引っ越しの断捨離方法を知りたい! 不用品の上手な処分方法も詳しく!

「引っ越しの予定があるけど、断捨離して荷物を減らしたい」「不用品の処分方法はどうすればいいのだろう」とお悩みではありませんか。不用品を断捨離して荷物を減らすことは、運ぶ手間が減るだけでなく、引っ越し料金の節約にもなりますよね。そこで今回は、引っ越しの断捨離方法を詳しく解説しましょう。

  1. 引っ越し前に断捨離する必要性
  2. 引っ越し前の断捨離方法
  3. 断捨離しやすいものベスト5
  4. 引っ越しの断捨離で出た不用品はどうする?
  5. 引っ越しの不用品処分を不用品回収業に依頼する方法
  6. 引っ越しの断捨離に関するよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しの断捨離方法やコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.引っ越し前に断捨離する必要性

最初に、引っ越しで断捨離が必要な理由を見ていきましょう。

1-1.引っ越しは断捨離するいい機会

引っ越しは、断捨離をするチャンスです。新しい生活に向けて、持ちものを見直し、不用品を処分することで気持ちがスッキリします。また、タイムリミットがあるため、やる気の維持につながり、効率よく作業することが可能です。引っ越しの予定がある人は、この機会に断捨離しましょう。

1-2.引っ越しの断捨離は節約や時短につながる

引っ越しで断捨離すると、以下のようなメリットがあります。

  • 荷物が減って引っ越し費用の節約になる
  • 荷作りが楽にでき時短につながる
  • 新居の収納スペースに余裕ができる

2.引っ越し前の断捨離方法

引っ越し前の断捨離を効率よく行う方法を詳しく解説します。

2-1.スケジュールと仕分けルールを決め、資材や道具を用意する

断捨離を始める前に、スケジュールと仕分けルールを決めましょう。引っ越し当日から逆算して、開始日を設定してください。無理なく進めるためには、作業範囲を1日1か所に決める・予備日を設けるなどの工夫が必要です。すでに引っ越し予定日が迫っているときは、優先順位を決めて計画を立て、早めに作業を始めるようにしましょう。また、仕分けルールを自分なりに決めておくと、実際の作業で迷うことがなくなります。ゴミ袋・ダンボール箱・ガムテープ・マジックなど仕分けに必要な資材や道具も用意しておきましょう。

2-2.仕分けルールに従って淡々と進めること

断捨離を効率よく行うためには、仕分けルールに従って淡々と進めることがコツです。1か所にかける時間を決めて取りかかるのもいいでしょう。なお、断捨離は想像以上に体力・気力を消耗します。適宜休憩を取りながら、無理せず作業してください。また、スケジュールをこまめにチェックし、遅れが発生していたら早めに取り戻せるようにしましょう。

2-3.迷ったものは保留にし後回しにする

仕分け中に迷ったものは、いったん保留にして最後に再度考えましょう。途中で手を止めると作業効率が悪くなります。特に、アルバムや記念品など思い入れのあるものの仕分けをするときは、注意してください。なお、再度考えても判断に困るものは無理に処分する必要はありません。

3.断捨離しやすいものベスト5

引っ越しで断捨離すべき主なものベスト5をご紹介しましょう。

3-1.着なくなった洋服

着なくなった洋服は、明らかに不用品です。サイズが合わない・趣味が変わったなどの理由で着ないのなら、この機会に処分しましょう。値段が高かったからとか、ダイエットに成功したら着るという理由で取っておくのはおすすめできません。普段着も、傷みや汚れがひどいものは思いきって処分してください。

3-2.読まなくなった本

読書が好きな人は、本棚に読まなくなった本がたくさんあるはずです。すでに読み終えた本は、いったん役目を終えたと判断し処分することをおすすめします。また、1年以上読まなかった本も同様です。特に思い入れのあるもの以外は、不用品として処分してスッキリしましょう。

3-3.使わなくなった家電

使わなくなった家電・故障して使えない家電は、不用品ですからすぐに処分しましょう。いつか使うと考えて取っておいても、結局使わないのなら保管スペースの無駄です。故障して使えないものは資源リサイクル・まだ使えるものは、買取してもらえないか調べてみるといいでしょう。

3-4.多すぎる食器類

不用品として意外と多いのが、食器類です。いつの間にか買い集めてしまったり贈答品としてもらったりして、使っていない食器がたくさんあるでしょう。使うものだけを残し、残りは処分してください。なお、ブランド品や未使用の贈答品セットは需要が高く、リサイクルショップなどで買取してもらえることがあります。

3-5.趣味に合わない雑貨類

雑貨類も、つい購入してしまうものです。すでに趣味が変わって愛着がなくなったものもあるでしょう。趣味に合わない雑貨類は、この際処分してください。友人などからプレゼントでもらったものでも、気に入らなくて使わないのなら不用品です。特に思い入れのあるもの以外は、処分しましょう。

4.引っ越しの断捨離で出た不用品はどうする?

不用品の主な処分方法について詳しく解説します。

4-1.自治体に依頼して廃棄する

不用品の中でも、汚れや傷みがひどいなど明らかにリサイクルできないものは、ゴミとして自治体に出しましょう。ゴミの回収ルールは自治体によって異なるため、事前に確認し、ルールを守って出してください。なお、粗大ゴミは自治体により、予約制・1か月に数回の回収タイミングとなることがあります。早めに手配し、引っ越し当日には回収完了となるようにしてください。

4-2.知人や施設に譲る

比較的キレイだったり未使用だったりして、まだ十分に使うことができるものは知人や施設に譲ることも検討しましょう。思い当たる人に声をかけたり、施設に直接問い合わせたりして探してみてください。なお、知人や施設に譲る場合は、自分で配送を手配し、配送料も負担する必要があります。

4-3.引っ越し業者に処分してもらう

引っ越しで出た不用品は、引っ越し業者に処分してもらえることがあります。まずは、サービスを利用できるか確認してみましょう。なお、多くの場合、引っ越しの作業開始時には不用品の仕分けが済んでおり、業者に物量や内容を伝えておく必要があります。引っ越し当日に処分を依頼しても、受け付けてもらえないこともあるので注意しましょう。

4-4.リサイクルショップやネットオークションで売る

不用品の中でも、比較的新しくまだ十分に使えるものなどは、リサイクルショップやネットオークション・フリマサイトで売ることも考えましょう。必ずしも売れるとは限りませんが、売却できればお金になります。なお、ネットオークションやフリマサイトは、利用に慣れが必要です。また、取り引きが完了するまで手間と時間がかかるため、引っ越し直前に行うのはおすすめしません。

4-5.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者では、不用品を回収して中古品として再販したり資源リサイクルに回したりしています。不用品回収業者に依頼すれば、引っ越しで大量の不用品が出ても、1回の依頼で買取・引き取り処分ができて便利です。具体的な依頼方法や費用などは、次項で詳しく解説するので参考にしてください。

5.引っ越しの不用品処分を不用品回収業に依頼する方法

引っ越しの不用品処分は、不用品回収業者に依頼すると便利です。

5-1.日時指定が可能で運ぶ必要がない

不用品回収業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 都合のいい日時を指定できる
  • 自分で運ぶ必要がない
  • 再販可能なものは買取してもらえることがある
  • 時間や労力の節約になる

5-2.信頼できる業者の選び方

引っ越しの不用品処分は、以下の条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • 不用品処分の実績が豊富にある
  • 再販できるものはできるだけ買取している
  • 希望の日時・場所指定が可能
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金設定
  • 再販不可のものも資源リサイクルに回している
  • 顧客からの評判がいい
  • スタッフが親切で丁寧な対応ができる
  • 古物商許可を取得済み

なお、当クリーンレスキューでも、不用品の処分をお受けしています。まずは、無料見積もりからお気軽にご依頼ください。

5-3.まずは問い合わせをしよう

不用品回収業者を利用するときは、無料問い合わせを利用しましょう。信頼できる業者なら、自社ホームページに連絡先を明記しているものです。問い合わせにて物量や回収希望日時などを伝えると、業者から改めて見積もりが届きます。見積もりの内容をチェックし、費用など特に問題がなければ、正式に依頼しましょう。なお、当クリーンレスキューでも専用のフリーダイヤルをご用意していますので、ぜひご利用ください。対応可能時間は、平日の午前9:00~午後8:00です。

5-4.1Rで物量が少なければ2万円以下~

不用品の処分費用は、内容や物量によって大きく異なります。以下は、当クリーンレスキューの料金一例です。

  • 1Rで少量回収作業の場合:10,500円~
  • 軽トラック詰め放題(2㎥まで):18,000円~
  • 2tトラック詰め放題(4㎥まで):38,000円~

なお、マンションの高層階からの荷出しなど、条件によってオプション費用がかかることもあります。詳しくは、業者からの見積もりを確認してください。

5-5.悪質業者の被害に遭わないためには?

不用品回収業者の中には、悪質業者も含まれています。最近の断捨離ブームを背景に、違法営業をしているのです。多くの悪質業者には、以下のような特徴があるので十分に注意してください。

  • 高齢者や女性がひとりで在宅する平日昼間を狙って突然訪問してくる
  • 必要以上に「無料回収」を強調する
  • 言葉づかいや態度がなれなれしい
  • 家に上がり込むと態度が変わり、契約するまで居座る
  • 無料回収のはずが何かと理由をつけて有料になる
  • 依頼していないもの(貴金属類などの高額品)を無理やり回収しようとする
  • きちんとした契約書がない
  • 契約書にクーリングオフの記述がない
  • 古物商許可を取得していない

まずは、絶対に家に上げないことが大切です。無理やり家に上がり込もうとしたら、警察を呼ぶと言って追い払いましょう。

6.引っ越しの断捨離に関するよくある質問

最後に、引っ越しの断捨離に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.引っ越し当日までに断捨離できなかったらどうする?
A.まずは、途中まで仕分けした分だけでも処分してください。そのほかのものは、いったん新居に持ち込み、後日作業するといいでしょう。

Q.引っ越し業者の不用品処分は無料で依頼できる?
A.引っ越し業者およびプランによります。無料で依頼できる場合でも、物量や内容に制限がある場合もあるので、引っ越し会社に確認しておきましょう。

Q.新居に十分な収納スペースがあれば断捨離しなくてもいい?
A.断捨離することをおすすめします。引っ越しが大変なだけでなく、現時点で十分な収納スペースがあっても、すぐにうまってしまうことでしょう。

Q.断捨離をしても物量が多すぎるのですが?
A.仕分け基準を見直してください。物量が多すぎると感じるのは、不用品を仕分けきれていないからです。必要なものだけを残しても物量が多いのなら、新居での収納方法を工夫する・レンタルスペースを利用することなども検討してください。

Q.断捨離するのに気後れするのですが?
A.不用品を処分することに気後れする必要はありません。不用品を適切に処分し、中古品としてほかの人に使ってもらったり資源リサイクルに回したりすることで、ものを有効活用できます。できるだけ資源を大切にする方法で処分してください。

まとめ

今回は、引っ越しの断捨離について詳しく解説しました。引っ越しは、断捨離を行う絶好のチャンスです。不用品を処分すれば、荷物が減って引っ越しが楽になる・引っ越し費用の節約になる・新居の収納スペースを圧迫しないなど、メリットがたくさんあります。新居での生活をスッキリした気分で迎えるためにも、ぜひ断捨離を行いましょう。なお、引っ越しの断捨離で出た不用品は、信頼できる不用品業者に処分を依頼するのが便利でおすすめです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから