粗大ゴミを一人で運べない! そんなときの対処法を6つ紹介します!

「粗大ゴミを出したいが、一人では運ぶことができない」と困っている人は多いでしょう。特に、一人暮らしの人や高齢者は大型の家具や家電を自分で運ぶのが難しいため、処分できずにそのまま放置してしまっていることもあると思います。自分で運ぶことなく、粗大ゴミを捨てることはできないのでしょうか。

この記事では、粗大ゴミを一人で運べない場合の対処法やそれぞれのメリット・デメリットなどをまとめてご紹介します。

  1. 粗大ゴミの捨て方
  2. 粗大ゴミを一人で運べない場合
  3. 不用品回収業者を選ぶポイント
  4. 粗大ゴミの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、粗大ゴミを一人で運べないときにどうするべきなのかが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.粗大ゴミの捨て方

まずは、粗大ゴミに該当するものや捨て方についてご紹介しましょう。

1-1.特殊な処分が必要なもの

粗大ゴミとは、処分する際に特殊な方法が必要になるもののことです。家具や寝具・スポーツ用品など指定のゴミ袋に入りきらない大型のものをはじめ、家電も粗大ゴミに分類している自治体もあります。粗大ゴミの分類や捨て方については自治体ごとに異なった決まりがあるため、事前に各自で確認しておく必要があるでしょう。

1-2.粗大ゴミの捨て方いろいろ

家庭から出た粗大ゴミは、自治体の回収を利用して捨てる人がほとんどです。しかし、状態のよいもの・まだ使えるものはリサイクルショップに買取を依頼することもできます。または、ネットオークションなどを利用して自分で売るのもよいでしょう。捨てたい粗大ゴミがたくさんある場合は、不用品回収業者に回収してもらうのもおすすめです。

2.粗大ゴミを一人で運べない場合

「粗大ゴミを出したいが一人では運べない」という場合の対処法や注意点をまとめました。

2-1.分解して運びやすくする

自治体によっては、タンスや机なども指定のゴミ袋に入る大きさに分解すれば、燃えるゴミとして捨てることができるところもあります。お金をかけずに処分できるため、お得な方法といえるでしょう。ただし、分解する際にケガをしてしまう危険もあるため、十分注意が必要です。また、自治体によっては分解しても捨てることができないところもあるため、必ず確認しておきましょう。

2-2.リサイクル業者に出張買取してもらう

状態のよいものであれば、リサイクル業者に依頼して出張買取してもらうことも可能です。自宅まで買取にきてもらえるため、自分で運ぶ必要がありません。大きくて重いものの場合、利用すると大変便利です。出張買取を電話で依頼する際、ブランド名や使用期間・サイズ・状態などを聞かれるため、調べておくとスムーズにいきます。また、査定のためにきれいに掃除をしたり、付属品をそろえたりしておきましょう。ただし、状態によっては買取対象外になることもあるということを覚えておいてください。

2-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して回収にきてもらう方法もあります。壊れているものや汚れているものでも回収してもらえるため、確実に処分可能です。また、自分で分別する手間も省けます。ただし、回収を依頼する不用品が少量の場合は、出張費用が割高になってしまう可能性があるでしょう。また、悪質な業者も存在するため、業者選びには注意が必要です。

2-4.引っ越しの場合は引っ越し業者に依頼する

引っ越しの際に出た粗大ゴミは、引っ越し業者に依頼すれば有料で回収してもらえる場合もあります。引っ越しと粗大ゴミの処分を同時にできるという点がメリットでしょう。ただし、業者によっては粗大ゴミの引き取りを行っていないところもあるため、事前に確認が必要です。

2-5.買い替えの場合は販売店に引き取ってもらう

買い替えによって不要になった大型の家具や家電などは、新しいものを購入する販売店に古いものを引き取ってもらえる場合もあります。購入と処分が同時にできるため、最も手間がかからない方法といえるでしょう。状態によっては下取りという形で、購入代金を割引してくれる販売店もあります。ただし、引き取りや下取りのサービスを行っていない販売店もあるため、確認が必要です。

2-6.家電リサイクル法の対処品目は自治体が回収できない

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビの4品目は家電リサイクル法の対象となるため、自治体が回収することは不可能です。購入した販売店、または買い替えをする販売店に依頼して引き取ってもらうか、自分で指定引取場所に持っていく必要があります。一人で運べない場合はリサイクル料のほかに運搬料を支払うことになるため、事前に金額を確認しておきましょう。リサイクル料については、以下を参考にしてください。

  • テレビ(15型以下):1,836円~
  • テレビ(16型以上):2,916円~
  • 冷蔵庫(170リットル以下):3,672円~
  • 冷蔵庫(171リットル以上):4,644円~
  • 洗濯機:2,484円~
  • エアコン:972円~

3.不用品回収業者を選ぶポイント

粗大ゴミの回収を不用品回収業者に依頼する場合、業者選びは慎重に行う必要があります。選び方のポイントや注意点をまとめました。

3-1.業者を選ぶ際に確認することとは?

不用品回収業者を選ぶ際には、以下のポイントを確認しましょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 業者のホームページがあるか
  • 事務所の所在地を明記しているか
  • 固定電話の番号を明記しているか
  • 「廃棄物収集運搬業」や「古物商」の許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか

3-2.悪徳業者に注意!

残念ながら、不用品回収業者の中には悪質な営業をしている業者も存在しています。必要な許可を持たずに営業する違法業者を利用して、トラブルに巻き込まれた例も数多く報告されているのです。「高額な料金をだまし取られた」「見積もり後、断ったら脅された」「回収した不用品を不法投棄された」などの例もあるため、十分注意してください。特に、電話で営業してくる業者や突然訪問してくる業者は利用しないことをおすすめします。

4.粗大ゴミの捨て方に関するよくある質問

「粗大ゴミを一人で運べない」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.買取対象になるのはどのような粗大ゴミですか?
A.使用年数が短く状態がよいもの・人気ブランドのもの・汚れや傷が少ないものであれば、買取対象になる可能性が高いでしょう。

Q.少しでも高く買取してもらえるためには、どうすればよいですか?
A.「きれいに掃除をしておく」「付属品をそろえておく」「できるだけ早く買取に出す」ことが必要でしょう。

Q.粗大ゴミの回収を自治体に依頼した場合、費用はどのくらいかかりますか?
A.大きさや種類にもよりますが、500~2,000円程度です。

Q.不用品回収業者とのトラブルは、どこに相談すればよいでしょうか?
A.国民生活センターで相談を受け付けています。適切なアドバイスがもらえるので相談してみるとよいでしょう。

Q.無料回収を宣伝しながら近所をトラックで回っている業者は、利用しないほうがよいですか?
A.利用しないことをおすすめします。無料といいながら高額な追加料金を請求してくる悪徳業者の可能性が高いでしょう。トラブルになっても逃げられるように、事務所の所在地を明らかにしていないことが考えられます。

まとめ

いかがでしたか? 粗大ゴミを一人で運べない場合の対処法や、不用品回収業者の選び方などを詳しくご紹介しました。「粗大ゴミを出したいが、一人で運べない」という人は 多いと思います。その場合の対処法とそれぞれのメリット・デメリットを参考にして、自分に合った方法を選んでください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから