子ども部屋をスッキリ片付けたい! 子どもでも楽しくできる方法は?

子ども部屋の片付けでお悩みではありませんか? 子ども部屋は、何回キレイに片付けてもすぐに散らかってしまいますよね。子どもに片付けさせようとしても、なかなかうまくいかないのも悩むところでしょう。子ども部屋をいつもキレイな状態にするためにも、何が原因で散らかるのかを知ることも必要です。

そこで今回は、子ども部屋を片付ける方法を詳しく解説します。

  1. 子どもが部屋を片付けない原因は?
  2. 子ども部屋を片付けるポイントは?
  3. 不要なおもちゃを手放すタイミングは?
  4. 不要になったおもちゃ・子ども用品を処分する方法
  5. 子どもに自分で片付けさせるコツは?
  6. 子ども部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、子ども部屋がスッキリ片付くコツがよく分かります。子ども部屋が散らかってお困りの方は、記事を読んでみてください。

1.子どもが部屋を片付けない原因は?

最初に、子どもが部屋を片付けない主な原因を見ていきましょう。

1-1.片付ける意味が分からない

子どもが片付ける意味を分かっていないため、散らかったままにするケースが多く見られます。まずは、なぜ片付ける必要があるのか、子どもに説明してあげましょう。片付けるメリットが理解できれば、すすんで片付けるようになります。

1-2.片付け方が分からない

片付け方が分からないことで、子ども部屋が散らかることがあります。どこに何を片付けていいのか分からないため、そのままにしてしまうのです。最初は親が一緒に片付けながら教えてください。次に、子どもだけで片付けさせてみて、改善するべきところをアドバイスするといいでしょう。

1-3.ものが多すぎる

子ども部屋にものが多すぎると、常に散らかりがちです。ものを捨てずに新しいものを買い続けると、収納許容量を超えてしまいます。ものが多すぎる場合は、不用品を仕分けして処分してください。必要なものだけが残れば、収納に余裕ができて片付けやすくなります。

1-4.集中力が続かない

子どもは、さまざまなことに好奇心を抱くため、長時間集中力が続かないことがあります。特に、片付けに楽しみを感じないとすぐに飽きてしまうことでしょう。子どもに片付けさせるためには、簡単・短時間で済むように工夫する必要があります。また、楽しく片付けられる方法を考えるのも大切です。

1-5.親がうるさく言いすぎる

親がうるさく言いすぎないことも大切です。うるさく言いすぎると、子どもに反抗心が生まれます。本当は片付けたい・片付けなくてはいけない、と思っていても、うるさく言われることで嫌になってしまうのです。子ども部屋の片付けは、なるべく子どもの自主性に任せて見守るようにしましょう。

2.子ども部屋を片付けるポイントは?

子ども部屋を効率よく片付けるポイントを見ていきましょう。

2-1.使用目的ごとにグループ化する

ものを使用目的ごとにグループ化して収納すると、何がどこにあるか分かりやすく、片付けやすいのでおすすめです。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 文房具は勉強机の上段の引き出し
  • 教科書・勉強道具は勉強机の棚や中段の引き出し
  • ランドセル・制服などの学校用具は勉強机の周辺
  • おもちゃは専用の箱もしくはラックなど
  • 本・マンガは本棚

2-2.子どもの目線と立場になって収納する

子どもの目線になり、使いやすい位置に収納することも大切です。大人と子どもでは、視点の高さが異なります。大人の目線で使いやすく収納しても、子どもからすれば見えづらい・分かりづらいこともあるのです。また、収納方法が複雑すぎると、片付けが面倒になります。子どもが簡単に出し入れしやすいことも、重要なポイントです。

2-3.完璧を求めない

子ども部屋の片付けでは、完璧を求めないことも大切です。完璧な仕上がりを求めると、少しの間違いも許せなくなり、子どもに大きなプレッシャーを与えてしまいます。子どもによっては、片付けが大嫌いになってしまうこともあるでしょう。多少ルーズな仕上がりになっても、8割程度できていれば合格程度に考えておくと気持ちが楽になります。

3.不要なおもちゃを手放すタイミングは?

不要なおもちゃを手放す主なタイミングについて見ていきましょう。

3-1.汚れや傷みがひどくなった

おもちゃの汚れや傷みがひどくなったら、寿命を終えたと考えて手放すことを考えましょう。そのまま放置すると雑菌や害虫が発生したり、傷みがひどくなったりするだけです。ただし、特に思い入れの深いおもちゃで手放す決断ができないものは、クリーニングや修理を検討してください。捨ててしまうと後悔するものは、無理に手放す必要はありません。

3-2.子どもが遊ばなくなった

子どもが遊ばなくなったタイミングでおもちゃを処分するのもおすすめです。小学生以上になると幼児向けのおもちゃで遊ばなくなるように、子どもは成長と共に興味の対象が変化します。ただし、勝手に処分せず、必ず子どもに断りを入れておきましょう。後から「勝手に捨てられてしまった」と言われることがあるからです。

3-3.新しいおもちゃを購入した

新しいおもちゃを購入したタイミングで古いおもちゃを処分すれば、おもちゃが増え過ぎずに済みます。子どもにおもちゃを買い与えるときに、古いおもちゃを処分することを条件にするのもいい方法です。今あるおもちゃで間に合うのならお金の節約になり、新しいものを購入して古いものを処分するのなら、収納場所を圧迫しなくて済みます。

4.不要になったおもちゃ・子ども用品を処分する方法

不要になったおもちゃや子ども用品を処分する方法を詳しく解説します。

4-1.自治体回収に出す

自治体回収にゴミとして出すことができます。主な区分については、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:木製のおもちゃ・書籍類・子ども服
  • 不燃ゴミ:金属製・プラスチック製のおもちゃ
  • 粗大ゴミ:ベビーベッドや勉強机など一定以上の大きさがあるもの

なお、自治体によっては資源ゴミや金属ゴミ・紙ゴミなど、リサイクル目的で別途回収していることがあります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

4-2.知人に譲る・施設や病院に寄付する

まだキレイなものは、子どもがいる知人に譲るのもいいでしょう。知人に連絡して、欲しいものがあればもらってもらうのです。また、福祉施設や病院でも、子ども用のおもちゃなどを引き取ってもらえることもあります。自治体に確認したり、自分で直接連絡したりして、必要かどうか確認してください。

4-3.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になったおもちゃや子ども用品は、ネットオークションやフリマアプリで売ることも可能です。特に、人気のおもちゃやブランド品の子ども服などは、毎日活発に売買されています。1点ずつ出品でき、売りたい価格を設定できるのが主なメリットです。反面、なかなか売れないことがある・商品クレームなどの個人トラブルに遭いやすいなどのデメリットもあるため、普段からネット取引に慣れている人におすすめします。

4-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して、おもちゃなどの不用品を処分することも可能です。不用品回収業者では、以下の3つの方法から都合のいいものを選んで回収してもらえます。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む・業者の店頭までの交通費やガソリン代は自己負担
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する・1回千円程度~
  • 出張回収:日時・場所を指定して業者に回収してもらう・1回数千円程度~

業者によっては、不用品を積極的に買取しているところもあり、条件のいいものは買取してもらえることもあるでしょう。なお、当クリーンレスキューでも、不要になったおもちゃや子ども用品の処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

5.子どもに自分で片付けさせるコツは?

子どもが積極的に自分で片付けるようになるコツをご紹介します。

5-1.片付けたらほめる

子どもが片付けられたら、必ずほめてください。子どもは、親にほめられるとやる気が出ます。最もいけないのは、部屋が散らかっている状態に親がイライラして必要以上に怒ってしまうことです。怒ると、子どもによっては反抗心が生まれ、ますます片付けなくなることもあります。まずは、小さなことからほめて、やる気にさせましょう。

5-2.カレンダーにシールを貼る

片付けが終わったら、カレンダーに子どもが好きなシールを貼るのもおすすめです。子どもは、シールを貼るのが大好きですから、積極的に片付けようとすることでしょう。また、いくつかシールがたまったら、プチごほうびを与えるのもいい方法です。好きなお菓子を食べる・ゲーム時間を1時間延長していいなど、子どもがやる気になる目標を立ててみてください。

5-3.簡単で分かりやすい収納方法にする

子どもでも簡単かつ分かりやすい収納方法にすることも大切です。主な方法は、以下をご覧ください。

  • 大きなカゴやボックスを用意して入れるだけの収納にする
  • 収納用具を中に入れるものごとに色分けする
  • 収納するものの名前・写真・絵を収納用具に貼る

5-4.片付けグッズを利用して楽しく収納する

片付けグッズを利用すると、子どもが楽しんで収納できておすすめです。たとえば、以下のような方法があります。

  • 壁に透明なウォールポケットを設置しお気に入りのおもちゃが見えるようにする
  • 壁にハンモックをつるしてぬいぐるみを並べる
  • 子どもが好きな収納用具を使用する

6.子ども部屋の片付けに関するよくある質問

最後に、子ども部屋の片付けに関する質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.子どもが自主的に片付けない場合はどうすればいい?

A.子どもが片付ける必要性やメリットを十分に理解していない可能性があります。また、自分が片付けなくても親がやってくれると思っている場合もあるでしょう。まずは、子どもときちんと話し合い、片付けない理由を聞いてから対策をとってください。

Q.子どもの絵や工作を捨てづらいのですが?

A.今後も増える一方なので、一定数を厳選して残しておくことをおすすめします。たとえば、特に思い入れのあるものや表彰されたものなどです。専用の保管箱を用意し、箱がいっぱいになったら仕分けをし、不要なものを処分してもいいでしょう。

Q.子ども部屋の片付けは、親が手を出さないほうがいい?

A.状況によります。片付け方が分からない子どもには、親が手本を見せてあげる必要があるでしょう。特に、小学校低学年までは、片付ける習慣をつけさせることを目的に、適度に手伝ってあげてください。高学年になると自我が芽生え、親が手伝うことを嫌がることもあるので、見守るようにしましょう。

Q.子ども部屋の不用品を処分するときにやってはいけないことは?

A.子どもに確認せずにおもちゃなどを処分することです。親にとっては不用品でも、子どもにとっては大切な宝物であることがあります。勝手に処分することで、大人になっても嫌な思い出として残ることもあるので注意しましょう。

Q.どんな不用品回収業者に不用品の処分を依頼するといい?
A.以下を参考にしてください。

  • 不用品の回収実績が豊富にある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のいい回収方法を選べる
  • 状態のいいものは買取もしている
  • スタッフが親切で丁寧な対応をしている
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

まとめ

今回は、子ども部屋の片付けについて詳しく解説しました。子ども部屋を常にスッキリ片付けるためには、子どもが自分だけで片付けられるようにすることが必要です。たとえば、簡単な収納方法にする・子どもが楽しんで収納できるようにするなど、いろいろと工夫してみましょう。また、親が常に片付けをして見本になることも大切です。また、なるべく子どもの自主性を大切にし、親が口を出さずに見守るようにしてください。なお、片付けを始める前に、不用品を処分して物量を減らすことをおすすめします。必要なものだけになれば、子どもでも楽に片付けやすくなるでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから