マンションから粗大ゴミを出すコツを紹介! 回収業者の利用もおすすめ

マンションには、独自のゴミ出しルールを設けているところもあります。そのため、「粗大ゴミが出しにくくて困っている」と悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、マンションで粗大ゴミを出す際の注意点や粗大ゴミの回収を業者に依頼するメリットなどを紹介します。

  1. マンションで粗大ゴミを出す際に困りがちなこと
  2. マンションでゴミをスムーズに出す方法
  3. マンションの粗大ゴミの処分を業者に依頼する方法
  4. マンションの粗大ゴミに関するよくある質問

この記事を読めば、粗大ゴミの処分に悩むことはなくなるでしょう。粗大ゴミの処分方法に困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.マンションで粗大ゴミを出す際に困りがちなこと

はじめに、マンションで粗大ゴミを捨てる際に起こりがちな困りごとを紹介します。

1-1.家から粗大ゴミを持ち出すのが大変

マンションは戸建てに比べると玄関が狭く、大きいものが通りにくいところが多いでしょう。そのため、粗大ゴミをゴミ収集場まで持ち運ぶのに苦労した経験がある人は珍しくないと思います。また、ゴミによってはエレベーターに乗せることができず、「捨てたいのに捨てられない」と悩んでいる人もいるでしょう。

1-2.マンション独自のゴミ出しルールがある

マンションは、自治体とは異なるゴミ出しルールを設けているところもあります。そのため、自治体のルールだけでなく、マンション独自のルールに従う必要があるため、粗大ゴミが出しにくいマンションもあるでしょう。

1-3.一度にたくさんの粗大ゴミを出しにくい

マンションは、独自のゴミ収集場を持っているところが多いものです。マンションの住人全員で利用するため、一度に大量のゴミは出しにくいでしょう。特に粗大ゴミは、1つや2つで集積場がいっぱいになってしまうこともあり、引っ越しなどで「一度に大量の粗大ゴミを捨てたい」という場合に困りがちです。

2.マンションでゴミをスムーズに出す方法

この項では、マンションでゴミをスムーズに出すために、確認しておくことを紹介します。

2-1.ゴミを出すルートを確認する

マンションによっては、粗大ゴミなど搬出するための貨物エレベーターを設置しているところもあります。また、階段を使えば粗大ゴミを下まで運べるところもあるでしょう。さらに、エレベーターに粗大ゴミが乗るかどうかも確認しておくのがおすすめです。

2-2.マンション独自のゴミ出しルールを確認する

マンション独自のゴミ出しルールがある場合、粗大ゴミの出し方を確認しましょう。管理人が常駐しているマンションの場合、運搬を手伝ってくれる場合もあります。また、自治体で粗大ゴミの回収が有料だった場合は、それに準じて料金がかかることもあるでしょう。ですから、マンションの管理規約などで回収料金や支払い方法などを含めたゴミ出しルールを確認しておいてください。

2-3.一度にゴミ出しができる量を確認する

マンションのゴミ収集場にどれだけの量の粗大ゴミが捨てられるか、事前に確かめておきましょう。そうすれば、一度にたくさんの粗大ゴミを捨てたい場合、1度でゴミを捨てられるのか、複数回に分けて出さなければならないのか目安をつけることができます。

2-4.一度に大量の粗大ゴミを一度に捨てたい場合は業者利用がおすすめ

マンションから引っ越す際に一度に大量の粗大ゴミを出したい場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。家からの運び出しも行ってくれるので、重い粗大ゴミを階段やエレベーターを使って収集場まで運ぶ必要はありません。

3.マンションの粗大ゴミの処分を業者に依頼する方法

この項では、マンションの粗大ゴミを回収してくれる業者の選び方や注意点を紹介します。

3-1.業者はインターネットで探すのがおすすめ

不用品回収業者は、インターネットで検索するとすぐに見つかります。業者によって回収専門、買取・回収の両方を行っているところなどがあるので、目的に合わせて選びましょう。回収料金も業者によって違いますが、極端に回収料金が安い業者は気をつけてください。別途理由をつけて追加料金を請求してくることもあります。

3-2.複数の業者から見積もりを取ってみる

時間に余裕があるならば、複数の業者から見積もりを取ってみましょう。不用品回収の料金相場が分かります。また、優良な業者ならば、見積もりも正確に作ってくれるはずです。いいかげんな見積もりを作ってきた業者や、見積もりを作ろうともしない業者は依頼しない方がいいでしょう。

3-3.トラック積み放題などお得なプランもある

大量の粗大ゴミを出したい場合、トラック積み放題で固定料金などお得なプランを実施している業者を選ぶと費用が安く済むこともあります。また、買取・回収を両方行っている業者を利用すれば、買取金額を回収料金から差し引いてくれるのでお得です。

3-4.搬出料の有無を確認しておく

マンションの場合、粗大ゴミ搬出までに時間がかかることもあります。また、クレーンなどで窓から搬出しなければならない粗大ゴミもあるでしょう。別途搬出料がかかることもあるので、事前に確認しておきましょう。

4.マンションの粗大ゴミに関するよくある質問

この項では、マンションの粗大ゴミに関する質問を紹介します。

Q.マンションで粗大ゴミを出す際、分解すれば楽だと思うんですが?
A.確かに楽ですが、すべての粗大ゴミが分解できるわけではありません。

Q.マンションで粗大ゴミを出せない、というケースはありますか?
A.そのようなことはありませんが、マンション独自のルールにより一度に出せる量に制限を設けているところもあるでしょう。

Q.家電は粗大ゴミになりますか?
A.自治体のゴミ出しルールによっては、一定の大きさを超えると家具でも家電でも一律に粗大ゴミに指定されるところもあるでしょう。

Q.冷蔵庫や洗濯機も粗大ゴミですか?
A.冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンは家電リサイクル法の対象家電なので、家電リサイクル券を購入して家電量販店にや不用品回収業者などに回収してもらいましょう。

Q.引っ越し業者が粗大ゴミを回収してくれると聞きました。
A.確かにそのようなサービスはありますが、すべての引っ越し業者が行っているわけではありません。引っ越し会社に回収を依頼したい場合は、見積もりの際に問い合わせてみましょう。

まとめ

今回は、マンションで粗大ゴミを捨てる際の困りごとや、不用品回収業者の利用方法などを紹介しました。マンションの階段・廊下・入り口など構造的な条件やマンション独自のルールなどにより、粗大ゴミを搬出するだけでも大変なところもあります。大量の粗大ゴミを捨てたい場合は業者を利用しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから