチェックすれば、故人がよく使っていたサイトが分かります。また、スマホの場合は、金融機関のアプリをダウンロードしている可能性があるため、そこも必ず確認してください。そして、定額サービスなど契約解除が必要なものは早急に手続きを踏みましょう。よくやり取りをしていた人には、亡くなった旨を伝えることも大切です。

3-3.処分時は必ずデータを削除する

必要なデータだけをUSBなど保存媒体に移行した後は、削除作業に移ってください。特に、パソコンやスマホを処分する際は、必ずデータを削除しておかなければなりません。主に、削除方法は専用ソフトを利用する論理的消去法と、カナヅチやカッターを使う物理的破壊の2つの方法があります。簡単な方法は専用ソフトです。スマホの場合は、キャリアのサイトに消去法方が掲載されているのでチェックするといいでしょう。

3-4.迷ったときは専門業者に依頼する

デジタル遺品の扱い方や処分方法に迷ったときは、専門業者に相談するといいでしょう。遺品整理サービスを行っている業者の中には、デジタル遺品の扱い方に詳しいところがあります。適切な方法で正しく処理してくれるため、情報流出の心配もありません。また、ほかの遺品と一緒に処分してもらえるので、時間と手間をかけることなく遺品整理ができるでしょう。賃貸物件の場合は、遺品整理が遅れるほど家賃の支払いが生じてしまいます。早めに整理することで無駄な費用を使わずに済むでしょう。

3-5.業者選びのポイント

遺品整理サービスを行っている業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので注意が必要です。以下に、業者選びの際に抑えておきたいポイントをピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 遺品整理業の許可証を掲載しているか
  • 不用品の処分だけでなく買取サービスも行っているか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 口コミや評判がいいか

遺品整理や不用品回収・買取を行っているクリーンレスキューでは、無料相談と無料見積もりを受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4.パソコンなどデジタル遺品に関してよくある質問

パソコンなどデジタル遺品に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.デジタル遺品の整理・処分で気をつけておきたいことは?
A.特に気をつけておきたいのは「お金」関係です。ネット銀行・証券、仮想通貨、外国為替証拠金取引(FX)の3点は特に注意が必要でしょう。ネット銀行やネット証券でお金を管理している場合、それも遺産となりますが、家族に伝えていないと遺産相続でトラブルになってしまいます。仮想通貨は二段階承認によって厳重にロックされており、FXの資産運用で負の遺産を抱えていた場合はこちらも相続トラブルになってしまうので要注意です。

Q.その道に詳しい友人や知人に任せたらいいのでは?
A.自分で管理できないからと、その道に詳しい友人や知人に任せる方がいますが、それは絶対にNGです。作業スキルと判断スキルは別物だということを理解しておかなければなりません。たとえば、パソコンやスマホに詳しくても、友人や知人はこのデータを削除すべきか、それとも残しておくべきか判断できないでしょう。

Q.「追悼アカウント」とは?
A.FacebookやInstagramでは「追悼アカウント」の管理者が設定できるようになっています。管理者を家族や親しい友人に指定することで、管理者がそのアカウントに死亡告知の投稿をしたり、アカウントを削除したりすることができるのです。Facebookは事前設定ができますが、Instagramはヘルプセンターか申請を行う必要があります。また、Twitterの場合は、追悼アカウント機能がないため、アカウントを削除する場合は遺族がTwitter社に申請しなければなりません。

Q.遺族が簡単にアカウント削除をする際に必要なものは?
A.アカウント本人の死亡診断書や、遺族であることが分かる身分証明書を提示しなければならないケースがあります。必要な書類は何か、事前に確認したほうがいいでしょう。書類が足りないと再度手続きをする必要があるため、時間と手間がかかってしまいます。また、SNSの種類によって必要な書類が異なる可能性もあるので要注意です。

Q.遺品整理業者とよくあるトラブルは?
A.見積書に記載されていない金額を請求されたなど、金銭トラブルが相次いでいます。また、捨てられたくない遺品を捨てられた、雑に扱われて不快な思いをしたというトラブルも起きているので、スタッフの対応をチェックし、遺品を丁寧に扱ってくれる業者を選びましょう。

まとめ

パソコンやスマホが遺品として残った場合には、個人情報が含まれているので取り扱いに十分気をつけなければなりません。きちんとデータを消去せずに処分してしまうと、情報が流出し悪用される恐れがあります。専用ソフトを使ったり、物理的に破壊したりと自分で消去する方法はありますが、不安な方は専用業者に依頼するといいでしょう。不用品回収業者の中には、データ消去サービスを受けつけているところもあります。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから