在庫処分の方法とは?仕分け・不良商品・一括買取について詳しく解説

商品販売を行っている企業では、しばしば在庫を抱えてしまうことがあります。B級品や不良在庫はありませんか?在庫をそのまま放置することは、企業にとって何の利益も生まないのです。むしろ、倉庫を圧迫し、倒産の危機に陥ることもあります。
予想していた売れ行きが見込めず、在庫処分を検討したい。手元に残しておかず、売却へ向けた動きを示すのは賢明な手段ですね。
今回は、在庫処分の方法や残ったものの捨て方についてご紹介します。

  1. 在庫処分について
  2. 業者による在庫処分方法
  3. 在庫処分を依頼する業者選びのポイント
  4. 在庫処分でよくある質問
  5. まとめ

在庫を抱えていると税金も発生します。この記事を読むことで、経営を圧迫する恐れのある在庫をすっきり処分することができ、新たなビジネスへ目を向けることができるでしょう。在庫に惑わされることなく、順調なビジネスを行うために、ぜひ実行してみてください。

1.在庫処分について

アパレル関連のビジネスでは、頻繁に在庫を抱える風景を見ることができます。季節や流行(りゅうこう)の変化により、まれに大量の在庫が残ってしまうということも珍しくありません。

1-1.在庫処分もいろいろある

新機種登場などにより、古い機種が残ってしまうというのは、家電量販店ではよくあることです。しかし、値下げすることで早期に売ってしまえるので、特別問題ない在庫でしょう。
在庫処分問題で最も深刻なのは、売れ行き不良で残ったもの。需要がなくなったため、販売が停滞したものは、いつまでも倉庫を圧迫してしまいます。とても難しい問題ですが、いかに早く在庫をなくすかが、企業経営で重要なのです。

1-2.社内で行う問題点解決

在庫が残るのは、商品管理が十分ではなかった・売れ行きについて誤った想定をしていたことが起因しています。在庫処分を行う前段階として、仕訳をしていきましょう。
1回目の仕訳で、1年で販売しきれるものを選定します。予想より下回る商品について、2回目の仕訳で処分を検討する方法です。社内でしっかりこうした行程を重視し、在庫処分に向けた動きをすることが大切。大胆かつ的確に見極めていくようにしましょう。

2.業者による在庫処分方法

在庫処分に頭を抱える企業は、在庫買取業者に依頼することもあります。余剰な在庫を一括して買取り、プロのノウハウで魔法のように在庫を処理していく手法です。

2-1.どんなときに業者へ依頼すべきか? 

在庫の仕訳が難しい場合やできるだけ早い段階で処分したい場合、在庫買取業者を利用しましょう。余分な在庫を抱えたままでは、負の遺産が残っているも同然です。
在庫は、人件費がかさむ原因でもあります。在庫とはいえ、管理が必要です。管理だけのために、余分な人件費が出ていくのは好ましくありません。

2-2.在庫買取業者で扱う商品の種類

業者により、得手不得手はあります。アパレルだけを専門に取り扱う業者もあれば、閉店在庫をまとめて買取ってもらえるところもあるのです。業者のカラーを熟知してから依頼するようにしましょう。
在庫処分とはいえ、傷みのある不良品は避けられる傾向があります。事前に確認を。

2-3.どのように在庫処分をしていくのか? 

業者による在庫処分は、一括買取して自社で販売していく方式か、委託販売形式を採用しています。一括買取は、在庫をすべて買取ってもらい、独自のスタイルで売りさばいていく方法です。在庫を抱えず、利益が出なかった悩みも解消するでしょう。
委託販売形式は、在庫はそのまま保持し、在庫処分業者と連携して販売していく方法です。価格を極端に安くする必要はなく、適正な価格を維持できるのがメリットでしょう。

2-4.在庫処分業者を利用するメリットとデメリット

年度末に残っている在庫に対し、税金が発生します。売れずに残り、利益を生み出さないものに無駄な税金を支払っているようなものです。在庫処分を業者に依頼するなら、速やかに在庫処理が行え、税金の不安もなくなるでしょう。
決算までに在庫処分を終え、業者から発行される廃棄証明書と写真を保管しておいてください。税務署の調査が必要になったとき、有効な証明となります。税金対策も企業戦略の1つです。無駄な支出を防ぐことが、利益をもたらすでしょう。
デメリットは、優良な業者に依頼しなければ、適切なサービスを受けることができないということです。依頼してもさまざまな問題に直面したときに、対処してもらえないケースもあります。

2-5.セキュリティー面は大丈夫なのか? 

自社の大切な商品をお願いするのですから、当然保安意識も必要です。買取と称して、自らの利益ばかりを追求する悪質な業者がいるのも事実でしょう。依頼する前に、業者の実態を把握し、事務所をきちんと構えている業者を選んでください。商品だけを持ち去られてしまわぬよう、防衛意識を持つことが大切です。

2-6.在庫処分を業者に依頼するときの注意点

在庫をまとめて買取ってもらえるのは、大変ありがたい話です。しかし、ワゴンでまとめ売りなどされては、企業ブランドに傷がつくこともあります。業者に依頼するときは、必ず販売ルートがどうなっているのか、事前調査を怠らずにしましょう。過去の実績も合わせて確認してください。

3.在庫処分を依頼する業者選びのポイント

信頼できる業者選びをするためには、企業側も事前調査と知識を持つことが大切です。

3-1.業者のサービス内容に注目する

独自の販売ルートを確立し、トラブル発生時の対応策もしっかりしている業者を選んでください。商品は需要があってこそ、販売できるものです。きちんとした販売先を持っている業者なら、任せて安心でしょう。業者との間でコミュニケーションが図れることも大切です。風とおしのいい関係でビジネスができるかどうか、電話やメールの対応で判断できます。

3-2.料金や査定がしっかりしている

買い取ってもらえば現金になります。とはいえ、安く持っていかれても困りもの。やはり大切なのは、商品価値をよく理解している業者であることでしょう。決して叩(たた)き売るようなことはせず、適切な商談ができる業者にしてください。

3-3.在庫の回収方法

大量の在庫があるなら、出張買取や宅配買取に対応している業者を利用すると便利です。運搬が必要となれば、人件費や配送料が別途発生します。余計な経費をかけず、スマートに処分できる手段を備えている業者を利用しましょう。

3-4.在庫処分を業者に依頼するまでの流れ

無料査定を受け、いろいろな業者を比べてみましょう。業者により、取扱品目や得意分野に差がありますから、比較検討はとても大切です。加えて、サービス内容がいかに充実しているかもポイントでしょう。多方面から判断し、納得できるようなら契約書を交わします。契約後、在庫商品の引き渡しです。買取金額を振り込んで完了となります。

3-5.在庫処分で業者とトラブルにならないために

市場に流通する商品ですから、企業イメージをきちんと守って販売してもらうことが大切です。そのため、契約書は必ず交わしましょう。商品売買契約書と守秘義務契約書の2通を交わすことをおすすめします。顧客とのトラブル、業者とのトラブルにはどう対処するのかも、しっかり明記しておきましょう。

4.在庫処分でよくある質問

確実かつ安全に在庫処分を行うため、よくある質問をご紹介します。

4-1.査定は無料で受けられる? 

ほとんどの業者は、無料で査定を行っています。査定時の様子で、業者の姿勢なども垣間(かいま)見ることができるでしょう。1社だけで終えることなく、必ずサービス内容は比較してください。

4-2.買取した在庫はどう販売される? 

在庫の行方は気になりますよね。販売ルートしだいでは、企業の今後にも影響をおよぼす恐れもあるでしょう。だいたい、リサイクルショップ・会員制ECサイト・海外流通がメインとなっています。企業イメージと懸け離れた販売方法ではないか、よく確認しましょう。

4-3.買取対象にならないものは? 

汚れがある・破損しているなど、商品価値を著しく損なうものは、買取対象とはなりません。医薬品も買取できないので、ご注意ください。

4-4.閉店するのですぐ在庫処分したい

閉店に伴う在庫処分は多いものです。リニューアルしてオープンするなど、一時的に店舗を閉鎖する場合も同様でしょう。セールしている時間がないようなら、在庫処分を専門とする業者に依頼した方が有効です。

4-5.在庫処分した場合の会計処理はどうなる? 

在庫を処分したら、廃棄損として資産を減らして計上可能です。税金を取られないようにする手段として有効ですが、できるなら在庫は抱えずに売却する方が理想でしょう。

5.まとめ

いかがでしたか?在庫を抱えることは、企業にとって利益を生み出す要素がないことがご理解いただけたかと思います。在庫にも税金がかかるため、なるべく早く処分するようにしたいものですね。在庫処分を専門とする業者なら、有効な販売ルートを確保し、企業イメージを大切に保護しながら、効率よく在庫処分ができるでしょう。
買取を依頼する方法・委託販売形式など、企業に合う方式で依頼してみてください。古い在庫に囲まれ、人件費や設備費がかかるのはもったいないことです。すっきり処分して、新しいビジネスチャンスを掴(つか)んでください。