ごちゃごちゃした部屋を片付けたい! 散らかる原因と解消法をご紹介

家の中がごちゃごちゃして片付かないという悩みはありませんか? 部屋にものがあふれたまま放置してしまった場合、汚部屋になってしまう恐れがあります。こまめに部屋を片付けるのが苦手な人でも、簡単にすっきりした環境にする方法があるので、ぜひ覚えておいてください。本記事では、部屋がごちゃごちゃする原因や片付けの実践方法をご紹介します。

  1. 部屋がごちゃごちゃになるもの・原因について
  2. ごちゃごちゃの部屋をすっきりした環境にするポイント
  3. ごちゃごちゃした部屋をすっきり片付ける実践方法
  4. 部屋の片付けでよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、部屋がなぜごちゃごちゃしてしまうのかがよく分かります。 部屋の片付けは、コツを理解すれば難しくはありません。片付けの方法をしっかり身に付けましょう。

1.部屋がごちゃごちゃになるもの・原因について

部屋の整理が行き詰まるのは、収納に原因がある場合もあります。また、ごちゃごちゃしやすいものも覚えておきましょう。

1-1.部屋がごちゃごちゃになりやすいもの

こまごましたものは、数が増えやすいのに加え、収納する場所に困るという2つの悩みが出てきます。どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1-1.文具

文具には、鉛筆・マーカー・消しゴム・ノート・定規・ステープラなど、さまざまなものがあります。色や形がまちまちであるため、雑然とした印象になってしまいがちです。1つの箱にまとめるか、色を統一するなどの工夫が必要でしょう。

1-1-2.服

服は、季節ごとに使うものが異なります。気づけば収納が服でいっぱいになってしまうトラブルも多くあるでしょう。服は上限を決めて収納するようにし、むやみに増やさないように注意してください。

1-1-3.キッチン

キッチンには調理器具や食品がたくさんあります。大きさや種類が異なるため、収納の仕方を工夫しなければ、ごちゃごちゃした状況になるのは必然です。キッチンの収納は限られていますから、縦置きするものと横置きするものを仕分け、上手に収納するようにしてください。

1-1-4.おもちゃ

おもちゃは子供の成長に従い、さまざまな種類のものが増えていきます。小さなものから大きなぬいぐるみまで、形や種類が異なるため、かさばるのが特徴です。また、愛着があって捨てられないという悩みも出てきます。

1-2.部屋がごちゃごちゃになる原因とは?

同じような暮らしでも、部屋がきちんと整理されている方もいれば、片付けが苦手な方もいます。部屋がごちゃごちゃになる原因を考えていきましょう。

1-2-1.収納ができていない

部屋がごちゃごちゃするのは、収納をうまく利用できていないことが一番の原因です。既存の収納はスペースが限られていても、収納の仕方をきちんと整えるだけで、しまいやすく出し入れが簡単にできる収納を実現できます。部屋がごちゃごちゃしていると感じたら、まずは収納を見直すようにしましょう。

1-2-2.まとまりがない

ものがあふれているわけではないけれど、なぜか部屋がごちゃごちゃして見えるというケースも多いでしょう。雑然として見えるのは、部屋の色合いや収納などに統一感がないことが原因です。統一感がなければ、必然的にまとまりがない印象になります。

1-2-3.配線コードなどがむき出し

部屋がごちゃごちゃして見える原因の1つに、配線コードの露出があります。どの家電製品にもコードは付属されていますが、それぞれがむき出しのままでは、まとまりがなく、ごちゃごちゃした印象になるのです。また、ほこりや汚れが絡みやすく、劣悪な環境になる可能性もあります。

2.ごちゃごちゃの部屋をすっきりした環境にするポイント

掃除は得意でも、片付けや整理が苦手という人は多いものです。すっきりした部屋にするためのポイントをまとめました。

2-1.色数を減らす

既述したとおり、部屋に統一感を出すことが、すっきりした環境にする近道です。カラフルな色合いにしている・おもちゃなど色合いがさまざまなものであふれている・家具の色がバラバラなどの場合、色数を減らす努力をしてみましょう。おもちゃを収納するケースを同じ色にするだけでも、とてもシンプルな見栄えにすることができます。なるべく明るい色を減らし、ダーク系にまとめると小ぎれいな印象になるでしょう。

2-2.入れものの形を統一する

収納ボックスやケースを活用している場合、しまうものに合わせてバラバラの大きさや形を選んでいませんか? 部屋に統一感を出すためには、色合い以外に、形を意識する必要があります。服・おもちゃ・文具などを入れるものは、形を統一して部屋をシンプルにまとめるようにしてください。

2-3.目隠し収納を意識する

色数を減らす・入れものの形を統一しても、汚い印象をぬぐうことができない場合は、目隠し収納を取り入れてみてください。リビングなど人が集まる場所には、ものも多く集まってきます。ボックスやケースなどは視界に入らないように保管場所を工夫しましょう。

3.ごちゃごちゃした部屋をすっきり片付ける実践方法

実際に、すっきりした部屋にする片付けの実践方法をご紹介します。

3-1.すき間を活用する

部屋にはデッドスペースが少なからず存在します。すき間をうまく活用し、見えない収納を生み出しましょう。デッドスペースに収納を作る方法は、DIYで実践している方もいます。家具と壁のすき間や、棚下の空間などを利用し、新たな収納を作ってみてください。

3-2.カゴを使う

カゴは、少し高級感のあるものを選ぶようにすれば、部屋の雰囲気をよりよくすることができます。カゴは、おもちゃや小物などこまごましたものを収納するのに適しており、サイズや形を統一しやすいのもメリットです。

3-3.目隠しをする

2-3でご紹介したとおり、目隠し収納で環境を大きく改善することができます。部屋に出したままのものが目に付くようになり、片付ける習慣が自然と身に付くようになるでしょう。

3-4.とりあえず入れる箱・カゴを作る

生活している中で、ものを出し入れする機会はとても多いでしょう。まとめて整理する機会を設けるのとは別に、いったんしまう場所を用意しておけば、片付けるべきものを把握しやすくなります。普段からものをとりあえず入れる箱やカゴを用意しましょう。

3-5.家具のレイアウト

シンプルな部屋を目指すなら、家具の設置数は最小限に留(とど)めることが大切です。部屋の床には、なるべくものを置かないことが、すっきりした環境にするために大切なポイントになります。家具はなるべく壁面に配置してみてください。

4.部屋の片付けでよくある質問

部屋の片付けに関する悩みをご紹介します。参考にしてください。

Q.最初に片付けるといいものとは?
A.新聞や雑誌は、最初に片付けるといいでしょう。新聞や雑誌は、読み終えても出したままにしてしまいがちで、散らかる原因の1つです。マガジンラックを活用するケースもあります。しかし、マガジンラック内で折り曲がり、ごちゃごちゃになってしまうことがあるのです。読んだら処分するなど、手元に置いたままにしないようにしましょう。

Q.家具のレイアウト以外に工夫すべき点は?
A.すっきりしたインテリアにするためには、家具の高さをそろえることが大切です。加えて、背の高い家具はなるべく排除し、背の低い家具を選ぶようにしましょう。目線より低くするだけで、空間が広がったように感じます。

Q.ロゴが表示されているものは避けるべきか?
A.収納ケースや箱などには、ロゴや文字が印字されているものが多いでしょう。いくら部屋をシンプルにしても、文字情報があるだけで雑然としたイメージになってしまいます。なるべく印字のないものを選ぶのも、部屋がごちゃごちゃになるのを防ぐポイントです。

Q.おもちゃの収納を考えるときのポイントは?
A.おもちゃの片付けは、子供が主体になって行うことを念頭に置き、子供目線で出し入れがしやすい環境を作りましょう。おもちゃはあっという間に数が増え、収納が目一杯になってしまうものです。定量を決めておき、増えたら処分するなど、ルールを設けることも併せて実行してください。

Q.部屋の片付けはできたけれど、生活感が残ってしまうのはなぜ?
A.ロゴや文字と同じように、ボトルやティッシュなどにも配慮しましょう。購入したままの状態で使うと、生活感がむき出しになってしまいます。ティッシュはボックスに収納する、ボトルはおしゃれなものに詰め替えるなど、見栄えがよくなる工夫をしてみてください。

まとめ

いかがでしたか? 部屋がごちゃごちゃして片付かないという悩みは多いものです。ものが増えると収納がいっぱいになり、部屋が汚くなるという悪循環になります。部屋がごちゃごちゃする原因をしっかり理解し、すっきりした環境にする努力をしましょう。収納を最大限に利用する・色数を減らす・目隠し収納を心がけるなど、始めやすい方法で取り組んでみてください。部屋の片付けは難しくありません。自分なりにルールを決めて、実行するようにしましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから