那珂市の粗大ゴミの捨て方とは? 不用品回収業者の依頼方法など

粗大ゴミの処分方法は、自治体によって異なります。茨城県那珂市の場合は、どのようなルールになっているのでしょうか? 「時間がないからゴミ捨て場に持って行こう」「普通のゴミと一緒に処分すればいい」と思い処分すれば、不法投棄などトラブルになるおそれがあります。問題を起こさずに処分するためには、その土地の粗大ゴミの出し方を知ることが大切なのです。そこで、本記事では、那珂市での粗大ゴミの出し方・自治体以外の方法・不用品回収業者について説明します。

  1. 那珂市での粗大ゴミの出し方について
  2. 那珂市の自治体以外のゴミの出し方について
  3. 不用品回収業者について
  4. 那珂市の不用品回収業者の紹介
  5. 「クリーンレスキュー」の紹介・魅力について
  6. 那珂市の粗大ゴミの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、那珂市の粗大ゴミの正しい捨て方が分かります。ゴミを捨てたい方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.那珂市での粗大ゴミの出し方について

那珂市で粗大ゴミを出す場合、どのようなルールがあるのでしょうか。ここでは、ゴミの分別方法・粗大ゴミの出し方など必要な内容を説明します。

1-1.那珂市のゴミの分別方法

那珂市の場合は、指定ゴミ袋(黄緑色と黄色)に氏名を記入して使用します。可燃ゴミは1世帯1回5袋までの搬出と決まっているのです。燃えるゴミ、カン類・ペットボトル、ビン類・紙類、有害ゴミ・発泡スチロール・粗大ゴミと、それぞれ捨て方・出し方が定められています。たとえば、金属類・空きカンなどのカン類は、直接コンテナに入れて出さなければなりません。ペットボトルは、キャップとラベルをはずして水洗いをしてから、黄色の指定袋に入れて出します。詳細は、こちらに記載されているのでぜひチェックしてくださいね。

1-2.粗大ゴミとは

那珂市が指定している粗大ゴミは、「おおむね一辺の長さが30cmを超えるもので、一般家庭から搬出される大型ゴミ」です。たとえば、ガステーブルなどの台所用品、机・イス・タンスなどの家具類、ステレオ・電子レンジなどの家電製品、ギターなどの楽器があります。ふとん・カーペットはひもでしばり、石油ストーブの燃料は必ず抜かなければなりません。また、ベッドを捨てる際は、スプリングの部分と布類を切り離せば、粗大ゴミとして出せるようになります。

1-3.粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの出し方は、直接環境センターに持ち込むか、地区の指定場所へ持っていく方法となります。環境センターへ持ち込む場合は、受付時間が日曜日・祝日をのぞく月~土曜日と決まっているので注意してください。地区の指定場所へ持って行く場合は、自分たちで運ぶ必要があります。収集当日の朝8時までに、決められた集積所へ運びましょう。
また、粗大ゴミの大きさや品目で処分費用が異なるため、事前にホームページなどで確認することをおすすめします。
粗大ゴミが大量にある場合は、直接持ち込んだり、指定場所に運んだりするのが大変でしょう。那珂市に相談すれば、市の許可を受けた収集運搬許可業者が処理してくれます。業者は自宅に直接やってきてくれるので、運搬の必要がありません。

1-4.回収できないもの

那珂市が回収できないものは以下のとおりです。

  • 分別していない場合
  • 指定外の袋を使用している場合
  • 搬出者名が未記入の場合
  • 可燃ゴミの搬出袋数が6袋以上の場合
  • ゴミステーション以外に搬出した場合
  • 店舗・事業所などから搬出された場合
  • 産業廃棄物
  • 薬品・塗料
  • 消火器
  • 農業用廃プラスチック
  • 建築廃材
  • カーバッテリー
  • エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などの家電リサイクル対象品目

上記のものを処分する場合は、回収業者に依頼する方法があります。家電リサイクル対象品目は、メーカーによる回収が義務づけられているため、自治体で処分できません。詳細は、「一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター」のホームページをチェックしてください。

1-5.注意点

どのゴミに分別すべきか分からないときは、自己判断はせず、自治体に相談してから捨てるようにしましょう。正しく分別していないゴミは回収されませんので、事前にホームページまたは電話での確認が必要です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから