エンディングノートの書き方を知りたい!基礎知識やコツを教えます!

ここ数年、「終活」ブームの影響でエンディングノートに注目が集まっています。エンディングノートとは、自分が旅立ったあと、残された家族やパートナーがいろいろな後始末に困らないように、指示やメッセージなどを書き記すものです。健康で元気なうちに、今までの長い人生でためこんだ不用品の処分などとともに、エンディングノート作成に着手する人も増えてきました。けれども、エンディングノートは、何から書き始めていいのか、どんなことを書けばいいのか、よくわからないですよね。

そこで、エンディングノートの基礎知識や書き方のポイントなどの情報を集めてみました。

  1. エンディングノートはなぜ必要か?
  2. エンディングノートの書き方
  3. エンディングノートを書くときのポイント
  4. エンディングノートに関するよくある質問

この記事を読むことで、エンディングノートに関するお悩みが解決できるでしょう。ぜひお役立てください。

1.エンディングノートはなぜ必要か?

エンディングノートの必要性や形式、どのような内容を書くのかなど、基礎知識をご紹介しましょう。

1-1.エンディングノートは何のために書くのか?

エンディングノートは、自分の家族やパートナーなどのために書くものです。彼らが自分の死後、いろいろなことで困ったり混乱したりしないように、引き継ぎ事項や希望などを書き残します。
エンディングノートを書くことは、「終活」(※)には欠かせません。昔は、「生きているうちに死後のことを話す」のはタブー視されていました。しかしながら、今では残された人たちに負担をかけないために、生前のうちにいろいろ用意するのが当たり前になってきたのです。

※終活:人生の終わりに向けて、さまざまなことを整理する活動のこと

1-2.エンディングノートはどのような形式で書くのか?

エンディングノートの形式は自由です。日記・自由ノート・スケッチブックなど、好みのものを使ってください。何から書いたらいいかわからない……という人のために、最初から項目が記載されているエンディングノートも市販されています。
また、自治体によっては、地域の福祉課などが無料でエンディングノートの配布を行っているようです。パソコンが得意な人は、ワードやエクセルなど、デジタルで記録してもいいでしょう。

1-3.エンディングノートにはどのような内容を書くのか?

エンディングノートには、主に以下のことを書き記します。

  • 自分のこと
  • 資産のこと
  • 契約関連
  • デジタル遺品
  • ペットのこと
  • 契約関連
  • 医療や介護のこと
  • 葬儀についての希望
  • 親族・友人・知人などの連絡先

それぞれ、どのようなことなのかは、次の項で具体的にご説明しましょう。

2.エンディングノートの書き方

エンディングノートは、実際どのようなことを書けばいいのでしょうか。具体例を挙げてみます。

2-1.自分自身について

自分自身のことについて書きます。

  • 姓名
  • 生年月日と年齢
  • 本籍地
  • 現住所
  • 血液型
  • 兄弟姉妹子どもの名前と住所(連絡先)

人によっては、出生から今までの人生をつづったり趣味・特技・好みの食べ物を書いたりすることもあります。

2-2.自分の資産について

自分が持っている資産についての詳細を書きます。

  • 預貯金の銀行名と口座番号
  • 年金や健康保険の種類
  • 生命保険や車の保険など
  • 有価証券や不動産
  • 骨とう董品や絵画などの財産(目録と保管場所)
  • クレジットカードなどの有無
  • 銀行などのローンや借金など

2-3.契約しているものについて

自分が契約をしているものがあれば、死後に解約手続きをしてもらわなければなりません。契約者名・お客さま番号・ID・パスワード・メールアドレスなども書いておきましょう。支払いについても、銀行引き落としなのかクレジットカード払いなのか、請求書での現金払いなのか、方法を書いてください。

  • 携帯電話
  • パソコンのプロバイダーや有料契約しているサポートサービス
  • 家賃
  • 公共料金
  • 新聞
  • NHK
  • 定期購買している本や健康食品など

2-4.デジタル遺品について

デジタル遺品とは、携帯電話やパソコン、外付けのHDなどに残されているさまざまなデータや個人情報のことです。死後に放置しているとトラブルになる可能性があります。また、有料サービスを利用している場合は、死後も延々と利用料を引き落とされてしまうのです。退会・消去などの処理してもらう必要があるので、ID・アカウント・パスワード・アドレスなどを書いておきましょう。

  • SNS関係
  • ブログやホームページ
  • メール
  • クラウドストレージ
  • ネットショッピングなど
  • ネット金融(銀行・証券・FXなど)
  • 音楽や動画などの有料サービス

2-5.ペットについて

最近は、「自分の死後に残された犬や猫などのペットをどうするか」ということが問題になっています。2013年施行の改正動物愛護管理法で、「飼い主はペットが命を終えるまで責任を持って飼う」ことが義務付けらて以来、残されたペットの保護をする施設や「あとを託す」サービスなども次々登場していているのです。
自分の死後、ペットをどうするか、ペットの情報も含めて書いておきましょう。

  • ペットの名前
  • ペットの年齢
  • ペットの性格や好きなもの、苦手なもの
  • 種類(例:犬であれば「柴犬(しばいぬ)」など)
  • かかりつけの獣医やトリミングサロンの連絡先
  • フードやおやつ
  • アレルギーや病歴
  • 飲んでいる薬

ペットの面倒を見てもらえる施設などと契約している・友人に託しているなど場合は、そちらの連絡先も書いておきましょう。

2-6.自分の部屋や荷物について

賃貸物件で1人暮らしをしている、施設などに入居しているなどの場合は、自分が亡くなったあとに家族が手続きに困らないようにしておきましょう。
賃貸物件の場合は、大家さんや管理会社などの連絡先、施設の場合は、所在地・連絡先・担当者の名前などを書いてください。また、部屋にある家具や荷物などはどうしたいかも書いておくほうがベストです。「家具や日用品などはまとめて処分してほしい」「アルバムなどは家族に引き取ってほしい」など、希望を書いておきましょう。

2-7.医療や介護のこと

認知症などで判断力が衰えたときに備え、自分が希望する医療や介護について書いておきましょう。

  • 希望する介護や医療施設
  • 成年後見人に指定する人の名前と連絡先
  • 持病の有無
  • 飲んでいる薬
  • かかりつけの病院
  • アレルギーの有無
  • 延命治療の希望について
  • 臓器提供の意思について

2-8.葬儀や納骨についての希望

自分の死後のことですが、葬儀や納骨はどうしたいのかの希望を書いておくと家族も迷わなくて済みます。

  • 葬儀の場所やスタイル(仏前・神前・人前など)
  • 葬儀の規模
  • お墓を持っている場合は、寺院や霊園の住所・電話番号など
  • 遺影に使ってほしい写真
  • 葬儀に参列してほしい人の名前と連絡先
  • 喪主を任せたい人の名前と連絡先・納棺のときに一緒に入れてほしいもの

2-9.親族・友人・知人などの連絡先

親族や親しい友人、知人などで、自分の死後に連絡をしてほしい人がいる場合は、その人の名前・住所・電話番号・メールアドレスなどを書いておきましょう。また、それぞれにメッセージや伝言などがあれば一緒に書いてください。

3.エンディングノートを書くときのポイント

実際に、エンディングノートを書くときのコツや注意点などをご紹介しましょう。

3-1.エンディングノートは自由に書いていい

エンディングノートにルールや決まりなどはありません。自分の書きたいことを自由に書き残してください。
前項では、エンディングノートに書く内容の例をご紹介しました。けれども、これにしばられることはありません。「これを書いておかないと残された家族が困る」ということだけ書けばいいのです。また、書いたあとでも時々見直して、内容を書き直したり書き足したりしてもかまいません。「書いても消せる」ボールペンなどを使うといいでしょう。
市販のエンディングノートは、項目が書き込まれていますが1ページ目から順番に書く必要はありません。書きやすい部分から始めてください。

3-2.エンディングノートは遺言書とは異なる

エンディングノートは、遺言書とは異なり法的な拘束力はありません。そのため、財産相続や高価なものの形見分けなどについては、別途遺言書を残しましょう。エンディングノートには「遺言書がある」旨を記してください。

3-3.盗難に備えて重要なことは書かないようにする

万が一の盗難や紛失に備え、エンディングノートには「お金や財産に関する内容」で、他人に知られては困ることは書かないようにしましょう。たとえば、キャッシュカード・クレジットカード・キャッシングカードなどの暗証番号や、通帳・印鑑など盗まれたら困るものの保管場所は書かないでください。

3-4.エンディングノートがあることは前もって伝えておく

せっかくエンディングノートを書いても、誰にも発見されなかったら困ります。家族や親族などで1番信頼できる人にエンディングノートがあることと、保管している場所を伝えておきましょう。

3-5.家族との話し合いが必要なことは事前に話し合っておく

葬儀のスタイルや、終末期医療に対する希望は、自分が思っていることと家族が思っていることが違うことがあります。全く何も話さずにエンディングノートに書くと、自分の死後家族内でとまどったりもめたりすることもあるでしょう。生前に自分の意思をはっきりと伝えるためにも、事前に家族と話し合うのがおすすめです。

3-6.何かの役割を担ってもらう人には事前に了承を得ておく

成年後見人や喪主、ペットを引き取る人など、自分の死後に何かの役割を担ってもらう人には、事前に了解を得ておきましょう。死後に突然役割を押し付けられると困ることもあります。託したい内容と、「その旨をエンディングノートに記すこと」の了承を得ておきましょう。

4.エンディングノートに関するよくある質問

エンディングノートや書き方などに関するよくある質問をご紹介しましょう。

Q.市販のエンディングノートはたくさんあるので何を基準に選んでいいかわかりません。どうやって選べばいいですか?
A.市販のエンディングノートは、項目の内容にそれほど差はないので、デザインや色など好みで選ぶほうがいいでしょう。 また、写真データを入れたCDのポケットが付いている、遺言書が付いているなど、「付録」があるものも便利です。
最初は「試し書き」のつもりで、安いものを購入するという選択もあります。実際に下書きのつもりで書いてみてから、気に入ったものを探すのもいいでしょう。

Q.無料のエンディングノートはありますか?
A.自治体で、エンディングノートを無料で配布していることもあるので問い合わせをしてください。また、葬儀会社などでも、資料請求をすると無料でエンディングノートをサービスしてくれるところもあります。さらに、司法書士・行政書士や供養関連のサイトなどでも、エンディングノートを無料でダウンロードできるでしょう。

Q.エンディングや遺言書を作成したいのですが、資産や財産などに関してどうしたらいいか気軽に相談できるところはありますか?
A.「相続の窓ぐち」では、相続に関することを電話やインターネットで相談可能です。無料で利用できるのでまずは、相談してみてはいかがでしょう。

Q.エンディングノートはいつから書き始めたらいいですか?
A.エンディングノートは、「何歳から書く」という決まりはありません。ただ、健康で頭もはっきりしているうちに書くほうがいいでしょう。一般的には、終活を始めるのは70代が多く、次いで60代になります。誕生日をきっかけにスタートする人が多いようです。

Q.エンディングノートを買ったのですが、いきなり書き込むのにちゅうちょしてしまい作業が進みません。

A.ノートにいきなり書き込むことに抵抗がある場合は、1枚1枚はがせるブロックメモを使ってはいかがでしょう。ノートだとかまえてしまいますが、メモだと気軽に思い付いたことを書き留められます。
たとえば、「着物は全部妹にあげる」「ペットの世話は動物好きのいとこに頼む」など、日付を入れ思い付くままに書き、箱などにためてみましょう。半年ほどためたら、相続関係、病院関係など仕分けをして、採用するものだけを書き写すのがおすすめです。

まとめ

数年前「エンディングノート」というドキュメンタリー映画が注目されたこともあり、今では「終活」の一環であるエンディングノートが注目されています。昔は、「死後のことを考えるのは縁起でもない」という人も多いものでした。けれども、残された家族に迷惑をかけないだけではなく、今までの人生を整理整頓して老後をすっきりするためにも必要だという考えに変わってきたのです。
エンディングノートを入手する前には、まずは本編でご紹介した内容を参考にして、自分が書きたい項目を考えてみてください。私小説のような記録を残し家族に伝えたい・家族はいないので必要事項だけを残したい……など、人によって事情は異なります。大まかに把握してから選んだほうが迷わずに済むでしょう。この記事を参考にして自分にぴったりのエンディングノートを作ってくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから