「捨てたいのに捨てられない」にさようなら。モノへの未練の断ち切り方。

部屋

家の収納場所を占拠している不用品の数々。
いい加減に処分をしたいのだけれど、いざ捨てようと思うと中々決心がつかない。
そんな悩みを抱えている方はおおいのではないでしょうか。
でも、不用品をいつまでもとってはおけません。
そこで今回はモノへの未練の断ち切り方や捨てる決心の捨て方をご紹介しましょう。

モノの使用期限を決めよう

一定期間使わなかったものは、もうあなたの人生に必要のないものです。
どんなに高いものであっても、ろくに使ってなかったものであっても関係はありません。
実物を見てしまうと未練がわくのならば、箱ごと捨てたり家族に頼んだりして捨ててもらいましょう。

捨てられないものを実際に使ってみよう

「この洋服とても高かったから捨てられない」「これはまだほとんど使っていないから捨てられない」というものがあるのならば、実際に使ってみましょう。
洋服ならばそれを着て鏡の前に立ってみます。
どうですか?
その洋服を着て外を歩けますか?
すべて「いいえ」ならばそれらは取っておいても二度と使うことはありません。
潔く処分をしましょう。

レンタル収納スペースに不用品を預けてみよう

使わない品を有料で預かってくれるのがレンタル収納スペースです。
不用品がどうしても捨てられないという時は、思い切ってそれらを全部レンタル収納スペースに預けてみましょう。
すっきりとした家はとても快適になりますよ。
もちろん月々一定のお金が掛かります。
でもそのお金が「あの不用品、本当にいるの?」と常に問いかけてくれますよ
。一か月、二か月くらいなら我慢ができても、時間がたてば「あのお金でこんなこともできた、あんなこともできた」と思えます。
こんな気持ちになったらすぐに収納スペースを解約して不用品を処分しましょう。

姿を変えて残そう

子供の書いた絵や賞状などは捨てにくいですよね。
また、コツコツ集めてきた本なども処分しにくいでしょう。
そういうものはデジカメに記録したり、「自炊」といって本をバラバラにしてスキャンし、データとして保存したりしておけば場所を取らずに済みます。

不用品回収業者に依頼しよう

不用品がなかなか捨てられない、という人の中には「捨て方が分からない」という方もいます。
最近は自治体のごみの収集のルールはどんどん厳しくなり、ゴミの分別も細かくなってきています。
「不用品を捨てたいけれど分別の仕方がわからない」という時は不用品回収業者に依頼をしてみましょう。
有料ですが分別しなくても引き取ってくれる上に買い取れるものは買い取ってくれます。
自分の使っていたものがまた誰かの役に立つと思うと嬉しいですよね。

いかがでしたでしょうか。
不用品をいつまでもとっておくと家族にまで迷惑がかかるかもしれません。
この記事を参考にして持ち物への未練を断ち切ってみましょう。

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてくださいね☆

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから