トレンド! 老後の住み替え・住まい選びのポイント&注意点のまとめ

老後に住み替えを考える方が多くなってきています。「今の家では広すぎる」「階段や駅までの距離が体力的に厳しい」など、理由はさまざまです。家の買い替えや住み替えは大変なことがたくさんあります。何から考えたらいいのか分からないという方も多いでしょう。そこで今回は、老後の住み替えや住まい選びのポイント・資金面のこと・準備すべきことなどをご紹介します。

  1. 老後の住まいの住み替えとは
  2. 老後の住み替えについて
  3. 老後の住み替えの方法や問題点
  4. 老後の住み替えと生前整理について
  5. 老後の住み替えについてよくある質問
  6. まとめ

住み替えを検討しているけれどどうにも腰が重いという人や、住み替えに興味がある方はぜひこの記事を参考にしてみてください。一つずつ細かく整理していますので、住み替えについて詳しく知ることができます。

1.老後の住まいの住み替えとは

1-1.老後の住み替えの目的・理由

老後の住み替えにはさまざまな目的と理由があります。主に以下のようなものがあるのではないでしょうか。

  • 家が広すぎる
  • 家の構造が体力に合わない(階段など)
  • 子ども夫婦に今の家を譲る
  • 経済的・体力的に今の家の維持が難しい(掃除手入れ・家賃など)

1-2.メリットデメリット

老後の住み替えをにより、より自分たちに合った住まいを見つけることができるでしょう。ただし、費用がかかる・理想どおりの家が見つかるか分からないなどの不安もあります。また、片づけ・引っ越しや、環境が急激に変わることを受け入れるための体力や精神力も必要です。

1-3.最近の傾向

老後の住み替えを考えるシニア層が、新しい住まいに求める条件として多くなってきているのは、「日当たり」と「立地」です。

1-3-1.日当たり

シニア世代になると、日中、会社に出勤したり長時間外出したりといった機会が減り、在宅時間が長くなることが多いものです。そこで日当たりや風通しなど、住まいの環境面を気にする人が増えています。

1-3-2.立地

駅からの距離や坂道の有無、階段の有無などの立地を気にする方も増えています。体力の低下に起因する条件として外せないところでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから