掃除機の正しい捨て方とは? 後悔しない処分方法を徹底解説

掃除機が壊れて使いものにならなくなったら、処分する必要があります。しかし、その捨て方は意外と知られていません。ここでは、壊れてしまった掃除機の処分方法について詳しくお伝えします。

  1. 壊れた掃除機の捨て方
  2. 掃除機の処分を業者に依頼するメリット
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. 業者を選ぶポイント

1.壊れた掃除機の捨て方

1-1.自治体に粗大ゴミとして出す廃棄方法

掃除機は、家電リサイクル法の対象ではありません。ですから、粗大ごみとして処分する必要があるのです。自治体ごとに粗大ごみの収集に関するルールが決められていますから、確認してみるとよいでしょう。
粗大ごみの収集は有料となっています。粗大ごみに出す際に必要なステッカーなどをあらかじめ買い求めておかなければなりません。そして、粗大ごみを捨てたいと自治体の担当窓口に連絡をし、指定された回収日に所定のごみ捨て場に処分したい掃除機を置いておきます。これは、あくまでも基本的な流れですので、詳しくはお住まいの自治体に確認をしてください。
ほかにも、自治体のクリーンセンターのような場所に直接持ち込む方法もあります。こちらのほうが、費用は少なくすむ場合がほとんどでしょう。自治体によっては、掃除機程度の粗大ごみであれば無料になることもあるようです。これに関しても、自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

1-2.家電量販店で引き取ってもらう

家電リサイクル法の対象外である掃除機は、家電量販店で買い取ってもらえることはあまりないでしょう。しかし、掃除機をあらたに購入する場合に限り、不要となった掃除機を引き取ってくれるお店もあるようです。掃除機を購入予定の家電量販店などに問い合わせてみることをおすすめします。

1-3.不用品回収業者に依頼する

壊れた掃除機は、不用品回収業者に回収してもらうこともできます。自治体との大きな違いは、好きなときに処分できることです。また、自宅まで引き取りにきてくれます。電話やメールで申し込むだけなので、面倒な手続きも必要ありません。
掃除機ひとつを捨てるだけで業者に依頼するのは問題ないのか心配される方もいらっしゃいますが、気にする必要はないでしょう。不用品回収業者は、基本的にどんなものでも引き取ってくれます。気軽に利用してみるとよいでしょう。まだ使用できて、状態のよいものであれば、買い取ってくれる可能性もあります。

2.掃除機の処分を業者に依頼するメリット

2-1.自宅まで取りに来てくれる

外国製の掃除機など、かなりの重さがあるタイプもあるでしょう。ゴミ捨て場の場所によっては、運ぶのが困難なケースもあります。特に、マンションに住んでいる人や、ご老人や女性の一人暮らしだと、自分ひとりで運べないこともあると思います。不用品回収業者に依頼すれば、部屋の中まで引き取りに来てくれるので、そのような心配は不要です。

2-2.処分したいときに回収してもらえる

自治体に回収を依頼すると、日時を指定される場合がほとんどです。場合によっては、数週間待たなければならないでしょう。指定された日に都合がつかなかったり、早く処分したかったりすると、このような不便な面もあるのです。
しかし、不用品回収業者ならば、連絡したらすぐに対応してくれるでしょう。早ければ、数時間以内に回収に来てくれることもあるほどです。遅くても、数日以内には処分できると思ってよいでしょう。何よりも、こちらの都合に合わせた日時にお願いできるのが嬉しいところです。業者によっては、夜間や休日も営業しているので、忙しい人にはぴったりではないでしょうか。

2-3.一度にたくさん処分できる

不用品回収業者には、掃除機以外のあらゆる不用品も一緒に回収してもらえるというメリットもあります。自治体には回収してもらえないものも含めて、不要なものを同時に引き取ってもらうとよいでしょう。

3.業者に依頼する際の注意点

3-1.口コミや評判をチェックする

インターネットには、実際に利用した人のコメントが掲載されている場合があります。料金やサービス内容だけでなく、スタッフの対応などに関する情報を得られるので一度チェックしてみるとよいでしょう。

3-2.悪質な業者に気をつける

不用品回収業者には、残念ながら業者も多いのが現状です。そのため、トラブルも数多く報告されています。回収した掃除機を不法投棄される可能性もあるので、十分に注意してください。

3-3.無料回収に注意

基本的に、不用品回収業者に掃除機を回収してもらうと数千円かかります。たまに、無料で回収してくれると宣伝している業者もありますが、「無料」という言葉だけで判断しないでください。どうして無料で回収してもらえるのか、確かめる必要があるでしょう。特に理由がない場合は、不法投棄をしている疑いがあります。

4.業者を選ぶポイント

4-1.見積もりは必ず請求する

不用品回収の業界は、比較的誰でも参入しやすいという特徴があります。このために、トラブルも多くなっているのです。
悪徳な業者を避けるためにも、見積もりはきちんと出してもらいましょう。掃除機ひとつならば、実際にものを見なくても見積もれる場合が多いので気軽にお願いしてください。そこで、もし見積もりを断られるようなことがあれば、その時点で断ってしまってかまわないでしょう。複数の業者の見積もりを比較することもおすすめします。

4-2.携帯電話しか分からない業者は避ける

不用品の回収を依頼するときに、メールや電話を使うことが多いと思います。電話番号が携帯電話であれば、注意してください。通常の業者は、事務所があるはずです。つまり、固定電話があるでしょう。ただし、外出時にでも連絡を取りやすいように、担当者の携帯電話の番号を教えているケースもあります。固定電話があるか、もしくは住所を確認することをおすすめします。
トラブルを起こしている業者の多くは、携帯電話の番号しか公開していません。万が一の際に、すぐに逃げられるためです。このような点など、不審に感じることが少しでもあったら、依頼は取りやめたほうが安心でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 掃除機の正しい捨て方について、お伝えしました。最後に要点を改めてまとめておきましょう。

  • 掃除機は、家電リサイクル法の対象ではない
  • 粗大ごみとして処分する
  • 自治体のクリーンセンターのような場所に直接持ち込む方法も
  • 家電量販店で買い取ってもらえることはほとんどない
  • 壊れた掃除機は、不用品回収業者に回収してもらえる
  • 自宅まで取りに来てくれる
  • 処分したいときに回収してもらえる
  • 一度にたくさん処分できる
  • 口コミや評判をチェックする
  • 悪質な業者に気をつける
  • 無料回収に注意
  • 見積もりは必ず請求する
  • 携帯電話しか分からない業者は避ける

このような点に気をつけて、後悔しないように掃除機を正しく処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから