引越しゴミの処分方法のコツ。スムーズに引越しをするために

引越しゴミの処分については、引越しを考える方にとっては悩みの種であると思われます。引越しを機に処分するものがたくさん出るからです。引越し前にはやるべきことがたくさんあるでしょう。本記事は引越しの際に出るゴミの処分方法や引越しゴミをスムーズに処分するコツを紹介し解説します。

  1. 引越しで出るゴミについて
  2. 引越しゴミの処分:自治体
  3. 引越しゴミの処分:引越し業者
  4. 引越しゴミの処分:リサイクル、リセールする
  5. 引越しゴミの処分:回収業者に依頼
  6. よくある質問

この記事を読むことにより、引越しの際に必ず出るゴミをどのようにして処分すればいいのかわかるはずです。参考にしてください。

1.引越しで出るゴミについて

この項では、引越しでよく出るゴミについて解説をしていきます。また、ゴミによる困りごとや、注意すべき家電についてまとめました。

1-1.どんなゴミが出るかについて

まずは、引越しでどのようなゴミが出るのか解説をします。

1-1-1.可燃物について

引越しで出るゴミとしては、可燃物をあげることができます。可燃物は原則として自治体回収にて処分が可能です。ただし、引越しとなりますと大量の可燃物が出ることが予想されます。このようなときは、捨て方を考える必要があるでしょう。なぜなら、ゴミ捨て場がいっぱいになってしまい、近隣住民に迷惑をかけてしまうからです。計画的に何日かに分けて捨てるか、業者に依頼して捨ててもらうなど柔軟に対処しましょう。

1-1-2.電化製品について

引越しを機に、新しい電化製品に買い替えるという人も多いのではないのでしょうか。電化製品は常に新モデルが発売されていますので、寿命が近いものをわざわざ使い続けるメリットはありません。事前に買い替える電化製品をピックアップしておき、処分方法を考えておいてください。家電製品の状態によっては、家電量販店の下取りやリサイクルショップの利用の検討しましょう。

1-1-3.大型家具(ベッド・タンス)について

大型家具には、ベッドやタンスなどがあります。引越しを機に大型家具の買い替えを検討する方も多いでしょう。タンスはクローゼットのサイズにより新居では使用しないケースも考えられます。大型家具は自治体に粗大ゴミとして回収してもらうことが可能です。ただし、分類や捨て方に違いがありますので、事前に自治体へ確認をとらなければなりません。

1-1-4.自転車について

自転車の処分方法については、状態がよければリサイクルショップへ持ち込むという方法があります。注意点として処分する前に必ず防犯登録の抹消をしましょう。所有者があなたの名前になっていますので、新しく手に入れた人に迷惑をかける可能性があるのです。もしくは、自治体に粗大ゴミとして回収してもらう方法があります。

1-2.困りごとはどのような点か?

引越しゴミにありがちな困りごとのひとつとして、大量にあるというものです。通常の片づけ・模様替えなどでは出ないほど、大量のゴミが出る可能性が非常に高くなります。そして、ゴミごとに処分方法が異なってくる点も考えモノです。また、まだ使用することができるものの、必要のないものもあります。不用品をいかに処分すべきか、考えなければなりません。

1-3.注意すべき家電について

処分を注意すべき家電は、家電リサイクル法に定められた「捨てられない」家電になります。捨てられない家電とは、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビの4品目です。これらは、法律により粗大ゴミとして捨てることを禁止されています。原則としてメーカーが回収し認定事業者がリサイクルするよう義務付けられているのです。パソコンも自治体回収ではなく、メーカーによる回収もしくは回収業者へ依頼しての処分を検討しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから