釣具の買取方法とポイントを知ろう! どんな釣竿が売れるのか?

「要らなくなった釣具はどう処分したら良いのか分からない」など、釣具の処分方法で困っている方が多いのではないでしょうか。不要な釣竿は処分するしかないと思われがちですが、状態によっては「買取」という方法で手放すことができます。ただし、すべての釣具が買取対象になるわけではありません。基本的に、買取してもらえる釣具は、再度使用できる状態のものです。また、買取時期やポイントを知ることで、高く売ることができるでしょう。本記事では、釣竿などを含めた釣具の買取方法を解説します。

  1. 釣具買取の基礎知識
  2. 釣具の買取方法をチェック!
  3. 釣具の買取ポイントと注意点
  4. 釣具の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、釣具の買取方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.釣具買取の基礎知識

最初に、釣具の買取事情をチェックしておきましょう。すべての釣具が買取対象になるわけではないので、買取できるものとできないものの違いを把握することが大切です。

1-1.釣具の買取事情を知ろう!

釣り針・ルアー・釣り用の浮き・スピニングリール・釣竿・オモリなど、さまざまな釣具があります。新品よりも安く釣具をそろえたい方は、中古の購入を検討するでしょう。特に、釣竿は釣りに絶対必要なアイテムなので、中古需要も高めです。また、シマノ・ダイワ・エバーグリーン・モーリス・釣研などの有名メーカーは人気があります。

1-2.買取できるものは?

基本的に、買取できる釣具は、再利用できる状態のものです。壊れていて使えない・不具合が出ている釣具は買取対象外となるので注意してくださいね。また、新品に近い状態のものほど高く売れる傾向があります。買取店などでは、釣竿・リール・電動リール・ハードルア・GPS・シューズ・クーラー・タックルボックスなどが買取対象となっているところが多いでしょう。買取強化をしているアイテムは、中古需要が高い証拠となります。

1-3.買取できないものは?

目立つキズや汚れがついている・不具合が出ている・発売年月日から数年以上経過しているものは、買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。釣具はどんどん進化しているため、数年以上前のものは買取額がグッと下がります。買取可能か分からないアイテムは、1度査定を依頼しましょう。ほとんどの業者が査定を無料で行っています。

2.釣具の買取方法をチェック!

では、釣具の買取方法と、それぞれのメリット・デメリットをチェックしましょう。

2-1.リサイクルショップを利用する

近場にリサイクルショップがあれば、直接店舗に持ち込むことができます。ほとんどのリサイクルショップでは、壊れていない釣具なら買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。ただし、釣具の買取専門店よりも、買取額が下がる可能性があります。高価買取を期待している方は、釣具を買取強化アイテムとしている店舗を利用するのも方法の1つです。買取・不用品処分など、さまざまなサービスを行っているところもあるので、依頼前にチェックしておきましょう。

2-2.不用品回収業者へ依頼する

釣具のほかに処分したい不用品があるなら、不用品回収業者への依頼がおすすめです。不用品回収業者は、釣具のほかにさまざまな不用品を回収しています。この機会に、まとめて処分すると良いでしょう。また、処分だけでなく買取を行っているところもあるのです。ただし、不用品回収業者へ処分を依頼すると、費用がかかります。不用品の量・種類・業者によって費用が異なるため、見積書を細部まで確認することが大切です。

2-3.主な買取方法は?

業者によって異なりますが、主な買取方法は「宅配買取」「持ち込み買取」「出張買取」の3つがあります。それぞれのメリット・デメリットを紹介しましょう。

2-3-1.持ち込み買取

釣具はほとんどが重くないため、すぐに現金化したい方は店舗に直接持ち込むと良いでしょう。持ち込みの場合は、スタッフが目の前で査定をしてくれるので、その場で疑問点をぶつけることができます。しかし、重みのある商品を持ち込むのは意外と大変です。また、買取不可になれば、持ち帰らなければなりません。

2-3-2.宅配買取

仕事が忙しい・店舗が近くにないという方は、自分のペースで買取ができる「宅配」がおすすめです。ただし、宅配買取の場合は、送料の有無に注意してください。業者の中には、高額な送料を請求するところがあります。送料の有無をきちんと確認してから依頼しましょう。また、買取成立が即日で完了しないため、時間がかかる可能性があります。さらに、きちんと梱包(こんぽう)しなければ、郵送時にキズがつくおそれがあるのです。梱包時は、中身が動かないようにすき間を新聞紙などの緩衝材で詰めてください。

2-3-3.出張買取

釣具のほかに処分したい不用品がある場合は、出張買取がおすすめです。査定員が自宅にやってきてくれるため、わざわざ自分で運搬する必要がありません。簡単に買取依頼ができるでしょう。また、業者の中には、買取だけでなく処分をしてくれるところもあります。たとえ、買取不可になっても回収してもらえるので、手間と時間をかけずに手放すことができるでしょう。

2-4.自分で売る方法

ネットオークションやフリマサイトを利用して売る方法があります。近年は、ネットオークションの需要が高まっており、買い手もつきやすい傾向があるのです。実際に、ネットオークションとフリマサイトを見てみると、さまざまな釣具が売買されています。自分が売りたい釣具がいくらぐらいで取り引きされているのか、チェックしてみると良いでしょう。ネットオークションとフリマサイトは、登録だけで簡単に利用できます。ただし、必ずしも買い手が見つかるとは限りません。また、「商品にクレームをつけられた」「入金されない」など、トラブルが続出しているので注意しましょう。

3.釣具の買取ポイントと注意点

納得できる値段で売るために、買取のポイントと注意点をチェックしておきましょう。

3-1.高く売れる時期は?

釣具が高く売れる時期はハッキリと決まっていません。次々と新しい商品が発売されるため、売りたいと思ったときにすぐ売るのがポイントといえるでしょう。発売年月日から経過するほど、買取額が下がるので注意してくださいね。また、春と秋の釣りシーズン前に、強化買取する店舗が増えます。売りたい時期が合えば、その時期に査定へ出すと良いでしょう。

3-2.高額査定が期待できる商品は?

さまざまな釣具がありますが、中でも高額査定が期待できるのは「釣竿」です。釣りをするときに釣竿(ロッド)は必要不可欠なアイテムで、定期的に買い替えたり、予備として用意したりする方が増えています。中古釣具屋で安く購入したいと考える方も多くいるため、需要が高いのです。
また、釣竿と同じく、リールも同じくらいの需要があります。リールは釣竿に取りつけて釣糸を巻き取る道具のことで、釣りにとって必要不可欠なアイテムです。
ルアー・浮きなどの小物、衣類、バッグなどは必ずしも必要でないため、需要が低く、高い買取額にはならない可能性があります。

3-3.高く売るポイントは?

釣具を高く売るポイントは3つあります。
1つ目は「付属品を一緒に出すこと」です。釣具を購入する際に、取扱説明書や外箱・専用のケースなど付属品があると思います。これらの付属品を一緒に出すだけで、買取額に差が生まれる可能性があるのです。査定を依頼する前に、付属品の有無を確認しておきましょう。
2つ目は「キレイにすること」です。釣具の買取額は、商品の状態によって大きく異なります。手垢(てあか)やホコリなどで汚れている釣具は、見た目が悪くなるだけでなく、古い印象を与えてしまいがちです。そのため、査定前にワックスをつけてお手入れをしたり、汚れをふきん等で拭き取りましょう。特に、釣竿のガイド部分は汚れやすいので、念入りに掃除してくださいね。
3つ目は「釣具をまとめて売ること」です。まとめて買取に出すことで、買取価格が少しアップする可能性があります。この機会に、要らない釣具をまとめて買取に出してみてはいかがでしょうか。

3-4.買取金額の相場は?

未使用のアイテムなら販売価格の約20~30%、人気商品で有名なメーカーの釣具なら約50%の買取額になる可能性があります。ただし、あくまで目安の買取額なので、具体的な金額に関しては無料見積もりを依頼してください。複数の業者から出た査定額を比較するのも、高く売るポイントの1つです。1社だけにしぼらず、複数の業者から最も高額で売れるところに依頼してください。

3-5.どの業者に依頼すれば良いのか?

リサイクルショップ・買取専門店・不用品回収業者など、買取を受けつけているところはたくさんあります。しかし、中には、適切な買取額以下の金額を提示する悪質な業者がいるので注意が必要です。悪質業者と優良業者を見極めるため、以下のポイントに注目して選びましょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 買取だけでなく、不用品回収も行っている
  • 無料見積もり・無料相談が可能
  • 古物商などの許可を取得している
  • 買取・回収の実績がある
  • 口コミ・評判が良い

不用品・粗大ゴミの格安回収処分を行っている「クリーンレスキュー」では、買取と処分サービスを実施しています。24時間対応可能なので、ぜひ1度お問い合わせください。

4.釣具の買取に関してよくある質問

釣具の買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.釣具のお手入れ方法は?
A.海釣りに使用した釣具は、海水の塩分でサビやすい状態になっています。使用後はその日のうちに真水で水洗いをして陰干しでしっかりと乾かしてください。ただし、リールは水に沈めてしまうと内部まで水が入ってしまい、サビが発生することが多いので要注意です。汚れがついた場合は、内部にまで水が入らないように注意してください。また、まったく使わずに放置するのもサビが発生する原因となります。使っていないリールはたまに動かし、定期的に使用しましょう。

Q.ロッドとリールの扱いにも買取時に影響が出るのか?
A.雑に扱うと、ロッドとリールに目立つキズがついたり、すぐに壊れたりしてしまいます。前述したとおり、釣具の買取額は状態が大きく関係するため、普段から丁寧に扱うよう気をつけておかなければなりません。日ごろから、使用後のメンテナンスを心がけておきましょう。

Q.ネットオークションで売れる釣具は?
A.人気の釣具や有名ブランドのものは、専門買取店などで売ったほうが高く売れる傾向があります。ネットオークションの場合は、買取店やリサイクルショップで売れなかったもの、またはシューズ・バッグ・衣類など小物類がおすすめです。小物類は買値がつかない場合があるため、自分で出品額が決められるネットオークションで上手に売りましょう。

Q.買取不可の釣具はどう処分すれば良いのか?
A.釣具は、自治体によって「燃えるゴミ」または「燃えないゴミ」として捨てることができます。釣具の種類や自治体でゴミの分類と処分方法が異なるので注意してください。長さ規制がある地域では、釣竿などが粗大ゴミになる可能性があります。ゴミの分類が面倒で一気に処分したい方は、不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。

Q.処分費用を抑えるコツは?
A.釣具をまとめて処分すると、1点ずつ処分するよりも安く済むことがあります。また、ほかに処分したい不用品があれば、一緒に処分しましょう。ほかの不用品の中に、買取してもらえるものがあるかもしれません。買取点数が増えるほど処分費用を抑えることができるため、ほかに処分したい不用品があれば査定してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか? 釣竿・釣り糸・釣り針など、さまざまな釣具がありますが、買取できるものは状態が良く、再び使えるものが基本です。壊れていて使えないものは買取対象にならないので注意してください。また、中古品の価値は、商品の開封後と新モデルが発売された後でグッと下がる傾向があります。そのため、要らなくなったときにすぐ売るのが買取のポイントといえるでしょう。事前に、買取方法とポイントを把握しておけば、処分費用をかけずに釣具を手放すことができますよ。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから