遺品処分の方法とは? 問題点と業者に依頼するメリットを徹底検証!

遺品の処分方法が分からなくてお悩みではありませんか? 身内が亡くなり、葬儀や死後の手続きを終えると、遺品整理についても考え始める必要があるでしょう。遺品整理は遺族の大切な役目です。しかし、いざ始めようと思っても問題はたくさんあると思います。大量の遺品を前に、何から手を付けたらよいのか分からず途方に暮れる人も多いのではないでしょうか。この記事では、遺品整理の仕方や業者に依頼する方法などをまとめてご紹介します。

  1. 遺品の処分について
  2. 遺品処分の仕方
  3. 遺品の処分を業者に依頼する方法
  4. 遺品の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品処分に関する悩みを解決できるはずです。ぜひ参考にして実践してみてください。

1.遺品の処分について

遺品整理についての詳細をまとめました。

1-1.遺品・遺品整理・遺品処分とは?

貴重品だけでなく、衣服や写真・家具・本など、さまざまなものが遺品に含まれます。所有者が亡くなった後、遺品は遺族によって整理が必要です。この整理が「遺品整理」であり「遺品処分」とも言います。不要なものを処分し、残すものを形見分けするなどして、遺品を片付けるのです。

1-2.形見分けについて

形見分けとは、遺品を親せきや友人など親しい人たちで分け合うことを言います。故人が生前大切にしていた愛用品を分け合うことで、思い出を共有することができるでしょう。ただし、高額なものは贈与税の対象となるため、通常は形見分けをせず「遺産分与」という形で処理します。

1-3.最近の傾向と問題点

近年は高齢化と核家族化により、高齢者の一人暮らしが急増しています。この背景により、遺族が遺品整理を行うことが難しくなってきているのが現状です。「遺品整理を行う遺族がいない」「遠方に住んでいる」などの理由から、業者に依頼するケースが非常に多くなってきています。また、実家のゴミ屋敷化も大きな問題でしょう。「もったいない精神」が強い高齢者がものをためこみ、ゴミ屋敷のようになった家をそのままにして亡くなってしまうのです。ゴミ屋敷になってしまった家を片付けるのは大変なことであり、プロに依頼せざるを得なくなってしまいます。

2.遺品処分の仕方

遺品整理の仕方についてご紹介しましょう。

2-1.どんなものがあるのか?

まず、遺品にはどんなものがあるのか具体的にまとめました。

  • 家具、家電製品
  • 寝具
  • 衣服
  • アルバムや愛用品など思い出の品
  • 生活実用品
  • 現金、通帳

2-2.遺品処分について

遺品処分についてご紹介します。

2-2-1.いつ、誰がするのか?

遺品の整理や処分を行うのに、決められたタイミングはありません。もちろん、いつかはやらなければならないことです。しかし、賃貸物件の明け渡しなど期限がある場合を除けば、自分のタイミングで遺品整理を行って問題ありません。葬儀や死後の手続きがすべて終わり、気持ちが落ち着いてからゆっくり考えましょう。基本的に、遺品整理は遺族が行うものです。親が亡くなった場合は子供が、子供がいない場合は親族が行うのが一般的でしょう。形見分けを同時に行いたいのであれば、四十九日法要など親族が集まるタイミングに合わせるのもおすすめです。

2-2-2.整理・処分の仕方

遺品の整理や処分を自分で行う場合は、大体のスケジュールや手順を決めておくとスムーズにいきます。遺品の量や人手の数によっても変わってくるため、無理のないように始めてください。遺品整理の手順は以下のとおりです。

  • 形見分けするものを仕分けする
  • リサイクル可能なものを仕分けする
  • ゴミを分別する
  • 分別したゴミを処分する
  • 部屋の掃除と各種手続きを済ませる

2-3.問題点

遺品整理にはさまざまな問題点があります。

2-3-1.お金がかかる

まず、お金がかかるという問題です。業者に依頼する場合はもちろんのこと、自分で遺品整理を行うにもある程度のお金はかかります。遺品の中には処分するためにお金がかかるものもあるため、できるだけ出費を抑える方法を考える必要があるでしょう。

2-3-2.ものが多い

次に、ものが多いという問題もあります。生前、ものをためこみやすい暮らしをしていた人ならなおさらでしょう。大量の遺品を整理するためには、大変な労力と時間が必要です。時間を作るのが難しい場合などは、作業がなかなか進まないでしょう。

2-3-3.不用品をどう処分するか

不要な遺品をどうやって処分するかについても考えなければなりません。遺品の種類によっては、粗大ゴミとして捨てることができないものもあるでしょう。また、再利用できるものはリサイクルに出すことも考えなければなりません。

3.遺品の処分を業者に依頼する方法

業者に依頼する方法などをご紹介しましょう。

3-1.遺品処分業者とは?

高齢化がすすむ社会を背景に、遺品処分業者が急増しています。自分で遺品整理を行うのが難しい人を対象に、遺品整理や処分の代行サービスを提供する業者です。不用品の回収や買い取りを行っている業者が、サービスの一つとして遺品処分を受け付けているケースも少なくありません。

3-2.依頼するメリット

メリットはまず、素早く作業ができるという点です。身内を亡くしたばかりで気が動転しているときに、遺品整理を行うのは困難なことでしょう。故人との思い出がよみがえり、悲しい思いをしながらの作業には時間がかかります。しかし、家の明け渡しなどが理由で期限が迫っている場合もあるでしょう。そんなとき、プロの業者に依頼すれば効率的に作業してもらえます。また、遺品の処分だけでなく買い取りを行っている業者もあるため、お得に処分できる可能性もあるでしょう。そのほかにも、遺品の供養を受け付けている業者もあります。遺品整理に関する悩みをすべて解消できるはずですよ。

3-3.依頼するデメリット

業者に依頼すると、費用がかかるというデメリットはあります。しかし、自分で遺品整理を行ってもある程度の費用はかかるでしょう。手間と時間がかかることを考えた上で、どちらが自分にとってベストな選択かよく考えてみてください。回収と買い取りを同時に受け付けている業者に依頼するなど、費用を節約する方法もあります。

3-4.業者選びのポイント

遺品の処分や整理を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • 不用品の回収や買い取りに必要な許可を得ているか
  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応は丁寧でスピーディーか

3-5.価格相場

遺品整理にかかる費用は、業者によって異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して決めるのがおすすめです。そうすることで、大まかな相場が分かるでしょう。費用を節約して遺品整理をすることができます。

3-6.相談窓口

ライフサポート東京本部」は、不用品の回収や買い取りと同時に遺品整理代行サービスも行っている業者です。経験豊富なスタッフが質の高いサービスをご提供いたします。こちらから無料見積もりを受け付けているため、ぜひご利用ください。

3-7.注意点

遺品整理業者の中には、悪質な営業をしているところも存在しています。必要な許可を持たずに営業することは違法行為であり、そのような業者に依頼するとトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。実際に、見積もりと違う高額な料金を請求された例や、回収した遺品を不法投棄された例なども報告されています。業者選びはくれぐれも慎重に行ってください。

4.遺品の処分に関するよくある質問

「遺品の処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

4-1.遺品整理を自分で行うメリットにはどのようなものがありますか?

A.自分たちの手で片付けることで、心を整理するきっかけになる場合もあるでしょう。また、業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。

4-2.遺品整理でよくあるトラブルとは何ですか?

A.親族間における金銭トラブルが最も多いでしょう。特に、価値の高い遺品を形見分けするにあたって、もめごとが起こりやすくなります。また、勝手な判断で遺品を整理してしまうのも危険です。親族としっかりコミュニケーションをとり、トラブルを避けることが大切になります。

4-3.供養が必要な遺品にはどのようなものがありますか?

A.供養するかどうかはそれぞれの判断で問題ないでしょう。仏壇や神棚のほか、故人が身近に置いていた人形や趣味の道具・衣服などを供養する人も多くなっています。

4-4.生前整理と遺品整理はどう違いますか?

A.生前整理とは、元気なうちに身の回りの整理をしておくことを言います。残された遺族に迷惑をかけないために、生前整理をしておく人が増えているのです。遺品整理は故人が亡くなった後、遺族が行う片付けのことであり、大きな違いがあります。

4-5.遺品整理業者とのトラブルが発生した場合は、どこに相談すればよいでしょうか?

A.国民生活センターに相談すると、解決に向けたアドバイスがもらえるでしょう。新たな被害者を出さないためにも、早めに相談してください。

まとめ

いかがでしたか? 遺品を整理・処分する方法や業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しました。近年、遺品整理問題が深刻化してきていることはお分かりいただけたと思います。大切な身内を亡くした後でさらにつらい思いをすることがないよう、遺品整理についてしっかりと考えておく必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、業者の選び方や注意点を把握しておいてください。