在庫処分の方法とは?仕分け・不良商品・一括買取について詳しく解説

商品販売を行っている企業では、しばしば在庫を抱えてしまうことがあります。B級品や不良在庫はありませんか?在庫をそのまま放置することは、企業にとって何の利益も生まないのです。むしろ、倉庫を圧迫し、倒産の危機に陥ることもあります。
予想していた売れ行きが見込めず、在庫処分を検討したい。手元に残しておかず、売却へ向けた動きを示すのは賢明な手段ですね。
今回は、在庫処分の方法や残ったものの捨て方についてご紹介します。

  1. 在庫処分について
  2. 業者による在庫処分方法
  3. 在庫処分を依頼する業者選びのポイント
  4. 在庫処分でよくある質問
  5. まとめ

在庫を抱えていると税金も発生します。この記事を読むことで、経営を圧迫する恐れのある在庫をすっきり処分することができ、新たなビジネスへ目を向けることができるでしょう。在庫に惑わされることなく、順調なビジネスを行うために、ぜひ実行してみてください。

1.在庫処分について

アパレル関連のビジネスでは、頻繁に在庫を抱える風景を見ることができます。季節や流行(りゅうこう)の変化により、まれに大量の在庫が残ってしまうということも珍しくありません。

1-1.在庫処分もいろいろある

新機種登場などにより、古い機種が残ってしまうというのは、家電量販店ではよくあることです。しかし、値下げすることで早期に売ってしまえるので、特別問題ない在庫でしょう。
在庫処分問題で最も深刻なのは、売れ行き不良で残ったもの。需要がなくなったため、販売が停滞したものは、いつまでも倉庫を圧迫してしまいます。とても難しい問題ですが、いかに早く在庫をなくすかが、企業経営で重要なのです。

1-2.社内で行う問題点解決

在庫が残るのは、商品管理が十分ではなかった・売れ行きについて誤った想定をしていたことが起因しています。在庫処分を行う前段階として、仕訳をしていきましょう。
1回目の仕訳で、1年で販売しきれるものを選定します。予想より下回る商品について、2回目の仕訳で処分を検討する方法です。社内でしっかりこうした行程を重視し、在庫処分に向けた動きをすることが大切。大胆かつ的確に見極めていくようにしましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから