片付けられない親にお困りの方必見!親の家を片付ける5つのポイント

久しぶりに実家に帰ったら、家中にモノがあふれている状態でがく然とした…という経験をお持ちの方が最近増えています。昔はきれい好きで「片付けなさい!」が口癖だった親が、「片付けられない人」になっている現実を見るとショックですよね。実は、最近「片付けられない親」が深刻な社会問題となっています。なぜ、片付けられないのか?と、口論になり親子関係に亀裂が入ってしまうことも少なくありません。そこで、ここでは、片付けられない親になってしまう原因・社会背景・心理・対応策・スムーズな片付け方などをご紹介しましょう。

  1. 片付けられない親について
  2. 片付けられない親への対応策
  3. 親の家を片付ける方法
  4. 親の家の片付けを業者に依頼する
  5. 片付けられない親〜よくある質問〜

この記事を読むことで、どうしたら親の家を片付けることができるか、片付けられない親とどう接するか、などがおわかりいただけるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

1.片付けられない親について

最近、メディアで取り上げられることも多くなってきたのが「親の家の片付け」です。親が部屋を片付けられない、実家がゴミ屋敷になっている…とお悩みの人が増加しています。どうして「片付けられない親」が増えているのでしょうか。原因や背景などを探ってみました。

1-1.片付けられない親の原因と背景

片付けられない親が増加した原因や背景としては、以下のことが挙げられています。

1-1-1.モノが増えやすい環境

  • 安い金額で気軽にモノが買える100円ショップや、24時間営業しているコンビニエンスストアが増加した。
  • アウトレットモールが増え、ブランド物もリーズナブルに入手できるようになった。
  • インターネット通販を利用すれば、家にいながらにしてさまざまなモノが購入できるようになった。

買い物はお店まで足を運んでするものだった時代とは異なり、現代では簡単にモノを購入できます。そして、注文してからモノが手元に届くスピードも速くなりました。その結果、本当に必要なモノか…などと考える間もなく欲望のままに買い物をしてしまい、どんどん家の中にモノが増えてしまうのです。

1-1-2.体力・気力の衰え

高齢になると、若いときには気軽にしていた掃除や片付けがおっくうになってしまいます。床に掃除機をかけたり、家具のホコリをはらったりと、掃除は立ったり座ったりするので疲れてしまうのです。さらに、モノを整理整頓して納戸やクローゼットに要領よく収納するには、体力だけではなく気力も必要になります。つい、面倒になって先送りにしているうちに、どんどんモノが増え片付けられなくなるのです。

1-1-3.ゴミ捨てが難しい

最近は、燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミ・リサイクルゴミ・粗大ゴミなど、ゴミの種類が細分化しています。部屋中にあふれかえったモノを分別してゴミに出そうと思っても、仕分けが難しくて「気力がなくなる」という高齢者は多いのです。

また、ちょっと大きなモノになると粗大ゴミに出さなければなりません。粗大ゴミセンターに申し込みの電話をして、ゴミ処理代としてシールを買いに行き、当日収集場に出す…という作業は面倒なものです。高齢者にとっては、粗大ゴミを収集場まで自分で運ぶのは難しく、捨てたくても捨てられないという人も少なくありません。

1-2.片付けられない親の心理

生きている時間が長くなればなるほどモノは増えます。けれども、定期的に断捨離をして不要品を捨てれば家や部屋にモノがあふれかえってしまうことはありません。ところが、片付けられない親はモノを捨てることができないのです。どのような心理なのでしょうか。

1-2-1.つい、もったいないと思ってしまう

不要なモノや古いモノでも「まだ使えるのに捨てるなんてもったいない」と思う高齢者は少なくありません。「モノを祖末にすると罰があたる」と教育をされてきた世代なので心の中に「捨ててはいけない」という思いが染み付いているのです。もちろん、モノを大切にすること自体はいいことでしょう。しかしながら、それを優先するあまりにモノがあふれ、部屋や家が散らかって汚いことには目をつむってしまうことが問題なのです。

1-2-2.モノが多いことでさみしさを埋める

子どもや孫と別居している高齢者の中には、なかなか会えないさみしさを買い物で埋める人もいます。モノが増えて部屋にあふれかえっている状態のほうが心が満たされるのです。また、モノを捨てて部屋に空間ができると落ち着かない…という人もいます。そのため、不要品だとわかっていても捨てることができないのです。

1-2-3.片付けられない病気の可能性

精神的な疾患や病気が原因で、モノが片付けられなくなることもあります。どのようなものがあるのでしょうか。

  • 強迫性貯蔵症…モノを捨てることに強い不安や恐怖を感じてしまう。
  • うつ病…気分が落ち込むので、掃除や片付けなどに対する意欲や興味がなくなる。
  • 総合失調症…妄想や幻想が増えるので、部屋にモノがあふれている状態が正しいことだと思い込んでしまう。
  • 認知症…認知機能が低下することにより、部屋を片付ける、ゴミを捨てるなど日常生活が理解できなくなる。

1-3.最近増加中の「親の家の片付け」問題

本格的な高齢化社会を迎え、「親の家の片付け」「片付けられない親」問題はますます増加するといわれています。家の片付けを請け負う会社の調べによると、2000年ごろから「親の家を片付けてほしい」という依頼が急増しているとのことです。依頼が多いのは30〜40代で、親と離れて暮らしている人が圧倒的に多く、働き盛りなので常に親の家をチェックする時間がありません。久しぶりに実家に帰ったとき、汚部屋やゴミ屋敷化していることに驚くのです。そして、ショックを受けた子どもたちが早急にモノを捨てようとするので親が怒り出し、深刻な親子げんかに発展するケースも少なくありません。

「親の家の片付け」は、強制的に子ども側がモノを捨て掃除をすると親子関係がこじれてしまう…ということを考慮しながら計画的に進める必要があります。「うちの親は、まだまだしっかりしているから大丈夫」と安心して放置してはいけません。汚部屋・ゴミ屋敷化する前に、定期的に断捨離日を設けて不要品の整理や処分を手伝ってあげましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから