片付けられないを片付けられるに! 整理整頓と捨てる基準と判断方法

部屋を片付けたいと思っても、やる気がでない、面倒くさい、ものが多すぎて手に負えないと悩んでいませんか? 確実に片付けるために必要なものはやる気ではないのです。計画を立てて段階を踏んでおこなうことで、やる気がなくても片付けることができます。また、明確な基準があれば、不必要なものを捨てることに対して罪悪感を覚えずに済むでしょう。今回は片付けのコツや不用品を捨てる判断基準を紹介します。

  1. 片付けについて
  2. 片付け、捨てる判断について
  3. 不用品の処分方法
  4. 回収業者選び
  5. よくある質問

この記事を読むことで、部屋の片付けで発生する問題はきれいに解決するでしょう。もう二度と「汚い部屋」といわせないために、ぜひお役に立ててください。

1.片付けについて

この項では、部屋の片づけのコツ、部屋を片付けるメリット、方法について紹介をします。

1-1.片付けとは?

そもそもの話ですが、「片付け」とはどのような意味のある言葉なのでしょうか。片付けるとは、散らかっている部屋のものを収納場所にまとめたり、整えたりするという意味の言葉です。また、邪魔(じゃま)なものを取り除くという不穏な意味もあります。これらの意味から片付けるということは、見えない場所に邪魔(じゃま)なものを押し込むという意味ではありません。

1-2.メリットについて

片付けることのメリットとはなんでしょうか。メリットを知れば、片付ける作業にも張り合いが出てくるはずです。

  • ものが減るので、利用できる空間がより確保することができる
  • 清潔な状態がたもちやすくなり、害虫・ゴミ・カビ・悪臭を防止できる
  • 探しものが楽になる
  • 行動できる範囲が広がる
  • 気分が良くなる
  • 友人や知人、そして恋人などをいつでも呼ぶことできる

1-3.片付けの方法・コツとは?

片付ける方法・コツは「計画を立てて片付ける」ことです。何をどこに整理して収納するのか、事前に計画を立てて片付けをおこなうことがコツになります。仮に計画を立てずに思いつきで片付けを始めてしまいますと、途中で飽(あ)きてしまうでしょう。また、懐かしいアルバムなどを見て日が暮れてしまいます。

1-3-1.捨てることをためらわない

片付ける際に、最も厄介なものが「捨てる」ことです。すべて捨てるということではありません。

  • ゴミ
  • 読み終わった新聞・雑誌
  • 不用なチラシ

これらは捨てたところで、問題にはなりません。早めに処分してしまいましょう。また、収納スペースをとるだけで、使用する予定がまったくないものもゴミと判断して捨ててしまっていいでしょう。効率よく片付けるには、まずは持ち物の総量を減らすことが必要不可欠になります。

1-3-2.整理整頓を心がける

整理とは「きちんと処理すること」です。そして、整頓は「きちんと片付けること」になります。つまり、整理整頓とは「捨てて、片付けること」です。片付けが苦手な人は、整頓を先におこなってしまう傾向があります。片付けは、使用しないものを処分することから始めましょう。そして、邪魔(じゃま)なものが少なくなくなったら、きちんと片付けをすればいいのです。

2.片付けで最も厄介な捨てる判断について

この項では、ものをなかなか捨てることができない人向けに、捨てるものの判断について紹介をします。   

2-1.なかなか捨てられない人について

なかなか捨てられない人に共通することとして、すぐに「もったいない」と思ってしまうことです。そのような人は結果として不用品が山のようにたまってしまいます。ものを大切に使うことは何よりも大事なことです。しかし、絶対に使用しないものまで大切にしていて意味があるのでしょうか。ものを大切にするといって、捨てずに収納スペースでほこりをかぶっているものは、場所がゴミ捨て場と違うだけで、捨てていることと同じです。また、いつか使うからを言い訳にして片付けから逃げていないでしょうか。

2-2.捨てる・手放すメリットと重要性

捨てることや手放すことのメリットについては下記のとおりです。

  • 無駄な衝動買いが減り、必要ではないものを片付けることができる
  • 掃除をしやすくなり、家や部屋が清潔になる
  • 本当に必要なものだけが手元に残り、不要なものを判断することができるようになる
  • ものを捨てる習慣ができ、ものをため込まない生活をおくれる

2-3.捨てる判断方法について

ものを捨てるのが苦手な人は、何を捨てていいのかを判断する基準がないからです。自分の中で、これは捨てるものという判断基準を作ることで、ものをため込まない生活をおくれるでしょう。

2-3-1.捨てる基準について

ものを捨てる基準はとても簡単です。「今現在、使っているかどうか」になります。

  • 1年以上、使用していないもの
  • 今の生活に必要ではないもの・使っていないもの
  • 購入後、使用していないもの
  • 必要ないが記念や義理で持っているもの
  • 高価でも使用していないもの
  • いつか読もうと思った本

上記のものは、すぐに捨ててしまっても問題はないでしょう。

2-3-2.捨てるコツについて

「必要」「不用」「保留」の3つの箱を用意して、仕分けをしていきます。判断に迷ったものは保留の箱へ入れておき、不用の箱へ入れたものはすぐにでも処分してしまいましょう。保留の箱に入れたものについては、2週間~3週間の時間をおいてから、もう一度、仕分けをしなおします。この作業を何度か繰り返すことで、不用品はどんどん減っていくでしょう。

2-4.注意点

まだ使用していないもの、購入時に高額な費用がかかったものは、もったいないと思ってしまいます。そのようなものは、リサイクルショップなどに引き取ってもらうのがいいでしょう。また、必要としている人にあげてしまうのも有効な手段です。

3.不用品の処分方法

この項では、不用品の処分方法について紹介をしています。

3-1.ごみとして処分、リサイクルできるものについて

不用品については、ごみとして自治体に回収してもらえます。粗大ごみについては、自治体ごとに処分方法が異なるため、事前に電話やホームページで確認しましょう。そして、未使用のもの、高価なものについてはリサイクルショップに売却する方法があります。また、処分したくても自治体回収やリサイクルショップが利用できないものは、専門の不用品回収業者へ依頼をして回収してもらいましょう。

3-2.処分方法について

3-2-1.自治体に回収をしてもらう

処分方法として最も一般的なものは自治体回収です。燃えるごみ・燃えないごみ・危険ごみ・資源ごみに、自治体のルールにしたがい仕分ける必要はありますが、無料で処分してくれます。ただし、粗大ごみの処分は有料です。

3-2-2.不用品回収業者について

処分したいごみがたくさんある場合、自治体回収では仕分けをするのが面倒になります。そのようなときに利用したいのが不用品回収業者です。不用品回収業者へ依頼をすると有料ですが、ごみをまとめて引き取り処分してくれます。ごみ屋敷ほどの量のごみがあるのであれば、不用品回収業者へ依頼をしてしまった方が早いでしょう。「ライフサポート東京本部」のような優良業者へ依頼することをおすすめします。

3-3.リサイクル方法について

不用品を捨てるのではなく、リサイクルをしたい場合、リサイクルショップや回収業者への依頼という方法があります。

3-3-1.リサイクルショップへ

処分したいものが、使用感が少なく、状態が良いものである場合、そのまま処分するのはもったいないと考えてしまうでしょう。そのような場合、リサイクルショップに買い取りを依頼すれば、買い取ってもらえる可能性があります。新品未使用・ほとんど未使用・使用感が少ない場合は高価買い取りを期待することができるでしょう。

3-3-2.回収業者へ依頼する

不用品回収業者へ依頼をした場合、不用品は有料での回収となります。不用品の量が多くなれば、その分、回収の費用も高額になってしまうでしょう。しかし、回収業者の中には不用品の中から使えるものを修理して再販売をする業者もあります。また、回収した不用品の中から再利用できるパーツや部品を取り出し再利用するケースもあるのです。この場合、無料で処分品を回収してくれるでしょう。

4.回収業者選び

この項では、失敗しない業者選びの方法を紹介します。

4-1.業者選びのポイント

回収業者を選ぶ際のポイントとして、下記のようなものがあります。

  • ホームページなどに住所が明確に記載されている業者
  • 無料の見積もりをしてくれる業者
  • 処分したい品が回収対象になっている業者
  • 回収料金以外に経費が発生しない業者

4-2.料金設定

回収業者により、回収料金は異なります。「ライフサポート東京本部」の軽トラック詰め放題(2立方メーター)の場合、18,000円からです。また、2tトラック詰め放題(4立方メーター)の場合は、38,000円からになります。比較検討の対象にしてください。

4-3.申込み方法

不用品回収業者のホームページなどにある、無料申し込みフォームから電話にて申し込みをします。無料見積もりをして、金額に納得がいけば回収を正式に依頼しましょう。トラブルを避けるため、申し込みをするときには必ず回収料金を明確化してください。

4-4.回収方法

不用品の回収方法としては、店頭回収・宅配回収・出張回収の3つの種類があります。店頭回収は、業者の店頭に自分で不用品を持ち込んで回収をしてもらう方法です。宅配回収は、宅配便で不用品を業者に送り回収をしてもらいます。そして、出張回収は業者が自宅まで不用品を取りに来てくれる方法です。「ライフサポート東京本部」は出張回収のみおこなっています。

4-5.注意点

街中を軽トラで巡回し、無料回収をアナウンスする不用品回収業者が存在します。非常に魅力的ですが、そのような業者は無免許の違法業者の可能性が高く危険です。不用品を回収後、高額な費用を請求される可能性が高いので注意をしましょう。

5.よくある質問

Q.古いノートパソコンなどを捨てるのが面倒です。
A. ノートパソコンであれば、小型家電リサイクル法を採用している自治体なら、回収ボックスにて無料で回収をしています。

Q.片付けてもすぐに散らかるので、きれいな状態をキープするコツを教えてください?
A.空いたスペースに新しく収納家具を設置せず、定期的に片付けをするのがきれいな状態をキープするコツです。

Q.どのくらいのペースで片付けをすればいいのでしょうか?
A. 片付ける日などを作ることなく、少しずつ計画を立て身近なものから処分していきましょう。

Q.衝動買いをしてしまい、片付けてもものが増えます。どうすればいいでしょうか?
A.ものを捨てる習慣が付けば、衝動買いをしなくなる傾向があります。

Q.ワンルームで収納スペースがありません。
A.不用品を処分してから、収納家具などを購入しましょう。  

まとめ

いかがでしょうか。部屋を片付けるコツや捨てるものの判断基準について紹介をしました。つまり、必要ないものを最初に処分して、その後に片付けることが部屋をきれいにするコツです。また、今現在使用していないものは、将来的に使用する可能性は低いので処分してしまって問題ないでしょう。部屋はきれいに片付けられていたほうがすがすがしい気分になり、心情的にプラスの作用があるはずです。