遺品処分の方法とは? 問題点と業者に依頼するメリットを徹底検証!

遺品の処分方法が分からなくてお悩みではありませんか? 身内が亡くなり、葬儀や死後の手続きを終えると、遺品整理についても考え始める必要があるでしょう。遺品整理は遺族の大切な役目です。しかし、いざ始めようと思っても問題はたくさんあると思います。大量の遺品を前に、何から手を付けたらよいのか分からず途方に暮れる人も多いのではないでしょうか。この記事では、遺品整理の仕方や業者に依頼する方法などをまとめてご紹介します。

  1. 遺品の処分について
  2. 遺品処分の仕方
  3. 遺品の処分を業者に依頼する方法
  4. 遺品の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品処分に関する悩みを解決できるはずです。ぜひ参考にして実践してみてください。

1.遺品の処分について

遺品整理についての詳細をまとめました。

1-1.遺品・遺品整理・遺品処分とは?

貴重品だけでなく、衣服や写真・家具・本など、さまざまなものが遺品に含まれます。所有者が亡くなった後、遺品は遺族によって整理が必要です。この整理が「遺品整理」であり「遺品処分」とも言います。不要なものを処分し、残すものを形見分けするなどして、遺品を片付けるのです。

1-2.形見分けについて

形見分けとは、遺品を親せきや友人など親しい人たちで分け合うことを言います。故人が生前大切にしていた愛用品を分け合うことで、思い出を共有することができるでしょう。ただし、高額なものは贈与税の対象となるため、通常は形見分けをせず「遺産分与」という形で処理します。

1-3.最近の傾向と問題点

近年は高齢化と核家族化により、高齢者の一人暮らしが急増しています。この背景により、遺族が遺品整理を行うことが難しくなってきているのが現状です。「遺品整理を行う遺族がいない」「遠方に住んでいる」などの理由から、業者に依頼するケースが非常に多くなってきています。また、実家のゴミ屋敷化も大きな問題でしょう。「もったいない精神」が強い高齢者がものをためこみ、ゴミ屋敷のようになった家をそのままにして亡くなってしまうのです。ゴミ屋敷になってしまった家を片付けるのは大変なことであり、プロに依頼せざるを得なくなってしまいます。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから