不要なシュレッダーはどう処分するの?お得で無駄のない方法を紹介!

「シュレッダー処分したいが、どうすればよいのか分からない」「お得に処分することはできるのか?」とお悩みではありませんか? 買い替えや故障で不要になったシュレッダーは、処分方法についてしっかり知っておくべきです。

この記事では、自治体を利用したシュレッダーの捨て方や不用品回収業者に依頼する方法・買取に出す際のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. シュレッダーを自治体回収で処分する方法
  2. シュレッダーを自治体以外の方法で処分する場合
  3. シュレッダーは買取してもらうことも可能なのか?
  4. シュレッダーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、シュレッダーの処分方法ごとのメリット・デメリット、処分にかかる費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.シュレッダーを自治体回収で処分する方法

まずは、自治体回収を利用してシュレッダーを捨てる方法についてご紹介しましょう。

1-1.サイズや種類によって捨て方が異なる

シュレッダーは、サイズや種類によって捨て方が異なります。基本的に、30cm以下のシュレッダーであれば、不燃ゴミとして捨てられる自治体が多いでしょう。ただし、自治体によっては、電動シュレッダーは不燃ゴミ・手動シュレッダーは可燃ゴミ扱いになるところもあるため、事前に確認してください。ただし、大きさが30cm以上のものは、粗大ゴミとして捨てることになる自治体がほとんどです。

1-2.小型家電リサイクルの対象になる自治体も

自治体によっては小型家電リサイクルの取り組みを行っており、シュレッダーを小型家電として無料回収しているところもあります。廃家電から希少金属を取り出し、再利用するための取り組みです。この場合、大型スーパーや公共施設などに設置された専用回収ボックスに投かんするだけで処分できます。ただし、自治体によって回収できる小型家電の大きさや回収方法が異なるため、事前に確認が必要です。

1-3.法人用シュレッダーは自治体回収を利用できない

自治体が回収できるのは家庭から出たゴミだけであり、法人用のシュレッダーは回収してもらえません。法人用シュレッダーは産業廃棄物として業者に回収してもらう必要があるのです。もし自治体を利用して捨てた場合は違法行為になるため、十分注意してください。

1-4.自治体を利用して捨てるメリットとデメリットは?

自治体を利用してシュレッダーを処分するメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

メリット

  • 料金が無料または安い
  • 安心感がある

デメリット

  • 手間がかかる
  • 回収日時が決まっている
  • 回収場所まで運ぶ必要がある

2.シュレッダーを自治体以外の方法で処分する場合

シュレッダーは自治体を利用する以外にも、いくつか処分する方法があります。それぞれのメリットやデメリット・費用などをまとめました。

2-1.買い替える場合は下取りに出す

シュレッダーを買い替える場合は、新しいシュレッダーを購入する販売店に古いものを下取りしてもらう方法もあります。購入と処分が同時にできるため、手間を最小限に抑えられる点がメリットです。ただし、販売店によっては下取りサービスを行っていないところもあります。また、状態が悪ければ下取りの対象外になることもあるため、事前の確認が必要です。

2-2.不用品回収業者に依頼する

「シュレッダーが重くて自分で動かすことができない」「ほかにも処分したいものが多数ある」というときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。希望の日時に自宅や会社まで回収に来てもらえるため、手間をかけずにシュレッダーを処分できます。大型のシュレッダーが複数台ある場合も、ほかに大量の不用品がある場合も安心して依頼できるでしょう。

2-3.有料の業者と無料の業者がある

不用品回収業者には、有料の業者と無料の業者があります。有料業者の場合、回収料金は業者によって異なるため、複数の業者を比較してみるとよいでしょう。大まかな相場を把握できます。無料業者を利用する場合は、なぜ無料で回収が可能なのかをきちんと説明できる業者を選んでください。

2-4.まずは無料見積もりを

不用品回収業者を利用する際の流れは、一般的に以下のとおりです。

  1. 業者のホームページから無料見積もりを申し込む
  2. 回収日時を決定する
  3. 不用品を回収してもらう
  4. 支払い

2-5.悪徳業者を見極めることが大切

不用品回収業者の中には、違法な営業をする悪徳業者も存在しています。実際に、「高額な料金をだまし取られた」「無料と宣伝していたのに料金が発生した」「回収した不用品を不法投棄された」という例も報告されているのです。このようなトラブルに巻き込まれないよう、業者選びは慎重に行う必要があります。特に、一般廃棄物収集運搬業の許可を持たずに営業している業者や、事務所の所在地を明らかにしていない業者などは利用しないようにしてください。

3.シュレッダーは買取してもらうことも可能なのか?

まだ使えるシュレッダーは買取してもらうことも可能なのでしょうか。買取の条件や買取金額相場・買取に出す方法をご紹介します。

3-1.状態がよければ買取してもらうことは可能

シュレッダーは中古需要が比較的高いため、買取してもらえる可能性は十分にあります。故障しているものや使用感があるものは買取対象になりませんが、正常に動作して目立つ傷や汚れがないものは買取に出してみましょう。

3-2.買取相場は2,000~10,000円程度

シュレッダーの買取相場は2,000~10,000円程度といわれています。高性能な業務用シュレッダーなら10,000円を超えるものもあるでしょう。査定前にきれいに掃除をし、付属品をすべてそろえておくと査定金額がアップする可能性があります。

3-3.リサイクルショップに持ち込む

シュレッダーを買取に出す手軽な方法として、リサイクルショップがあります。自分で運べる場合は直接持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人におすすめです。ただし、自分で持ち運ぶのが難しい場合は別の方法を考えなければなりません。また、せっかく持ち込んでも状態によっては買取対象外になることもあるでしょう。大型のシュレッダーや複数台ある場合は、出張買取を受け付けているショップに依頼することをおすすめします。

3-4.ネットオークションに出品する

ネットオークションに出品して売る方法もあります。出品価格を自分で設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、落札者との取り引きや落札後のこん包・発送など、手間がかかる点がデメリットです。配送中の振動でシュレッダーが故障しないよう慎重にこん包する必要があるため、面倒に感じる人も多いでしょう。また、シュレッダーの大きさによっては送料が高額になるため、注意が必要です。

4.シュレッダーの処分に関するよくある質問

「不要になったシュレッダーを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.シュレッダーの寿命は何年くらいですか?
A.法定耐用年数は5年といわれています。使用頻度や使い方にもよりますが、5年前後で「紙を入れても動かない」「異音がする」などの不具合が起こりやすくなるでしょう。

Q.シュレッダーの中の紙はどうやって処分すればよいですか?
A.中の紙はすべて取り出し、燃えるゴミとして処分するとよいでしょう。

Q.シュレッダーを不法投棄した場合、どうなるのですか?
A.不法投棄は廃棄物処理法の罰則規定によれば、5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が科せられます。

Q.不用品回収業者を選ぶ際は、何をチェックすべきですか?
A.一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・事務所の所在地や固定電話の番号を明らかにしているか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックしてください。

Q.不用品回収業者が回収できないものもありますか?
A.一般家庭から出る不用品であれば基本的に回収可能ですが、生ものや危険物・窃盗品などは回収できません。

まとめ

不要になったシュレッダーの処分方法について詳しくご紹介しました。シュレッダーを処分する方法はいくつかあります。「できるだけお得に処分したい」「お金がかかっても手間をかけずに処分したい」など、希望はいろいろあるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、ベストな処分方法を見つけてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから