冷蔵庫は粗大ゴミで出せない! 家電リサイクルに出すよりも便利な処分方法など

「冷蔵庫は大きくて重くどのように処分したらいいのか分からない」「粗大ゴミとして捨てられないと聞いたのだけれど」など、処分方法にお困りの方は多いでしょう。冷蔵庫は家電リサイクル法対象家電に指定されており、一般的な粗大ゴミ回収をしてもらえません。そこで、家電リサイクル法に従って冷蔵庫を処分する方法や、そのほかの方法でお得に回収に出すコツなどをご紹介します。

  1. 冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!
  2. 冷蔵庫をなるべく安く処分したいなら?
  3. 冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するには?
  4. 冷蔵庫の処分方法についてよくある質問

冷蔵庫をなるべくお金をかけずに処分したい方、冷蔵庫を捨てたくて困っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。冷蔵庫を楽にお得に処分するためのヒントが満載です。

1.冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!

冷蔵庫は、自治体の粗大ゴミ回収に出すことができません。その原因には、家電リサイクル法がかかわってきます。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法に従って処分する必要がある

冷蔵庫をはじめ、洗濯機・テレビ・エアコンは、家電リサイクル法の対象家電として指定されています。家電リサイクル法とは、その名のとおり家電のリサイクルを推進することが目的の法律です。家電リサイクル法の対象家電は、一般的な自治体の粗大ゴミ回収に出すことができないため、以下のような方法で処分する必要があります。

1-2.冷蔵庫を処分するには家電リサイクル料金3千円+運搬料金がかかる

冷蔵庫を家電リサイクル法に従って処分するには、家電リサイクル券を購入する必要があります。小売店や家電量販店で購入・手続きをしたり、郵便局でリサイクル料金を振り込んで券を入手したりすることも可能です。リサイクル券の費用(下記)のほかに、別途運搬費用が3千円程度かかります。自分で指定回収場所まで運べば、運搬費用はかかりません。

  • 170L以下:3,672円
  • 171L以上:4,644円

2.冷蔵庫をなるべく安く処分したいなら?

次に、なるべく費用を抑えて冷蔵庫を処分するポイントをご説明します。

2-1.買い替えの場合は販売店による引き取りが便利

新しい冷蔵庫を購入した際、古い冷蔵庫を引き取ってもらえることがあります。店舗での購入はもちろんのこと、ネットで購入した場合でも、引き取りを選べるオプションもあるのです。新しい冷蔵庫の搬入時に古いものを回収してもらえるので、便利で楽な方法といえるでしょう。ただし、手数料は5千円~8千円とやや高めになっています。

2-2.まとめて処分するなら不用品回収業者の利用が便利

冷蔵庫は、不用品回収業者に回収してもらうという方法もあります。リサイクル料金とは別に、回収費用・手数料・出張費用などがかかりますが、利用方法によってはお得になるでしょう。たとえば、トラック詰み放題パック料金を利用して、冷蔵庫とともにほかのいろいろな不用品を回収してもらう方法です。冷蔵庫以外にも処分にお金がかかる不用品(粗大ゴミ類)があれば、まとめて回収依頼をすることで、総合的にお得になります。不用品をひとつずつ調べたり手続きする時間や手間を省略できるのもメリットです。

2-3.製造年度が新しければ買取に出せる場合も

製造から1~3年くらいの新しい冷蔵庫は買取に出せる場合があります。買取に出す先としては、リサイクルショップ・買取も行っている不用品回収業者などです。冷蔵庫の処分費用が浮くだけでなく、ちょっとした収入にもなりますので、新しめの冷蔵庫を処分したい方はぜひ活用してみてください。ただし、リサイクルショップの店舗などへ冷蔵庫を自力で運搬するのは困難なため、出張買取を依頼するほうがよいでしょう。

3.冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼するには?

次に、不用品回収業者の利用方法や選び方・注意点などをご説明します。

3-1.家電リサイクル対象家電を扱っている業者を選ぼう

冷蔵庫を回収してもらう業者を選ぶ際は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 料金体系が分かりやすいか(次項もご参照ください)
  • 無料で見積もりや相談ができるか
  • 家電リサイクル法対象家電の回収も行っているか
  • 買取業務も行っているか(希望する場合)
  • 古物商許可などを受けているか

3-2.こんな業者には注意!

一方、以下のような業者は避けたほうがよいでしょう。悪徳業者である可能が高くなります。

  • 料金が分かりにくい
  • 料金やシステムの説明を口頭だけで済ませようとする(データや書面をもらえない)
  • 突然自宅まで訪問営業に来る
  • リサイクル料金についての説明が一切ない
  • 地域を巡回している無料廃品回収車

3-3.家電リサイクル料金の有無もチェック

冷蔵庫など家電リサイクル法対象家電を回収してもらうためには、回収運搬費用とは別に、リサイクル料金を支払う必要多くなります。もしくは、リサイクル料金込みの金額が提示されているので、事前に料金システムを確認しておきましょう。また、トラック詰め放題などのパック料金を設定している業者では、「品目にかかわらず車のサイズによって2万円」などと一律で設定されているところもあります。ほかの粗大ゴミ類など、回収してもらう品目によっては費用の節約になるでしょう。

4.冷蔵庫の処分方法についてよくある質問

冷蔵庫の処分についてよくある質問にお答えします。

Q.冷蔵庫の回収費用の相場は?
A.ご参考までに、クリーンレスキューの回収費用についてご説明します。

【個別料金】

  • 冷蔵庫:2,800円~+リサイクル料金

【パック料金】

  • 軽トラック詰め放題:18,000円~(2立方メーター)作業員1名
  • 2tトラック詰め放題:38,000円~(4立方メーター)作業員2名

Q.急ぎで冷蔵庫を処分したいのですが
A.クリーンレスキューでは、ご予約による回収のほか、空きがあれば当日の回収も可能となっています。一度お電話でお問い合わせください→0120-830-834(対応時間:AM9:00~PM8:00)

Q.冷蔵庫をなるべく高く買取に出すには?
A.冷蔵庫を高く売るポイントは以下のとおりです

  • きれいに掃除し、なるべく新品の状態に近づける
  • 保証書・取扱説明書など付属品があればそろえる
  • 複数の業者に査定を依頼し、買取価格を比較する
  • 店舗や営業所に直接持ち込む

Q.冷蔵庫をきれいにするコツは?
A.油汚れや食品のこぼれた汚れなどは、アルコールスプレーなどで拭き取ると落ちやすくなります。また、水拭きの際は温かいぬるま湯を使うと汚れが浮いて掃除がしやすくなるでしょう。冷蔵庫内の引き出しやケースなど、取り外せるものは取り外してから丸洗いしたほうが楽です。においがとれない場合は粉末の重曹を振り掛けて1晩放置し、翌日重曹を拭き取ってください。

Q.企業で不要になった冷蔵庫はどのように処分したらよいですか?
A.企業からの不用品は、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物を取り扱える業者に回収や買取を依頼してください。

まとめ

冷蔵庫の処分方法についてご説明しました。家電リサイクル法対象家電は、粗大ゴミとして処分することができません。また、家電リサイクル法に従って処分するには、数千円の費用がかかってしまいます。今回ご紹介した内容を参考に、なるべく安くお得に冷蔵庫を処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから