粗大ゴミの片付けどうしてる? 上手な処分方法4つのポイント教えます!

年末の大掃除や断捨離、引っ越しのときなどは粗大ゴミがたくさん出ます。粗大ゴミは、大きくて重いものが多いので複数あると処分が面倒になるものですよね。また、運び手がいない世帯では、回収場所まで出しに行くのも大変な作業になります。一般的には、「粗大ゴミは自治体で処分してもらうもの」というイメージがありますが、それ以外にも片付ける方法があるのです。そこで、上手な処分方法をご紹介しましょう。 

  1. 粗大ゴミについて
  2. 粗大ゴミの片付け方
  3. 粗大ゴミの片付け〜業者選びのポイント〜
  4. 粗大ゴミの片付け〜よくある質問〜

この記事を読むことで、「粗大ゴミを片付ける方法」が分かります。ぜひお悩み解決のためにもお役立てください。

1.粗大ゴミについて

粗大ゴミを上手に片付けるために、まずは基礎知識を学びましょう。知っておくと処分するときに役立ちます。

1-1.たとえばこんなもの

「粗大ゴミ」とは、どのようなものを指すのでしょうか? 自治体によって詳細が異なることもありますが、一般的には「高さ・はば・奥行きのいずれかの1辺が30センチを超えるもの」です。粗大ゴミには、以下のようなものが挙げられます。

  • 家具:椅子・テーブル・収納ボックス・ベッド・こたつほか
  • 家電:クッキングヒーター・加湿器・食器洗い乾燥機・電子レンジほか(※)
  • 寝具:布団・枕・毛布ほか
  • 冷暖房器具:電気・ガス・石油などのストーブやせん風機ほか
  • そのほか:敷物(ラグやカーペットなど)・自転車ほか

各自治体のホームページでは、どのような品目を粗大ゴミとしているかを、詳しく掲載しているのでご確認ください。

※家電:「小型家電リサイクル法」に参加している自治体では、対象となる家電を小型家電回収ボックスで回収したり、回収日を設けてコンテナ回収をしたりしています。対象品目や回収方法は、自治体によって異なるのでホームページなどでご確認ください。

1-2.粗大ゴミと法律

知っておきたい「粗大ゴミに関する法律」をご紹介しましょう。

1-2-1.粗大ゴミとして処分できないもの

以下の品目は、法律で「粗大ゴミとして処分できない」と決まっています。ご注意ください。

  1. 家電リサイクル法」で定められている4品目(エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビ)
  2. 資源有効利用促進法」で定められているパソコン(デスクトップ・ディスプレー・ノートブックパソコン)
  3. 会社など、事業所で使用していたオフィス家具やパソコン、家電など

1と2の処分方法は、それぞれのリンク先をごらんください。また、3は「産業廃棄物」(事業系ゴミ)として処分しなければならないので専門の業者に委託する必要があります。事業所がある自治体のホームページでご確認ください。

1-2-2.粗大ゴミの不法投棄

家庭でも事業所でも、「粗大ゴミの処分が面倒だから」と不法投棄した場合、懲役や罰金などが課せられます。自治体のルールを守ってきちんと廃棄してください。

1-3.捨て方の決まりごとについて

粗大ゴミの捨て方は、自治体によって多少の違いがあります。一般的な方法をご紹介しましょう。

1-3-1.粗大ゴミの出し方

粗大ゴミを排出するときには以下の手続きをしてください。

  1. 自治体のホームページに掲載してある「粗大ゴミ受付センター」に、回収の申し込みをする(インターネットフォームか電話)
  2. 回収日を予約し、回収料金を聞く
  3. 回収料金に相当する「有料粗大ゴミ処理券」(シール)を購入する(※1)
  4. 3を粗大ゴミの目立つ部分に貼り、回収日当日の朝、回収場所に出す(※2)

※1:有料粗大ゴミ処理券は、コンビニや米店・酒店などで取り扱っています。詳しい場所は、各自治体のホームページをごらんください。

※2:自分で粗大ゴミセンターに持ち込む方法もあります。申込時に「持ち込み」と伝え持ち込む日を予約してください。

1-3-2.料金

粗大ゴミの料金は、各自治体によっても異なります。詳しくは自治体のホームページをごらんください。

2.粗大ゴミの片付け方

粗大ゴミの上手な片付け方をご紹介しましょう。

2-1.粗大ゴミをどうするか

「粗大ゴミ=廃棄」というイメージを持つ人は多いと思います。けれども、それだけではありません。まだ使用できるものは、リサイクルショップに売る・不用品回収業者の買い取り&回収に出すなどの方法もあります。後の項で、詳しくご説明しましょう。

2-2.まずは仕分け

粗大ゴミがたくさん出ると、どうやって処分したらいいのか途方にくれてしまいますよね。効率よく片付けるためにも、まずは以下の4種類に分類してください。

  1. リサイクルショップや不用品回収業者に売却できるもの(まだ使用できる・状態がいい・未使用など)
  2. 家電リサイクル法対象の4品目
  3. 資源有効利用促進法対象のパソコンやディスプレー
  4. 粗大ゴミとして自治体に排出できるもの

2〜4は、それぞれルールにのっとって処分してください。上記に当てはまらない特殊なものは、自治体に相談しましょう。

2-3.片付け方法

「2-1.粗大ゴミをどうするか」で挙げたように、粗大ゴミの処分は自治体で廃棄する以外にも方法があります。それぞれの方法・メリットとデメリットなどを比べてみましょう。

2-3-1.自治体による処分

自治体による処分は「1-3-1.粗大ゴミの出し方」でご紹介したとおりです。メリットは、利用しやすいこと・料金が安いことが挙げられます。デメリットとしては、希望どおりの回収日を選べないことがある・自分で回収場所まで粗大ゴミを運ばなければならないなどが挙げられるでしょう。料金はアイテムによって異なるので、各自治体のホームページで確認するかお問い合わせください。

2-3-2.リサイクルショップに売る

まだ、使用できるものや状態のいいものは、リサイクルショップに売る方法もあります。近所にリサイクルショップがあれば、店頭に持ち込んで査定してもらうのもいいでしょう。リサイクルショップに売るのは手軽な方法ですが、人気が高い・新品に近いなどの製品でないといい値段がつかないことがほとんどです。

2-3-3.回収業者に依頼する

不用品回収業者に、買い取りや回収を依頼する方法です。自分で運ぶ必要がない・都合のいい日に回収してもらえる・買い取り対象製品があれば回収料金が相殺できるなど、メリットはたくさんあります。特に、処分したいものがたくさんあるときは便利でしょう。ただし、不用品回収業者の中には悪徳業者もいるので、信頼できる業者を選ぶ必要があります。業者の選び方にはポイントがあるので、次の項でご紹介しましょう。

3.粗大ゴミの片付け〜業者選びのポイント〜

不用品回収業者選びのポイントや注意点などをご紹介します。

3-1.業者へ依頼したほうがいい場合

以下のようなときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

  • 処分したい粗大ゴミが多い
  • 売りたいものと廃棄したいものの両方がある
  • 自分で粗大ゴミを回収場所まで運ぶことができない
  • 粗大ゴミの処分を急いでいる

3-2.業者選びのポイント

不用品回収業者はどのように選べばいいのでしょうか。ホームページで以下のことをチェックしてください。

  • 事業所の住所・電話&FAX番号・メールアドレスなどが明記してある
  • 回収料金をはっきり書いてある
  • 無料で見積もりをしてくれる
  • 不用品回収の実績がある

不用品の買い取り・回収・粗大ゴミ処分を行っているクリーンレスキューは、夜間の作業にも対応しています。即日の回収にも対応しているのでお気軽にご相談ください。

3-3.注意点など

不用品回収業者の中には、残念ながら悪徳業者も存在します。特に、「無料で不用品を回収します」とアナウンスしながら街を周回している業者には注意してください。荷物を積み込んだ後に、「回収費用は無料だが、運搬費用や手数料は有料」などと高額な料金を請求する業者もいます。トラブルも数多く報告されているので、そのような業者には依頼しないようにしましょう。

4.粗大ゴミの片付け〜よくある質問〜

粗大ゴミの片付けに関して、よくある質問をご紹介しましょう。

Q.ベッドやデスクなどを粗大ゴミに出したいのですが、重くて自分で運ぶことができません。どうしたらいいでしょうか?
A.粗大ゴミが重い・大き過ぎて自分で運べないなどのときには、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。クリーンレスキューは24時間対応しています。無料で見積もりをお受けしているのでお気軽にご利用ください。

Q.古い家電を粗大ゴミに出すのが面倒です。分解して小さくすれば燃えないゴミに出せますか?
A.そのような方法をおすすめする記事がインターネットに書いてありますが、家電は、解体・分解しても粗大ゴミになるのです。手間と時間がかかるだけで無駄な作業になります。また、危険なのでやらないほうがいいでしょう。

Q.粗大ゴミセンターに自分で持ち込みをする場合は、いつ行っても大丈夫ですか?
A.持ち込みする場合でも、粗大ゴミセンターに申し込みする必要があります。申込時に「持ち込み」と伝え、日にちを予約してください。持ち込みの場合も、事前に粗大ゴミ処理券の購入は必要ですが、料金は回収よりも安くなるケースがほとんどです。なお、センターでの荷物の積み下ろしは自分で行う必要があります。

Q.テレビは粗大ゴミで出せないのですか?
A.テレビは、「1-2-1.粗大ゴミとして処分できないもの」でご紹介したように、「家電リサイクル法」で定められている品目なので、粗大ゴミでは捨てることはできません。詳しくはこちらをごらんください。

Q.不用品回収業者には、遺品整理を依頼できるのでしょうか?

A.クリーンレスキューでは、不用品の買い取りと回収のほか、遺品整理も行っています。実際に片付けるお部屋を拝見し、見積もりを出してからお客さまの都合のいい日時に作業をするので安心です。詳しくはこちらをごらんください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。粗大ゴミの上手な処分方法がお分かりいただけたかと思います。自分で「粗大ゴミとして捨てよう」と思っていても、自治体では処分できないものもあるのです。家電リサイクル法や資源有効利用促進法、小型家電リサイクル法に基づいて処分しなければならないものは、きちんとルールにしたがってください。また、まだ使用できるものは売却する方法もあります。さらに、粗大ゴミがたくさんある場合は、不用品回収業業者に依頼するのもおすすめです。自分でゴミを運ぶ必要もなく、都合のいい日に1度に回収してもらえます。クリーンレスキューは、無料で回収費用の見積もりを行っているのでお気軽にご利用ください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから