形見分けで困ったら必読! 遺品整理・処分方法や買取と回収ポイントまとめ

家族や親族が亡くなった後、形見や遺品の処分や整理について考えなければなりません。受け継ぎたい大切な形見や遺品もあれば、処分に困ってしまうようなものもあるでしょう。そこで今回は、形見や遺品の整理や処分の仕方についてご紹介します。

  1. 形見について
  2. 形見や遺品処分の悩みや考え方について
  3. 形見や遺品の処分方法
  4. 形見の処分方法~遺品整理業者について

形見分け・遺品の処分や整理で悩んでいる方にはぴったりの内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.形見について

まずは、形見について基本的な内容をご紹介します。

1-1.形見の定義

形見とは、亡くなった方のことを思い出す頼りとなるものを言います。具体的には、着物・貴金属や宝飾品・骨とう品などです。

1-2.形見になるものとは?

形見になるものの中で代表的なものをご紹介します。

1-2-1.貴金属・宝飾品

指輪・ネックレスなどのアクセサリー類や、腕時計などは形見の代表格です。故人が長く身に付けていたものなので、思い出がよみがえりやすいでしょう。形見の指輪を普段使いにしたり、冠婚葬祭のときに身に付けたりする方もいらっしゃいます。

1-2-2.着物

着物もまた形見の代表格と言えます。普段から着物を着る習慣のある方は、訪問着などとして使用するとよいでしょう。ただし、最近では着物を着る機会が少なく、着物を一人では着られないという方がほとんどかと思います。着ないままの着物を押し入れやタンスに保管しっぱなしという遺族の方も多いようです。また、人に譲ったり売却したりする方も多いでしょう。

1-2-3.骨とう品

掛け軸・つぼ・お皿などの食器類やアンティーク品は、価値の分かる人や好きな人にとっては、すばらしい形見となるでしょう。ただし、そうでない場合は売却することが多い傾向にあります。

1-2-4.困った形見

上記にあげた代表的なもの以外にも、故人のコレクション・写真・書籍・家財道具など、形見・遺品にはさまざまな種類があります。中には、困ってしまうものもあるでしょう。

  • 好みでないもの
  • よい気持ちで故人を偲(しの)ぶことができないもの
  • かさばって保管スペースが取れないもの
  • (自分はいらないが)親族から「取っておいたほうがいい」と言われているもの
  • 売却するにも、価値がよく分からないもの
  • 定価や当時の価値が高く、処分していいのか分からないもの

2.形見や遺品処分の悩みや考え方について

次に、形見の処分でありがちな悩みや考え方などについてご紹介します。

2-1.形見や遺品の悩み

上記でご紹介した困った形見に付随して、形見や遺品についての悩みは、主に以下のようなものがあるでしょう。

  • 処分したいが方法が分からない
  • 売りたいが適正価格が分からない
  • 置き場所がない
  • 周囲の人から、売ることを反対されている
  • 遺品や形見はどうしても手放しにくい
  • 住居の明け渡し日が近く、処分が間に合わない

2-2.形見や遺品処分の考え方

形見や遺品について「処分してもよいのかな?」と考える方も多いでしょう。しかし、形見でも処分してよいものはあります。たとえば、現金や預金通帳・証書などは、処分するかどうか迷うことすらありません。対して、着物や骨とう品は迷う余地が発生します。このように、迷いが発生した形見や遺品は、処分候補としてもよいでしょう。

2-3.形見や遺品処分のヒント

上記のとおり、心から取っておきたいと思う形見ばかりではありません。また、取っておきたいけれどスペースが足りないということもあるでしょう。そんな形見の処分について、いくつかヒントをご紹介します。

2-3-1.自分の意思で判断する

形見や遺品は、故人との思い出が強く残っていたり、親族とのつながりがあったりして、自分ひとりでは判断が難しい場合があります。そのため、特に強く「残したい」とは思わないけれど「捨てにくいからなんとなく取っておこう」というものや、親族に「手放さないほうがいい」と言われるものもあるかもしれません。その際は、「形見や遺品処分の考え方」を思い出し、本当に保管したいものを自分で考えてみましょう。

2-3-2.故人の気持ちを考えて厳選する

故人は、自分が遺(のこ)したものについて、遺族が悩んだり困ったり、親族同士でもめたりすることを望んでいないでしょう。「故人の思い出があるからひとまず取っておく」のではなく、故人をよい気持ちで偲(しの)べるよう、残すものを厳選するという作業や時間も立派な供養になります。

2-3-3.小さくする

写真はデータ化する、衣類は小物にリメークするなど、サイズダウンして取っておくという方法があります。かさばらない上にきちんと形見として保管できるためおすすめです。ネガや紙媒体の写真をデータ化してくれる業者もあります。

2-3-4.売却は複数の業者に依頼する

遺品や形見を売る際は、本来の価値のまま売りたいというのが本音でしょう。遺品や形見には、着物・アンティーク品・貴金属など、目利きが必要なものも多くあります。そのため、複数の買取業者に見積もりを依頼することによって、形見本来の価値が反映された価格で売ることができるでしょう。

3.形見や遺品の処分方法

次に、形見や遺品の具体的な処分方法についてご紹介します。

3-1.形見の処分例

3-1.形見・遺品を売る

形見や遺品のうち、換金価値のあるものは、なるべく買取に出して売るようにしましょう。不用品の処分にはお金がかかります。形見や遺品整理の費用削減のためにも、ものを売るのは重要なポイントです。また、上記のとおり、複数の業者に依頼することで、形見の本来の価値を知ることができます。

3-2.形見・遺品を譲る

形見分けで、親族や知人に譲るケースです。ただし、不公平感やトラブルなどのもとになる可能性もあるので、だれに何を譲るかは慎重に決めましょう。中には、換金価値のあるものをねらって形見分けを望む知人等がいるかもしれません。換金価値のあるものは先に買取に出しておき「買取額はすでに処分費や葬儀代に補てんした」などと説明しておきましょう。

3-3.形見・遺品を捨てる

換金価値のないもの・形見として保管する必要のない遺品類は、処分が必要です。遺品の種類にもよりますが、自治体回収に出すか、不用品回収業者に依頼することとなるでしょう。不用品回収業者の中には、買取を並行して行っているところや、遺品整理士がスタッフとして在席していて、供養までやってもらえるところもあります。もし業者を利用する場合は、処分のほかにどのようなサービスがあるのかをチェックしておくとスムーズです。

4.形見の処分方法~遺品整理業者について

次に、遺品整理業者の利用についてご紹介します。

4-1.遺品整理業者のメリット

遺品整理業者を利用するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 時間や手間がかからない
  • 粗大ゴミ処分にかかる費用などをまとめることでお得になる場合がある
  • 賃貸物件の明け渡し日に間に合わせることができる

4-2.遺品整理業者選びのポイント

遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 「遺品整理」と名のつく業務を行っている
  • 無料相談・無料見積もりができる
  • 料金が分かりやすい
  • 営業資格を持っている

また、遺品整理業者を選ぶ際は、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。見積もりを比較することによって、よりよいサービスをより安く受けることができます。

4-3.プロによる遺品整理の流れ

遺品整理の流れは、主に以下のとおりです。

  1. 問い合わせ(HP・電話など)
  2. 見積もり依頼(HP・電話など)
  3. 訪問日決定
  4. 訪問
  5. 遺品整理作業
  6. 不用品の回収・買取
  7. 料金精算

4-4.遺品整理の料金設定

遺品整理は、ワンルーム程度の部屋で約5万~10万円かかります。家財の量・部屋の状況などによっても料金は大きく異なるでしょう。買取できる家財が多い場合は、料金が相殺されるため、総合的に費用を安くできる場合もあります。また、不用品回収業者の料金は、回収する品目の量や体積によって決まるのが一般的です。たとえばカゴ車に積み放題1万円・軽トラック2万円などがあります。粗大ゴミ料金の総額や、手間・時間なども考慮するとよいでしょう。

4-5.注意点

回収業者の中には、悪質なところもあるので十分注意しましょう。資格や営業所の確認はしっかり行い、身元がはっきりしない業者は避けてください。また、地域を巡回している不用品回収車や、依頼していないのに訪問・営業に来るようなところも避けましょう。

4-6.相談がヒントになることも

形見の整理や遺品の片付けに悩んだら、まずはプロに問い合わせしてみることをおすすめします。具体的な料金や、どのような作業が発生するのかを具体的に知れば、今後の整理の進め方のヒントになるでしょう。

5.形見の処分・遺品整理などでよくある質問

Q.ゴミ屋敷のようになってしまった故人の家のものはどのように処分したらよいですか?
A.ゴミ屋敷状態の家の不用品を片付けるにはプロの手を借りたほうがよいでしょう。自力で行おうとすると、相当な時間とお金がかかります。粗大ゴミ費用は家財一つずつに対して発生するため、総額は想像以上に高くなってしまうでしょう。また、不用品の分別・運搬などにも手間と時間がかかります。プロに依頼することで即日もしくは翌日にはスッキリと片付けられるはずです。

Q.思い入れのある形見や遺品の整理が進みません
A.故人との思い出をかみしめながら一点ずつ丁寧に整理していきましょう。明らかな不用品や家財の処分は回収業者に依頼すれば、自分でしっかりと遺品に向き合う時間を取れるはずです。

Q.買取に出したい遺品が多い場合は?
A.業者による買取回収には、持ち込み・出張などの方法があります。自分で運搬するのが面倒でない方や自宅に来てほしくないという方は、持ち込み回収がよいでしょう。点数が多い場合は事前に連絡が必要なこともあります。また、出張買取は自宅まで物品を回収しに来てくれるため、運搬の手段がない・時間がないので取りに来てほしい方には便利です。買取に出す際は、小出しに依頼するのではなく、まとめて依頼したほうが買取価格がアップする場合があります。

Q.形見分けをする際のポイントは?
A.上記のとおり、譲る人は慎重に選びましょう。不公平感が生まれないように、分けた形見や遺品は口外しないように頼むのも一手でしょう。また、譲った以上はその人が遺品をどう扱っても自由です。捨てられたり換金されたりする可能性があることも覚悟しておきましょう。

Q.遺品整理はいつごろやるべきですか?
A.一般的には、死後7日以内には行っておきたいものですが、四十九日法要が終わって落ち着いてから始めるという人も増えてきています。あまり長期間で整理を行うとズルズルと中だるみしてしまう場合があるので、スケジュールを組んで短期間にきっちり終わらせるのがおすすめです。

まとめ

形見の処分や遺品整理についてご紹介しました。故人が遺した大切なものをきちんと受け取るためにも、必要なものと不要なものの区別はしっかり行いましょう。大きなものや重いものなど処分に困る家財類の遺品が多い場合や、家の明け渡しまで時間がないという場合はプロを頼ってもよいでしょう。その分ほかの作業に時間や気持ちを割くことができます。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから