ブラウン管テレビの処分方法が知りたい! お得に処分するコツは?

「ブラウン管テレビの処分方法が分からず、そのまま放置している」という方が多いのではないでしょうか。現在ではあまり使われていないブラウン管テレビですが、自治体回収で処分できるのか、費用をかけずに捨てる方法はないのか処分に悩みは尽きません。間違った方法で処分してしまうと、不法投棄などのトラブルに発展する恐れがあるので注意が必要です。

そこで、本記事では、ブラウン管テレビの正しい処分方法について解説します。

  1. ブラウン管テレビのゴミ区分は?
  2. ブラウン管テレビの処分方法
  3. ブラウン管モニターの処分方法は?
  4. ブラウン管テレビ・モニターは買取に出せる?
  5. ブラウン管テレビの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ブラウン管テレビをお得に処分するポイントが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ブラウン管テレビのゴミ区分は?

最初に、ブラウン管テレビは自治体回収で処分できるのか、その場合は何ゴミに区分されるのかチェックしておきましょう。

1-1.ブラウン管テレビは自治体回収ができない

基本的に、ブラウン管テレビは自治体回収での処分ができない決まりとなっています。そもそも、ブラウン管はブラウン管テレビとブラウン管パソコンモニターの2つに分類され、それぞれ処分方法が決まっているのです。ブラウン管テレビはチューナーがついていてテレビを見ることができますが、ブラウン管パソコンモニターは単体で映像を見ることができません。2つのどちらかに分類されるのか確認しつつ、自治体回収ができない決まりになっていることを理解しておきましょう。また、自治体回収ができない理由には、次の項目で説明する家電リサイクル法が大きく関係しています。

1-2.家電リサイクル法に基づく処分が基本

ブラウン管テレビとブラウン管パソコンモニターは、家電リサイクル法に基づき、製造メーカーによるリサイクルが義務づけられています。家電リサイクル法は、別名:資源有効利用促進法とも呼ばれており、一般家庭から排出された家電製品から再利用できる資源をリサイクルすることが目的です。リサイクルによって、廃棄量の減量と限りある資源の有効利用が可能となります。近年、さまざまなゴミ問題がニュースになっていますが、地球保全のためにもリサイクルが必要です。

1-3.家電リサイクル法の対象品目は4種類

家電リサイクル法の対象品目となっているものは、テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)の4品目です。ブラウン管テレビは、テレビの項目に含まれています。家電リサイクル法の対象品目は、すべて自治体回収による処分ができなくなっているので注意が必要です。基本的に、製造メーカーへ申し込みをし、回収してもらうという流れになっています。具体的な手順については、後ほど【2.ブラウン管テレビの処分方法】で詳しく説明しましょう。

1-4.製造メーカー・小売業者・消費者それぞれに義務がある

ブラウン管テレビの処分前に知っておいてほしいのが、家電リサイクル法の対象品目には製造メーカー・小売業者・消費者それぞれに義務があることです。家庭で使用したものは小売業者に引き渡し、その際にリサイクル料金と収集・運搬料金を支払います。これが消費者(排出者)の義務です。そして、小売業者は回収した廃棄物を製造メーカーに引き渡すこと、製造メーカーは正しい方法でリサイクルすることが義務づけられています。

2.ブラウン管テレビの処分方法

では、ブラウン管テレビの処分はどのようにすればよいのでしょうか。

2-1.家電リサイクル券システムを利用する

一般的に、家電リサイクル法の対象4品目は、家電リサイクル券システムにより処分します。処分方法は、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2通りです。それぞれの流れを以下にまとめたので参考にしてください。

<料金販売店回収方式>

  1. 消費者は小売業者にリサイクル料金と収集・運搬料金を支払う
  2. 廃棄物を小売業者が引き取り、消費者は家電リサイクル券の写しをもらう
  3. 回収した廃棄物を指定引取場所に持ち運ぶ
  4. 廃棄物は正しい方法でリサイクルされる

<料金郵便局振込方式>

  1. 消費者は郵便局でリサイクル料金を支払い、家電リサイクル券を購入する
  2. 小売業者または自治体が認可した業者に収集・運搬料金を支払い、廃棄物を引き取ってもらう
  3. 廃棄物引き取りの際に、消費者は家電リサイクル券の写しをもらう
  4. 後は料金販売店回収方式と同じ流れ

2-2.新しいテレビを購入する際は家電量販店へ

新しいテレビへの買い替えを検討している方は、家電量販店に依頼する方法があります。新しいテレビが自宅へ届けられると同時に、古いブラウン管テレビも回収してもらえるので搬出・運搬の手間が省けるのがメリットです。また、新しいテレビを購入する予定がなくても、家電量販店へ持ち込めば処分してくれます。ただし、すべての店舗が回収してくれるわけではないため、事前の確認が必要です。なお、リサイクル料金が1,700~2,700円程度かかるので注意してください。回収しに来てくれる場合は、収集・運搬料も必要になるでしょう。

2-3.リサイクル料金は製造メーカーによって異なる

リサイクル料金は、製造メーカーによって異なるので事前に問い合わせで確認しておく必要があります。参考として、国内の主要メーカーの場合、ブラウン管テレビの処分にかかるリサイクル料金は以下の通りです。

  • 15型以下:1,700円
  • 16型以下:2,700円

さらに、収集・運搬料金がおよそ1,000円~かかるため、あわせて3,000~4,000円は必要だと思ってください。自宅まで引き取りをお願いする場合は、さらに出張料金がかかる可能性もあります。料金の詳細に関しては、メーカーに問い合わせて確認しておきましょう。

3.ブラウン管モニターの処分方法は?

それでは、ブラウン管モニターの場合、どのように処分すればいいのでしょうか。

3-1.モニターの場合はPCリサイクル法が関係する

ブラウン管モニターの処分方法は、PCリサイクル法が関係しています。PCリサイクル法は、パソコンの内部に含まれている貴重な資源を再利用するための法律です。家庭リサイクル法と同じく、資源の有効利用と廃棄物の減量を目的としています。そのため、自治体回収による処分ができません。ただし、自治体によっては、細かく分類されているところがあります。
たとえば、横浜市の場合、パソコンのモニターはパソコンと同じ処分方法ですが、テレビチューナーつきのブラウン管モニターはテレビと同じ処分方法です。また、テレビチューナーなしのブラウン管モニターの場合は、サイズや素材によってゴミの分類が異なります。念のため、自治体の処分方法を確認しておいたほうがいいでしょう。

3-2.メーカーに回収を依頼する

製造メーカーがハッキリと分かるブラウン管モニターの場合は、その製造メーカーに処分を依頼する方法があります。PCリサイクルマークがついているものは無料回収が可能なので、処分費用がかかりません。ただし、PCリサイクルマークがついていないものは有料となります。メーカーによってリサイクル料金は異なりますが、ほとんどのメーカーでは1台につき4,000円(税込)です。ブラウン管モニターと一体型のパソコンがついている場合も同じ金額となります。

3-3.パソコン3R推進協会に依頼する

製造メーカーが分からない場合は、パソコン3R推進協会が回収してくれるので安心してください。パソコン3R推進協会は、パソコンメーカーとともにパソコンの再利用・再活用を推進している協会です。ホームページにアクセスすれば、ブラウン管モニターの回収申し込みができます。ただし、パソコン3R推進協会に依頼する場合、製造メーカーに依頼するよりも費用が1,000円高くなってしまうのがデメリットです。リサイクル料金に5,000円(税抜)かかるので注意してください。

4.ブラウン管テレビ・モニターは買取に出せる?

ブラウン管テレビとモニターは、現在ではあまり使われていないため、買取処分にはいくつか注意点があります。詳しく見ていきましょう。

4-1.中古市場の需要が低いため買取は期待できない

ブラウン管テレビが使われていたのは随分昔になるため、中古市場における需要は低く、買い取ってもらえる可能性はあまり高くありません。新品または未使用品、人気メーカーのブラウン管テレビであれば、買い取ってもらえることもあります。ただし、買取額は数百円~になるのが現実です。中には、1万円以上という高額な査定がつくこともありますが、レトロなデザインや市場に流通していないレアなモデルが対象となるでしょう。

4-2.リサイクルショップや買取専門店に査定を依頼する

処分費用をなるべくかけたくない・とりあえず買い取ってもらえるか確かめたいという方は、リサイクルショップや買取専門店に査定を依頼してみてください。ほとんどの店舗では無料査定を行っているので、どのくらいで売れるのか確認できるでしょう。複数の店舗に依頼すれば、買い取ってもらえる店舗が見つかりやすくなるかもしれません。

4-3.買取を行っている回収業者に依頼する

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取を行っているところがあります。処分と買取サービスが同時に利用できれば、たとえ買取不可になったとしても回収してもらえるので一石二鳥です。わざわざほかの店舗で処分する必要がないため、二度手間を防ぐことができるでしょう。クリーンレスキューでは、不用品の処分と買取を行っているのでぜひ1度ご相談ください。

5.ブラウン管テレビの処分に関してよくある質問

ブラウン管テレビの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.処分費用を最小限に抑えるコツは?
A.自分で指定引取場所へ持っていくことです。家電量販店に依頼するよりも処分に手間が多くかかりますが、収集・運搬料を支払わずに済むので最小限に抑えることができるでしょう。郵便局でリサイクル料金を払う前に、処分したいブラウン管テレビのメーカー名と画面サイズをメモしておいてください。また、ブラウン管テレビのほかに処分したいものがあれば、まとめて回収業者に依頼するのも費用を抑えるポイントとなります。

Q.違法業者の特徴は?
A.違法業者は無料と偽り、回収後に追加料金を請求する傾向があります。特に、街中をトラックでまわり、不用品の回収を行っている業者には要注意です。また、産業廃棄物収集運搬許可を取得していない・古物商許可を持っていない業者も違法の可能性があります。複数の業者を比較すれば、違法業者を見極めることができるでしょう。

Q.処分時の注意点は?
A.ブラウン管モニターだけでなく、一体型パソコンを処分する場合は、パソコンのデータを削除する必要があります。データを残したまま処分してしまうと、情報漏えいの可能性が高まるでしょう。データの消去方法は、専用ソフトを使用する論理的方法とカナヅチやカッターでHDDを傷つける物理的方法があります。

Q.ネットオークションで売れるのか?
A.利用者が増加傾向にあるネットオークションに出品することで、買い手が見つかる可能性はあります。実際にチェックしてみると、ブラウン管テレビの出品数は増えているのです。中には、高い金額で取り引きされているのもありますが、やはり状態がよく、市場に普及していないレアものの傾向があります。

Q.回収業者選びのポイントは?
A.なるべく、不用品の回収実績がある業者を選ぶことです。実績がある業者ほど、スタッフの対応がよく、スピーディーかつ丁寧な作業を行ってくれます。また、口コミや評判をチェックするといいでしょう。優良業者ほどよい口コミが掲載されているので、安心して依頼できるはずです。

まとめ

ブラウン管テレビの処分方法は、家電リサイクル法に基づいて決められています。基本的に自治体回収で処分できません。製造メーカーに依頼するか、家電量販店に依頼し回収してもらうことになります。また、ブラウン管モニターはPCリサイクル法が関係しているため、こちらも自治体回収による処分ができず、メーカーに依頼することになるでしょう。状態がよければ買取も考えられますが、中古市場における需要が低いため、あまり期待しないほうがよさそうです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから