遺品整理業者でよくあるトラブルは? 予防策や業者の選び方を解説

遺品整理業者のニーズが高まる一方、トラブルも多くなっています。実際にどのようなトラブルが起こり得るのか、トラブルに遭った場合はどう対処すべきかなど、さまざまな疑問が出てくるでしょう。遺品整理業者を利用する前に、起こりやすいトラブルと回避策などを覚えておくことが大切です。業者選びのポイントなども、併せてご紹介します。

  1. 遺品整理業者によるトラブル事例
  2. 遺品整理業者によるトラブルの予防策や対処法
  3. 遺品整理業者の見極め方
  4. 遺品整理業者でよくある質問

故人の大切な品を託すため、信頼できる業者を選ぶことが大切です。無用なトラブルに巻き込まれないためにも、あらかじめ遺品整理に関する知識を身につけておきましょう。

1.遺品整理業者によるトラブル事例

遺品整理業者に関するトラブルを見ていきましょう。また、トラブルが起きる理由などもご紹介します。

1-1.遺品整理業者とのトラブルは近年急増している

少子高齢化の影響もあり、遺品整理を自分たちで行うことができない家庭が増えています。そのため、遺品整理業者のニーズは高まっているものの、良質な業者は限られており、遺品整理に関する知識を持たない業者が横行し、トラブルは年々増加傾向にあるのです。

1-2.高額請求や予期せぬ追加料金の発生

遺品整理業者との間で多いのは、料金にまつわるトラブルです。高額請求や追加料金の発生など、想定外の出費になってしまったという方が増えています。事前に見積もりに詳しい内容を記載せず、作業後に追加料金を請求され、不当な料金を支払うことになってしまうケースです。費用相場などをリサーチし、業者を比較することが重要なポイントとなります。

1-3.遺品を粗雑に扱われてしまう

遺品整理業者の中には、遺品を不用品同然に扱う業者もいます。粗雑な扱いを受け、気分を害するだけでなく、大切な品まで処分されてしまったという事例もあるのです。故人に敬意を払い、丁寧な作業を心がけることが、遺品整理業者に求められる資質でしょう。

1-4.遺品の盗難・紛失

遺品の中には、金品・貴金属・有価証券・預金通帳などが含まれています。遺族が見ていないすきに、遺品の盗難が起きる場合もあるのです。また、貴重品を発見しても報告せず、持ち去ってしまう悪徳業者もいるため、立ち会いをするのが理想でしょう。遺族にとっては大切な品でも、遺品整理業者が誤って処分してしまう・紛失するなどの事故も起こります。あらかじめ残してもらいたいものをピックアップしておき、業者に意向を伝えておきましょう。

1-5.遺品の不法投棄

遺品を回収後、きちんと処分やリサイクルを行わず、山林などに不法投棄する業者もいます。主に、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ていない業者に見ることができる傾向です。不法投棄が発見された場合、遺族が責任を問われることになります。無許可の業者は、不法投棄以外のトラブルも多いため、利用しないよう注意してください。

2.遺品整理業者によるトラブルの予防策や対処法

遺品整理業者とのトラブルを防ぐ方法や、トラブルが起きた場合の対処法をご紹介します。

2-1.相見積もりを取ること

1社だけの見積もりは危険です。費用相場を知ることができず、高額請求などに発展する恐れがあります。複数の業者から見積もりを取り、費用や作業内容を比較することが大切です。極端に安い業者は、追加請求が多くなっています。安くできる理由などを聞き出し、見積価格だけで終えることができるのかを確かめてください。キャンセル料の有無も確認しましょう。

2-2.会社概要やクチコミなどを確認する

業者によっては、会社概要などを公開していない場合があります。実績がある業者は、きちんとホームページを開設し、会社概要・作業内容・費用を明確にしているものです。情報が少ない業者は、日雇いスタッフなどで作業する場合も多く、作業が粗雑になってしまうケースが目立ちます。クチコミなども参考にし、良質な業者を選ぶことが大切です。

2-3.契約を急ぐ業者は避ける

他社と比較する時間を与えず、契約を急ごうとする業者は危険です。粗悪な業者である可能性が高く、料金トラブル以外にも作業中の騒音・作業員の素行・車両放置などにより、近隣に迷惑をかけてしまう場合があります。慌てて契約せず、いったん自宅に契約書を持ち帰り、記載内容を熟読しましょう。

2-4.おかしいと感じたときの相談先

遺品整理業者の料金・作業・契約などに違和感を抱いたら、早めに相談をしましょう。相談先は、独立行政法人国民生活センターの消費者ホットラインです。電話で相談ができます。消費者ホットラインだけでなく、各自治体が設置する消費生活センターへの相談も可能です。消費生活センターの電話番号は、国民生活センターのホームページから検索できます。

2-5.法律の専門家に相談することもできる

遺品整理でトラブルが起きた場合、業者と直接話し合いをしようと思っても、なかなかうまく進みません。金品を持ち去られたなど被害が明確な場合、法律の専門家である弁護士などに相談することもできます。裁判などを想定している場合は、弁護士を活用したほうが有利でしょう。

3.遺品整理業者の見極め方

良質な業者を選ぶためには、選び方のポイントや注意点を理解しておくことが大切です。業者の見極め方をご紹介します。

3-1.料金体系をあらかじめチェックしておく

業者のホームページには、料金プランが掲載されています。料金プランがはっきりしない業者は、追加料金やキャンセル料などが発生する恐れがあるため、利用しないほうがいいでしょう。また、料金プランの中に含まれるサービス内容は、事前に確認しておくことが大切です。不用品の処分・人件費・ハウスクリーニングなどは別料金という場合もあります。必ず訪問して見積もりを出してもらいましょう。実際に状況を確認してもらえたら、しっかりした見積もりを出してくれます。

3-2.遺品整理士がいる業者ならより安心感を抱ける

一般社団法人遺品整理士認定協会による遺品整理士という認定資格があります。遺品整理士は、遺品の取り扱いや貴重品の捜索など、遺品整理に関するノウハウと知識が豊富なプロです。遺品整理士がいる業者なら、故人の意思を尊重し、丁寧で安心感を抱ける作業をしてくれます。

3-3.不用品の回収後、きちんと供養してくれるところが安心

遺品整理で出た不用品も、故人が生前に使っていた大切な品です。回収後にきちんとお焚(た)き上げなどの供養をし、故人の魂を弔ってから処分してくれる業者なら、安心して依頼できるでしょう。ゴミと同じように、乱暴な扱いをする業者は避けてください。作業自体が雑で、貴重品なども紛失する恐れがあります。作業内容に加え、不用品の処分方法なども、事前に詳しく説明してくれることが、良質な業者を見極めるポイントです。

3-4.見積もりに大まかな金額しか記載されていない場合は悪徳業者の可能性がある

見積もりには、業者の作業に対する姿勢が反映されます。大まかな金額しか記載されていない場合は、作業自体が不透明で、遺品を委ねるのに不安を感じることがあるでしょう。悪徳業者に多い手口であるため、細かく情報が記載され、遺族の目線に立った見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

3-5.遺品整理に関する相談先

遺品整理は、単なる不用品の処分や部屋の片付けとは異なります。実績豊富な業者に依頼することが大切です。遺品整理の相談は、24時間対応しているクリーンレスキューまでお問い合わせください。急ぎの場合も、即日対応が可能など、迅速かつ丁寧な作業をモットーにしています。

4.遺品整理業者でよくある質問

遺品整理業者やよくあるトラブルに関する質問を集めました。

Q.ニュースやメディアに取り上げられている業者なら安心できるのか?
A.必ずしも、安心とはいいきれません。知名度だけで判断せず、実績や接客対応などを確認し、信頼できるかどうかを探ることが大切です。

Q.誤って処分された遺品は戻ってこないのか?
A.戻ってこないと考えておいたほうがいいでしょう。形見分けや遺産相続などに関わる重要な品である場合、遺族間のトラブルにも発展します。取り返しのつかない事態になるため、業者の見極めが大切なのです。

Q.遠方で立ち会いが難しい場合、遺品の盗難や紛失をどう防げばいいのか?
A.業者によっては、WEBカメラを導入している場合があります。遠方でも作業風景をリアルタイムで確認できるため、遺品の盗難や紛失防止につながるでしょう。希望する場合は、見積時に申し出てください。

Q.遺品整理業者は、最低でも何社比較すればいいのか?
A.少なくとも、3社から見積もりを出してもらってください。複数の業者から一括して見積もりを出してもらえる便利なサイトもあります。気になる業者をピックアップし、実際に訪問してもらい、正確な見積もりを算出してもらいましょう。

Q.ハウスクリーニングだけでなく、リフォームまですすめられるのはおかしい?
A.孤独死などで特殊清掃が必要なケース以外は、リフォームまですすめることはありません。オプション費用を上乗せするための口実だと考えておきましょう。必要のないものは、きちんと断ることが大切です。

まとめ

少子高齢化社会となり、遺品整理を自分たちでできないという家庭は多いものです。そのため、時間と労力を削減できる方法として、遺品整理業者のニーズは年々高まっています。遺品整理業者の数は増えても、中には悪徳業者もいるので注意が必要です。よくあるトラブルと予防策を覚えておき、自己防衛意識を持つようにしてください。実績豊富で遺品整理に関する知識を持った、良質な業者を選ぶようにしましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから