片付けられないを片付けられるに! 整理整頓と捨てる基準と判断方法

部屋を片付けたいと思っても、やる気がでない、面倒くさい、ものが多すぎて手に負えないと悩んでいませんか? 確実に片付けるために必要なものはやる気ではないのです。計画を立てて段階を踏んでおこなうことで、やる気がなくても片付けることができます。また、明確な基準があれば、不必要なものを捨てることに対して罪悪感を覚えずに済むでしょう。今回は片付けのコツや不用品を捨てる判断基準を紹介します。

  1. 片付けについて
  2. 片付け、捨てる判断について
  3. 不用品の処分方法
  4. 回収業者選び
  5. よくある質問

この記事を読むことで、部屋の片付けで発生する問題はきれいに解決するでしょう。もう二度と「汚い部屋」といわせないために、ぜひお役に立ててください。

1.片付けについて

この項では、部屋の片づけのコツ、部屋を片付けるメリット、方法について紹介をします。

1-1.片付けとは?

そもそもの話ですが、「片付け」とはどのような意味のある言葉なのでしょうか。片付けるとは、散らかっている部屋のものを収納場所にまとめたり、整えたりするという意味の言葉です。また、邪魔(じゃま)なものを取り除くという不穏な意味もあります。これらの意味から片付けるということは、見えない場所に邪魔(じゃま)なものを押し込むという意味ではありません。

1-2.メリットについて

片付けることのメリットとはなんでしょうか。メリットを知れば、片付ける作業にも張り合いが出てくるはずです。

  • ものが減るので、利用できる空間がより確保することができる
  • 清潔な状態がたもちやすくなり、害虫・ゴミ・カビ・悪臭を防止できる
  • 探しものが楽になる
  • 行動できる範囲が広がる
  • 気分が良くなる
  • 友人や知人、そして恋人などをいつでも呼ぶことできる

1-3.片付けの方法・コツとは?

片付ける方法・コツは「計画を立てて片付ける」ことです。何をどこに整理して収納するのか、事前に計画を立てて片付けをおこなうことがコツになります。仮に計画を立てずに思いつきで片付けを始めてしまいますと、途中で飽(あ)きてしまうでしょう。また、懐かしいアルバムなどを見て日が暮れてしまいます。

1-3-1.捨てることをためらわない

片付ける際に、最も厄介なものが「捨てる」ことです。すべて捨てるということではありません。

  • ゴミ
  • 読み終わった新聞・雑誌
  • 不用なチラシ

これらは捨てたところで、問題にはなりません。早めに処分してしまいましょう。また、収納スペースをとるだけで、使用する予定がまったくないものもゴミと判断して捨ててしまっていいでしょう。効率よく片付けるには、まずは持ち物の総量を減らすことが必要不可欠になります。

1-3-2.整理整頓を心がける

整理とは「きちんと処理すること」です。そして、整頓は「きちんと片付けること」になります。つまり、整理整頓とは「捨てて、片付けること」です。片付けが苦手な人は、整頓を先におこなってしまう傾向があります。片付けは、使用しないものを処分することから始めましょう。そして、邪魔(じゃま)なものが少なくなくなったら、きちんと片付けをすればいいのです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから