不用品回収の費用を節約。それは費用の目安を知ることから始まります!

「部屋の中をきれいにしたい」「引越しで部屋を空けるため、不用品を処分したい」 こんな思いで不用品回収を利用する人が多くなっています。 不用品回収は、自治体での粗大ゴミ回収と違って自分で分別する必要がありません。 専門のスタッフがいらない物をすべて回収してくれます。 とても便利ですよね。
とはいえ、不用品回収にはお金がかかるというのも事実です。 どうすれば不用品回収の費用を節約できるのでしょうか? そのためには、不用品回収にかかる費用の目安を知っておく必要があるのです。

そこで今回は、不用品回収に必要な費用の目安をご紹介します。 業者によって異なりますが、あなたが不用品回収を依頼する時の目安にしてみてください。

単体で不用品回収して貰う場合の費用は?

部屋の中にあるものすべてが不用品というわけでは無い場合、テレビや冷蔵庫、洗濯機など単体の回収料を知っておく必要がありますよね。 また、「段ボールや袋に詰め放題で幾ら」という料金設定もあります。少し具体的な数字を上げてみましょう。

  • タンス・ベッド・食器棚 3000円~
  • 冷蔵庫 2,800円~
  • テレビ・洗濯機・乾燥機 2,000円~
  • パソコン・プリンター・モニター 1,000円~
  • 不燃物(1箱もしくは45Lの袋)800円~
  • 自転車・オートバイ 500円~
  • 食器・お釜・鍋(1箱もしくは45Lの袋)500円~
  • イス・テーブル・本棚 500円~
  • DVD・ビデオ・小さな家電 500円~
  • 玩具・洋服・雑貨(1箱もしくは45Lの袋)300円~
  • 布団・毛布 300円~

単体で不良品回収を依頼すると、費用の目安はこのようになります。
不用品の量が少ないなら、単体で回収して貰うと良いでしょう。 袋詰めや段ボール一箱の場合、大きさや数によって料金が変わってきますので回収を依頼する時に聞いておくことをお勧めします。 また、手数料とリサイクル料が別に必要になる業者もあるので、その点も依頼する業者に確認しておきましょう。

大量の不用品はお得なパック料金で回収して貰いましょう!

大量に不用品がある場合、単体で回収して貰うよりもパック料金で回収して貰う方がお得です。 多くの不用品回収業者では、大量の不用品回収の依頼に応えるためにパック料金を設定しています。 これらのパックにも、手数料やリサイクル料が別に必要になることがあるので、無料見積もりの時に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
不用品回収にかかる費用を節約するためには、単体での回収とパックでの回収を使い分けることが必要です。不用品の量に応じて回収プランを選びましょう。

クリーンレスキューでは、不用品回収にかかる費用を節約したいあなたの手助けをいたします! 格安サービスの提供をお約束致しますので、他社よりも見積もりの金額が高い時にはすぐに再見積もりを検討致します。是非お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアしてくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから