片付けのやる気を出す方法とポイントは? 片付け方のポイントも解説

片付けのやる気を維持することは大変ですが、ポイントをつかんでおけば思い通りに進めることができます。自分で「片付けができない」「維持できない」と思い込んでいると、作業が進まなくなるので前向きに捉えていきましょう。

本記事では、片付けの大変さや、やる気を出す方法について解説します。

  1. 片付けの大変さ、悩みごとを理解しよう
  2. 片付けのやる気を出す方法
  3. やる気が出てくる片付け方法
  4. 片付けのやる気を維持するポイント
  5. 片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、片付けのやる気を維持するコツも分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.片付けの大変さ、悩みごとを理解しよう

最初に、片付けの大変さやよくある悩みごとをチェックしておきましょう。

1-1.片付けが面倒くさい

片付けが苦手な方の多くは、「面倒くさい」と感じているのではないでしょうか。ものが散乱しているほどやる気が出なくなり、どこから手をつければいいのか分からなくなるはずです。しかし、片付けが面倒くさいのは、あなただけではありません。人間の脳は理性よりも感情が真っ先に立ち上がる構造となっているため、片付けはどんな人にとっても面倒に感じられるのです。

1-2.ものが多い

生活空間にものがたくさんあると、片付けに時間がかかります。「時間がないから」という理由で片付けを諦めたり、疲れて帰ってくるとやる気が起こらなかったりするでしょう。また、不用品が多い状態ほど片付けに時間がかかるだけでなく、体力も消耗してしまいます。それが分かっているからこそ、やる気が出てこないのです。

1-3.すぐ片付け前の状態に戻ってしまう

「片付けをしても、すぐ散らかった状態になってしまうから」と自分で決めつけ、片付けをやる気が起きないケースも多く見られます。キレイに片付けても再び散らかってしまうのは、ものの定位置が決まっていないからです。きちんと定位置を決めておけば、キレイな状態が維持できます。後ほど、片付け方のポイントを【3.やる気が出てくる片付け方法】で説明するので、ぜひチェックしてください。

1-4.片付けが得意・好きな人も失敗をしている

片付けが得意で好きな人は、根本的に違うと思っているかもしれませんが、同じ脳の構造をしています。片付け・掃除のプロでも、かつてもののあふれた空間で生活し、片付けを失敗している方がほとんどです。何度も失敗してきたからこそ、その経験を生かしています。今、片付けが得意で好きな人でも、過去には片付けができない人だったのです。片付けができない人が学習し、効率的な片付け方のプロセスを習得しているので、あなたもできます。

2.片付けのやる気を出す方法

では、片付けのやる気を出すにはどうすればいいのでしょうか。

2-1.やる気が出ないのは悪いイメージが先行しているから

「片付けなければならないのにやる気が出ない」「これから整理しなければならない」など、~しなければならないという考え方は、どんどんネガティブな感情を引き出してしまいます。まずは、片付けに対するイメージを変えていかなければなりません。

2-2.片付けの「目的」を考えよう

片付けに対する悪いイメージを払拭する方法として、ものを整理する「目的」を明確にするやり方があります。人は明確な目的がないと行動に移すことができません。なぜ整理するのか・ものを整理する目的は何なのか考えてみてください。代表的な目的としては、「いつでも友人や親族が呼べる状態にしたい」「探しものが見つからない事態をなくしたい」などがあります。目的意識が強ければ強いほど、行動に必要なエネルギーも大きくなるでしょう。前向きな目的を設定すると、片付けのイメージが変わりますよ。

2-3.片付け動画を見る

片付け動画を見ることも、やる気を出す方法の1つです。生前整理や老前整理などが注目されている昨今、片付けをテーマにした番組がたくさん放送されています。YouTubeでは、掃除のコツなどが紹介されている動画も配信されているので、やる気がないときにチェックしてください。動画は写真よりも分かりやすく、どのように片付けるといいのか理解しやすい傾向があります。また、整理で部屋のビフォーアフターを見ると、明るいイメージにつながり、キレイに整理したくなるでしょう。

2-4.理想の部屋を想像してみよう

動画だけでなく、Twitterやインスタグラムでもさまざまな部屋が紹介されています。やる気を引き出すために、自分の理想の部屋を探してみてください。「こんな部屋に住みたい」と思えるような画像を見つけたら、保存し、やる気の引き出しに役立てましょう。途中でやる気がなくなりそうになったとき、理想の部屋の画像を見ると、やる気が出るきっかけになるかもしれません。

3.やる気が出てくる片付け方法

そのやる気が出る片付けの方法を知ることも大切です。どのような内容なのでしょうか。

3-1.片付けが楽しくなる環境づくり

あなたが楽しいと感じるときは、どのような瞬間でしょうか。自分が楽しいと感じる方法で、片付けが楽しくなるような環境づくりを行うことが、やる気を出すポイントとなります。たとえば、好きなアーティストの音楽をかけて気分をよくすることです。「やらなきゃ」と気持ちだけが先行すると体が追いつけず、途中で諦めてしまうでしょう。しかし、好きな音楽をかければ、気分がよくなり、掃除のストレスも感じにくくなります。ぜひ、自分が楽しめる方法で掃除を始めてみてください。

3-2.時間を決める

時間を決めて片付けるのも、やる気が出てくる方法の1つです。片付けが長続きしない人の多くは、一気に片付けようとしたり完璧を目指したりする傾向があります。やる気を出すためには、無理のない範囲で続けることが大切です。毎日5分だけでもいいので、時間を決めて片付けを始めてください。「5分間だけ片付ける」など自分のやる気が出るルールを決めると、その時間だけ片付けを続けることができます。それを毎日続けるように心がければ、片付けが習慣化できるでしょう。

3-3.片付ける範囲を決める、置き場所を決める

「時間がない」と片付けを諦めている方におすすめしたいのが、時間とあわせて片付けの範囲を決めることです。どこの部屋をどのくらいの時間で終わらせるのか、事前にルールを決めておきましょう。たとえば、30分でテレビボードの引き出しを片付けるなどです。また、ものの定位置を決めておけば、使った後にすぐ定位置へ戻すことができます。使用後にすぐ片付ける癖をつけることで、なるべく少ない動きで片付けられ、時短につながるというわけです。

3-4.業者へ依頼するのも方法の1つ

どうしても自分で片付けることができない場合は、第三者に依頼するのも方法の1つでしょう。代わりに片付けをしてくれたり、時間と手間がかかる不用品の回収をしてくれたりするので、スピーディーに片付けることができます。一度、部屋をスッキリとした状態にできるため、後はその状態を維持するだけでよいのです。不用品回収・買取・処分を行っているクリーンレスキューは、都内全域で24時間作業を受けつけています。ぜひ1度お問い合わせください。

4.片付けのやる気を維持するポイント

キレイな部屋を維持するためには、モチベーションを保つことが重要です。そこで、ここでは片付けのやる気を維持させるポイントを紹介します。

4-1.片付けた後の自分を褒める

思い通りに片付けができないと、自分自身を責めてしまいがちです。どんどんネガティブな気持ちになり、片付けをやる気も維持できなくなるでしょう。そこで、ぜひ実践してほしいのが、片付けられた後に自分を褒めてあげることです。「よく頑張った!」と声に出して褒めてあげてください。また、大好きなスイーツを買って食べるなど、褒美を用意するのもポイントの1つです。自分へのご褒美があると、モチベーションが上がります。

4-2.部屋づくりへの刺激を定期的に取り入れる

定期的におしゃれなカフェへ行ったり、お気に入りの雑貨屋や家具屋さんに行ったりするなど、部屋づくりへの刺激を取り入れることもやる気を維持するポイントです。おしゃれなカフェはインテリアや使用している食器もこだわりが強く、理想の部屋づくりに刺激を与えます。刺激を受けることで、「自分もこんな部屋にしたい!」「キレイにしたい」という欲求が強くなり、行動を起こすことができるでしょう。部屋が常にキレイでおしゃれな空間になれば、気持ちも明るくなり、あなた自身もおしゃれになりますよ。

4-3.気づいたときにすぐ行動する

片付けのやる気を維持するため、気づいたときにすぐ行動するように心がけてください。たとえば、床にゴミが落ちていたらすぐゴミ箱に入れる・バラバラになっている雑誌をまとめるなどです。考えずに手を動かせる範囲から片付けると、達成感が得やすくなり、やる気も維持しやすくなります。先に体を動かすことはやる気につながると、脳科学でも証明されているのです。

4-4.とりあえずBOXを活用する

片付けのやる気を維持することが難しいという方は、「とりあえずBOX」を作って活用してください。とりあえずBOXは、郵便物や書類などの一時的な保管場所として使用します。A4サイズのカゴを用意しておけば、ある程度のものが保管できるでしょう。部屋が散らかる心配もありません。ただし、ずっと置いたままにするのはNGです。1週間ごとにカゴへ入れたものを見直し、入っているものを片付けることがポイントとなります。

5.片付けに関してよくある質問

片付けのやる気に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.今すぐ片付けのやる気が出る方法は?
A.人を家に招待することです。来客の予定が入れば、その日までに家を片付けなければならなくなります。しかし、あくまで最終的な手段として考えるべきでしょう。来客のために一過性で片付けるのではなく、片付けのきっかけにするといいですよ。

Q.散らかった部屋で生活するデメリットは?
A.ほかにも、衛生面が悪化し体調不良になる・精神的に不安定になるというデメリットもあるのです。使いたいのに見つからない・探しものに時間がかかる・忘れものをしやすいという点もデメリットとなります。また、散らかった部屋で生活している人は、無駄なものを買ってしまうという時間的経済デメリットが大きいのも特徴です。

Q.置き場所を決める際のポイントは?
A.使用する場所の近くに置くことです。たとえば、リビングで本を読むことが多い場合、本を収納するラックや棚をリビングに設置するといいでしょう。ほかにも、リビングではリモコンの置き場所や子どものおもちゃを片付けるスペースも作ると片付けがしやすくなります。置き場所を決める際は、どこで何を使うことが多いのか考えてください。また、同じ種類のものはなるべく近くに置くのも大切なポイントです。

Q.片付けの行動を引き出すコツは?
A.気持ちが先走るばかりで行動できないときは、頭の中でやるべきことがたくさん出てきている状態です。そのため、まずは、やることを紙に書き出してみてください。大きなまとまりを細かくして書き出してみると、1つの行動が簡単になります。「床に散らかっている洋服を洗濯するものとクローゼットに戻すものに分ける」「服をハンガーにかける」など、小さな行動1つ1つを落とし込むのがコツです。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.なるべく、回収実績がある業者を選びましょう。実績がある業者ほど、スピーディーかつ丁寧に回収できます。また、不用品の回収だけでなく、買取サービスも行っている業者を選んでください。買い取ってもらえるものがあれば、処分費用の節約につながるでしょう。

まとめ

片付けのやる気を引き出すのは大変だと思われがちですが、まずは「行動すること」が大切です。人間の脳は、理性よりも感情が先行します。行動を起こしキレイになった空間を見るだけで、達成感を得ることができるでしょう。すると、片付けが楽しく感じ、理想的な部屋づくりへとつながります。自分が楽しく感じられるような環境で、少しずつ片付けていきましょう。また、片付けで出てきた不用品は、回収業者に依頼してください。手間と時間をかけず、処分できますよ。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから