遺品のリサイクル方法は? 遺品整理でお悩みの方にコツを詳しく伝授!

遺品でも、状態や種類によってはリサイクルできます。ゴミとして処分するよりも、資源を大切にできるなど大きなメリットがあるだけでなく、故人の供養にもなるのです。遺品の処分に困っているのなら、ぜひリサイクルを考えてみてください。しかし、実際にどんな方法でリサイクルするといいのかよく分からないですよね。そこで、今回は、遺品のリサイクルの具体的な方法やコツなど、詳しく解説しましょう。

  1. 遺品はリサイクルできる?
  2. 遺品のリサイクルを個人で行う方法
  3. 遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ
  4. 遺品のリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品のリサイクルについてよく分かり、効率よく整理できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.遺品はリサイクルできる?

最初に、遺品のリサイクルの基本について見ていきましょう。

1-1.遺品のリサイクルは難しい?

遺品は、リサイクルが可能です。ただし、中古品として使用できる状態など、いくつかの条件があります。また、中には「亡くなった人の持ちものを使用するのは気が引ける」などと考える人もいるのです。しかし、資源を大切にするという考えからも、遺品のリサイクルは積極的に行うことをおすすめします。

1-2.リサイクルできる遺品の条件

以下のような条件を満たした遺品は、基本的にリサイクル可能です。

  • 目立つ汚れやひどい臭いなどがない
  • 不具合や故障がない
  • 金銭的価値が高い
  • 未使用もしくは使用感が少ない
  • ​資源価値がある(洋服・金属類・書籍・金属類など)

1-3.遺品のリサイクルは誰がいつ行う?

遺品のリサイクルは、基本的には故人の親族が行うことになります。親が亡くなった場合、子どもや兄弟が行うことが多いでしょう。ただし、身寄りがない人が亡くなったり親族に遺品整理を拒否されたりした場合などは、大家や友人などが行うこともあります。遺品のリサイクル時期は、49日法要を終えた後などのタイミングがいいでしょう。なお、賃貸物件の退去が絡むときは、できるだけ早く行うことをおすすめします。

1-4.遺品のリサイクル需要が増えている

遺品をリサイクルする動きは、徐々に高まってきています。遺品をそのまま廃棄処分するよりも、適切にリサイクルして有効活用できる方法を選ぶ人が多くいるのです。遺品整理の費用を遺品の買取代金と相殺できるなど、メリットの多さが広まるにつれ、業者に依頼する人も増えています。ただし、一方で悪質業者も増加中です。不当に安い価格で買いたたいたり依頼していないものまで回収してしまったりするなどのトラブルも報告されているため、注意しましょう。

2.遺品のリサイクルを個人で行う方法

遺品のリサイクルを個人で行う方法を詳しく解説します。

2-1.大量にあるときは業者に買取を依頼しよう

遺品が大量にある場合、業者に買取・リサイクルを依頼するといいでしょう。業者に依頼すれば希望した日時・場所において直接回収してもらえ、自分で運ぶ労力や手間がかかりません。まずは、大体の物量と内容を伝え、見積もりをもらって検討しましょう。業者の対応や費用などに納得できるときは、正式に依頼してください。

<メリット>

  • 大量の遺品を1回でリサイクルできる
  • 日時・場所指定で回収可能
  • 自分で運ぶ労力や手間がかからない
  • 買取・処分を同時に依頼できる

<デメリット>

  • 回収費用がかかる
  • 悪質業者が多く存在する

2-2.遺品は自分で売ることもできる

遺品は、自分で売ることも可能です。たとえば、ネットオークションやフリマサイトでは、毎日たくさんのものが売買されています。利用方法は、以下を参考にしてください。

  1. 専用サイトに会員登録をする
  2. 必要事項を入力して出品手続きをする
  3. 落札されたら落札者と連絡先を交換する
  4. 支払い確認・発送などを行い、無事に落札者に届いたことを確認して完了

<メリット>

  • 多くの人に見てもらえるため、取り引きが成立しやすい
  • 遺品であることを公言して取り引きできる
  • 落札価格を自分で設定できる
  • 状態・タイミングによっては思わぬ高額落札も可能

<デメリット>

  • ひとつずつ出品するため手間が膨大にかかる
  • 必ずしも落札されるとは限らない
  • 個人間トラブルが起こる可能性がある(突然連絡が取れなくなる・未入金など)

2-3.寄付する

使用感の少ない家具・家電などは、寄付も考えましょう。福祉施設などで引き取ってもらえることがあります。自治体や福祉施設などに問い合わせ、寄付できるかどうか確認してみてください。なお、寄付先への配送費用は自己負担となり、配送手配も自分で行うことになります。

<メリット>

  • 中古品として役立ててもらえる
  • ものを大切にできる

<デメリット>

  • 必ずしも寄付先が見つかるとは限らない
  • 寄付先への配送手配は自分で行う
  • 配送費用は自己負担

3.遺品のリサイクルは遺品整理業者がおすすめ

遺品のリサイクルは遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

3-1.こんなときは遺品整理業者に依頼しよう

以下に当てはまる場合は、遺品整理業者に依頼するといいでしょう。

  • 遺品整理に必要な人手と時間を確保できない
  • 指定した日時に作業したい
  • 遺品供養をしたい
  • 物量が多すぎて手がつけられない
  • 孤独死などで特殊清掃が必要
  • 遠方で足を運びにくい

3-2.遺品整理業者に依頼するメリット

遺品整理業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  • 自分たちで進めるより迅速な作業が可能
  • 不用品の買取と処分を同時に依頼できる
  • 遺品供養を依頼できる
  • 特殊清掃を依頼できる
  • 手間や時間の節約になる
  • 客観的な立場で整理してもらえるので精神的に楽

3-3.遺品整理業者に依頼した場合の料金目安

遺品整理業者に依頼した場合の料金は、以下を目安にしてください。

  • 1R・1K :30,000円~80,000円程度
  • 1DK:50,000円~120,000円程度
  • 1LDK:70,000円~200,000円程度
  • 2DK:90,000円~250,000円程度
  • 2LDK:120,000円~300,000円程度
  • 3DK:150,000円~400,000円程度
  • 3LDK:170,000円~500,000円程度
  • 4LDK以上:220,000円~600,000円程度

実際には、物量や状態・特殊清掃の有無などで料金が大きく上下します。まずは、業者からの見積もりをもらって確認するといいでしょう。

3-4.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理を業者に依頼するときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 遺品整理で豊富な実績と知識がある
  • 誠実な作業で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望の日時で作業を依頼できる
  • 回収した遺品は適切に処分・リサイクルしている
  • 遺品の買取も行っている
  • 作業スタッフが礼儀正しい
  • 古物商許可を取得している

なお、当クリーンレスキューでも、遺品整理をお受けしています。まずは、お気軽にお見積もりをご依頼ください。

4.遺品のリサイクルに関するよくある質問

最後に、遺品のリサイクルに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.遺品をリサイクルするのは罰(ばち)が当たらない?
A.まったくの迷信です。持ち主が亡くなったことと、ものの価値は関係ありません。愛用していたものを廃棄処分されるより、中古品として新たな持ち主に使ってもらったり資源リサイクルに回してもらったりするほうが供養にもなります。

Q.遺品の貴金属を買取に出したら親族からクレームが出たのですが?
A.特に金銭価値の高い遺品は、親族が形見分けを要求することがあります。勝手に買取に出したことで、不仲の原因になることもあるでしょう。トラブルを避けるためにも、遺品を買取に出すときは、親族にひとこと伝えておくことをおすすめします。

Q.業者で回収した遺品は本当にリサイクルしている?
A.信頼できる業者なら、問題なくリサイクルしているので安心してください。遺品のリサイクルをしっかり行っている場合、ホームページなどに記載があったり、契約時にスタッフから説明があったりします。「遺品のリサイクル方法やポリシーはどうか」と質問してみて、スタッフがすぐに答えられるかチェックしてみるのもいいでしょう。

Q.遺品を雑に扱われないためのコツは?
A.業者選びをきちんとすることと、作業前にスタッフに注意を入れることです。特に大切に扱ってほしいものには、注意書きを添えておくのもいいでしょう。

Q.仏壇や位牌(いはい)などの供養をしたいのですが?
A.まずは、業者に確認してみてください。業者によって、自社で供養していたり寺社などに紹介していたりすることがあります。自分で手配する必要があるときは、仏具店・寺社などに問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

今回は、遺品のリサイクルについて詳しく解説しました。遺品の中には、中古品として再利用したり資源リサイクルに回したりできるものが多くあります。ゴミとして廃棄するより、リサイクルできる方法を考えましょう。なお、遺品の物量が多いときなどは、遺品整理業者に依頼するといいでしょう。専門知識に基づいて廃棄かリサイクルかを判断し、リサイクル可能なものは買取可能として適正な評価をしてくれるはずです。ただし、思わぬトラブルを起こさないためにも、この記事を参考に信頼できると判断した業者に依頼してください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから