遺品整理で出た家具の処分方法とは? それぞれのメリットも紹介!

遺品整理をしていて困るのが、家具の処分ではないでしょうか。特に、洋服ダンスやベッド・ソファーなどの大型家具はどう処分すべきか迷う人が多いと思います。自分で運び出すのも大変ですよね。「賃貸なので明け渡し期限が迫っている」「自分一人で遺品整理をしなければならない」というときなどは、遺品整理業者に依頼する方法もあります。状態のよい家具は買い取りしてもらえる可能性もあるため、利用を検討してみるとよいでしょう。この記事では、遺品整理における家具の処分方法や業者に依頼するメリットなどを詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理における家具の処分について
  3. 遺品整理業者に依頼する方法やメリット
  4. 家具の遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た家具をどう処分すべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてスムーズに遺品整理をすすめてください。

1.遺品整理の基礎知識

まずは、遺品整理の目的や時期、問題点などをまとめました。

1-1.遺品整理とは?

遺品整理とは、故人が生前所有していた身の回りのものを整理することをいいます。すべての遺品を必要なものと不要なものに仕分けした後、必要なものを形見分けするなどして整理し、不要なものを処分するのが基本的なやり方です。最後に部屋をきれいに掃除し、原状復帰するまでが遺品整理となります。

1-2.いつ、誰がするのか?

遺品整理を行う時期に決まりはありません。賃貸物件の明け渡しなど、特別な事情がない限りは、いつ始めても問題ないのです。一般的には、葬儀などを終えて気持ちが落ち着いたころや、四十九日法要など親族が集まるタイミングなどに遺品整理に取りかかる人が多いでしょう。遺品整理は基本的に遺族の仕事です。ただし、相続を放棄した場合は遺品整理ができないということを覚えておいてください。

1-3.遺品とはどのようなもの?

遺品とは、故人が残したものをいいます。ただし、一般的には現預金や不動産などの財産は「遺産」とし、遺品とは区別して扱うことになるでしょう。基本的には財産価値の薄い、以下のようなものを遺品として扱います。

  • 家具、家電
  • 衣類や靴・帽子など
  • 貴金属や腕時計などの貴重品(ただし、高額なものは遺産の対象となる)
  • 楽器や書籍・レコードなどの趣味に関するもの
  • アルバムや日記などの思い出の品

1-4.いろいろな問題点

遺品整理にはさまざまな問題点があります。たとえば、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、明け渡し期限までに遺品整理をする必要があるでしょう。遺品整理をする遺族が少ない場合や遠方に住んでいる場合などは、期限までに間に合わない可能性もあります。また、「遺品の価値が分からないので処分すべきか迷う」「遺品を勝手に処分して親族間でもめてしまった」などの問題も少なくないのです。

1-5.最近の傾向

最近の傾向としては、遺品整理を専門業者に依頼するケースが増えてきています。少子高齢化がすすんだことにより、一人暮らしの高齢者が増加し、遺族が遺品整理を行うのが困難になってきているのです。また、高齢者にはものを捨てられない人が多く、家がゴミ屋敷化してしまうケースも少なくありません。そのような状態になった家で遺品整理をするのは大変難しく、プロの業者に依頼する人が多くなってきているのです。

2.遺品整理における家具の処分について

遺品整理で出た家具をどう処分すべきか、方法をいくつかご紹介します。

2-1.遺品で多い家具とは?

遺品整理で出る家具には、さまざまなものがあります。ベッドやタンス・ソファー・ダイニングセットなど大型のものも多いでしょう。親族の中に欲しい人がいない場合は、どうやって処分するか考える必要があります。

2-2.自分で処分する場合

自分で処分する方法としては、自治体のゴミ回収を利用するのが一般的です。大型家具は粗大ゴミに分類されるため、自治体ごとの回収方法を確認しておいてください。基本的には、事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるでしょう。また、比較的状態のよいものはリサイクルショップなどを利用して買い取りに出す方法がおすすめです。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐに処分できるでしょう。

2-3.業者に依頼する場合

業者に依頼して処分してもらう方法もあります。家庭から出た不用品を回収してくれる不用品回収業者や、遺品整理業者に依頼するとよいでしょう。自分で運ぶ必要がないため、大型の家具があっても安心です。ほかにも処分を依頼したいものが大量にある場合は、業者に依頼するのが一番でしょう。

3.遺品整理業者に依頼する方法やメリット

遺品整理を遺族だけで行うのが難しい場合は、遺品整理業者への依頼を検討しましょう。

3-1.遺品整理業者とは?

遺品整理業者とは、遺品整理を遺族に代わって行ってくれる専門業者のことです。一般的な不用品回収業者とは異なり、遺品の扱いに関する知識と技術を持っています。遺族の気持ちをくみ取り、遺品を丁寧かつ適切に扱い、片づけてくれるのが何よりの魅力です。最近は「遺品整理士」と呼ばれる資格を持つスタッフがいる業者も増えてきているため、安心して遺品整理を任せることができるでしょう。

3-2.依頼するメリット

遺品整理業者に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 時間をかけずに遺品整理を終えられる
  • 状態のよいものは買い取りしてもらえる可能性がある
  • 遺品の供養も依頼できる
  • 遺品整理にかかる負担を減らすことができる
  • 部屋の原状回復サービスなども利用できる

3-3.業者選びのポイント

遺品整理業者は全国に増えつつありますが、その中でも良心的な業者を選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 親身になって相談にのってくれるか

3-4.料金相場

遺品整理を業者に依頼した場合の料金相場は、部屋の広さや遺品の量によって異なります。また、業者ごとに料金設定が異なるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較するのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場を把握することができるでしょう。

3-5.相談窓口

一般社団法人遺品整理士認定協会に、遺品整理に関する相談窓口があります。相談したいことがある場合は問い合わせてみるとよいでしょう。また、格安な料金で不用品の回収を行っている「クリーンレスキュー」では、遺品整理サービスも提供しています。24時間対応可能、即日対応可能となっているため、急に遺品整理が必要になったときでも安心です。こちらから無料相談を受け付けているのでチェックしてみてください。

3-6.注意点

不用品回収業者や遺品整理業者の中には、悪質な営業をしているところもあります。見積もりの内容とは違う高額な料金を請求されたケースも多いため、業者選びには十分注意してください。また、「回収した不用品を不法投棄された」「目の前で遺品を粗末に扱われた」などの報告例も多くなっています。こうした例が存在するということをあらかじめ知っておきましょう。

4.家具の遺品整理に関するよくある質問

「家具の遺品整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.家具を高価買い取りしてもらうためのポイントは何ですか?
A.できるだけきれいに拭き掃除をしておいてください。特にブランド家具は、説明書や保証書がそろっていると査定アップにつながります。

Q.ベッドを粗大ゴミとして捨てる場合は、いくらかかるのでしょうか?
A.自治体によって異なりますが、1,000~2,000円の場合がほとんどです。

Q.遺品整理士とは国家資格でしょうか?
A.一般社団法人遺品整理士認定協会が運営する民間資格になります。この資格を持っていると、遺品整理に関する正しい知識を持っていることが認められるのです。

Q.自分で遺品整理を行う場合はどんな手順ですすめればよいでしょうか?
A.すべての遺品を「残すもの」と「手放すもの」に仕分けし、不要なものの処分方法を考えてください。完了日をいつにするかなど、事前に作業スケジュールを決めておくとよいでしょう。

Q.家具以外のものも回収してもらえますか?
A.「クリーンレスキュー」では、基本的に家庭から出た不用品はどのようなものでも回収可能です。

まとめ

いかがでしたか? 遺品整理ではさまざまな遺品の処分が必要になりますが、特に家具は処分に困るものの一つだと思います。大型の家具は早めに処分し、残りの遺品整理をスムーズにすすめられるようにする必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、遺品整理の悩みを解決してください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから