老後のダウンサイジングとは? 生活費削減や貯金を守るコツをご紹介

定年退職後は収入が途絶え、貯蓄を切り崩して生活しなければならない場合がほとんどです。仮に退職金が出たとしても、家のローンや家賃など住宅関連での支出が家計を圧迫するケースも見られます。子どもが独立し、夫婦2人だけになった場合や、一人暮らしになった場合は、家の規模を縮小するダウンサイジングを取り入れる方法を考えてみてください。本記事では、老後のダウンサイジングについてご紹介します。

  1. 老後のダウンサイジングについて
  2. 老後のダウンサイジング・重要性
  3. 老後のダウンサイジング・方法
  4. 老後のダウンサイジングでよくある質問

この記事を読むことで、老後のダウンサイジングについてよく分かります。ダウンサイジングを行うことの重要性や方法などをしっかり理解し、生活費の節約につなげてください 。

1.老後のダウンサイジングについて

そもそもダウンサイジングとはどんな意味なのか、老後の生活や資金に関する不安を解説します。

1-1.ダウンサイジングとは?

ダウンサイジングは、規模の縮小やコストダウンを意味する言葉です。企業などでも規模を縮小して効率化する目的で、ダウンサイジングという言葉を使うことがあるでしょう。老後の資金に関する場合では、生活費を圧迫する部分の見直しを行うことをダウンサイジングといいます。

1-2.老後の生活や資金に関する不安について

老後は年金が主な収入源となりますが、多くの場合は年金で十分な生活費を賄うことができず、貯蓄を切り崩すことになります。再雇用されて仕事を得た場合でも、定年退職前と同等の収入を得ることは難しいものです。夫婦で共働きをしたとしても、現役時代の収入には到底およびません。年金支給開始となる65歳までで、夫婦2人の場合で年間500万円程度と試算されています。仮に、2000万〜3000万円の蓄えがあったとしても、1年で500万円程度の生活費が必要なら、数年で底をつくことになるでしょう。老後は収入が大きく減少することが予想されます。貯蓄や貯金を切り崩していくうちに、いつまで蓄えが持つのか不安に感じることが出てくるでしょう。そのため、大切な資産を長く守る目的で、ダウンサイジングを行って支出を減らす努力が必要なのです。最近では、子どもの独立後は家族で住んでいた家を売却し、利便性のいいマンションなど狭い家に移り住み、住宅にかかる費用を抑える夫婦も増えています。

2.老後のダウンサイジング・重要性

老後に再就職ができたとしても、現役時代と同じ収入を得ることはできません。収入の減少に伴い、ダウンサイジングを行う重要性を再認識することが大切です。

2-1.老後にダウンサイジングを行う重要性

人は1回豊かな暮らしを覚えてしまったら、なかなか暮らしの質を落とすことができません。老後を迎え、収入が減少しているにもかかわらず、生活の質を落として惨めな思いをすることを恐れるからです。とはいえ、外食・洋服代・交際費・光熱費など、家計の無駄を省くことが、ダウンサイジングに直結します。収入が減少したら、支出を抑えるのはどの世代にも共通する節約の基本です。貯蓄が底をつく前に、生活費の見直しを行い、老後の資金を守りましょう。

2-2.老後にダウンサイジングの必要性

既述したとおり、老後は収入が半減する場合もあります。住宅ローンなどを抱えている場合、収入の大半をローンに費やすケースもあり、生活費の大幅な縮小を考えなければなりません。定年退職前と同じような生活をしていれば、数年で蓄えがなくなる恐れもあるでしょう。老後に安定した暮らしを少しでも長く続けるためには、ダウンサイジングで家計のスリム化を行い、浪費している部分を削減してください。高齢になり、蓄えが底をついてから慌てても間に合いません。定年退職前から老後の暮らしについて真剣に考えておき、徐々に浪費を節約していく方法がおすすめです。

2-3.老後にダウンサイジングを行うメリット

ダウンサイジングで生活の質が大きく落ちるわけではありません。子育てに必要な資金を貯(た)めていたころのように、慎(つつ)ましい暮らし方に戻ればいいのです。また、段階を踏みながら収入と支出の見直しをしていくことで、徐々に生活スタイルに慣れることができるでしょう。年金支給額は減少傾向にあるため、現在の支給額と同じ金額を将来受け取れるとは限りません。生活費を見直し、収入に見合った生活を送る努力をしていれば、いざというときに資金不足に悩むこともないでしょう。老後こそ、お金の心配をせずに暮らしていける環境を作ることが大切なポイントになります。ダウンサイジングでは、資産を大切に使う方法を学ぶことができるのがメリットです。

3.老後のダウンサイジング・方法

本項では、老後のダウンサイジングを行うための具体的な方法をご紹介します。

3-1.具体的にどうするか?

住宅ローンや家賃の支払いがあると、生活費の中で多くの割合を占めることになるとご説明しました。老後は子どもが独立することがほとんどなので、夫婦で広い家に住み続ける意味はありません。家を売却した資金を元手に、多少狭くても利便性のよいマンションに住み替えするなど、住宅にかかる資金を削減する方法が、ダウンサイジングでは最も有効な策となります。また、住み替えをする前に断捨離を行い、限られたもので生活することも覚えましょう。断捨離を実行すれば、ものを衝動買いすることもなくなり、浪費癖をなくすきっかけになります。持ちものが減れば、狭い家に移転しても、快適な環境でシンプルに暮らすことができるでしょう。

3-2.ダウンサイジングは時間をかけてやっていくこと

ダウンサイジングは、老後を安定した暮らしにするために重要でも、いきなり大幅な生活費の切り詰めを始める必要はありません。収入の減少に応じて、段階的に見直しを行っていきましょう。ダウンサイジングした生活に慣れることが最優先です。辛(つら)いと感じるような見直し方をしてしまったら、ダウンサイジングは失敗に終わります。じっくり時間をかけて、ダウンサイジングを実践していきましょう。

3-3.生活のペースを崩さないように注意すること

ダウンサイジングを実行すると決めたら、生活のペースが乱れてしまうことがあります。しかし、生活リズムを崩すことは、健康を損ねるきっかけになることもあるのです。今までの生活ペースはキープし、できる範囲のことから少しずつ支出の節約を始めていきましょう。

4.老後のダウンサイジングでよくある質問

老後の収入は誰でも減少するため、さまざまな不安を抱くことがあるでしょう。とはいえ、どのようにすればいいか分からず、戸惑ってしまうことが多いものです。質問集をご一読いただき、老後のダウンサイジングの参考にしてください。

Q.住み替えをすることで、住宅にかかるお金を削減できる以外に、メリットはあるのか?
A.老後は、現役時代のように体が思うように動かないものです。狭い家に移り住めば、掃除や家事の負担も軽減できます。また、生活費にゆとりが生まれる分、将来への貯蓄を殖やすこともできるでしょう。

Q.住まいをダウンサイジングすることで、デメリットはないのか?
A.確かに、ダウンサイジングはメリットばかりではありません。家族で暮らしていた家を売却し、狭い部屋に住み替えれば、家族が遊びに来ても泊まることができるスペースがなく、プライベート空間も限られてしまいます。しかし、どれも一時的なもので、長い目で人生を見た場合、資産を守り続けることのほうが大切なのです。

Q.老後は保険の見直しも必要なのか?
A.はい、必要です。夫婦2人だけになった場合と、子育て世代の場合では、保障内容が大きく異なります。ライフスタイルの変化に伴い、必要な保障内容が変わるので、ダウンサイジングの1つとして、保険内容の見直しも行ってください。

Q.住み替える場合、どのような場所へ移転するべきか?
A.郊外で車がある暮らしをしていた方は、車での移動がいらないエリアへの移転がおすすめです。車の維持費やガソリン代も削減できるのに加え、交通事故のリスクも抑えることができるのがメリットでしょう。

Q.どのような段階を踏んで、ダウンサイジングを進めていけばいいのか?
A.急に生活費を大幅カットするのは、誰にとっても難しいことです。2〜5%ずつコストダウンしていき、5年ごとに見直す方法がいいでしょう。とはいえ、家庭によって収入額に違いがあるため、収入と支出のバランスを見ながら、浪費している部分を見極め、最適なコストダウン方法を考えてみてください。

まとめ

いかがでしたか? 定年退職後、再雇用で収入を得る方が多くなっています。とはいえ、以前と同等の収入を得ることは難しいものです。老後は年々収入が減少する傾向にあるため、ダウンサイジングで生活費の見直しを行い、浪費している部分を削減していきましょう。ダウンサイジングで支出を抑えることができたら、大切な資産が長く持ちます。ただし、無理な計画を立てて始めようとせず、ライフスタイルに合わせて少しずつ見直しを行うようにし、資産が長く持つようにしましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから