【必読】廃品回収は業者とのトラブルに注意! 被害を防ぐコツを伝授!

不用品やゴミの処分は、廃品回収業者に依頼するとスムーズに片付け作業がはかどります。しかし、中には悪徳業者も存在するため、何かとトラブルを心配する人が多いのも事実です。安心して利用するためにも、よくあるトラブルについて詳しく学ぶことが必要でしょう。今回は、廃品回収業者とのトラブルを防止するためのコツをはじめ、具体例をあげながら詳しく解説します。

  1. 廃品回収業者とは
  2. 廃品回収業者とのトラブルについて
  3. 廃品回収業者とのトラブルを防ぐために必要なこと
  4. 廃品回収業者の選び方のポイント
  5. 廃品回収業者とのトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、廃品回収業者とのトラブルに関する基本がわかり、事前に被害を防ぐコツが身につきます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.廃品回収業者とは

最初に、廃品回収業者のシステムやメリット・デメリットなどを解説します。

1-1.廃品回収業者について

廃品回収業者は、利用者からの依頼を受け、以下の作業を行います。

  • 必要なものと不用品・ゴミの仕分け
  • 不用品・ゴミの処分
  • 中古品として再販できるものの買い取り
  • 希少金属などの資源リサイクル

1-2.廃品回収業者を利用するメリット・デメリット

廃品回収業者を利用するメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。

1-2-1.メリット

廃品回収業者を利用するときの主なメリットは、以下のとおりです。

  • 片付けに必要な時間・労力を節約できる
  • 都合のいい日時に依頼できる
  • 自分たちで行うより効率よく片付く
  • ゴミや不用品の処分を依頼できる

1-2-2.デメリット

廃品回収業者を利用するときのデメリットは、回収費用がかかることです。最低でも数千円~必要となります。しかし、回収予定のものの中に買い取り対象となるものがあれば、費用を相殺することが可能です。たとえば、ブランド品のバッグや貴金属・使用感の少ない家電製品などは、買い取り対象になりやすいでしょう。デメリットを最小限にするためにも、探してみてください。

1-3.廃品回収業者の最近の傾向

引っ越しや実家の整理などの需要が増している影響で、廃品回収業者もライバル業者が増えており、競争が激化しています。そのため、サービス内容が充実しているところも多くなってきました。しかし、一方で、不当に高い請求をしたり契約を無理に取ったりする悪徳業者も存在します。思わぬトラブルに巻き込まれてしまう人も増えているため、信頼できる優良業者を選ぶ目を持つことが大切です。

2.廃品回収業者とのトラブルについて

廃品回収業者とのトラブルには、どんなものがあるのでしょうか。よくあるパターンや注意点など解説します。

2-1.廃品回収業者とのトラブルでよくあるパターン

廃品回収業者とのトラブルでよくあるパターンと解決法を解説します。

2-1-1.無料ではなかった

「無料回収する」という言葉を信じて契約したはずが、実際には有料回収になるトラブルです。特に、電話勧誘や訪問営業で契約したパターンに多いので気をつけましょう。無料回収は事実でも、対象品目を限定していたり一定の物量までなどという条件があったりする場合も多くあります。中には、見積もりは無料だけど回収は有料、というケースもあるので、契約前に料金システムについてきちんと確認することが大切です。

2-1-2.見積もりの金額と違った

見積もりの金額と、実際の請求金額が大きく異なることもよくあるトラブルです。一般的には、見積もりの金額と差異が出る場合には、作業前に業者から打診があることでしょう。しかし、依頼者に断りもなく作業を進め、結果的に見積もりのときの金額と異なるケースもあります。まずは、業者に納得できる理由を説明してもらいましょう。

2-1-3.高い金額を請求された

まったく予想外の高額請求を受けたというトラブルもあります。見積もりでは予算内だったので安心していたものの実際に作業をした後の請求でびっくりしてしまう例です。まずは、請求内容をじっくりチェックしてください。不明な項目での計上や、明らかに金額間違いである部分がないか探すのです。まれに、業者のミスということもあります。業者に確認して特にミスではないと判明したときは、高額請求になった理由の説明を受けてください。依頼者に断りもなく作業を進め、結果的に請求額が高くなったことは、業者側の落ち度でもあります。話し合いをして解決できないときは、第三者機関に相談することも考えましょう。

2-1-4.不法廃棄してしまった

業者が回収した廃品は、適切な処理を行い、資源リサイクルに回すことになります。しかし、業者の中には私有地の森林などに不法廃棄してしまうところもあるのです。依頼者の意思とは無関係に不法行為をされるので十分に気をつけてください。業者と契約をするときには、「古物商許可」「一般廃棄物収集運搬許可」などを得ており、回収後にきちんと処理をしていることを確認しましょう。

2-1-5.押し買いの被害に遭った

最近、高齢者などの自宅に無理やり上がり込んで物色し、買い取り依頼をしていないものを法外な低価格で買いたたく「押し買い」が多くあります。「無料で廃品回収をしています」などと言いながら親切な態度で近づいてくるため、安心してドアを開けてしまうことが被害を拡大しているのです。依頼者も、少額でも金銭を受け取っていることから被害届を出しづらい点も問題となっています。押し買いを防ぐためには、むやみに業者を家に入れない・不審な点があるときはドアを開けない、などが有効です。

2-1-6.そのほかのトラブル

そのほかにも、廃品回収で指定した時間に来なかった・作業員の態度が悪くて嫌な思いをした・作業が雑で家に傷をつけた、などさまざまなトラブルがあります。不満を感じたときは、きちんと業者に伝えることが大切です。信頼できる業者なら、利用者からの不満を真剣に受け止め、適切な対応をしてくれることでしょう。

2-2.廃品回収業者とのトラブルに関する注意点

廃品回収業者とのトラブルは、泣き寝入りしてしまう人が多いものです。しかし、正当な理由がなくて不利益を受けているのなら、きちんと対応しましょう。業者に直接話をしても解決しないときは、第三者機関に相談するのもいい方法です。たとえば、独立行政法人国民生活センターの窓口に相談する方法などがあります。悪質な場合は、間に入ってもらうこともできるので上手(じょうず)に利用しましょう。

3.廃品回収業者とのトラブルを防ぐために必要なこと

廃品回収業者とのトラブルは、事前の心構えや対応で防ぐことができます。どんな点に注意するべきか、具体的に学びましょう。

3-1.一部の悪質業者に注意すること

廃品回収業者の中にも、悪質業者が紛れ込んでいます。契約までは甘い言葉で感じよく対応し、契約後に手のひらを返すように強引な態度を取ることもあるのです。特に、「無料」というキーワードを全面的に押し出してくる業者には注意してください。また、強引に家の中に入ろうとしたり言葉や態度で脅してきたりするような業者は悪質です。怪しいと感じたときは、キッパリと断ってください。

3-2.トラブル防止のために覚えておくべきこと

廃品回収業者とのトラブルを避けるためにも、以下のことを覚えておきましょう。

3-2-1.無料回収業者について

廃品回収業者同士の競争が激化しているため、顧客の獲得のために「無料回収」を掲げる業者が増えています。しかし、何が無料なのかは、業者によって違うので気をつけてください。「無料回収」と言っていても、見積もりだけ無料・規定の物量までは無料・指定品目だけは無料、などと何かしらの条件を伴うものです。「無料回収」してもらうつもりが、有料となってしまうことも多いので注意してください。

3-2-2.営業許可について

廃品回収業者は、無許可での営業はできません。古物商許可や一般廃棄物収集運搬許可・産業廃棄物収集運搬許可などの免許を受けている必要があります。無免許で営業している業者は、必ず何かしらの問題点を抱えているものです。業者のホームページなどを見て、必要な許可を得ていることを確認してから利用しましょう。

3-2-3.見積もりの仕方について

廃品回収業者の利用前には、通常、見積もりをもらって検討します。このとき、物量や内容をきちんと確認しないままに見積もりを出す業者には要注意です。たとえば、「基本料金で大丈夫です」などと安い見積もりを出しながら、「予想以上に物量があり作業が困難だった」などと理由をつけて高額請求をしてくることもあります。見積もりを出してもらうときの正確さや、業者の姿勢をチェックしておくこともトラブルを防ぐためのコツです。

3-2-4.回収後の不用品の扱いもチェックしよう

廃品回収業者では、回収後の不用品は再販できるものと資源リサイクルに回すものに分け、それぞれ適切な処分を行うことになります。しかし、悪質業者の中には、適当に放置したまま何もしないところもあるので気をつけましょう。また、資源リサイクルをしていると言いながらも、山林などに不法廃棄している場合もあります。いずれにしても、回収後の不用品の処分に責任を持っているかどうかもチェックしておきましょう。

3-2-5.そのほかの注意点

作業が雑な業者に依頼すると、廃品回収の作業時に家に傷や汚れをつけてしまうことがあります。作業時の不備に対してどんな対応をしているか、事前に確認しておきましょう。また、廃品回収当日には、壊れやすいものの移動・柱や家具の養生などをしておくと安心です。

4.廃品回収業者の選び方のポイント

無用なトラブルを避けるためには、信頼できる廃品回収業者を選ぶことが大切です。選び方のコツや料金相場・見積もりのチェック方法など、詳しく解説します。

4-1.信頼できる業者の選び方について

廃品回収業者を選ぶときは、以下のポイントを参考にするといいでしょう。

  • 廃品回収で豊富な実績がある
  • 見積もりを無料で行っている
  • リーズナブルで明確な料金システムがある
  • 希望の日時・場所で作業を依頼できる
  • 利用者からの評判がいい
  • 担当者が親切で丁寧な対応をしている
  • 古物商許可などの営業免許を持っている

なお、クリーンレスキューでも、廃品回収で多数実績があり、多くの方からご好評をいただいています。まずは、お見積もりのご相談からご利用ください。

4-2.料金・相場を知っておこう

廃品回収業者の料金にも、大体の相場があるものです。相場を知っておくことで、高額な契約をしなくて済みます。料金の目安については、クリーンレスキューの一例を参考にしてください。

  • 軽トラック詰め放題(2立方メートル程度):18,000円~
  • 2tトラック詰め放題(4立方メートル程度):38,000円~

良心的な業者は、相場より極端に高くなることはありません。また、明確な料金システムがあるので安心して依頼できるでしょう。

4-3.利用前に見積もりをチェックしよう

廃品回収業者の利用前には、必ず見積もりをもらって内容をチェックしてください。チェックポイントは以下のとおりです。

  • 作業日時・場所などに間違いはないか
  • 合計金額は予算内に収まっているか
  • 不明もしくは不要な項目で計上していないか
  • 見積もり有効期限や担当者名・社印などがあるか(正式な見積もりか)

疑問があるときは、速やかに業者に確認し、必要に応じて修正してもらいましょう。なお、見積もりをもらっても契約の義務はありません。内容に不服があるときは、ほかの業者に改めて見積もりを依頼することもできます。

4-4.廃品回収業者の選び方に関する注意点

廃品回収業者は、信頼できることが最も大切なポイントです。たとえば、見積もりのときに態度が悪かったり不明な点を残したままにしたりするところは疑問が残ります。また、契約を必要以上に急ぐところもトラブルになりやすいので注意しましょう。信頼でき、評判もいいところは、利用者の立場に立って考えてくれます。最もお得になる料金プランの提案をしてくれ、片付けのコツなども親切に教えてくれるでしょう。「何となく感じが悪い」「質問しにくい雰囲気がある」などと感じたところは、契約しないほうが賢明です。

5.廃品回収業者とのトラブルに関するよくある質問

最後に、廃品回収業者とのトラブルに関するよくある質問に回答しましょう。多くの人が悩む内容ですから参考になりますよ。

5-1.廃品回収業者に渡した不用品を一部だけ返品してもらうことはできますか?

廃品回収業者の手に渡ったものは、すでに業者に所有権が移っています。そのため、一部だけ返品できるかどうかは保証できません。作業が早い業者は、当日中に処分を進めるからです。ただし、回収してすぐのタイミングならば返品できる可能性はあります。業者に連絡して、対応できるかどうか確認してください。

5-2.夜間に作業をしてもらうことはできますか?

仕事が忙しいなどの理由で、夜間の作業を希望する場合、業者が対応しているケースなら問題なく依頼できます。ただし、料金は割り増しとなることもあるので覚えておきましょう。なお、夜間に作業をする場合は、騒音などで近隣に迷惑をかけないように気をつけたいものです。事前に断りを入れるなど、近隣トラブルを避けるための対策をしておきましょう。

5-3.高層マンションに住んでいる場合は自分で階下に運ぶ必要がありますか?

高層マンションの部屋であっても、エレベーターを使用できる・玄関から出すことができるなどの条件が整っていれば、自分で階下に運ばなくても大丈夫です。また、大きなものなどで玄関から出すことができない場合でも、ベランダから出すこともできます。ただし、業者によってはオプション料金として別途加算となるケースが多いので事前に確認しておいてください。

5-4.ゴミ屋敷のような状態でも廃品回収を依頼できますか?

最近、遺品整理などで実家の片付けが必要になったなどのケースが増えています。高齢者の自宅は、ゴミ屋敷の状態になっていることも多く、廃品回収業者が片付ける例も多いのです。まずは、業者に作業できるかどうか確認してください。なお、状態によっては害虫駆除や消毒作業などが必要なことがあります。詳しくは、見積もりなどで確認してください。

5-5.廃品回収できないものもあるのでしょうか?

業者によっては、以下のようなものは回収できない場合が多いので確認しておきましょう。

  • 薬品類
  • 中身の入ったスプレー缶・ペンキの缶・缶詰
  • 盗品・または盗品の疑いのあるもの
  • 人体・臓器・細胞・血液など
  • 動物・または動物の死体や遺骨

まとめ

今回は、廃品回収業者のトラブルについて詳しく解説しました。引っ越しなどで不用品やゴミがたくさんある場合は、廃品回収業者を利用することも多いでしょう。しかし、業者選びをきちんとしないと、料金トラブルやサービスの質の悪さで嫌な思いをすることになります。まずは、信頼できる業者の選び方を身につけましょう。また、廃品回収業者との間でよくあるトラブルの内容を理解し、利用前からきちんと対策をすることです。気持ちよく利用するためにも、記事を参考にいろいろと注意してみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから