老前整理の失敗しないやり方を紹介!快適なセカンドライフのために!

「老前整理を始めたいが、やり方が分からない」「どうすれば失敗なく老前整理ができるのか?」と悩んでいる人は多いでしょう。少子高齢化社会を迎えた今、老前整理について考える人が増えてきています。老前整理をスムーズに行うために知っておくべきことには、どのようなものがあるのでしょうか。この記事では、老前整理の必要性やメリット・具体的な流れや注意点などをまとめてご紹介します。

  1. 老前整理とは何なのか?
  2. 老前整理のやり方やコツを紹介
  3. 老前整理で出た不用品の処分方法4つ
  4. 老前整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、老前整理を始めるタイミングやプロに依頼する方法・不用品を処分する際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.老前整理とは何なのか?

まずは、老前整理の必要性やメリット・始めるタイミングなどについてまとめました。

1-1.老後を快適に過ごすために身の回りを整理すること

老前整理とは、自分自身の老後を安全で快適なものにするために、身の回りを整理することをいいます。少子高齢化が進んだ今、「自分の老後や死後、家族に負担をかけたくない」と思う人が増えているはずです。そこで、まだ体力的にも元気で判断力や気力もあるうちに、自分で家の中を片付けておくと安心でしょう。

1-2.体が元気なので無理なく整理できる

老前整理はまだ若く体が元気なうちに行うため、無理なく整理できるというメリットがあります。高齢になってから身の回りを片付けようとしても、「思うように体が動かない」「片付けようという気持ちになれない」ということが多いでしょう。体も気持ちも元気なうちであれば、作業による負担が少なくて済むはずです。

1-3.すっきりとした気持ちで第二の人生を歩き始められる

老前整理をすることで、身の回りの不要なものを処分し、今後の人生に必要なものだけを残すことができます。家の中もすっきりするため、快適な生活を手に入れることができるでしょう。老後の生活への不安も減り、すっきりした気持ちで第二の人生を歩き始めることができます。

1-4.40~50代で始める人が多い

老前整理は40~50代で始める人が多いといわれています。この年代になると、親の介護問題や実家の片付けなどの現実にぶつかることが多くなるためでしょう。自分の老後について不安を抱くようになり、今後の生き方について考えるために、老前整理を検討する人が増えるのです。

2.老前整理のやり方やコツを紹介

老前整理の具体的な流れや失敗しないコツ・注意点などをご紹介しましょう。

2-1.老前整理を進める3ステップ

老前整理の具体的なやり方は以下のとおりです。

2-1-1.すべてのものをいったん出してみる

まずは、家の中にあるすべてのものをいったん出してみましょう。どこに何があるかを把握するために、引き出しや押し入れの中身を出して確認しておく必要があります。中には、持っていることも忘れていたものや、壊れて使えないものもあるでしょう。そういったものがどのぐらいあるのかもチェックしなければなりません。

2-1-2.必要なものと不要なものに仕分けする

すべてのものを出したら、必要なものと不要なものに仕分けしていきます。ここで大切なのは、今の自分が「使うか」「使わないか」を基準にすることです。「捨てるのはもったいない」という理由だけで手元に残しても意味はありません。もったいなくても、今の自分が使わないものであれば思いきって処分しましょう。

2-1-3.不要なものを処分する

次に、不要なものを処分する方法を考えていきましょう。燃えるゴミや燃えないゴミ・粗大ゴミとして捨てる場合は、自治体によってルールが異なるため、事前に確認が必要です。そのほかにも、人に譲ったりリサイクルしたりする方法もあるでしょう。ものの状態を見極めながら処分方法を決めていってください。

2-2.一気に片付けようとしない

老前整理を成功させるポイントは、「一気に片付けようとしない」ことです。期限があるわけではないので自分のペースでゆっくりと進めていくことをおすすめします。一気に片付けようとすると時間がかかり、モチベーションが維持できなくなってしまう可能性もあるでしょう。あくまでも日常生活に支障をきたさないよう、場所や時間を決めて少しずつ取りかかっていくのがおすすめです。

2-3.迷ったものは「保留」に

老前整理で意外と時間がかかるのが、ものの仕分けです。一つ一つのものを残すか処分するか迷っていると大変な時間がかかるため、迷ったものはいったん「保留」にしておきましょう。一週間ほどたってから再び考えてみると、冷静に判断できる場合もあります。迷いながら片付けるよりも、効率的に老前整理を進められるはずです。

2-4.意識を変えることがリバウンドを防ぐポイント

せっかく老前整理をしても、生活していくうちに、またものであふれた家に戻ってしまう可能性があります。リバウンドを防ぐためには、ものに対する意識を変えることが大切です。「使うかもしれない」「高かったのでもったいない」という理由でものをため込まず、必要なものだけに囲まれた生活を心がけるようにしましょう。

2-5.自分で片付けるのが難しい場合は業者に依頼する方法も

老前整理を自分で行うのが難しい場合は、業者に依頼するのも一つの方法です。老前整理や遺品整理・不用品回収などを専門に行っている業者は数多くあるため、探してみるとよいでしょう。もちろん費用はかかりますが、スピーディーで効率的に老前整理を済ませることができます。

3.老前整理で出た不用品の処分方法4つ

老前整理では大量の不用品が出ます。その不用品を処分する方法やメリット・デメリットなどをまとめました。

3-1.ゴミとして捨てる以外にも方法はある

ゴミとして捨てる以外にも、不用品を処分する方法はいくつかあります。

3-1-1.人に譲る

まだ使えそうなものは、人に譲る方法もあります。親せきや知人・友人などに欲しいものはないか聞いてみるのもよいでしょう。周囲に譲り先がない場合は、自治体に問い合わせてみてください。広報誌や公共施設の掲示板などを利用して不用品交換を呼びかけている自治体もあります。「必要としている誰かに使ってもらえる」と思えば、手放すことに抵抗を感じることもなくなるでしょう。ただし、人に譲るときは不用品の状態をきちんと確認しておく必要があります。傷や汚れがあるとよい印象を与えず、トラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。

3-1-2.リサイクルショップに売る

近所にリサイクルショップがあれば、持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化が可能です。ただし、商品として再販売できないと判断されたものは買取対象外になるため、その場合は持ち帰る必要があります。また、不用品の大きさや量によっては自分で持ち込むのが難しい場合もあるでしょう。

3-1-3.不用品回収業者に依頼する

不用品が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。希望の日時を指定して自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要はありません。買取も行っている業者に依頼すれば、状態のよいものは買取・悪いものは回収という形で引き取ってもらえるため、不用品を確実に処分することが可能です。ただし、回収費用がかかること・悪徳業者も存在するため業者選びに注意が必要なことなど、デメリットもあります。

3-1-4.ネットオークションやフリマサイトを利用する

不用品を自分で売る場合は、ネットオークションやフリマサイトなどを利用する方法があります。出品価格を自分で設定できるため、うまくいけば高額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、必ず売れるわけではなく、商品をアップしたりこん包して発送したりする手間もかかります。「なるべく手間をかけず確実に処分したい」という人は、別の方法を考えたほうがよいでしょう。

3-2.違法業者に注意!

不用品回収業者を利用する際は、悪徳業者に十分注意してください。一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。そのような業者を利用すると不当に高額な料金を請求されたり、不用品を不法投棄されたりする可能性もあるのです。特に、トラック1台で近所を巡回している無料廃品回収車は利用しないことをおすすめします。

4.老前整理に関するよくある質問

「老前整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.老前整理と生前整理はどう違うのでしょうか?
A.どちらも身の回りを整理する点では同じですが、生前整理は自分の死後、残された家族の負担を減らすために行うものです。自分の老後を快適に過ごすために行う老前整理とは区別されます。

Q.思い出の品なので捨てにくいものはどうしたらよいでしょうか?
A.捨てることで後悔しそうなものは、「段ボール1箱分」というように制限して残しておいてもよいと思います。また、写真に撮ってから処分するのもおすすめです。

Q.30代で老前整理を始めてもよいでしょうか?
A.老前整理を始めるタイミングに決まりはないため、30代から取りかかっても問題はありません。ただし、あまり若いうちだと年をとってからの暮らしを想像するのが難しいため、40代や50代になってから見直す必要が出てしまう可能性はあるでしょう。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・事務所の所在地を明らかにしているかなどをチェックしましょう。

Q.老前整理を業者に依頼した場合、費用はどのくらいかかりますか?
A.家の広さやものの量にもよりますが、2LDKで15万円前後・3LDKで20万円前後が相場です。業者によって料金設定が異なるため、事前に確認しておきましょう。不用品回収や遺品整理を行っている「クリーンレスキュー」ではお得なパック料金も用意しています。こちらからチェックしてみてください。

まとめ

老前整理の必要性や流れ・失敗しないコツなどをまとめてご紹介しました。安心して老後を迎えるために、若いうちに老前整理をしておく人が増えてきています。どうすればスムーズに老前整理ができるのか・老前整理で出た不用品はどうすればよいのかなど、ぜひこの記事を参考にしてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから