除湿機を処分したい! そんなときに知っておくべき4つの方法とは?

不要になった除湿機はどのようにして処分すればよいのでしょうか。湿気の多い時期や屋外に洗濯物を干すことができない家などでは、除湿機が大活躍します。しかし、「引っ越しで不要になった」「買い替えるので廃棄したい」という場合はどうしたらよいのかご存じですか? 除湿機は小型家電に該当するため、正しい捨て方を知っておく必要があります。この記事では、除湿機を手放す方法をご紹介しましょう。

  1. 自治体回収を利用して除湿機を処分する
  2. 買い替えで除湿機を処分する
  3. リセールやオークションで除湿機を処分する
  4. 回収業者を利用して除湿機を処分する
  5. 除湿機の処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、除湿機の処分にかんする方法やメリットが分かるはずです。ぜひ参考にして、ベストな処分方法を選んでください。

1.自治体回収を利用して除湿機を処分する

まず思いつくのが、自治体のゴミ回収を利用する方法でしょう。

1-1.ゴミの分類について

「除湿機は何ゴミになるのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。除湿機は、小型家電リサイクル法の対象になります。2013年に施行された法律で、家庭から排出された小型家電をリサイクルに回す、という内容のものです。小型家電に含まれている有用資源を再利用することを目的として、自治体が回収することになっています。ただし、小型家電リサイクル法の取り組みを行っていない自治体もあるため、まずは事前に確認する必要があるでしょう。

1-2.方法

除湿機を小型家電リサイクル法に基づいて回収している自治体では、回収ボックスを設置しています。設置場所は大型スーパーや家電量販店、公共施設などさまざまです。事前に自治体のホームページで確認しておきましょう。このボックスに除湿機を投かんするだけで処分が可能になります。回収ボックスの設置が行われていない自治体の場合は、指定の回収場所を確認しておいてください。

1-3.メリットとデメリット

自治体回収を利用するメリットは、費用の安さです。回収ボックスが設置されている場合は、無料で処分できます。粗大ゴミの場合も料金は数百円です。また、相手が自治体という安心感も大きなメリットでしょう。ただし、自分で運ぶのが難しい場合は、ほかの方法を検討する必要があります。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから