遺品整理と不用品回収の違いは? 特徴や業者選びのポイントを紹介

遺品整理と不用品回収には違いがあります。業者を利用するときは、それぞれの特徴や注意点などを理解しておくことが大切です。また、遺品整理の予定がある方は、遺品をゴミのように扱われないために、遺品整理の専門家に関する知識も併せて身につけておきましょう。

  1. 遺品整理と不用品回収の違いは?
  2. 遺品整理の注意点
  3. 遺品整理と不用品回収:業者の選び方
  4. 遺品整理や不用品回収でよくある質問

近年は、遺品整理の需要が高まっています。不用品回収との違いだけでなく、業者選びや遺品整理のポイントなどを覚えておきましょう。

1.遺品整理と不用品回収の違いは?

まず、遺品整理と不用品回収にはどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

1-1.処分するものが異なる

不用品回収は使わなくなったものを回収し、リサイクルや処分を行います。回収したものの多くは、粗大ゴミと同じように扱われるでしょう。しかし、遺品整理は、故人の所有していたものを片付け、必要なものは遺族に渡し、不用品を供養してから処分するのが特徴です。

1-2.遺品整理は相続に関連する品の捜索ができる

遺品整理は、家を片付けて明け渡すだけでなく、相続に関連する貴重品の捜索を行う目的もあります。不用品回収の場合、不用品をまとめて回収し、再販の価値がないものは廃棄し、遺品整理は遺族に故人の大切な品を手渡すことを重視しているのが特徴です。遺品を1つずつ確認しながら作業を進めるため、紛失などの事故が起きにくいのがメリットでしょう。

1-3.事前の準備も異なる

不用品回収の場合、事前にピックアップしておいた不用品を訪問した業者に引き取ってもらいます。家具など大きなものでも自分で移動や運搬を行う必要がありません。遺品整理の場合、相続に必要なもの・探してもらいたいもの・貴重品などをメモに書き出し、業者に捜索してもらう準備を整えておくことが大切です。形見分けをしたいものがあれば、事前に伝えておきましょう。

1-4.遺品整理はお焚(た)き上げで供養してから処分する

遺品は、故人の思い出が詰まった品です。遺品整理の場合、業者が寺社に引き取った遺品を持ち込み、お焚き上げで供養を終えてから処分を行います。故人に敬意を払い、遺品を丁寧に扱ってくれるため、安心して依頼することができるでしょう。ただし、業者の質はさまざまです。見積時の対応やクチコミなどを見て、信頼できる業者を見つけましょう。

2.遺品整理の注意点

遺品整理を依頼するときは、どのような点に注意すべきなのでしょうか?

2-1.故人の遺志を尊重することを第一に考える

遺品整理は遺族の意向だけで進めるものではなく、故人の遺志を尊重することが大切です。エンディングノートや遺言などがある場合、故人の思いを確認し、遺品整理に反映するようにしましょう。

2-2.相続に関連する品を捜索するためには技術と知識が必要

金品・貴金属・有価証券・骨董(こっとう)品など遺産相続にかかわるものの捜索には、熟練した技術と豊富な知識が必要です。不用品回収業者に依頼した場合、不用品をまとめて引き取ってもらうため、貴重品が埋もれたまま処分されてしまうケースもあるでしょう。遺品整理を専門に行う業者に依頼することが大切です。

2-3.形見分けなどについて親族と事前に話し合いをしておく

遺品整理は遺産相続に関連するものも含むため、親族間のトラブルが起こらないよう、事前に形見分けなどについて話し合いをしておきましょう。また、依頼先や費用負担など、細かなこともあらかじめ決めておくことが大切です。

2-4.ゴミ屋敷の場合は不用品回収と遺品整理が同時にできる業者が便利

ゴミ屋敷の場合、不用品回収と遺品整理の両方を請け負う業者に依頼する方法が便利です。ゴミ屋敷は荷物やゴミの量が多く、人が室内に入るだけでも苦戦するケースが目立ちます。貴重品の捜索に至るまでに時間がかかりのに加え、膨大な不用品の処分を速やかに行わなければなりません。また、片付けや遺品整理を終えた後、害虫駆除・消臭・ハウスクリーニングなども必要です。サービス内容に注目して業者を選びましょう。

3.遺品整理と不用品回収:業者の選び方

遺品整理と不用品回収の業者を選ぶときのポイントなどをご紹介します。

3-1.遠方で足を運ぶことができない・時間的制約があるときにおすすめ

遺品整理が必要になっても、遠方で足を運ぶことができないケースも多いものです。遺品整理を親族だけでやろうと思っても、時間的制約もあり、思うように進まないことがあります。遺品整理を専門に行う業者なら、迅速かつ丁寧な作業を行ってくれるのがメリットでしょう。明け渡しの期限が迫っている場合もおすすめです。

3-2.遺品整理と不用品回収はニーズに応じて使い分けること

既述したとおり、遺品整理と不用品回収はサービス内容や不用品の処分に対する考え方が違うため、ニーズによって使い分けることをおすすめします。遺品整理や貴重品の捜索を目的とするなら、専門業者に依頼しましょう。不用品をまとめて処分したいなら、不用品回収に依頼したほうが、割引プランなどもあるのでお得です。

3-3.遺品整理士が在籍する業者が安心

遺品整理士は、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格です。相続にかかわる知識や遺品の取り扱いなどに長(た)けています。遺族や故人の思いを大切にしながら作業を行ってくれるため、遺品整理士が在籍する業者に依頼すると安心です。

3-4.業者を利用して短期間で終えることが費用削減につながる

遺品整理は遺族で行いたいという意向もあるでしょう。しかし、賃貸の場合、片付けやハウスクリーニングを終えなければ、家の明け渡しができません。自分で作業を進めても時間ばかり経過し、家賃や光熱費などがかさんでしまいます。業者を利用して遺品整理は短期間で終えるのが、費用削減につなげるコツです。

4.遺品整理や不用品回収でよくある質問

遺品整理や不用品回収などに関する質問を集めました。

Q.生前整理と遺品整理はどう違うのか?
A.遺品整理が故人の死後に行う作業であるのに対し、生前整理は終活の1つとして自分の身辺をコンパクトにしておく作業を意味します。自分の死後、子どもたちの負担を減らしたい・老後をすっきりした環境で過ごしたいなどの目的で始める人が増えているのです。

Q.孤独死だった場合、どの業者に依頼すべきか?
A.孤独死の場合は、特殊清掃に依頼しましょう。腐敗した状態で遺体が発見されることが多いため、体液や血液の処理・腐敗臭の除去・害虫駆除など、原状回復を行うために特殊な技術を要します。「特殊清掃 地域名」で業者を検索しましょう。

Q.遺品整理士がいる業者はどうやって探せばいいのか?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会のホームページで、優良業者の検索ができます。大阪・京都・東京・千葉・神奈川など、全国の企業を閲覧できるので、業者探しの参考にしてください。

Q.格安で遺品整理を依頼したい場合はどうすべきか?
A.遺品整理の費用を抑えたい場合は、複数の業者から見積もりを出してもらい、費用を比較して安いところを見つけましょう。とはいえ、遺品整理の実績が少ない業者は、遺品の紛失なども起こることが予想されます。費用の節約だけに目を向けず、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

Q.不用品回収を行う業者にハウスクリーニングまで依頼することはできるのか?
A.業者のサービス内容によって異なります。依頼できたとしても、不用品回収がメインであるため、ハウスクリーニングは別途費用負担が必要です。遺品整理を行う業者であれば、ハウスクリーニングがサービスに含まれます。

まとめ

遺品整理と不用品回収は、処分方法や作業に対する考え方が異なるものです。遺品整理は故人の遺志を尊重して行うことが望ましいため、専門業者に依頼するようにしましょう。遺品整理を専門とする業者なら、貴重品や金品の捜索に長けているだけでなく、不用品をきちんと供養してから処分してもらえます。遺品整理と不用品回収の違いを理解し、ニーズに応じて利用しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから