ゴミ屋敷から脱出したい! 原因から対処法まで徹底解説

メディアでも話題になるゴミ屋敷。超高齢化社会の今、ゴミ屋敷の問題は決して特別な人だけに起こることではありません。ここでは、社会問題にもなっているゴミ屋敷の原因をひもとき、解決の方法を探っていきます。ゴミ屋敷を何とかしたいと思いつつどうにもできずに悩んでいる本人だけでなく、周囲の人はどうしたらいいのか、その対処方法をお伝えしましょう。

  1. ゴミ屋敷とは
  2. ゴミ屋敷への対応
  3. ゴミ屋敷の原因とは?
  4. ごみ屋敷の解決方法
  5. よくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、誰の身にも起こり得る身近なゴミ屋敷について知り、いざというときに対処できる知識が身につきます。ぜひ参考にしてください。

1.ゴミ屋敷とは?

1-1.どんな状態?

ゴミ屋敷とは文字どおり、ゴミで埋め尽くされた住居のことです。典型的なのは戸建ての住宅で、家の中どころか外までゴミがあふれ出し、敷地からもはみ出している状態を指します。メディアで報道される映像を目にした人もいるでしょう。

また、マンションやアパートなど、集合住宅タイプのゴミ屋敷も増えています。これはゴミがあるのは室内だけで、共有部分にゴミがあふれているわけではありません。しかし、玄関を開けると足の踏み場もなく、ゴミが積み上がった状態になっています。

1-2.社会問題化するゴミ屋敷

大量のゴミに埋もれたゴミ屋敷は、近隣に迷惑をかけることから、社会問題と化しています。たとえば、ゴミから発せられる悪臭被害。特に夏場は、生ゴミが腐敗し強烈な悪臭を放ちます。また、生ゴミは害虫の発生源ともなるため、ゴキブリやネズミの大量発生を招き、近隣の住宅に被害が及ぶこともあるのです。

また、火災のリスクも見逃せません。ゴミの中にカセットガスなどが爆発したり、コンセントのホコリから発火したりする危険性もあります。もし火災が発生したら、ゴミの山が消防車の進入路を塞ぎ、消火活動の妨げにもなるのです。

1-3.ゴミ屋敷の背景は超高齢化?

ゴミ屋敷は年々増加傾向にあり、これは、超高齢化社会を迎え独居老人が増えていることが背景にあります。その中で最近注目されているのは、生活意欲を無くして自分の身の回りのことができなくなる「セルフネグレクト」です。一方、ゴミ屋敷を引き起こすのは高齢者だけではありません。他にも、精神疾患や発達障害などが背景になっていることもあります。

1-4.孤独死につながるゴミ屋敷

ゴミ屋敷を放置するとどんな問題が起きるのでしょう?

本人に関しては、寝る、食べる、排せつする、入浴するなど、生活に必要なことが満足にできなくなるため、健康状態に問題が起こります。離れて暮らす家族が心配して状況を改善しようとしても、聞く耳を持たないことが多いので、家族との間にも溝ができてしまうことでしょう。また、近隣の住民とのまさつを生み、地域で孤立してしまいます。こうして孤立が深まると、孤独死のリスクが高まることになるのです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから