遺品整理期間はどれくらい? 四十九日や賃貸更新に間に合う片付けポイント

故人の死後、お葬式や各種手続きなどがようやく終わったと思えば、次に出てくる課題が遺品整理です。遺品整理は、賃貸物件の更新や四十九日法要に間に合わせるなど、期間が気になるところでしょう。「心の整理がついてから……」と後回しにすると、いつまでたっても終わりません。かといって、やみくもに慌てて作業をしても効率が悪いでしょう。

そこで今回は、遺品整理を行う際に知っておきたいポイントをご説明します。

  1. 遺品整理の期間の考え方
  2. 遺品整理の期間はどれぐらいかかる?
  3. 遺品整理の期間を短縮する方法
  4. 遺品整理についてよくある質問

今回ご紹介する内容を参考に、より効率よく遺品整理を行ってください。遺品整理業者などプロに依頼する際のポイントもご紹介します。

1.遺品整理の期間の考え方

まずは、遺品整理にかかる期間の考え方を見ていきましょう。

1-1.賃貸の場合は急いだほうがよい

賃貸物件の場合、死後14日後まで、もしくは月末に部屋を明け渡す必要があります。具体的なタイムリミットが決まっているので、急いだほうがよいでしょう。

1-2.四十九日を目途にする

死後四十九日法要を行う前に故人宅や遺品をすっきり片付けて、故人へ気持ちよく報告したいという方もいます。気持ち的にもひとつの区切りとなりやすいので、四十九日法要をリミットとして考えてもよいでしょう。

1-3.余裕があるなら時間をかけてもOK

持ち家である場合や、故人宅へ頻繁に通える場合など、条件が許せばゆっくりと時間をかけて片付けてもよいでしょう。時間をかけて故人と向き合うことができます。ただし、整理期間が1年以上になると気持ち的に中だるみして整理作業が進まない場合もあるので、ある程度(半年くらい)のリミットは決めておくのがおすすめです。

1-4.形見分けについても検討を

遺品を形見分けするなら、四十九日法要までに整理しておくのがおすすめです。親戚が一堂に集まる機会はあまりないため、これを機に遺品を整理すると苦労が少ないでしょう。

2.遺品整理の期間はどれぐらいかかる?

次に、遺品整理にかかる期間について具体的に見ていきましょう。

2-1.遺品整理期間は部屋やものの量で変わる

一口に遺品整理といっても、故人宅の部屋の広さやものの量によって、片付ける時間は変わってきます。1ルームや1Kの部屋なら数日で終わらせることができますが、3LDK以上の一軒家の場合などは、自分たちだけで行うと1か月以上かかってしまうことがあるでしょう。また、部屋が広いほど必然的に掃除する箇所が増えるという面もあります。

2-2.遺品整理の流れは?

遺品整理の大まかな流れは以下のとおりです。中でも、分類や処分に多くの時間がかかるでしょう。

  1. 片付けスケジュールを決める
  2. 粗大ゴミや自治体の捨て方を調べる
  3. 残す遺品と処分する遺品を分類する
    • 残す遺品…自宅で保管/形見分け
    • 処分する遺品…売却/リサイクルに出す/捨てる
  4. ハウスクリーニング(掃除)を行う
  5. 部屋の引き渡し手続き

2-3.こんな場合は時間がかかる!

遺品整理では、以下のような場合時間がかかってしまいがちです。

  • 部屋が広い
  • ものが多い
  • 親族・形見分け先が多い
  • 遺言状がなく相続などが決まっていない

3.遺品整理の期間を短縮する方法

次に、遺品整理の期間を短縮するポイントをご説明します。

3-1.ものを厳選すれば整理時間の時短に

遺品整理は、保管するものが多いほど時間がかかってしまいます。取っておきたい思い出の品は、写真に収めたり厳選して保管するのがおすすめです。写真や手紙はスキャンしてデータ化してもよいでしょう。また、形見分け・相続にかかわるものは専用のボックスやエリアに分けておくとあとで混乱しません。あとで売るものも分けておきましょう。

3-2.プロに依頼すれば広い部屋でも1日で終わる?

上記のように、遺品整理を自分たちだけで行おうとすると1か月以上かかってしまうこともあります。プロの遺品整理業者に依頼することで1日~数日で終わらせることができるでしょう。処分や運搬は業者にお任せで、自分たちは保管するものと処分するものの判断をするだけでいいので、作業の苦労が大幅に減らせます。

3-3.プロによる遺品整理の流れとは?

遺品整理業者を利用する流れは以下のとおりとなります。

  1. 無料・見積もり依頼
  2. 訪問日の決定
  3. 片付け作業
  4. 不用品の回収・買取
  5. 料金の精算

ものの量にもよりますが、人数を増員して一気に片付けてもらうこともできるので、広い部屋やものが多い部屋でも1日で片付け作業が終わる可能性もあります。急ぎの場合は電話で相談するとよいでしょう。

3-4.遺品整理にかかる費用は?

遺品整理の料金は、部屋の広さやものの体積によって決まります。遺品整理作業料金の目安は以下のとおりです。

  • 1K:3.5万円
  • 1DK:6万円
  • 2DK:12万円
  • 3LDK:19万円

また、不用品を処分したいだけのときは、不用品回収業者による回収がおすすめです。軽トラック積み放題で2~4万円ほどで不用品をまとめて持っていってもらえます。処分したいものが大量にあり、粗大ゴミ申請やリサイクルショップへの持ち込みが困難な場合には向いているでしょう。

3-6.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理を業者へ依頼する際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • (不用品回収とは別に)遺品整理業務を行っているところ
  • 料金やサービス内容がわかりやすいところ
  • 無料相談・見積もりを行えるところ
  • 古物商許可などを受けているところ
  • 買取サービスも行っているところ(希望する場合)

4.遺品整理についてよくある質問

遺品整理について、よくある質問にお答えします。

Q.気落ちしていて自分で整理ができません
A.プロによる代行整理がおすすめです。片付け作業でさらに精神的に負担がかかってしまうこともあります。また、片付けに使う予定だった時間で故人をゆっくりと偲(しの)ぶこともできるでしょう。

Q.大量の書類や写真などを保管したいのですが
A.手紙や写真類は、スキャンしてデータ化するのがおすすめです。いつでもどこでも見られるので、現物で保管しておくよりも見る機会が増えて、より故人へ思いを寄せることができます。スキャナーをレンタルできるサービスもあります(※)。1週間くらいレンタルして、一気にスキャンするのがおすすめです。また、データ化した写真は、パソコンやメモリだけでなく、クラウドにも保存しましょう。

※スキャン作業にはパソコンが必要です。

Q.形見分けするものはどんなもの?
A.アクセサリー・腕時計・衣類・趣味の道具など、故人を偲べるものは形見分けの品として適切です。お香典に新札を使わないのと同じ要領で、ラッピングはせず紙などで軽く包んでお渡しするのがマナーとなっています。

Q.原状回復ってなに?
A.部屋に住み始める前の状態に戻すことです。壁や床についた傷や汚れは、ハウスクリーニングできれいに掃除する必要があります。ただし、日焼けによるシミや家具の跡など、住んでいればどうしてもつく汚れの回復については、借り主が負担する必要はありません。

Q.孤独死があった場合の遺品整理は?
A.孤独死により部屋が汚染されている場合は、専門の業者に特殊清掃を依頼しましょう。感染症を防ぐためにも自力で片付けないようにしてください。

まとめ

遺品整理の期間や流れなどをご説明しました。遺品整理の前にあらかじめ心構えをしたり、スケジュール・手順を考えておくことで、スムーズに片付けることができるでしょう。また、遺品整理期間が限られている・自分ではどうしてもできないという場合にはプロの手を借りるのも一手です。遺品整理を始める際は、ぜひ今回ご紹介した内容を思い出してみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから