自転車の捨て方にお困りのあなたへ。自転車の捨て方を3つご紹介します!

あなたもこのような理由で自転車の処分を検討していますか?
「自転車の捨て方」と聞くと最初に思い浮かべるのはスクラップにして捨てる方法ですよね。
しかし自転車を捨てる方法はスクラップだけではないのです。
あなたが使わない自転車をすぐに捨ててしまうのは勿体無いかもしれません。
ゴミとして捨てる前に別の処分方法も考えてみてはいかがですか?
そこで本日は、自転車の上手な捨て方を3つご紹介します。

自治体の指示に従って粗大ゴミに出す!

自転車は自治体の粗大ゴミに出すことが出来ます。
自転車を粗大ゴミとして捨てるためには事前の申し込みが必要です。
その後コンビニなどで「粗大ゴミ処理券」を必要な金額の分だけ購入し、処分する自転車にしっかり貼りつけましょう。
金額が足りないと回収して貰えないので要注意です。
地域によって回収条件がことなりますので、あなたの住んでいる地域の回収方法を確認して、指定の方法で出しましょう。

自治体の処理場に直接持ち込むこともできます!

「古い自転車を早く処分したい」と思いますか?
もしそうなら、自転車を粗大ゴミとして直接処理場に持ち込む選択肢もあります。
粗大ゴミの回収日以外でも回収可能な自治体もあるので、あなたの住んでいる自治体の方法を確認してみましょう。
早く自転車を処分したい人にオススメの方法です。

不用品回収業者に引き取ってもらうこともできます!

自転車以外にも不用品がありますか?
もしそうならまとめて不用品回収業者に引き取ってもらうこともできますよ。
不用品回収業者では買取りも並行して行っている場合が少なくありません。
自転車を自治体の粗大ゴミに出すためには事前に申し込みをし、有料の粗大ゴミ処理券を購入し、当日指定された場所に出す必要があります。
意外に手続きが大変ですよね。
しかし不用品回収業者は電話をするだけで回収に来てくれます。
自転車以外の不用品を買い取ってもらえれば、自転車の回収費用を相殺してくれることもありますよ。
自治体の粗大ゴミに出すよりも安く自転車を処分できるかもしれません。

まだきれいな自転車は捨てずに中古で売りませんか?

あなたが持っている自転車はまだきれいですか?
まだきれいなあなたの自転車には十分買い手が付きます。
リサイクルショップやネットオークションで買い取ってもらうことができますよ。
「とりあえず安い自転車が欲しい」「子供の練習用に自転車が欲しい」
このようなユーザーのために「中古で売る」という方法で自転車を処分するのも一つの方法ですよ。

いかがでしたか?
この記事ではいらなくなった自転車の上手な捨て方をご紹介しました。

  • 粗大ゴミの日に指定の場所で捨てる
  • 自分で処理業者に持ち込む
  • 不用品回収業者に引き取って貰う

使わなくなった自転車を捨てる時にはこれら3つの方法を選択できますよ。
まだ使える自転車をお持ちなら「捨てないで売る」という方法もオススメです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから