遺品整理がつらいときの対処法は? プロに依頼する方法とポイント

「遺品整理がつらい」「まだ気持ちの整理ができていないのに遺品整理なんてできない」など、遺品整理で悩んでいる方は多いでしょう。まずは、なぜ遺品整理がつらく感じるのか原因を把握することが大切です。そして、つらいときはどうするべきか、考え方や心構えをチェックしておきましょう。

本記事では、つらい遺品整理の対処法などについて解説します。

  1. 遺品整理がつらい理由は?
  2. 遺品整理がつらいときはどうすべきか?
  3. つらい遺品整理をプロに頼む方法
  4. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をスムーズに進めるためのコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.遺品整理がつらい理由は?

まずは、なぜ遺品整理がつらく感じるのか、その理由をいくつかチェックしていきたいと思います。理由を把握すれば、気持ちも少し楽になるでしょう。

1-1.大切な人を失ったショックを引きずり整理がつかない

突然、大切な人を失った場合は、そのショックから立ち直るまで時間がかかるものです。失ったという事実を受け入れられず、遺品整理をする気持ちになれません。特に、遺品整理は故人が愛用していたものと向き合うことになるため、遺品に触れるたびに大切な人との思い出が蘇(よみがえ)りつらい気持ちになるでしょう。一緒に行った映画の半券や、食事をしたときのレシートまでも思い出が蘇るきっかけとなり、なかなか捨てられなくなってしまうのです。そのときは、無理をして捨てる必要はありません。

1-2.整理しなければならない遺品が多い

故人がものを大切にする人ほど、遺品の数が多く、手が付けられない状態になるでしょう。遺品の量が多ければ多いほど整理には時間と手間がかかり、処分費用も高くなってしまいます。先が見えない遺品を目の前にすると、手も自然と止まってしまうものです。中でも、ゴミ屋敷化や汚部屋状態になっている場合は、手のつけようがなく、遺品整理がつらくなります。やる気を削ぐ原因になってしまうのは間違いありません。

1-3.何を残し何を捨てればいいのか分からない

遺品整理がつらい理由の中には、何を残して何を捨てればいいのか分からない・判断できないこともあります。衣類や日用品でも残すべきなのか、不動産や貴金属の管理はどのようにすべきか悩みの種がたくさん出てくるでしょう。遺品整理は相続者全員が関係することもあるため、複数の相続者がいる場合は全員で話し合った上で遺品整理を行い、貴重品等は相続手続きの対象となります。1人で勝手に判断してしまうと、後でトラブルに発展する可能性があるので要注意です。

1-4.遠方に住んでいて時間が取れない

故人と住んでいる場所が遠いと、行くために時間を費やすことになります。まとまった休みが取れたとしても、1日で片付けられる量でなければ何度も通わなければなりません。飛行機代や電車賃など交通費が高くついてしまうのはもちろん、仕事や家事で追われている人はなかなか遺品整理に費やす時間もないはずです。その結果、遺品整理に時間がかかってしまい、ゴミ屋敷化するリスクが高まります。

2.遺品整理がつらいときはどうすべきか?

では、遺品整理がつらいときはどのように対処すればいいのでしょうか。

2-1.悲しい気持ちが大きい場合は心の整理が必要

気持ちの整理がつかない・悲しみが大きい場合は、まずその気持ちと向き合う時間が必要です。遺品整理はなるべく早めに行うのが良いとされていますが、気持ちの整理がつかないまま作業を始めると余計に長引いてしまう恐れがあります。まずは、気持ちの整理がつくまで、とことん悲しみに浸りましょう。何かで悲しみを紛らわすため遺品整理に没頭する方がいますが、途中で諦めてしまいがちです。いっそ気が済むまで悲しみに浸り、涙が枯れるまで泣きつくすのも方法の1つでしょう。遺品整理は自分の気持ちを整理すると同時に、故人と向き合う時間でもあります。

2-2.遺品整理が故人の供養になる

故人が大切にしたものを処分するのは、躊躇してしまいがちな作業です。「大切にしていたものを簡単に捨てることができない」と悩んでいる方は、遺品整理に対する考え方を変えてみてください。遺品整理はただ遺品を捨てるのではなく、故人の供養につながる大切な作業です。「ありがとう」という意味を込めて、故人との思い出を胸にしまいながら「もの」として割り切り、整理を進めていきましょう。

2-3.前へ進むための遺品整理

遺品整理は故人の供養と同時に、あなた自身が前へ進むための作業でもあります。大切なものを処分するのは気持ち的につらくなりますが、欲しがっている人のもとで再び活用してもらえれば楽な気持ちで手放せるでしょう。遺品の中には、ブランド品や食器類・着物など売れるものもたくさんあります。処分費用が気になる方は、売れるものを売却し費用を節約するのも方法の1つです。

2-4.生前整理や老前整理を進めよう

つらい遺品整理にならないように、事前に生前整理や老前整理を進めることも大切なポイントです。遺品整理をつらく感じる方の多くは、遺品の量で悩まされています。生前整理は生きている間に身の回りのものを整理することで、スッキリした生活を送ることができ、いなくなったとき家族に負担をかけることはありません。老いてしまうと体の自由が利かなくなるため、思うように作業が進まなくなります。元気なうちに整理を始める老前整理も、遺品整理を楽にするポイントの1つなのです。

2-5.無理な場合はプロに依頼しよう

どうしても気持ちの整理がつかない・悲しみで作業が途中で止まってしまう場合は、無理をせずに遺品整理を行っているプロに依頼してください。無理に作業を進めるよりも、プロに依頼したほうがスピーディーかつ適切な遺品整理ができるでしょう。お金はかかりますが、プロに依頼するのも手段の1つであることを覚えておいてください。特に、遺品の量が多い場合は作業が大変なので、安全に進められる業者に依頼することをおすすめします。

3.つらい遺品整理をプロに頼む方法

ここでは、つらい遺品整理をプロに依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.自分で対処できない場合はプロに頼む

基本的に、自分で対処できない遺品整理の場合はプロに頼んだほうがいいでしょう。前述したように、気持ちの整理ができない場合は、業者に相談し「残しておくもの」と「捨てていいもの」をきちんと伝えた上で作業を進めてもらうことが大切です。きちんと遺族の意思を汲み取ってくれる業者を選ぶ必要があります。また、遺品の量が多く、ゴミの分類や不用品が多い場合も遺品整理業者に依頼しましょう。親族で協力し合うことができればいいのですが、1人では作業が滞り、どんどん長引いてしまいます。特に、賃貸物件の場合は、引き渡し日が長引くたびに家賃を支払わなければなりません。無駄な費用をかけないためには、素早く作業を済ませる必要があります。

3-2.スピーディーかつ安全に作業が進められる

遺品整理業者に依頼する大きなメリットは、スピーディーかつ安全に作業が進められることです。実績がある業者ほど、的確に遺品を分別していきます。判断に迷ったときは、依頼主に相談するケースが多いので安心して任せられるでしょう。たとえ、テーブルやソファーなどの大型家具でも、搬出から回収まで行ってくれるので安心です。遠方に住んでいる方は、自分が現場に赴かなくても業者スタッフが代わりに作業を進めてくれるため、交通費も節約できます。

3-3.遺品整理業の内容と費用を確認する

遺品整理業者に依頼するケースが増えてきているため、遺品整理を専門に請け負う業者も増加傾向にあります。遺品整理の内容は、遺品やゴミの分別・不用品回収・ハウスクリーニングなど業者によって内容が異なるため、必ず作業範囲を確認しておかなければなりません。作業範囲とあわせて、どの作業にいくらかかるのか見積書も細部までチェックしておきましょう。費用は不用品の量などで異なります。遺品整理の場合は、大量の不用品が出てくる可能性があるため、格安パックを活用するといいでしょう。遺品整理や不用品回収を行っているクリーンレスキューでは、格安パックを用意しています。ぜひホームページをご覧ください。

3-4.業者選びのポイントは実績とスタッフの対応に注目

遺品整理業者の中には、きちんと作業を行わずに高額な費用を請求する悪徳業者が存在しています。悪徳業者に引っかからないようにするため、業者選びの際は、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 遺品整理のサービス内容について具体的に記載されているか
  • 不用品回収実績があるか
  • 買取サービスを行っているか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 口コミや評判がいいか

上記の中でも特に注目してほしいのは、不用品回収・遺品整理の実績とスタッフの対応です。遺品を正しく扱う業者ほど、遺族の話に耳を傾け、丁寧な作業を行います。

4.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.遺品整理をしないとどうなるの?
A.ホコリがたまりやすくなり、悪臭が漂うことになります。悪臭に引き寄せられるように害虫が発生して、ゴミ屋敷化や汚部屋状態になってしまうのです。また、近年は、遺品整理を放棄した結果、近隣住民とのトラブルに発展するケースが増えています。親族間だけでなく、他者にまで悪影響を及ぼす恐れがあるので注意しなければなりません。遺品整理の時期が遅れるほど、賃貸物件の場合は原状回復が難しくなり、余計にお金がかかってしまうでしょう。

Q.遺品整理はどのタイミングで行えばいいの?
A.理想と言えるタイミングは「四十九日」です。四十九日は葬儀からある程度経過しているので、気持ちが整理しやすく、遺品整理の準備を整えることができます。また、親族全員が集まりやすい時期でもあるため、相続手続きの対象とならない遺品の形見分けには最適なタイミングでしょう。親族が全員集まらない場合は、遺品整理を行う旨を必ず伝えましょう。

Q.どんなものが買取対象になるの?
A.一般的に、再利用できるものは買取対象になる可能性があります。特に、ブランドバッグやアクセサリー・着物は価値があるので高く売れるでしょう。なるべく遺品整理にかかる費用を節約したい方は、不用品の買取を行っている業者に依頼してください。買取と処分が同時にできる業者を利用すれば、買取不可になっても処分してもらえるので時間と手間がかかりません。クリーンレスキューでは、不用品買取・処分サービスを行っているため、お気軽にお問い合わせください。

Q.遺品整理業者との間でよくあるトラブルは?
A.よく起きているのが、「見積書に記載されていない追加料金を請求されたケース」です。見積書に、どの作業にいくらかかるのか具体的な内訳が記載されていない業者とのトラブルに見られます。また、「言った言わない・やったやらない」などのトラブルも起きているので要注意です。悪徳業者の場合、売買契約書・領収書などの書類を携帯しておらず、口頭での約束だけですませるケースがあります。口約束に法的拘束力はないため、後でトラブルに発展しやすいのです。

Q.大切な思い出の品々が捨てられない場合は?
A.遺品整理で多くの方が悩みがちなのが、思い出の品々です。写真・動画・アルバムなどの思い出の品は、なかなか捨てることができません。しかし、大量にある場合はすべてを残すわけにもいかないことがあるでしょう。そんなときは、データ化をおすすめします。思い出の品を写真で収めることで、データとして残せるのです。データならかさばる心配もなく、見たいときにすぐ見られるでしょう。

まとめ

気持ちの整理がつかない・遺品の量が多すぎる・作業する時間がないなど、遺品整理がつらく感じる理由はたくさんあります。遺品の量が多ければ多いほど遺品整理に時間と手間がかかるため、親族間で協力することが大切です。親族が集まりやすい四十九日を目安に、遺品整理を始めるといいでしょう。ただし、気持ちの整理がつかない場合は無理をする必要はありません。悲しみの気持ちが大きい場合は、とことん悲しみ涙を流すことも必要でしょう。また、自分たちで遺品整理ができないときは、プロに依頼するのも手段の1つです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから