引っ越しの片付けはどこから始める? 効率よく作業するコツを解説!

「引っ越しの片付けを効率よく行う方法が知りたい」「ものが多すぎてどこから手をつけていいのか分からない」とお悩みではないでしょうか。まだ先のことだから大丈夫と思っているうちに、どんどん引っ越し当日が近づいてきて焦ってしまいますよね。今のうちに片付けを始めて、引っ越し当日は余裕を持って迎えたいものです。

そこで今回は、引っ越しの片付けはどこから始めたらいいのか、詳しく解説しましょう。

  1. 引っ越しの片付けはどこから始める?
  2. 引っ越しの片付けはスケジュールを立てることから
  3. 引っ越しの片付け方法
  4. 不用品の処分方法を決めよう
  5. 引っ越しの片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しの片付けの手順についてよく分かり、効率よく進めることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.引っ越しの片付けはどこから始める?

最初に、引っ越しの片付けをどこから始めるといいか見ていきましょう。

1-1.普段使わないものや場所から手をつけよう

引っ越しの片付けでは、普段使わないものや場所から手をつけると効率よく進みます。普段使っているものを梱包(こんぽう)してしまうと、不便を感じることでしょう。たとえば、日常生活で使用中の家電・食器類・洋服・生活雑貨など、ないと困るものは後回しにしてください。

1-2.どこから・何から始める?

引っ越しの片付けは、以下のような場所から始めるのがおすすめです。

  • 押し入れやクローゼットの奥
  • 季節ものの服や季節家電
  • 本棚
  • キッチンの収納物
  • 洗面台周辺の小物・ストック品

1-3.引っ越しの片付けの流れ

引っ越しの片付けは、以下のように進めると効率的です。

  • 引っ越しのスケジュールを立てる(日程・所要時間・片付けの順番)
  • 不用品の処分方法・仕分けの基準を考える
  • 不用品を仕分けする
  • 普段使わないものから荷造りする
  • 普段使っているものを荷造りする
  • 最後に掃除をして完了

2.引っ越しの片付けはスケジュールを立てることから

引っ越しの片付けは、スケジュールを立てることから始めましょう。

2-1.片付けのスケジュールを立てよう

引っ越しの片付けをスムーズに進めるためには、スケジュールをきちんと立てておくことが大切です。

2-1-1.いつから始めるか

引っ越しの片付けは、平均して6~8日程度かかります。引っ越し前日にすべての作業を終わらせるためにも、逆算して片付け始める日を決めましょう。仕事などで、特定の日に十分な作業時間が取れないのなら、2~3日以上は多く見積もっておくことをおすすめします。また、早く始めることができれば、遅れや急用が発生しても対応しやすいでしょう。

2-1-2.所要時間と順番

スケジュールを細かく決めるときに重要なのは、それぞれの所要時間と片付ける順番です。たとえば、以下のようにブロックに分けて考えるといいでしょう。

  • 押し入れ・クローゼット
  • ベランダ周辺
  • キッチン
  • 洗面所周辺
  • 寝室
  • 子ども部屋
  • 玄関周辺
  • リビング

ブロックごとに目視で物量や広さをチェックし、ざっくりと所要時間を割り振りましょう。また、片付けは、使用頻度が低い場所から順番に行うようにしてください。

2-1-3.日程と所要時間は余裕を持つこと

日程と所要時間は、余裕を持つことが大切です。実際に片付けてみると、予想以上に手間がかかる場所もあるでしょう。計画遅れが発生しても、修正できるようにしておけば焦らずに済みます。できれば、予備日として作業をしなくてもいい日を設定しておくのもおすすめです。そのためにも、なるべく早く計画を立てて片付け始めてください。

2-1-4.作業は複数人で行うとベスト

引っ越しの片付けは、複数人で同時進行すると効率が上がり、短時間で作業が終わります。ひとり暮らしの人は、友人や知人・家族などに手伝ってもらえないか頼んでみるといいでしょう。

2-2.引っ越しの片付けのスケジュール例

引っ越しの片付けは、以下のスケジュール例を参考にしてください。適度に休憩をはさみ、疲労がたまらないように注意しましょう。

1週間で片付ける場合の例

1~3日目:普段ほとんど使わない場所・ものの仕分けと処分をする
4~6日目:よく使うものを片付け・梱包(こんぽう)を始める
引っ越し前日:当日着る服・身の回りのもの以外を梱包(こんぽう)し、掃除をする
引っ越し当日:荷物を運び出した後、掃除を済ませたら最終チェックをして完了

3.引っ越しの片付け方法

引っ越しの片付け方法のポイントやコツを詳しく解説します。

3-1.不用品の仕分けをしよう

引っ越しの片付けでは、不用品の仕分けが必要不可欠です。荷造りをする前に不用品の仕分けをしておけば、片付け作業がスムーズに進みます。まずは、自分なりに不用品の仕分け基準を考えてみてください。たとえば、以下のようなものは不用品とすることをおすすめします。

  • 汚れ・傷みがひどい
  • 故障・不具合がある(家電など)
  • 1年以上使用していない
  • 同じようなものが複数ある
  • 趣味や好みが変わり使わなくなった

3-2.上手な荷造り・梱包(こんぽう)の方法

荷造りのポイントは、何がどこに入っているのか分かりやすくしておくことです。たとえば、ダンボール箱の外側に何が入っているか書いておいたり、箱を閉める前に内容物の一覧リストを入れておいたりするのもいいでしょう。梱包(こんぽう)は、品目ごとに行うことをおすすめします。まだ入るからという理由で関係のないものを入れてしまうと行方不明になりがちです。また、食器や壊れやすいものは緩衝材を十分に入れ、運送時の衝撃から守るようにしましょう。ダンボール箱の外側に「ワレモノ在中・取扱注意」と書いておくことも忘れないでください。

3-3.思い出にひたらないこと

思い出にひたらないようにし、淡々と作業を進めるようにしてください。特に、昔使用していたものやアルバムなどを見ると、なつかしさがこみ上げてきて手が止まってしまいがちです。見入っているうちに、計画が大幅に遅れることも多いので、十分に注意しましょう。

4.不用品の処分方法を決めよう

引っ越しの片付けでは、不用品の処分方法を決めておくことも必要です。

4-1.自治体にゴミとして出す

不用品は、自治体にゴミとして出すことができます。自治体の回収ルールに従い、指定日時・場所に出してください。なお、家電リサイクル法の指定品目(エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機)は自治体で回収してもらえません。リサイクルショップに売ったり不用品回収業者に処分を依頼したりするなど、ほかの方法を考えてください。

メリット

  • 処分費用が無料もしくは格安

デメリット

  • 好きな日時に出すことができない(引っ越し前に間に合わないことがある)
  • 粗大ゴミに出す場合は手続きが面倒
  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • ゴミとして出した場合は資源リサイクルできない

4-2.リサイクルショップなどに売る

不用品で、まだ十分に使えるものはリサイクルショップで買取してもらえることがあります。まずは、業者の店頭に持ち込み、査定を受けましょう。買取可能で提示金額に納得できればそのまま品物を引き渡し、代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップでは買取だけ行っており、引き取り処分はできません。

メリット

  • 持ち込んだその場で買取から代金受け取りまで完了する
  • 中古品として再販してもらえる
  • 自分で店頭に持ち込む手間や時間がかかる

デメリット

  • 必ずしも買取になるとは限らない
  • 買取不可のものは処分してもらえない
  • 買取金額が安い
  • 自分で店頭に持ち込む手間や時間がかかる

4-3.不用品回収業者に買取・引き取りを依頼する

不用品回収業者に不用品の買取や引き取りを依頼することもできます。不用品回収業者に依頼するときは最初に大体の物量や内容を伝えて見積もりをもらいましょう。見積もりを確認し、特に問題がなければ正式に依頼してください。引っ越しの片付けでは、大量の不用品が出るため、出張回収を依頼することをおすすめします。

メリット

  • 買取も引き取りも1回の依頼でできる
  • 買取代金と引き取り費用を相殺できて安く済む
  • 買取可能なものは中古品として再販・不可のものでもリサイクルしてもらえる
  • 都合のいい日時・場所指定で回収してくれる
  • 自分で運ぶ必要がない

デメリット

  • 引き取り費用がかかる
  • 直前の依頼では希望日時に対応できない場合もある

4-4.ネットオークションやフリマサイトで売る

不用品は、ネットオークションやフリマサイトで売ることもできます。ネットオークションやフリマサイトに出品するときは、最初に落札実績を調べ、相場を把握しておくと便利です。会員登録後、商品説明の文章などを入力し、出品するものの画像をアップして出品手続きをしましょう。無事に落札された後は落札者と連絡先を交換し、支払いを確認できてから発送してください。

メリット

  • 業者で買取不可になったものも出品可能
  • 自分が納得した価格で売れる
  • 欲しがっている人と直接やり取りできる
  • パソコン・スマホで気楽にやり取りできる

デメリット

  • 多くのものを出品すると管理が大変
  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 出品から発送完了までにステップが多く、時間がかかる
  • クレーマーや支払い遅延などのトラブルも多い

4-5.日程に余裕を持って処分すること

不用品の処分は、日程に余裕を持っておきましょう。引っ越し直前は、特に忙しくてバタバタしがちです。たとえば、ネットオークションやフリマサイトで売る場合は、出品から送付完了まで数日以上かかることもあります。そのほかの方法でも、処分完了までの時間と手間を考えておくことが大切です。不用品回収業者なら、買取も処分も同時にできて便利でしょう。ただし、希望の日時で回収してもらうためにも早めに依頼してください。

5.引っ越しの片付けに関するよくある質問

最後に、引っ越しの片付けに関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、参考にしてください。

Q.夜間に引っ越しの片付けをするときの注意点は?
A.何らかの事情により夜間に片付けをすることになるのなら、近隣へ事前に知らせておきましょう。特に、マンションやアパートなどの集合住宅では、騒音や振動による迷惑がかかることがあります。

Q.賃貸物件で片付けの際に壁を傷つけてしまったのですが?
A.まずは、貸し主に連絡して現場を見てもらってください。状態によっては、リフォーム費用の請求を受ける可能性があります。多くの場合、敷金から差し引くことになるでしょう。

Q.不用品の処分は引っ越しの何日前までにするべきですか?
A.特に決まりはありません。しかし、不用品の処分が終わっていれば、片付けや梱包(こんぽう)がスムーズに進み、早く作業が終わることでしょう。不用品の仕分けができたら、速やかに処分してください。

Q.引っ越しの片付けをすべて業者に依頼できる?
A.引っ越し会社によっては、不用品の仕分けや処分・荷物の梱包(こんぽう)や運び出しまですべて依頼できるケースもあります。まずは、引っ越し業者に確認してみてください。費用は物量や作業内容によるため、見積もりをもらって検討するといいでしょう。

Q.引っ越し当日までに荷物が片付かなかったらどうする?
A.引っ越し業者を利用している場合、不用品を片付けながらの作業となるため、追加料金がかかることになるでしょう。引っ越し当日は荷物の運び出しを優先し、新居で残りの作業をしてください。

まとめ

今回は、引っ越しの片付けについて詳しく解説しました。引っ越しは何かとやるべき作業が多く、直前までバタバタと忙しくなりがちです。特に、片付け作業は大変なので、できるだけ早めに計画を立てましょう。効率よく片付けるためには、普段使わない場所やものから始めるのがコツです。なお、片付けを楽にするためにも、最初に不用品の仕分けをし、処分するといいでしょう。なお、不用品の処分は不用品回収業者に依頼すれば、買取と引き取りを同時に依頼できるのでおすすめです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから