ベビー用品の処分方法! 服やベッドは廃棄よりリサイクルがおすすめ

ベビー用品はすぐにサイズアウトしてしまい、使わなくなってしまうものが多いでしょう。短いものでは、数か月間着用しただけというものもあります。ベビー用品を処分するときは、まだ使えるのにもったいないという気持ちが働き、捨てられなくなってしまうものです。とはいえ、いつまでも抱え込んでいては、家の中がベビー用品で占領されてしまいます。

思い入れがあって捨てられないベビー用品は、リサイクルなどを活用して処分する方法がおすすめです。ベビー用品は、服以外にもベビーベッドやチャイルドシートなどがあります。使えるものは有効活用し、ゴミの削減につなげましょう。

  1. ベビー用品処分の悩みとは?
  2. ベビー用品をゴミとして処分する場合
  3. ベビー用品を誰かに譲る場合
  4. ベビー用品の処分・回収業者に頼む場合
  5. ベビー用品の処分でよくある質問
  6. まとめ

 赤ちゃんの成長はあっという間です。衝動買いしてしまったベビー服などを見直し、家の中を整理しましょう。この記事を読むことで、ベビー用品を効率よく処分する方法がよく分かります。

1.ベビー用品処分の悩みとは?

ベビー用品は、いつの間にか増えてしまうものです。短期間しか着ていないものが多く、きれいなものもあるでしょう。ベビー用品を処分するときに生じる悩みをご紹介します。

1-1.ベビー用品にはどのようなものがあるのか?

ベビー用品の大半は、ベビー服です。新生児服は1か月程度の使用とあり、状態がいいものが多くあります。ほかには、ベビーベッド・チャイルドシート・ベビーカーなどが多いものです。最近では、大型のものはレンタルする傾向があります。人気があるのは、有名ブランドのものです。出産に備えて購入するケースも、出産祝いでいただきものをすることもあります。

1-2.処分の悩みとは?

1-2-1.数か月〜数年で使えなくなる

赤ちゃんは日々成長が目覚ましく、ベビー服はすぐにサイズアウトしてしまうものです。ベビーカーも歩くようになったら、かえって場所を取ってしまい、処分を考えるようになるでしょう。

1-2-2.まだ使えるのにもったいない

前述したとおり、ベビー服などは使用期間が短いため、きれいなものが多いと思います。通販で気軽に購入できる時代になり、かわいい女の子の服を見つけ、思わず買ってしまったということもあるものです。いただきものをしても、季節や成長が合わず、着用の機会を逃してしまう場合もあるでしょう。まだ十分に使える状態のものが多いため、捨てるのはもったいないと感じてしまうのも、廃棄するきっかけを逃す原因です。

1-2-3.お下がりをあげる子が周囲にいない

ひと昔前は、友人や親戚同士でお下がりを共有している家庭も多かったものです。しかし、現在は少子化もあり、譲る先がないというケースが目立ちます。お下がりをあげる機会がないため、仕方なく処分するという方もいるでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから