遺品整理をする前に! 仕分けのポイントと注意点をチェック!

「遺品が多くて仕分けがひと苦労」「どのように仕分けをすればいいの?」など、遺品整理の仕分けで悩んでいる方が多いと思います。しかし、遺品整理に時間をかけるわけにもいきません。そんなときに遺品整理の仕分けポイントを押さえておけば、時間をかけることなく楽に整理できるでしょう。そこで、本記事では、遺品整理の仕分けの重要性を踏まえた上で、具体的な方法と仕分けのポイントを解説します。

  1. 遺品整理の仕分けが重要な理由は?
  2. 遺品整理の仕分けですべきことは?
  3. 遺品の仕分け方とポイントを紹介
  4. 遺品整理で仕分けしたものはどうすべき?
  5. 遺品整理をプロに頼む方法
  6. 遺品整理の仕分けに関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の仕分け方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.遺品整理の仕分けが重要な理由は?

仕分けがいかに重要なのか、遺品整理の作業について解説します。

1-1.大変な作業だからこそ仕分けが重要!

遺品整理の場合は、普通の片付けとは異なり、形見分けや貴重品の整理・要らないものと要るものの判断も行っていかなければなりません。

1-2.スピーディーな遺品整理は仕分けで決まる

遺品整理がスピーディーに進められるか否かは、最初の作業である仕分けが大きなポイントとなります。仕分けがうまくできれば、その後の作業も効率よく進められるようになるでしょう。最初の仕分けを間違えれば、形見分けすべきだったものまで処分することになりかねません。親族同士のトラブルを避けるためにも、仕分けはきちんと行うべきです。

1-3.適当に仕分けをするのはNG

「適当にダンボールに詰めていけばいい」と思いながら仕分けをすると、後で大変なことになってしまいます。後々、遺品の中で必要なものがあっても再び探さなければなりません。余計に手間と時間がかかることになるのです。また、賃貸物件の場合は、家賃が発生する前に遺品整理を終わらせる必要があります。最初の作業をきちんと行えば、遺品整理を早く終わらせられるのです。

2.遺品整理の仕分けで最初にすべきことは?

最初にしておきたい仕分けのポイントを紹介します。

2-1.必要なものを準備する

まずは、遺品整理の仕分けに必要なアイテムを準備しましょう。最低限、用意しておきたいアイテムは以下のとおりです。

  • ポリ袋
  • ダンボール
  • 布テープ
  • ぞうきん
  • 布手袋
  • ビニール袋

また、ホコリがかぶっているものもあるため、自分の身を守るためにマスクを用意しておくといいでしょう。

2-2.作業スケジュールを立てる

作業を始める前に、スケジュールを立ててください。最初に、完了日をいつにするのか具体的に決めましょう。家が持ち家で入居・売却予定があればその期限までを目標にします。賃貸の場合は、作業が完全に終わるまで家賃を払う義務が生じるので早めに仕分けをするのが理想的です。できれば、亡くなった当月中までに完了するのが好ましいですが、難しい場合は翌月末を目途に完了日を設定しましょう。仕分けの完了日が決まった後は、遺品の分類・処分の仕方・業者の手配などを踏まえた上で、それぞれの作業をいつまで終わらせるかスケジュールを組み立てていきます。

3.遺品の仕分け方とポイントを紹介

それでは、実際に行う遺品整理の方法とポイントを見ていきましょう。

3-1.まずは貴重品から始める

遺品の中には、法的な対応が必要になる「貴重品」があります。法律が関わる貴重品は、必要な届け出など期限が決まっていることが多いため、先に仕分けをしておきましょう。早めの対処が必要になる貴重品は以下のとおりです。

  • 印鑑
  • 年金手帳や年金に関する書類
  • 銀行の通帳・キャッシュカード
  • 生命保険・損害保険など加入している保険に関する書類
  • 土地や家など不動産関連の書類
  • 貴金属や金塊など資産価値が高いもの
  • 有価証券・金融資産に関する書類
  • 電話・インターネットの領収書と請求書
  • 健康保険証・運転免許証・パスポート
  • 電気・水道・ガスなど公共料金の領収書と請求書など

3-2.形見分け

貴重品を探した後は、親族・友人に形見分けすべきものを分別していきましょう。形見分けは親族同士のトラブルになることが多いので、親族が集まりやすい「四十九日など法要」の時期に行うのがおすすめです。また、人によって形見になるものが異なります。自分だけの判断で処分することのないように気をつけてくださいね。

3-3.要らないものと要るものに分ける

貴重品と形見の仕分けが終わったら、後は「要らないもの」と「要るもの」に分けるだけです。遺品を1か所に集め、それぞれ分類しダンボールまたはビニール袋に分けていきましょう。これからの生活に必要がないものはすべて処分してください。思い出の品は捨てにくいものですが、すべてを残しておくわけにもいかないので、本当に必要なものだけ残すという意志を強く固めてから作業を始めましょう。

3-4.ポイントはジャンル別で分けること

遺品といっても、家具・家電・衣類・食器・寝具などさまざまな種類があります。たくさんの遺品を仕分けるポイントは、最初にジャンルごとに分類してしまうことです。遺品の中から用途・種類による分類を書き出してみてください。これを元にして、各部屋の遺品を分類していきます。たとえば、遺品の中でも多い衣類・着物関連は、「ほかの人では着用できず処分するしかないもの」「新品・再利用できそうなもの」「帽子など小物類」と、細かく分けてください。最初からそのように仕分けをしておけば、その後の処理が素早くできるのです。

3-5.処分に困ったときは「一時保管ボックス」を利用する

「後で必要になるかもしれない」「なかなか捨てられない」と悩んで作業の手がストップしてしまうと大幅に遅れてしまいます。そんなときは、「一時保管ボックス」を用意し、とりあえずそこに入れてください。そして、後でもう1度考えれば良いのです。

4.遺品整理で仕分けしたものはどうすべき?

仕分けを行った後の作業について説明します。

4-1.要らないものは自治体処分か回収業者へ

要らないものは、自治体で回収してもらう方法があります。素材・種類・大きさ・自治体によってゴミの分類が異なるため、まずは自治体のホームページや掲示板でゴミの分類と処分ルールを確認してください。ただし、不用品が大量にある場合、すべてを自治体で処分すると近所迷惑になる可能性があります。その場合は、不用品回収業者にまとめて処分してもらったほうがいいでしょう。

4-2.使用できるもの、新品同様なものはリサイクル・買取へ

不用品の中に「まだ使用できるもの」「新品同様なもの」があれば、リサイクルと買取という方法で処分するのも選択肢の1つです。リサイクル・買取が可能なら、処分費用をかけずに手放すことができます。リサイクルショップ・買取専門店・ネットオークションなどさまざまな方法があるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

5.遺品整理をプロに頼む方法

自分で行わず、代わりにプロに整理してもらう方法があります。遺品整理業者への依頼方法について、詳しく説明しましょう。

5-1.自分で遺品整理できない場合はプロへ依頼する

遺品整理を行う時間がない・大量の遺品で困っている・遠方に故人の家があるという方は、プロへの依頼がおすすめです。遺品整理が長引くほど、精神的・体力的な負担が大きくなり、賃貸物件の場合は家賃も支払わなければなりません。遺品整理に熟知しているプロなら、素早くかつ丁寧に作業を終わらせることができます。

5-2.素早くかつ丁寧な作業で進められる

自分の代わりに遺品整理を行ってくれるので、時間・体力ともに負担がかかりません。早く遺品整理が終わり、気持ちも楽になるでしょう。また、遺品整理業者の中には、不用品の処分もサービスに含まれているところがあります。処分に困りがちな仏壇や位牌(いはい)なども扱ってくれるので、よりスピーディーな作業で終わらせられるのが大きなメリットです。

5-3.料金は1Kで3万円~

遺品整理サービスの料金は、遺品の量・部屋の広さ・作業人数などによって大きく異なります。大まかな目安としては、1Rと1Kで約3~8万円、1DKで約5~12万円、1LDKで約7~20万円です。クリーンレスキューでは、遺品整理サービスはもちろんのこと、不用品回収と処分も行っています。24時間対応可能なので、お急ぎの作業も可能です。また、故人の思い出の詰まった遺品を低価格で整理しています。ぜひ1度お問い合わせください。

5-4.悪徳業者に要注意

遺品整理業者の中には、高額な料金を請求するなど不正を働く悪質な業者があります。トラブルにならないためにも、以下に挙げたポイントをチェックしてください。

  • 遺品整理士が在籍しているか
  • 遺品整理業の許可を取得しているか
  • サービス内容と料金設定がホームページに記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりと無料相談が可能か
  • 不用品を適切に処分しているか
  • 見積書の内容が明確に記載されているか

悪徳業者は、見積書の内容を細かく記載しない傾向があります。スタッフの対応も悪く、遺品整理業の許可も取得していない場合があるので要チェックです。

6.遺品整理の仕分けに関してよくある質問

遺品整理の仕分けに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.大型家具・電化製品の仕分けのコツは?
A.目録を作ることです。ダイニングテーブル・デスク・イスなどの大型家具、テレビ・洗濯機・電話機など電化製品にもさまざまな種類があります。簡単な表を作成し、大型家具の寸法もきちんとメモをしておけば、後で行う処分もスムーズに進められるでしょう。電化製品の場合は、名前・メーカー・年式なども記入してくださいね。

Q.貴重品の探し方・見つけ方が知りたい
A.「自分ならどこに保管するか?」と考えると、貴重品が見つかりやすくなります。人目につきにくいタンスや本棚の中、引き出しの奥などもチェックしてみましょう。意外と本のページとページの間に書類を挟んでいることもあります。ほかにも、仏壇・食器棚の引き出しの中や、バッグの中にあるファスナー付きポケットなどに大切な書類が入っている場合があるので要チェックです。

Q.形見分けで気をつけておきたいポイントは?
A.アクセサリーや宝石類などの高価なものは、贈与税がかかる可能性があります。贈与税がかかるものを故人の友人に譲ると、相手にも迷惑をかけることになるので要注意です。また、故人の形見は相続人全員の共有物となります。遺産分割が完了していない状態で形見分けを行うと、トラブルの原因になるので事前に遺産分割を終わらせてください。

Q.仕分けでよくあるトラブルは?
A.特定の価値があるものを誤って処分・廃棄してしまうことです。一般的に見れば遺産として価値がないものでも、特定の関係者にとっては価値のあるものがあります。価値を知らずに処分・廃棄すれば、後で人間関係のトラブルに発展することが多いのです。このようなトラブルを避けるためには、形見分けを行う前に「相続として残しておくもの」「形見分けでわたすもの」「処分するもの」と、しっかり仕分けしておかなければなりません。

Q.遺品整理のサービスを依頼する際の注意点は?
A.予想外に不用品の量が多く、後で追加料金を請求されるケースがあります。「知らなかった」という事態にならないためにも、事前にどのようなケースで追加料金がいくらかかるのか確認しておきましょう。また、不用品の処分にいくらかかるのかも要チェックです。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理における仕分けは、今後の作業の流れを決める重要な段階です。きちんと丁寧に仕分けをすることで、不用品の処分や形見分けもトラブルが起きることなくスムーズに進められるでしょう。親族間におけるトラブルを避けるためにも、遺品整理の仕分けは重要な作業なのです。自分で遺品整理を行う時間がなければ、プロの業者に依頼するのも選択肢の1つとなります。プロに依頼すれば、時間と手間をかけずに素早く終わらせることができるでしょう。ただし、サービス内容はもちろんのこと、見積書の内容も細部まで確認することが大切です。そして、できるだけ実績のある業者に依頼してくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから