高く売れる家電とは? 高額買取のポイント&買取方法を解説!

要らなくなった家電を処分しようとしていませんか? まだ、正常に稼働するものであれば、「買取」という選択肢もあります。買取ってもらうことができれば、処分費用の節約にもつながるので一石二鳥です。また、家電の中には、中古でも高く売れるものがあります。事前に、高額家電を把握しておけば、上手に処分することができるでしょう。そこで、本記事では、家電のリサイクル・高く売れる家電・買取方法を解説していきます。

  1. 家電のリサイクルについて
  2. 家電の買取について
  3. 高く売れる家電について
  4. 家電の買取方法について
  5. 家電の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、高く売れる家電が分かり、上手に処分することができます。処分・買取を検討している方は、ぜひチェックしてください

1.家電のリサイクルについて

まずは、家電リサイクルの必要性をきちんと把握しておかなければなりません。家電の処分・リサイクルのメリットを説明します。

1-1.家電リサイクルの必要性

「なぜ家電のリサイクルが必要なのか?」と疑問に感じている方は多いでしょう。家電といってもいろいろな種類がありますが、ほとんどにレアメタル・銅・鋼・金・銀などの貴重な資源が含まれています。家電をそのまま廃棄してしまうと、これらの貴重な資源が無駄になってしまうのです。量が限られた資源だからこそ、再利用していかなければなりません。

1-2.家電の処分について

家電の処分で注意してほしいのが、家電リサイクル法の対象品目はリサイクルの義務があることです。そのため、自治体での回収は行っていません。メーカーが消費者から回収して、適切な方法でリサイクルをしなければならないと法律で決まっています。対象商品は、エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)の4品目です。家電リサイクル法の詳細については、一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターを確認してください。

1-3.家電のリサイクルのメリット

家電をリサイクルすることで、貴重な資源の再利用やエコにつながります。また、処分にお金がかかりますが、買取を利用すればかかりません。逆に、買取額の分だけお金を得ることができるので一石二鳥です。

1-4.リサイクルの仕組みと方法について

回収された家電類は、使える状態であれば再販売されます。必要としている人のもとで再利用してもらえるため、手放す側も気持ちが楽になるでしょう。再販売できないものは、部品に分解して貴重な資源を再利用します。使用済みの家電から回収された資源は、再び家電製品の一部になる仕組みです。リサイクルには、収集・運搬・処理などいろいろなお金がかかるからこそ、使った人・売った人・つくった人全員が協力し合わなければなりません。

2.家電の買取について

それでは、家電の買取について詳しく説明します。

2-1.どんなものを買取しているのか

普通に使える状態であれば、買取対象になります。メーカーによる回収が義務づけられている家電リサイクル法の対象品目も買取可能です。ただし、製造から5年以内のものが対象になるでしょう。家電を買取してもらうために重要なのは年式で、製造から5年以上経過しているものは買取が難しくなります。なぜなら、5年以上経過すると、動きが悪くなり故障する可能性が高くなるからです。買取対象となる家電は、製造から5年以下というのが一般的な目安となります。

2-2.買取できないものとは

製造から5年以上経過しているもの・目立つ傷や汚れがついているもの・壊れているものは、ほとんどの業者と店舗で買取不可となります。見た目がキレイでも、正常に動かないものは買取対象にはなりませんので注意してください。査定を依頼する前に、動作確認をしたほうがよいでしょう。買取してもらえるか判断できない場合は、1度査定に出してみてください。

2-3.家電の買取相場

一般的な買取額は、販売額の約5~10%といわれています。しかし、製造年月日から5年以内で人気メーカーのものであれば、高額買取の可能性もあるのです。一概にいくらとはいえませんが、販売額の10%以上の価格で売れる可能性もあります。具体的な買取相場を知りたいときは、インターネットで検索するとよいでしょう。どのくらいで何が売れるのか、今何が人気なのかが分かります。また、複数の業者に査定を依頼して比較するのも、買取相場を知るポイントです。

3.高く売れる家電について

どんな家電が高く売れるのか気になりますよね。ここでは、高く売れる家電と高額査定のポイントを紹介しましょう。

3-1.どんなものが高く売れるか

高く売れる家電は、需要があるものです。需要があるものとしては、日常生活に必要不可欠なエアコン・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・テレビなどがあります。パソコンやカメラも高く売れる可能性があるので要チェックです。また、ブランド品や新品・もともとの値段が高いものも高額買取が期待できます。たとえば、美容家電・オーディオ機器・白物家電などの人気ブランドが高く売れるでしょう。実際には、以下の家電が高く売れます。

  • 冷蔵庫・洗濯機・掃除機などの白物家電
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • パソコン
  • オーディオ機器
  • 美容機器
  • ブルーレイレコーダー
  • カーナビ
  • DVDレコーダーなど

3-2.高く売るコツとは

家電を高く売るコツは、全部で3つあります。1つ目は、「できるだけ早く売ること」です。家電製品は、新しくキレイで汚れがないものが最も需要があります。前述したとおり、製造から5年以上経過すると買取対象にならない可能性が高いのです。家電は、次から次へと新製品が登場するため、売ろうと思ったときには早めに売りましょう。
2つ目は、「付属品を一緒に出すこと」です。取扱説明書・部品・専用のケース・保証書などの付属品は、中古として再販売するために必要なものとなります。買取へ出す前に、付属品がそろっているかどうかも確認してくださいね。
そして、3つ目は「キレイな状態にすること」です。新品状態に近いものほど高く売れる可能性があるため、ついている汚れやホコリをキレイに取りのぞいてください。

4.家電の買取方法について

スムーズに買取をすすめるためには、買取業者選びが重要な要素となります。査定・回収方法についてもチェックしておきましょう。

4-1.どこで買取してもらえるか

家電の買取を行っているのは、リサイクルショップ・買取専門店・不用品回収業者などさまざまです。リサイクルショップ・買取専門店では、幅広い品目の買取を行っています。家電だけでなく、楽器・家具・衣類・玩具類まで取り扱っているため、ほかにも処分したいものがあればまとめて買取に出すことができるでしょう。ただし、買取不可のものは回収してくれない可能性があります。
一方、買取を行っている不用品回収業者ならば、買取不可になったとしても、処分してもらえるので手間と時間がかかりません。

4-2.買取業者の選び方

どの業者に依頼すべきか、頭を抱えるという方も多いでしょう。業者の中には、不正を働く悪徳業者も存在しているため、慎重に選ぶことが大切です。悪徳業者と優良業者を見極めたいときは、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 家電の買取に実績がある
  • 買取だけでなく、回収も行っている
  • 産業廃棄物収集運搬・古物商許可を取得している
  • 無料査定・無料見積もりが利用できる
  • 低費用で不用品が処分できる
  • 即日対応や夜間の回収にも対応可能
  • 女性スタッフだけのサービスも展開している

4-3.査定について

家電の査定では、状態や作動確認を最も重要視します。正常に稼働しなければ、再販売できません。不具合が起きないか、故障していないかどうか細かくチェックするでしょう。作動確認が取れてから、製造年月日・メーカー・型番・性能・付属品と傷の有無などを確認していきます。優良業者ほど、細部までチェックするでしょう。きちんと査定してくれるのか、様子が確認できるとよいですね。

4-4.回収方法と流れ

主な回収方法は、出張回収・持ち込み回収・宅配回収の3つがあります。重量のある家電が多い傾向があるため、ほとんどの業者が出張回収を行っているでしょう。スタッフが家にやってきてその場で査定を行う方法なので、わざわざ自分たちで運搬する必要がありません。また、買取・回収までの主な流れを以下にピックアップしてみました。

  1. ホームページまたは電話から申し込み・相談する
  2. 処分したい不用品の確認後、提示された見積もりをチェックする
  3. 見積もりに納得次第、不用品回収・買取の日時を予約する
  4. 当日に業者がやってきて作業開始
  5. 作業後、最終チェックを行い、回収料金の支払いと買取のお金をもらい完了

具体的な流れは業者によって異なるため、ホームページなどで確認することをおすすめします。

4-5.相談・申込窓口

不用品回収・買取に疑問がある場合は、業者の相談窓口を利用してください。不用品・粗大ゴミの格安回収処分を行っている「クリーンレスキュー」では、ホームページのフォームまたは電話からの無料相談を受けつけています。ホームページのフォームは24時間対応可能なので、いつでも相談ができるでしょう。

4-6.注意点

「回収後、不法投棄されていた」「見積書とは異なる料金を請求された」など、業者との間でトラブルが相次いでいます。トラブルを未然に防ぐためには、業者選びのポイントを押さえた上で慎重に選ばなければなりません。「おかしいな?」と感じるのであれば、依頼しないほうがよいでしょう。

5.家電の買取に関してよくある質問

家電の買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.状態がよくても買取不可な家電はあるのか?
A.状態がよくても、種類によって買取してくれないものがあります。たとえば、取りはずしや設置に費用がかかるエアコン、ホットカーペット・電気毛布など直接肌が触れるものなどです。たとえ、高価買取が期待できる美容機器だとしても、肌に直接触れるものだからという理由で買取対象外としている業者もあります。

Q.実際の家電の買取相場とは?
A.あくまで目安となりますが、ビデオ録画などもできるカメラは中古製品でも人気が高く、約7万~8万円で売れる可能性があります。テレビ・DVDレコーダーなどの家電類はどんどん新しいものが登場するため、安いものは数千円・1万円以下になるでしょう。具体的な買取額に関しては、複数の業者に査定を依頼してください。

Q.家電が売れる時期はあるのか?
A.季節ものの家電は、使用時期の1つ前の時期に売るとよいでしょう。たとえば、扇風機は夏に使う家電ですよね。7~8月が売りどきなので、5~6月ごろに売ると買取額が高くなる可能性があります。ワンシーズン前の時期を狙うのがポイントです。

Q.家電の処分にはいくらかかるのか?
A.種類・大きさ・重量などで異なりますが、1品につき約1,000~4,000円で回収してもらえるでしょう。ただし、業者の中には、不用品の処分費用+出張・運搬費用がかかるところもあります。見積書を確認するときは、処分費用だけでなく出張・運搬費用の有無もしっかりチェックしておきましょう。

Q.処分費用を安く抑えるポイントとは?
A.買取ってもらえるものは、すべて買取を利用しましょう。買取ってもらえるものが多ければ多いほど、処分費用が節約できます。また、まとめて処分するのも費用を抑えるポイントの1つです。「クリーンレスキュー」では、格安パックサービスも行っているので、まとめて処分することができます。ぜひチェックしてください。

まとめ

いかがでしたか? 家電にはレアメタル・銅・鋼・金などの貴重な資源が豊富に含まれています。これらの資源を再利用するためにも、処分ではなくリサイクルを積極的に行いましょう。また、製造から5年以内のもの・正常に稼働するものであれば、買取ってもらえる可能性があります。処分ではなく買取を利用すれば、費用がかかりません。査定前に動作確認をした上で、申し込みをしてください。業者の中には、不正を働く悪徳業者も存在しているので、慎重に信用できる業者を選ぶことが大切です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから