自動車用タイヤって何ゴミなの? 処分・廃棄方法を徹底解説!

タイヤを買い替える際に困ることといえば、不要になったタイヤの処分ではないでしょうか。自治体にゴミとして出せるのか、効率的に処分するにはどうすればいいのかなど、悩んでいる方も多いはずです。そこで、今回はタイヤの処分・廃棄方法について解説します。

  1. タイヤを処分する前に確認すること
  2. タイヤの処分・廃棄方法は?
  3. タイヤを買取に出す方法について
  4. タイヤの処分に関するQ&A

この記事を読むことで、タイヤの処分・廃棄・買取に関する情報が学べます。知っておいて損のない情報をそろえましたので、まずはご一読ください。

1.タイヤを処分する前に確認すること

まずは、タイヤの処分前に押さえておきたい点をご紹介します。

1-1.タイヤの種類・状態をチェックする

タイヤにはいくつかの種類があります。処分を考えているタイヤがどれに当てはまるのかを把握しておきましょう。ちなみに、状態が良いタイヤは買取の対象となるので、自分のタイヤの種類が分かっていると交渉がスムーズに行えますよ。

  • コンフォートタイヤ:最も一般的に使われている自動車用タイヤです。静音性・快適性を重視しています。
  • スポーツタイヤ:ドライ・ウェットコンディションにおけるグリップ能力を重視したタイヤです。代わりにコンフォートタイヤに比べて静音性や快適性では劣ります。
  • スタッドレスタイヤ:細かいトレッドパターンが特徴の、積雪路・凍結路などで走行することを想定として作られたタイヤです。その反面ノーマルタイヤに比べて10%ほど燃費が悪いため、1年をとおして使うのには向いていません。
  • スパイクタイヤ:すべり止めの目的とした鋲(びょう)が打たれた自動車用タイヤです。平成2年に施行された「粉じんの発生の防止に関する法律」により、現在では一部指定地域を除き使用することができません。
  • ​そのほか:レーシングカー用・カート用・自転車用など

1-2.タイヤは何ゴミなの?

自転車用タイヤは、基本的に燃えるゴミあるいは粗大ゴミとして処分することができます。しかし、自動車用タイヤは「適正処理困難物」の指定を受けており、産業廃棄物の扱いとなるのが一般的です。そのため、基本的には自治体にゴミとして処分してもらうことはできません。ただし、一部自治体では粗大ゴミとして回収していることもあるので、詳しくはお住まいの地域の粗大ゴミセンターに問い合わせてください。

2.タイヤの処分・廃棄方法は?

この項目ではタイヤの処分・廃棄に関してご紹介します。

2-1.販売店やガソリンスタンドなどに引き取ってもらう

自動車用タイヤは以下のような場所に持ち込むことで、1本当たり数百円で引き取ってもらうことが可能です。タイヤ本体だけでなく、ホイールも引き取ってくれます。

  • タイヤ販売店
  • ガソリンスタンド
  • カーディーラー
  • カー用品店

タイヤを買い替える場合は処分費用が無料になることもあります。

2-2.不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に処分することも可能です。不用品回収業者は自分で持ち込む必要がありません。そのため、車から取り外されているタイヤを処分する際には役立ちます。また、買取に対応している点もメリットの1つです。さらに、不用品回収業者はさまざまな不用品に対応していることが多いので、タイヤだけではなくほかのカー用品や、まったく関係のないものも一緒に処分することができます。デメリットは、利用料金が比較的高い点です。業者にもよりますが、数千円の基本料がかかります。

2-3.不用品回収業者選びの5つのポイント

以下のポイントに注意して業者を選びましょう。

  • タイヤの買取に対応しているか
  • ほかの業者と条件を比較する
  • 日時や場所指定、夜間作業に対応しているか
  • 電話対応は親切か
  • 産業廃棄物収集運搬許可を得ているかどうか

前述したようにタイヤは産業廃棄物扱いなので、産業廃棄物収集運搬許可を持っている業者を選ぶようにしましょう。業者ホームページの会社概要・会社案内などの欄から確認してください。

3.タイヤを買取に出す方法について

この項目ではタイヤを買取したもらう方法についてご紹介します。それぞれに特徴があるので、自分に合った方法を採用しましょう。

3-1.買取対象になるタイヤ

タイヤは基本的に処分が妥当ですが、以下のような条件が当てはまる場合は買取対象となり得ます。

  • 未使用品(あるいは準未使用品)
  • 有名メーカーのタイヤ(ブリジストン・ダンロップ・横浜タイヤなど)
  • 4本セット

ちなみに、未使用品であっても保存状態が悪かったり保存期間が長すぎてゴムが劣化していたりする場合、買取してもらえないこともあるので注意しましょう。

3-2.リサイクルショップで処分する

一般的なリサイクルショップでは基本的に扱っていません。ただし、一部のリサイクルショップでは、未使用品・人気ブランドのタイヤに限って買取をしていることがあります。基本的に持ち込みなので、二度手間を避けるためにも事前に電話で買取に対応しているか確認しておきましょう。

3-3.不用品回収業者を利用する

一部の不用品回収業者は買取にも対応しています。電話やインターネットなどから依頼しましょう。ただし、ほとんどの業者ではタイヤの中古買取には対応していません。また、買取を行うには古物商許可が必要となるので、利用する際にはホームページで許可を得ているか確認しましょう。

3-4.ネットオークション・フリマサイト

ネットオークションやフリマサイトではカー用品が多く取り引きされており、需要もあるので十分に売却が期待できます。ネットオークションは競売なので高く落札される可能性がある一方、安く買いたたかれるリスクがあるのが特徴です。フリマサイトは自分で値段を決めることができるのでリスクは余りありません。その代わり、値段設定を間違えると落札してもらえないのが難点です。また、いずれの方法でも出品手続きやクレーム対応など、手間がかかるのもデメリットといえます。

4.タイヤの処分に関するQ&A

Q.タイヤの種類の違いで処分費用は変わるのでしょうか?
A.基本的には変わりませんが、サイズによっては変わることもあります。たとえば、トラクター用の大型タイヤだと、乗用車用のタイヤに比べて回収費用が高くなるでしょう。

Q.業者が回収したタイヤはどうなりますか?
A.未使用品や準未使用品のタイヤはリセールを目的として引き取っているので、中古タイヤとして再販されるのが一般的です。そのほかのものは、再生ゴムの原料などとしてリサイクルされるか、産業廃棄物として処分されます。

Q.出張査定にお金はかかるのでしょうか?
A.出張査定にはガソリン代や人件費がかかるため、数千円の出張費がかかることがあります。ただし、業者によって違うので詳しくは業者に尋ねましょう。

Q.高額買取のポイントは?
A.ホイールとタイヤがセットだと買取価格が高くなります。また、4本そろっての買取の場合も、1本当たりの査定額が高くなるでしょう。

Q.タイヤの買取相場はいくらですか?
A.タイヤの種類・状態にもよりますが、1本当たり数千円が相場でしょう。

まとめ

今回はタイヤの処分・廃棄について解説しました。タイヤは「適正処理困難物」と指定され、産業廃棄物の扱いになることから自治体に回収してもらうことは原則としてできません。そのため、基本的には販売店などで引き取ってもらうか、不用品回収業者などに回収や買取をしてもらうことで処分します。今回ご紹介した情報を参考にして、タイヤを正しく処分してくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから