下妻市の粗大ゴミルールは? 処分方法と自治体以外の方法についても

粗大ゴミの捨て方は自治体で異なるため、事前にホームページや掲示板等で確認する必要があります。茨城県西部にある下妻市の場合、粗大ゴミの処分方法はどのようになっているのでしょうか。越してきたばかりで回収ルールを知らない方にとっては、処分するだけで体力や時間を消耗してしまいます。

そこで、本記事では、下妻市の粗大ゴミ処分ルールやポイントなどについて解説しましょう。

  1. 下妻市の粗大ゴミルールを紹介!
  2. 下妻市における粗大ゴミの出し方
  3. 自治体以外の粗大ゴミの出し方
  4. 不用品回収業者をご紹介!
  5. 下妻市の粗大ゴミ処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、下妻市で粗大ゴミを上手かつお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.下妻市の粗大ゴミルールを紹介!

最初に、下妻市の粗大ゴミルールを一緒にチェックしておきましょう。

1-1.市指定のゴミ袋に入らない大きさは粗大ゴミ

下妻市では、粗大ゴミになるものは家庭からの排出が対象となります。会社や企業から出たゴミは、ゴミ集積場には出せないので注意してください。そして、市指定ゴミ袋に入らない大きさのゴミが、粗大ゴミに分類されることになります。可燃ゴミや不燃ゴミは、下妻市と記載されている指定のゴミ袋に入れて出さなければなりません。可燃ゴミ・不燃ゴミの対象となるものは以下のとおりです。

<可燃ゴミ>

  • 生ゴミ・貝殻
  • 紙おむつ
  • プラスチック・ビニール・ナイロン類
  • 紙・木・布類・ゴム類など
  • 草・木の枝

<不燃ゴミ>

  • 金属類
  • ガラス類・刃物
  • 空カン類・空びん類
  • 電気コード類
  • スプレー缶
  • 電池を使っているもの

1-2.大・中・小に分かれる粗大ゴミ

下妻市では、粗大ゴミを大中小に分類しています。どんなものが粗大ゴミになるのか、それぞれ代表的なものを以下にピックアップしました。

  • 大:エレクトーン・オルガン・バイク・ベッド・ポンプ・浴槽・ランニングマシーンなど
  • 中:イス・衣類乾燥機・スピーカー・ドラム缶・テーブル・調理台・電子レンジなど
  • 小:アルミサッシ・網戸・こたつ・脚立・ギター・スーツケース・プレーヤー・布団など

1-3.使用済み小型家電は小型家電回収ボックスへ

携帯電話・ビデオカメラ・デジタルカメラ・電子辞書・カーナビ・電話機・ラジオなどの小型家電は、小型家電回収ボックスへ投かんして処分できます。小型家電回収ボックスは、市役所・市立図書館・公民館・博物館などの公共施設や大型ショッピングセンターにも設置されているので、詳細は下妻市ホームページをチェックしてください。

1-4.自治体処分できないものも確認しよう!

ゴミ指定袋に入りきれないものでも、自治体処分ができないものもあるので注意が必要です。自治体回収で搬入できない・処分できないものは以下のとおりとなります。

  • 産業廃棄物
  • 建築廃材
  • 農業廃棄物
  • 自動車部品
  • 消化器・火薬など
  • パソコン
  • 家電リサイクルの対象品目

特に、最後の家電リサイクル対象品目となるエアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)は自治体回収ができないので注意してください。基本的に、家電リサイクル対象品目は、メーカーまたは小売店での引き取りとなります。

2.下妻市における粗大ゴミの出し方

では、さらに詳しく下妻市における粗大ゴミの出し方とルールを解説します。下妻市の処分方法は、主に2通りです。

2-1.直接ゴミ処理施設に搬入する

直接、ゴミ処理施設の「クリーンポート・きぬ」に搬入して処分することができます。自分で粗大ゴミを運搬しなければならないので、搬出や運搬が難しい方はほかの方法を選択してください。また、ゴミ処理施設に搬入する場合、手数料10kgにつき139円と消費税がかかります。たとえ、10kg未満の場合でも10kg相当の料金を支払わなければなりません。さらに、搬入できる時間も決まっているので、事前にチェックする必要があります。

  • 毎週月曜~金曜日:9~12時/13~16時30分
  • 土曜(第2・第4のみ):9~12時/13~16時
  • ※年末年始と祝祭日を除く

2-2.シルバー人材センターに引き取りを依頼する

自分で搬出や運搬が困難な場合は、シルバー人材センターに引き取りを依頼する方法があります。ただし、依頼は有料となるので注意してください。シルバー人材センターに引き取りを依頼する際の手順は以下のとおりです。

  1. シルバー人材センター(TEL:0296-44-3198)に収集の予約をする
  2. 粗大ゴミ処理券をシルバー人材センターまたは生活環境課で購入する
  3. 粗大ゴミ処理券を貼り、指定された日に出す

2-3.粗大ゴミ処理券の費用は300~1,000円

粗大ゴミ処理券の費用は、大中小と大きさで異なります。大が1,000円、中が500円、小が300円ですべて消費税別です。粗大ゴミ1点につき必要なので、粗大ゴミの量が多くなるほど費用は高くなるでしょう。また、事前にシルバー人材センターまたは生活環境課で購入することになります。在宅であれば、収集当日に粗大ゴミ処理券が購入できますが、留守の場合は事前購入して貼っておかなければ回収してもらえないので注意してください。

3.自治体以外の粗大ゴミの出し方

自治体回収以外にも、粗大ゴミを処分する方法があるので紹介します。

3-1.リサイクルショップまたは買取専門店

粗大ゴミの中でも、壊れていないものや再利用できる状態であればリサイクルショップまたは買取専門店で買い取ってもらうことができます。処分費用をかけずに手放すことができ、買取額の分だけお金ももらえるので一石二鳥です。ただし、すべての粗大ゴミが買取対象になるわけではありません。特に、家電の場合は、再利用できる状態であっても発売年月から3~5年以上経過している場合は買取不可になる可能性があります。

3-2.不用品回収業者への依頼

リサイクルショップや買取専門店に査定を依頼する場合、自分で搬出・運搬する必要があります。けれども、不用品回収業者ならば出張買取・回収ができるため、自分たちで搬出・運搬する必要がありません。自宅にいながら気軽に手放すことができるので、高齢者など運搬が困難な方、店舗に足を運ぶ時間がない方におすすめです。不用品回収業者の中には、回収だけでなく買取を行っているところもあります。

3-3.ゴミの量が多い場合は不用品回収業者がおすすめ

粗大ゴミの量が多く、ほかにも処分したいゴミが大量にある場合は、自治体回収よりも不用品回収業者への依頼をおすすめします。ゴミの量が多いほど分類したり、搬出したりするのが大変です。粗大ゴミ処理券も1つずつ購入しなければならないため、面倒に感じてしまうでしょう。手っ取り早く処分したい方も、不用品回収業者に依頼するのがベストな選択です。

4.不用品回収業者をご紹介!

では、下妻市を含めた不用品回収業者をいくつか紹介します。

4-1.便利屋COLORS

住所:茨城県水戸市開江町2276
便利屋COLORSは、不用品や粗大ゴミ回収・遺品整理・一般雑用まで行っています。日常生活で困りがちな草刈り・枝落とし・別荘の管理・お墓の掃除なども可能です。さまざまなサービスを展開しているので、不用品回収や粗大ゴミ処分以外にもお願いすることができるでしょう。

4-2.株式会社 彩生

住所:茨城県潮来市大洲1547-2
不用品の専門業者である株式会社 彩生では、不用品回収、遺品・生前整理、ゴミ屋敷整理、リサイクル販売などを行っています。引っ越し時に出る家具や家電の処分も受けつけているため、急に処分が必要になったケースでも安心して依頼できるでしょう。さらに、法人向けの不用品処分も行っているので、飲食店やオフィスなど困りがちな不用品処分も依頼可能です。

4-3.不用品の高価買取も行っているクリーンレスキュー

粗大ゴミの費用を最小限に抑えたい方は、不用品の買取を行っているクリーンレスキューがおすすめです。不用品や粗大ゴミの処分だけでなく、買取も可能なので、買い取ってもらえるものは処分費用にまわすことができるでしょう。たとえ、買取不可になったとしても、回収が依頼できるので二度手間を省くことができます。電話またはホームページのフォームから無料見積もりを受けつけているため、疑問点などがあればぜひ1度お問い合わせください。

4-4.悪徳業者に要注意!

不用品回収業者の中には、不正な料金を請求したり、回収したものを不法投棄したりする悪徳業者が存在しています。近年、「見積書とは違う費用を請求された」などのトラブルが続出しているため、十分に注意して選ばなければなりません。どの業者に依頼すればいいか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品回収だけでなく買取も行っているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているか
  • 低費用で処分できるか
  • 高価買取が期待できるか
  • 口コミや評判がいいか

5.下妻市の粗大ゴミ処分に関してよくある質問

下妻市の粗大ゴミ処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.家電リサイクル法の対象品目はどうやって処分するの?
A.製造メーカーを調べ、郵便局で家電リサイクル券を購入してください。その際に、リサイクル料金と消費税を支払います。自宅まで引き取りにきてもらう場合は、シルバー人材センターに収集の予約を行い、センターまたは生活環境課で収集運搬券(2,000円)を購入しましょう。直接、ゴミ処理場に持ち込む場合は運搬費用は必要ありません。ただし、窓口で指定引き取り場所までの運搬料金(1,500円)を支払うことになります。詳細は、下妻市ホームページをご確認ください。

Q.パソコンの処分方法は?
A.家庭用パソコンは、資源有効利用促進法(PCリサイクル法)によってリサイクルが義務づけられています。デスクトップパソコン・ノートパソコン・CRTディスプレー・液晶ディスプレーなどが対象機器です。基本的に、製造メーカーに回収の申し込みをし、郵送で処分することになります。PCリサイクルマークがついた製品は無料で回収してもらえますが、マークがついていないものは回収再資源化料金が必要です。パソコンの処分方法に関しては、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをチェックしてください。

Q.小型家電回収ボックスに投かんする際の注意点は?
A.使用済み小型家電の中には、個人情報などのデータが含まれているものがあります。そのため、小型家電回収ボックスに投かんする前に、必ずデータを消去してから処分してください。1度投かんしたものは返却できないので注意が必要です。また、回収ボックスに入らないもの(投入口の大きさ:縦15cm×横30cm)は、従来とおりの処理をすることになります。どうすればいいのか分からない方は、窓口に相談しましょう。

Q.直接ゴミ処理場に搬入する手順は?
A.搬入までの手順は以下のとおりです。

  1. 搬入車のまま場内に入る
  2. 計量・受付の前にある計量台に車をのせ窓口へ行く
  3. 計量カードを借りる
  4. 車の横にあるカードリーダーにカードをかざし、1回目の計量を行う
  5. 計量が終わった後、それぞれの施設のプラットホームに入る
  6. 再計量を行い、料金を支払って完了

Q.粗大ゴミを搬入する際の注意点は?
A.住所が確認できるもの(運転免許証)などを提示する必要があるため、忘れないように気をつけましょう。また、ゴミの種類によって降ろす場所が異なるので、粗大ゴミ以外にも持ち込む場合は事前に分類する必要があります。さらに、長さは2mまでと決まっており、2m以上のものは持ち帰ることになるので注意してください。長いものは事前に確認しておきましょう。

まとめ

下妻市で粗大ゴミを処分する場合、自分で直接施設に搬入する方法とシルバー人材センターに引き取りを依頼する方法があります。自分で運搬できない場合は引き取りを依頼することになりますが、その際は別途費用が必要になるので注意が必要です。できるだけ処分費用を抑えたい・大量の粗大ゴミをお得に処分したい方は、不用品業者に依頼するといいでしょう。不用品回収業者の中には、買取を行っているところもあるので、買い取ってもらえるものは買取に出し、買取できないものは処分してもらうことができます。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから