亡くなった人の部屋を片付ける方法は? 遺品整理の主なコツを詳しく!

大切な人が亡くなった後は、部屋を片付ける必要がありますよね。故人の持ちものを片付けることは供養のひとつでもあり、大切な作業です。しかし、どんな方法で片付けるべきか、効率よく進めるコツは何かなど、分からないことが多いでしょう。そこで、今回は、亡くなった人の部屋を片付ける方法について詳しく解説します。

  1. 亡くなった人の部屋を片付ける際の問題点
  2. 亡くなった人の部屋を片付ける前の準備
  3. 亡くなった人の部屋を片付ける方法
  4. 亡くなった人の部屋を片付けてもらう場合
  5. 亡くなった人の部屋を片付けるときの疑問を解決

この記事を読むことで、亡くなった人の部屋を片付ける方法についてよく分かり、効率よく進めることができるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.亡くなった人の部屋の片付ける際の問題点

最初に、亡くなった人の部屋を片付ける際の問題点について見ていきましょう

1-1.亡くなった人の部屋の片付けは誰がやるべきか?

亡くなった人の部屋の片付けを誰がやるべきかは、以下をご覧ください。なお、故人が遺言などで指定しているときは、できるだけ従いましょう。

  • 持ち家:親族・同居人
  • ひとり暮らし:基本的には親族・親族がいない場合は貸し主や友人など
  • マンション・アパートなどの賃貸物件:親族・親族がいない場合は貸し主

1-2.亡くなった人の部屋を片付けるときの気持ち

亡くなった人の部屋を片付けるのは、とても悲しくつらいものです。特に、生前に交流が深い人ほど、なかなか気持ちの整理ができないことでしょう。片付けを進めたくても、故人との思い出が頭に浮かんできて、手が止まってしまうこともあります。効率よく片付けるためには、第三者が客観的に行うほうが有利でしょう。

1-3.亡くなった人の部屋を片付けるときによくある困りごと

亡くなった人の部屋を片付けるときには、以下のような困りごとがあります。片付けを始める前に、できるだけ解決しておきましょう。

  • 片付け方法が分からない
  • 不用品の仕分け基準が分からない
  • 不用品の処分方法が分からない
  • 人手や時間が足りない
  • 孤独死やゴミ屋敷の現場に足を踏み入れたくない
  • 片付け費用いくらかかるか分からない
  • 片付け期日がある(賃貸物件の場合)

2.亡くなった人の部屋を片付ける前の準備

亡くなった人の部屋を片付ける前の準備について解説します。

2-1.まず何から始める?

まずは、片付けの準備をしましょう。用意するものは、以下を参考にしてください。

仕分け作業用

  • ダンボール箱
  • 古新聞紙
  • マジック
  • ガムテープ
  • ゴミ袋

掃除用

  • はたき
  • ほうき
  • ちり取り
  • 掃除機
  • 住宅用中性洗剤
  • 消臭剤
  • 殺虫剤

また、手袋とマスクを着用し、ホコリや汚れから身を守りましょう。片付けの際は、肌を守るために長袖・長ズボンにし、適宜袖口や裾をまくって作業してください。

2-2.片付けスケジュールと流れ

部屋の片付けをスムーズに進めるためにも、スケジュールをしっかり組んでおきましょう。主なポイントは以下のとおりです。

  • ざっくりと部屋の広さと物量を見て必要日数・時間を見積もる
  • 片付ける場所別に作業時間・内容を決める
  • 片付ける順番を決める
  • 片付けの実行日を決める

スケジュールは、作業遅れが発生しても修正できるよう、ある程度余裕を持って組むことが大切です。また、休憩をこまめにはさみ、疲労がたまらないようにしてください。

2-3.不用品の仕分け方を決めておこう

不用品の仕分け方を決めておき、効率よく片付けていきましょう。仕分け方のルールは、以下を参考にしてください。

  • 貴重品や形見にするものは残す
  • 家電・家具・そのほか個人の持ちものは不用品として処分する
  • 汚れや傷みがひどいものや消耗品類はゴミとして廃棄処分する

なお、片付けの際、現金や預金通帳などが見つかることがあります。遺産相続に関係する可能性があるため、勝手に処分せず親族たちに報告しておきましょう。後日トラブルが起こるのを防ぐことができます。

3.亡くなった人の部屋を片付ける方法

亡くなった人の部屋を片付ける方法について詳しく解説します。

3-1.部屋の片付けの進め方

部屋の片付けは、スケジュールどおりに進めてください。作業途中で進み具合を確認し、送れている場合は、修正していきましょう。また、片付けはできるだけ複数人で行うことをおすすめします。ひとりで作業をすると効率が悪く、重いものを運んだり高い位置にあるものを下ろしたりするときに不便です。

3-2.効率よく片付けるポイント

効率よく片付けるには、一定時間ごとに目標を決めて進めるといいでしょう。何時までにこの作業を終える、などと細かく決めて作業すると片付きやすいものです。また、故人の思い出に浸ってしまわないようにしてください。写真やアルバムなどを眺めてしまうと、いつの間にか時間が経過してしまい、作業が遅れる原因になります。

3-3.処分が困るものはどうする?

不用品の中には、処分に困るものもあります。たとえば、故人のアルバムや写真・思い出の品などは廃棄してしまうべきか悩むことでしょう。処分に困るものがあるときは、ひとまず保留にしておき、後日親族に相談することをおすすめします。勝手に処分してしまい、後から文句を言われないようにしましょう。

3-4.片付け後の処分方法について

亡くなった人の部屋を片付けで仕分けが完了したら、それぞれ処分してください。

  • 貴重品・形見:親族で分配するか処分する
  • 不用品:不用品回収業者などに相談して処分する
  • ゴミ:自治体の回収ルールに従って廃棄する

4.亡くなった人の部屋を業者に片付けてもらう場合

亡くなった人の部屋を業者に片付けてもらう場合について詳しく解説します。

4-1.こんなときはプロに依頼しよう

以下のような場合はプロに依頼するといいでしょう。

  • 物量が多すぎて手が回らない
  • 賃貸物件の立ち退きなどで、片付け期限が迫っている
  • 人手や時間がない
  • 孤独死などで特殊清掃の必要がある
  • 部屋が遠方にあって行きづらい

4-2.部屋の片付けを業者に依頼するメリット

部屋の片付けを業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分たちでやるよりもキレイに仕上がる
  • 指定した日時に作業してもらえる
  • 業者によっては遺品供養も依頼できる
  • 不用品の処分・買取をしてくれる
  • 客観的に整理してくれるので効率がいい
  • 孤独死後やゴミ屋敷などの悲惨な現場を見ずに済む

4-3.業者選びのポイントをチェック

亡くなった人の部屋を片付けるときは、以下のポイントに当てはまる業者に依頼するといいでしょう。

  • 遺品整理・片付けで豊富な実績と信用がある
  • 不用品の処分だけでなく買取もしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金設定
  • 希望の日時に作業を依頼できる
  • 顧客からの評判がいい
  • スタッフの対応が丁寧
  • 古物商許可を取得している

なお、当クリーンレスキューでも亡くなった人の部屋を片付けることをお受けしています。まずは、お見積もりからご相談ください。

4-4.業者に依頼した場合の料金

亡くなった人の部屋の片付けを業者に依頼した場合、以下を料金目安にしてください。当、クリーンレスキューの料金一例です。

  • 軽トラック詰め放題(2㎥・作業員ひとり):18,000円~
  • 2tトラック詰め放題(4㎥・作業員2人):38,000円~

なお、汚れがひどかったり特殊清掃をする必要があったりする場合などは、料金が上乗せになります。実際の片付け費用は業者とよく相談し、見積もりをもらって確認してください。

4-5.業者が部屋を片付けるまでの流れ

業者が部屋を片付けるまでの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 依頼者が業者に連絡し、亡くなった人の部屋の片付けについて相談する
  2. 事前に業者が現場視察を行い、依頼者と作業方法や内容を最終確認する
  3. 業者から見積もりが届き、費用・内容に問題がなければ正式に契約する
  4. 作業日当日に業者が不用品の選別・片付け・掃除を行う
  5. 作業が完了したら業者と依頼者で現場確認をして完了

4-6.悪質業者に注意しよう

悪質業者には十分に注意してください。大切な人が亡くなって悲しんでいる人をターゲットとして近づいてくるからです。たとえば、「遺品整理で出た不用品を無料回収している」などと近づき、金銭価値の高いものを無理やり買取していくケースがあります。また、無料回収のはずが何かと理由をつけて有料になることも多いのです。悪質業者は、自分たちの利益を確保するためなら、遺族の気持ちを無視してどんどん入り込んできます。訪問や電話などで勧誘を受けても、その場で契約しないでください。亡くなった人の部屋の片付けは、信用できると判断した業者に依頼しましょう。

5.亡くなった人の部屋を片付けるときの疑問を解決

最後に、亡くなった人の部屋を片付けるときの疑問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.できるだけ片付け費用を抑えるためのアイデアは?
A.自分たちでできるところまでやっておくと、片付け費用の節約になります。たとえば、片付け前後の掃除を自分たちでやる・処分できるものは自分たちでできるだけ片付けるなどです。また、不用品ので買取になるものがあれば、片付け費用と相殺できて安くなります。詳しくは、業者に相談してみてください。

Q.パソコンやスマホなどの処分はどうする?
A.パソコンやスマホには、個人情報が多く記録されているため、データ消去をしてから処分する必要があります。パソコンやスマホメーカーのホームページなどを参考に、データ消去をしてみてください。なお、パスワードロックされている場合などは、業者に依頼して物理的にHDDなどを破壊し、データを読み込めなくすることも可能です。データ消去後は、メーカー回収もしくは不用品回収業者に処分を依頼するといいでしょう。

Q.休日や夜間に片付けを依頼することはできる?
A.業者によります。平日の昼間だけ・土日の昼間だけ・24時間対応可能など、まちまちです。まずは、業者に相談して希望日時に片付けを依頼できるか確認してみましょう。なお、対応可能な場合でも、オプション料金が必要になることもあります。

Q.仏壇や位牌(いはい)などの処分はどうする?
A.仏壇や位牌(いはい)は、遺品供養をしてもらうことをおすすめします。遺品供養は、業者に依頼できる場合があるため、確認してみましょう。自分で手配する必要がある場合は、寺社や仏具店に相談してみてください。

Q.業者に片付けを依頼した場合、遺品を探してもらうことはできる?
A.可能です。遺品の特徴をできるだけ細かく伝えて、探してもらうといいでしょう。ただし、片付けのついでに探すことになるので必ずしも見つかるとは限りません。

まとめ

今回は、亡くなった人の部屋を片付けることについて詳しく解説しました。亡くなった人の部屋の片付けるのは、できるだけ早く行いましょう。効率よく片付けるためには、事前にスケジュールをしっかり組み、作業内容や仕分け方のルールを決めておくことが大切です。遺品の片付けは想像以上にハードなため、信頼できる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。部屋を片付けるための手間や時間を節約でき、スムーズに終わらせることができるでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから