【お役立ち】ビデオカメラの処分をしたい方必見!最もお得な方法は?

ビデオカメラは、子どもの成長や旅行の記録など、家族の歴史を彩ってくれるために大活躍します。しかし、不具合があったり新しいものに買い替えたりなどで、古いものを処分する必要が出てくるものです。そこで、今回は、ビデオカメラの処分について最もお得な方法は何か、具体的に解説します。まずは、記事をひとつずつ確認しながら読み進めてみてください。ビデオカメラの処分で知っておきたいことが満載です。

  1. ビデオカメラの処分について
  2. ビデオカメラの処分を自治体に依頼する
  3. ビデオカメラを買い替える場合の処分方法
  4. ビデオカメラのリセール・オークションの方法
  5. ビデオカメラの処分を回収業者に依頼する場合
  6. ビデオカメラの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ビデオカメラの処分に関する知識が身に付き、適切な方法で処分できます。さまざまな方法のメリット・デメリットを知ってから処分できるため、後悔しないことでしょう。

1.ビデオカメラの処分について

最初に、ビデオカメラの処分の基本を学びましょう。捨てるタイミングやごみの種類・捨てる前にやっておくべきことなど詳しく解説します。

1-1.ビデオカメラとは

ビデオカメラとは、動画を撮影できるカメラのことです。ビデオカメラには、大型で長時間記録が可能な業務用とコンパクトで気軽に使用できる一般家庭用があります。ビデオカメラでは、映像だけでなく音声も記録できるため、静止画よりも臨場感のある記録ができることが特徴です。

1-2.ビデオカメラを捨てるタイミングについて

ビデオカメラを捨てるタイミングは、主に以下のようなときです。

  • 故障したとき
  • 新機種が登場したとき
  • スマホの付属機能で代替できるとき
  • 使う必要が無くなった(子どもが成長したなど)とき

1-3. ビデオカメラのごみの種類・資源性は?

ビデオカメラは、プラスチックや金属など不燃性の素材でできています。基盤などに希少金属が使われていることから、資源リサイクルが可能です。一般ごみとして処分するより、資源リサイクルを考えた処分方法を選ぶことをおすすめします。

1-4.ビデオカメラを捨てる前にやっておくべきこと

ビデオカメラを捨てる前には、以下のことを確認しておきましょう。特に、個人情報の流出に気を付けてください。

  • 記録媒体(メモリーカードなど)の取り出し
  • HDD(ハードディスクドライブ)内のデータ消去
  • バッテリーの処分方法について(自治体によっては別途回収していることもある)

2.ビデオカメラの処分を自治体に依頼する

ビデオカメラの処分は、自治体に依頼することができます。どんな方法があるのか、具体的に学びましょう。

2-1.ビデオカメラのごみの種類は?

ビデオカメラは、材質や大きさから不燃ごみとして扱う自治体が多いでしょう。ただし、ビデオカメラには希少金属などの資源が豊富に含まれているため、自治体によっては「小型家電リサイクル法」の指定品目としていることがあります。小型家電リサイクル法とは、パソコンなどの小型家電に含まれる資源を有効活用するための法律です。まずは、自治体の公式ホームページなどで処分方針を確認してください。

2-2.自治体での処分方法を学ぼう

自治体に処分を依頼する場合は、以下の方法で行います。

  • 不燃ごみ:自治体が決めた曜日・時間に指定の集荷場所に出す
  • 小型家電リサイクル法の指定品目:役所などに備え付けの専用回収ボックスに入れる

2-3.ビデオカメラの処分を自治体に依頼するメリット・デメリット

自治体に処分を依頼する場合のメリット・デメリットは、以下を参考にしてください。

2-3-1.メリット

  • 回収費用が無料
  • 依頼先が自治体なので安心(確実に処分してもらえる)

2-3-2.デメリット

  • 回収日時・場所の指定がある
  • 自分で回収場所まで運ぶ必要がある
  • 小型家電リサイクル向けの回収ボックスの設置場所が少ない
  • 自治体によってごみの種類が異なるので調べる必要がある

3.ビデオカメラを買い替える場合の処分方法

ビデオカメラを買い替える場合は、販売業者の下取りや引き取りを利用することもできます。具体的な方法やメリット・デメリットを学びましょう。

3-1.販売店による下取りや引き取りを利用する

ビデオカメラを買い替える場合は、販売店による下取りや引き取りサービスを利用できる場合があります。顧客向けのサービスとして、自店での購入を促すために行っているものです。下取りや引き取りを利用できれば、簡単に処分できます。まずは、買い替えを検討している販売店でサービスを行っているか調べてみましょう。

3-2.販売店による下取りや引き取りの方法や料金

販売店に不要になったビデオカメラを直接持ち込むことで、下取り・引き取りをしてもらえます。料金は、無料であることが多いでしょう。中には、買い替えのときに使うことができる金券をもらえることもあります。販売店としては、新規購入を促すためのサービスとして行うからです。

3-3.販売店による下取りや引き取りのメリット・デメリット

ビデオカメラの処分で販売店の下取りや引き取りを上手(じょうず)に利用するためにも、メリット・デメリットの両方を確認しておきましょう。

3-3-1.メリット

  • 処分費用が基本的に無料
  • 買い替えと同時に処分できる
  • 新規購入費用が安くなることもある

3-3-2.デメリット

  • 新規購入者以外は下取り・引き取りの利用ができない
  • 下取り・引き取り不可の機種もある

4.ビデオカメラのリセール・オークションの方法

状態のいいビデオカメラは、リセールやオークションを利用することも検討しましょう。それぞれの方法について、メリット・デメリットを併せてご紹介します。

4-1.ビデオカメラの中古需要について

ビデオカメラは、中古需要が高い品目です。特に、以下の条件を満たすものは買値が付きやすくなります。

  • 故障していない
  • 有名・人気ブランドである
  • 年式が新しい
  • 外観に目立つ傷・汚れが無い
  • 付属品やマニュアル・外箱がある

4-2.ビデオカメラのリセール・オークションの方法

ビデオカメラのリセールは、リサイクルショップに買い取りを依頼する・フリーマーケットで売るなどの方お方があります。オークションの場合は、インターネットのオークションサイトを利用すると便利でしょう。

4-2-1.リサイクルショップに買い取り依頼をする

リサイクルショップでは、ビデオカメラの買い取りを行っています。希望する場合は、業者の店頭に持ち込み、査定を受けましょう。買い取りが可能で査定結果に納得できる場合は、代金を受け取り、処分を依頼してください。

4-2-2.フリーマーケットで売る

フリーマーケットでビデオカメラをリセールする方法もあります。まずは、フリーマーケットの開催日程を調べ、出店申し込みをしましょう。フリーマーケット当日にビデオカメラを店頭に並べ、購入希望者を待ちます。なお、自分が売りたい価格を付けて構いません。しかし、確実に売りたいのなら相場を考慮した価格を付けましょう。

4-2-3.インターネットオークションを利用する

インターネットでは、毎日たくさんの品物を個人間で取り引きしているものです。代表的な方法として、インターネットオークションがあります。利用したい人は、オークションサイトに会員登録後、出品作業をしましょう。取り引き終了日を迎えた時点で入札があった場合は、取り引きが成立となります。落札者からの支払いを受け、ビデオカメラを送付してください。

4-3.リセール・オークションのメリット・デメリット

リセールやオークションを最大限に活用するためにも、メリット・デメリットを理解しておきましょう。

4-3-1.メリット

  • 買い取り(取り引き)が成立すれば代金を手にすることができる
  • 状態のいいものは高額買い取りも期待できる
  • 中古でほしがっている人のためにリサイクルできる

4-3-2.デメリット

  • 必ずしも買い取り(取り引き)が成立するわけではない
  • リサイクルショップで買い取り不可の場合は処分だけを依頼できない
  • 商品クレームや支払いトラブルの可能性がある

5.ビデオカメラの処分を回収業者に依頼する場合

ビデオカメラの処分は、回収業者に依頼すると便利でお得です。メリット・デメリットを理解し、信頼できる業者を選びましょう。

5-1.業者の回収方法をチェック

ビデオカメラの回収方法は、主に以下のようなものがあります。ただし、業者によっては取り扱っていない方法もあるので確認しておきましょう。

  • 直接持ち込み:依頼者が業者の店頭に持ち込む
  • 宅配便送付:宅配便を利用して業者宛てに送付する
  • 直接回収:業者が依頼者の指示に従って回収する

5-2.ビデオカメラの処分を回収業者に依頼するメリット・デメリット

回収業者の依頼にも、メリットとデメリットの両方があります。

5-2-1.メリット

  • 指定日時・場所での回収が可能なので楽
  • 直接回収の場合は荷作りする必要が無い
  • 故障していても引き取り可能
  • ほかの不用品と同時に回収可能

5-2-2.デメリット

デメリットも理解して、賢く利用しましょう。

  • 回収費用が必要(ビデオカメラ単体だと割高になることもある)
  • 利用したい業者が営業範囲外の場合もある

5-3.回収業者の選び方を学ぼう

ビデオカメラの処分は、信頼できる回収業者に依頼しましょう。以下に選び方のポイントを紹介するので参考にしてください。

  • ビデオカメラの処分を積極的に行っている
  • 状態のいいものは買い取りも行っている
  • 客観的で公正な査定をしている
  • 希望の日時・場所での回収が可能
  • 回収費用がリーズナブル
  • 見積もりだけなら無料
  • 担当者の受け答えが的確で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物許可を得ている(違法業務を行っていない)

なお、クリーンレスキューでも、ビデオカメラの回収をお受けしています。状態のいいものはできるだけ買い取りをしていますのでぜひご相談ください。

5-4.ビデオカメラの処分を回収業者に依頼するときの注意点

回収業者にも、おすすめできないところがあります。たとえば、違法業者(古物商許可など必要な免許を得ていない)とは取り引きしてはいけません。必ず、ホームページなどで確認しておきましょう。また、電話や訪問で勧誘してくる業者は、いわゆる「押し買い」をするところも多いので気を付けてください。「押し買い」とは、不用品を不当に安い金額で無理やり買い取っていくことです。ビデオカメラ以外にも、貴金属やブランド品など買い取りを希望しないものまで持っていかれることもあるので注意しましょう。信頼できないと思った業者は取り引きを拒否してください。

6.ビデオカメラの処分に関するよくある質問

最後に、ビデオカメラの処分に関するよくある質問に回答します。満足する結果を手に入れるためにも、それぞれ確認しておきましょう。

6-1.できるだけ高額で買い取りしてもらうためのポイントは?

ビデオカメラを買い取り依頼に出すときは、以下のポイントに気を付けてください。より高額で買い取ってもらえる可能性があります。

  • できるだけキレイに掃除をしておく
  • できるだけ早めに依頼する
  • 箱・説明書・付属品をまとめて買い取りに出す
  • ビデオカメラを高額買い取りしている業者に依頼する

6-2.ほかの不用品を回収してほしいときは事前に言うべきですか?

業者には、事前に伝えましょう。当日にビデオカメラ以外の不用品の回収が可能であっても、業者としては物量の把握をしておきたいものです。場合によっては、大型のトラックを手配する必要があります。まずは、処分する不用品のリストを作り、業者に伝えてください。信頼できる業者であれば物量や内容に応じて最もお得な料金プランを提示してくれるでしょう。

6-3.できるだけ安く回収してもらいたいときのアイデアは?

ビデオカメラ以外にも中古市場で価値がありそうなものを探してみましょう。家の中には、想像以上に不用品があふれているものです。たとえば、使わなくなった家電・ブランド品・貴金属アクセサリーなどは無いでしょうか。また、家具やパソコン・スマホなども中古品としての需要が高いものです。業者の査定を受け、買い取り対象となれば回収費用と相殺できます。

6-4.業者で買い取り不可となるビデオカメラの特徴は?

まだ十分に使用できるビデオカメラでも、以下のようなものは買い取りできない可能性が高くなります。

  • 無名ブランド・海外ブランドの粗悪品
  • 盗品の疑いがあるもの
  • 大きな傷・汚れ・ひどいにおいがあるもの
  • 液晶モニターが破損しているもの

このほかにも、買い取りできない条件があることもあります。詳しくは、業者に確認してください。

6-5.ビデオカメラのデータ消去も業者でやってもらえますか?

まずは、業者に確認しましょう。業者によっては、データ消去をしてもらえることもあります。同時に、無料か有料かも確認しておきましょう。なお、データ消去証明書を発行してもらうとより安心です。もしも、業者でデータ消去ができない場合は、自分で責任をもって対応してください。メモリーカードなど、外部記憶装置の取り外しも忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は、ビデオカメラの処分について詳しく解説しました。さまざまな処分方法の中で、最も有利な方法を選ぶためにも、それぞれのメリット・デメリットをきちんと理解することが大切です。まだ十分に使用できるものは、買い取りしてもらえる方法を検討しましょう。故障などでビデオカメラとして使うことができなくても、分解すれば資源リサイクルに回すことができます。不燃ごみとして処分する前に、いい方法は無いか考えてみてください。なお、不要になったビデオカメラは、信頼できる不用品回収業者に処分を依頼する方法もあります。いい機会と考え、家の中の不用品を一気に処分することも検討してみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから