老後の引っ越しで押さえておきたいポイントやコツ・注意点は?

子どもの独立や家の老朽化などで、老後の引っ越しを検討する方が増えています。老後生活のことを考えると、住みやすく安全な家で生活したほうが安心です。老人施設へ移る選択肢もありますが、なるべく早めに老後生活のことを決めておいたほうがいいでしょう。体が不自由になってからでは、大がかりな引っ越しは難しくなってしまいます。本記事では、老後の引っ越しで押さえておきたいポイントを解説していきましょう。

  1. 老後の引っ越しにおけるメリットとデメリット
  2. 老後の引っ越しをする前に決めるべきこと
  3. 老後の引っ越し時、荷物はどうすべきか?
  4. 老後の引っ越しで整理を依頼する方法
  5. 老後の引っ越しでよくある質問

この記事を読むことで、老後の引っ越しに必要なことやポイントなどが分かります。検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.老後の引っ越しにおけるメリットとデメリット

老後の引っ越しには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは、引っ越しを検討するきっかけについても解説します。

1-1.老後の引っ越しを考えるきっかけはさまざま

人それぞれ、理想的な老後生活を思い描いているはずです。その生活がより具体的になるのは、子どもの独立や仕事の引退が大きなきっかけになるケースが多いのではないのでしょうか。よくあるのが、子どもの独立によって、一軒家が夫婦2人で住むには広すぎるケースです。老後生活はずっと夫婦2人もしくは1人の生活になるため、部屋数も最小限に抑えたいと思うようになるでしょう。ほかにも、家の老朽化・バリアフリー化・老人施設への転居などが、引っ越しを決断するきっかけとなります。

1-2.大きなメリットは固定資産税がかからないこと

老後における住居費には、固定資産税・修繕費・修繕積立金(マンションの場合)などがかかります。固定資産税とは、土地や家屋などに対して市町村が課す税金です。持ち家がある場合、そこに住み続ける限り、固定資産税を支払い続けなければなりません。持ち家を売り、小さなマンションなどに住まいを移すことで固定資産税の負担を少なくすることができます。老後生活であまりお金をかけたくない方は、引っ越しを検討するメリットが大きいでしょう。ただし、移り住むマンションの土地・建物評価額によっては、一戸建てより固定資産税がかかることもあります。不安な方は、税金に詳しい不動産業者などに相談してください。

1-3.デメリットは心身の調子を崩してしまう恐れ

老後の引っ越しは、今まで住み慣れた住宅や環境から新しい環境へ移ることになります。そのため、新しい環境に慣れるまでが大変で、心身の調子を崩してしまう恐れがあるでしょう。無意識のうちにストレスを抱えることもあるため、環境に適応しにくい人は心身の負担になりやすいのです。社交的なタイプでない人も、周囲の人と交流を深めるまでに苦労するでしょう。

1-4.安心した老後生活を送るなら引っ越しを

今の住まいでも問題なく老後生活を送れるならいいですが、段差があったり広すぎたりすると、快適な老後生活にはならないでしょう。家族の人数に合わない住宅は掃除が大変です。また、バリアフリー化していないと、つまずいたり転んだりと老いた体には大きな負担になるでしょう。今の住宅では老後生活の不安が残るのであれば引っ越しを検討したほうがいいですよ。

2.老後の引っ越しをする前に決めるべきこと

老後の引っ越しをする前に、決めておきたいことがいくつかあります。

2-1.余裕を持ってスケジュールを立てる

老後の引っ越しをしたいからといって、すぐに実行できるものではありません。引っ越し場所・現在の家の扱い・不用品の整理など、やるべきことはたくさんあります。そのため、最初に余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。引っ越しするのに必要な資金をいつまでに用意できるか逆算してください。より具体的なスケジュールを立て、余裕を持った準備をしましょう。

2-2.引っ越し先はマンション?施設?

老後生活を送る場所選びは、作業前に必ず決めておきたいポイントです。主な引っ越し先は、マンション・老後施設の2つとなります。老後の生活を踏まえた上で、マンションを選ぶ方が多いのです。マンションは集合住宅ならではの連帯感を得ることができ、エレベーターやオートロック・管理人が常駐しているところなら安心できるでしょう。一方、一人暮らしで老後生活に不安を抱えている方は、老人施設がおすすめです。高齢化が進んでいる日本では、看護師や医師が24時間待機していたり、利用者同士でコミュニケーションが取れたりと、さまざまなタイプの老人施設が登場しています。

2-3.今の家をどうするか考える

老後の引っ越しを決めたとき、必ず考えてほしいのが今の家をどうするかです。老後の資金を作るために、今住んでいる家を売却する方法があります。手放すのが嫌という方は、賃貸に出す方法もあるでしょう。いずれにせよ、持ち家の場合は、将来の相続財産になるので子どもとの話し合いをしっかり行って対応を決めておくことをおすすめします。

2-4.ものの整理、不用品の処分

今住んでいる家の中にあるものすべてを新居へ持ち運ぶことはできません。引っ越しする前に、持っているものから要るものと要らないものに仕分ける必要があります。なるべく、ものを減らしたほうが老後生活を快適に送ることができるでしょう。また、要らないものに分類した不用品は、引っ越し前に処分することをおすすめします。

3.老後の引っ越し時、荷物はどうすべきか?

では、老後の引っ越し時の荷物はどのように整理すればいいのでしょうか。ここでは、問題点から荷物を片付ける方法とポイントなどについて解説していきます。

3-1.まずは問題点を把握しよう!

まずは、引っ越し時に悩むことになる問題点を把握しておきましょう。よくある問題点が、荷物が多いということです。ちょうど老後生活を送る世代は、「もったいない精神」が身についています。ものが少ない時期に生まれ育ったので、なかなか捨てられないという方が多いでしょう。しかし、荷物が増えるほど引っ越し時に体力を消耗することになります。新居に移ったとしても、ものの管理や置き場所に困ることになるでしょう。

3-2.自分で荷物を片付ける方法とポイント

自分で荷物を片付ける場合は、なるべく無理をしないことが大切です。特に、大型家具や家電類は1人では持ち運べないものがたくさんあるので、数人で協力しなければならないでしょう。また、一気に片付けを済まそうとするのではなく、部屋ごとに荷物を片付けることがポイントです。余裕を持ったスケジュールで、少しずつ片付け荷物をまとめていきましょう。ここでも、やはり荷物の量を減らしたほうが引っ越しもずいぶんと楽になるはずです。

3-3.プロに依頼する選択もある

荷物の量が多い・不用品がたくさんある・片付けが追い付かない・体力に問題があるという方は、プロの業者へ依頼することをおすすめします。プロの業者は片付け作業に長けているので、スピーディーかつ丁寧な作業ができるでしょう。不用品の処分も引き受けてくれる業者に依頼すれば、わざわざ自分たちで仕分けたり処分したりする必要もありません。

4.老後の引っ越しで整理を依頼する方法

老後の引っ越しで整理を業者へ依頼する方法とポイントを説明します。

4-1.不用品の処分や片付けを請け負っている業者へ依頼する

引っ越しの片付けや不用品の処分を依頼する場合、できるだけ格安で片付けと回収を請け負っている業者へお願いしましょう。快適な老後生活のために整理整頓が見直されている中、片付けや不用品回収に力を入れている業者が増えてきました。なるべく複数の業者を比較し、丁寧なサービスかつ低費用で請け負ってくれる業者を選ぶのが大切なポイントです。

4-2.料金相場は18,000円~

老後の引っ越しでは、要らないものを処分する絶好の機会なので大量の不用品が出てくるでしょう。不用品の処分にかかる費用は、不用品の数・大きさ・品目などで異なりますが、大量の不用品の場合は定額パックプランがおすすめです。参考として、不用品や粗大ゴミの格安回収を行っているクリーンレスキューの定額パックプランを以下にまとめました。

  • 軽トラック詰め放題(2立方メーター):18,000円~
  • 2tトラック詰め放題(4立方メーター):38,000円~

具体的な費用に関しては、業者へ無料見積もりを依頼してください。業者の中には、追加料金などを請求するところもあるので、事前の確認が必要になるでしょう。

4-3.業者選びのポイントを押さえておこう!

どの業者へ依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 低費用かつ高品質なサービスを受けることができるか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 定額パックプランが用意されているか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 回収実績があるか
  • 口コミや評判がいいか
  • 明確な料金設定になっているか、見積書が細部まで記載されているか

特に、気をつけておきたいのは、見積書の内容です。スタッフの対応が悪く、見積書に内訳がきちんと記載されていない業者は悪徳業者の可能性があります。少しでも不安要素が残る業者には依頼しないほうがいいでしょう。

5.老後の引っ越しでよくある質問

老後の引っ越しに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.家を売却する際の注意点は?
A.今の住まいを売却する場合は、住宅ローンの有無に注意が必要です。住宅ローンが完済しているなら、売却はいつでも自由に行うことができます。しかし、住宅ローンが残っている場合は、売却額で完済できるかどうかがポイントになるでしょう。売却額の範囲内で完済できる状態なら、その差額が新しい住まいの購入資金に充てられます。けれども、家を売却しても住宅ローンが払えない場合は、不足分を自己資金で補充しないと売却はできません。住宅ローンが残っている場合は、その点を踏まえて計画を立てたほうがいいでしょう。

Q.マンションに住む場合、賃貸・購入どちらがいいのか?
A.賃貸マンションに住む場合、残りの生涯を送る家賃分を支払わなければなりません。老後は年金や貯金から生活費を補うことになり、さらに家賃の支払いが加わっても問題なく生活できるか確かめることが必要です。また、マンションを購入する場合は、購入費用に加え、管理費・修繕積立金・固定資産税がかかることを忘れてはなりません。

Q.老後の引っ越しで確認すべきことは?
A.今住んでいる家のローンがどのくらいあるか・どこの業者に売却先探しを依頼するかなどです。また、今住んでいる家の査定額に納得できない場合はどうすべきかなど、引っ越しで確認すべきことはたくさんあります。ここで大切なのは、今住んでいる家の処分時期と老後を送る引っ越し先へ実際に移るスケジュールを確定することです。この2つはなるべく早い段階で決めておいたほうがいいでしょう。

Q.老後の生活を送る場所選びのポイントは?
A.人それぞれ老後生活の送り方が違うので一概にこれがポイントとはいえませんが、立地条件・周辺施設・住まいの広さ・あったらうれしい設備の4点が大きなポイントになるでしょう。特に、老後は体の自由が利かなくなるので、病院やスーパー・郵便局・銀行などが近くにある立地が好ましいとされています。住まいは家族人数に合った広さにし、室内に段差がないバリアフリーかどうかもチェックが必要です。

Q.不用品の処分費用を安く抑えるポイントは?
A.買取サービスも行っている不用品回収業者へ依頼することです。不用品の中には、ゴミだと思っていたものが売れる可能性もあります。たとえば、家電・家具・衣類(着物など)・アクセサリー類は、中古市場で需要があるものです。買い取ってもらえるものは売り、それ以外はまとめて処分したほうが費用を安く抑えられるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 老後の引っ越しは、できるときに早めに済ませておいたほうが楽にできます。体の自由が利かなくなるほどに引っ越し作業が困難になるため、心身とも元気なうちに準備をしておいたほうがいいでしょう。スケジュールをきちんと決めておけば、スムーズに引っ越しを進めることができます。また、新居へ持ち運ぶものは最低限に抑えることも大切なポイントです。要らないものや使わないものは、まとめて処分しておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから