プロジェクターを買取サービスで処分する! 廃棄費用の節約方法とは?

プロジェクターは、映画館や学校や会社のプレゼンテーションなどで使用する映像を投影する機械です。最近では、価格も低下しており、ホームシアターやゲームなど個人的に利用するユーザーも増えています。プロジェクターは中古市場でも注目が集まっている機械といえるでしょう。不要なプロジェクターを処分する場合、廃棄するよりも買取サービスを利用したほうが廃棄のためのコストを大幅に減らすことができます。特に企業や法人などが処分する場合には産業廃棄物として非常に大きな処理費用が必要です。買取サービス利用の方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. プロジェクターとは
  2. プロジェクターの買取について
  3. プロジェクターの買取方法について
  4. プロジェクターの買取業者選び
  5. プロジェクター買取でよくある質問
  6. まとめ

プロジェクターは便利という反面、非常に処分の難しい機械です。中古市場ではプロジェクターの需要が高まっています。不要なプロジェクターを処分する場合、廃棄してしまうよりも売った方がお得に処分できる可能性があるのです。重い業務用ものなど自分で運搬するのが難しい場合には、買取・回収サービスを利用して売却・処分するという方法もあります。買取サービスなどの利用方法などを確認し、プロジェクターの処分・廃棄のためのコストを削減してみましょう。

1.プロジェクターとは

1-1.身近になりつつあるプロジェクター

プロジェクターは映画館や学校・会社などで使用する投影機器です。大画面で動画や資料などの映像が利用できます。最近では小型のものも販売しており、個人目的でも人気の高まっている電気製品です。

1-2.プロジェクターの種類とは?

プロジェクターの種類は用途によってさまざまなものがあります。投影方式による種類についてご紹介しましょう。

1-2-1.液晶プロジェクター

液晶パネルに光を当てて映像を映し出す方式です。光源になる水銀灯の寿命が短いため、頻繁なランプ交換が必要になります。液晶方式は小型のものも多いというのが特徴です。

1-2-2.DLPプロジェクター

DMDという素子を使用して映像を映し出す方式です。色彩や動画に対して品質の高い画像が出力できるため映画やゲームなどに向いています。

1-2-3.LCOSプロジェクター

LCOSは最先端の投影技術で、一部の高級プロジェクターに使用している方式です。高画質に特化した技術であるため、4K対応モデルも販売されています。高画質で動画にも強いという特徴の反面、製造・販売しているメーカーが少ないのが特徴です。

1-3.使い方による種類の違い

プロジェクターは使い方によってさまざまな種類やグレードがあります。使い方による種類の違いについてご紹介しましょう。

1-3-1.ビジネス用

文字や資料などを投影するための機能を強化したプロジェクターです。プレゼンテーションなどを目的とした機能が充実しており、明るい部屋でも文字が見えるようにできる機能などを搭載しています。

1-3-2.ホームシアター用

家庭で映画やスポーツなどを鑑賞する機能に特化したプロジェクターです。静音機能やサラウンド機能など動画を快適に鑑賞するための機能が充実しています。

1-4.最近人気のプロジェクターとは?

最近ではスマホやタブレットに接続して動画を楽しめるコンパクトタイプのものが人気です。機能や画質については価格やグレードによってさまざまですが、画質よりも手軽に利用できるものに注目が集まっています。

2.プロジェクターの買取について

2-1.買取とは

プロジェクターの処分を検討しているという場合には、捨てるよりも買取サービスを利用することで処分費用の節約できるのです。最近では中古品でも需要が高まっています。不要なプロジェクターは買取サービスの利用を検討してみましょう。

2-1-1.買取のメリット

買取サービスを利用するメリットは、通常であれば負担しなければならない処分費用を節約し、不要なものをお金に換えることができることです。もう一つのメリットは、搬出や運搬の負担なく処分できるという点にあります。特に大型品の処分には買取サービスに大きなメリットがあるのです。

2-1-2.買取のデメリット

買取サービスでは、すべてのものが買取対象にならないというデメリットがあります。壊れているものや古いものなどは買取対象になりません。買取できない場合には“有料回収”も利用できますが、その場合には処分料金を負担する必要があります。

2-2.買取できないものとは?

買取の対象となるプロジェクターは製造から3年以内のものです。古いものや故障しているものなどについては買取できません。プロジェクターはランプなどの消耗品が必要になるため、古くて消耗品が手に入らないものは買取できない場合があります。また、海外製で消耗品の購入が難しいものも買取できないので注意が必要です。買取の可否については、素人での判断は難しいため“無料査定”を利用してみましょう。

2-3.附属品について

プロジェクターの買取では“附属品”も重要になります。特にリモコンは、テレビに比べ特殊なものが多いたというのが特徴です。付属品を紛失しまっている場合には買取できないケースもあります。ケーブル類や説明書は買取に不可欠なものではありませんが、用意することで査定金額が上がる可能性もあるので査定前に探しておきましょう。

3.プロジェクターの買取方法について

3-1.どこで買取サービスを利用できる?

プロジェクターはリサイクルショップや不用品買取サービスなどで売ることができます。通常の家電に比べてやや専門的が知識が必要であるため、一部のリサイクルショップなどでは買取できないケースもあるため注意が必要です。自分では運べない大型品の場合には、出張買取サービスなどを利用して売ることもできます。

3-2.高額査定のコツ!高額査定商品とは?

3-2-1.買取の前にチェックしておくべきこと

プロジェクターを売る場合、査定前の確認事項として“動作確認”が非常に重要になります。査定前のチェック項目についてご紹介しましょう。

ランプの使用時間

水銀灯を使用するタイプのプロジェクターでは、ランプの使用時間を確認できるものがあります。メニューや設定の項目で確認可能です。

映像機器の接続確認

プロジェクターは映像機器を接続して使用する家電です。接続できる映像機器があれば、接続して映像や音声を確認してみましょう。

レンズのチェック

レンズはプロジェクターにとって非常に大切な部品の一つです。レンズに傷や汚れは査定に大きな影響を及ぼします。

3-2-2.査定について

実際の買取の前にインターネット査定を利用する場合には詳細な製品の情報が必要になります。製造年や製品の状態などは可能な限り調べておきましょう。インターネットによる査定は“仮査定”です。本査定は持ち込み時や回収時におこなわれるため査定と買取金額か異なる可能性もあるということを覚えておきましょう。明確な査定を受けるためには、できる限り詳細な製品情報を知らせるというのがポイントになります。

3-2-3.買取相場、手数料など

プロジェクターは製品によって販売価格が異なるため買取相場の詳細を知ることは費用に難しいといえるでしょう。

高額査定対象になる商品

査定は人気や需要による影響を受けるのです。最近ではBluetoothやwifiなどで接続できるものが人気を集めており、高額査定の対象になります。対応配線はHDMI・DVIなどのデジタル入力のあるものが人気です。

ビジネスモデル

プロジェクターはビジネスにおいても大きな役割を担っています。プレゼンテーション用の機能を持つものは需要もあるため高額査定の可能性があるのです。搭載している機能によって査定も異なるため、査定前に機能の確認をしましょう。

3-3.回収方法など

家電の買取サービスでは“持ち込み買取”“宅配買取”“出張買取”など複数の回収方法があります。自分の好みの回収方法を利用できる業者を選ぶことが大切なポイントです。自分では運搬できない場合には出張買取サービスを利用した処分を検討してみるのも良いでしょう。

3-4.注意点

プロジェクターの状態を判断するということは非常に難しものです。投影方式によって不具合の箇所は異なるため、電話やインターネットを利用した査定だけではどうしても判断できない場合があります。インターネット見積もりで買取可能となったものでも、実物の機能を確認した後に買取不可になってしまうこともあるのです。買取当日に、このようなことにならないためにも製品の状態を確実に伝えましょう。

4.プロジェクターの買取業者選び

4-1.業者選びのポイント

プロジェクターを上手に売るためには業者選びが大切です。不用品回収業者の選び方のポイントについてご紹介しましょう。

4-1-1.サービスの充実

不用品の買取・回収では、利用する業者によってサービスに違いがあります。プロジェクターを処分するうえで便利なサービスは“出張買取”や“24時間対応”などです。プロジェクターは高機能なものほど重い傾向にあり搬出や運搬は大きな負担になります。出張買取では製品の搬出や運搬を業者がおこなうため負担を大幅に軽減できるのです。また、買取サービスの利用時間が合わず処分できないという場合でも24時間対応であれば、都合の良い時間帯で利用できるというメリットがあります。プロジェクターの処分は、サービスの充実した業者を選ぶように心がけましょう。

4-1-2.買取実績

プロジェクターは通常の家電よりも査定に特別な知識が必要になります。適正な価格の査定・買取を受けるためには、買い取り実績も非常に重要なポイントです。買取実績については、ホームページなどで確認できるため見積もり前に確認してみるのも良いでしょう。

4-1-3.買取できない場合の格安処分

買取サービスを受けられない古いものや壊れたものを処分する場合には、格安回収処分サービスを受けられる業者を選ぶのも良いでしょう。単品回収ではどうしても高くなってしまう不用品回収も「詰め放題パック」などを利用することで手間をかけずに処分することができます。自治体の回収では処分の難しいプロジェクターを捨てる場合には、不用品回収サービスを上手に利用して処分しましょう。

4-2.申し込み方法

買取サービスの利用は、ほとんどの業者で同じような流れになります。申し込み方法から買取当日までの流れについてご紹介しましょう。

4-2-1.申し込み

買取サービスの申し込みは、インターネットや電話で受け付けています。申し込みの際には、どのようなサービスが利用可能で、買取できない場合には不用品回収が利用できるのかなどを確かめることが重要です。

分からないことや不安なことがあれば、申し込みの際に質問してみましょう。

4-2-2.査定・見積もり

申し込み後に、買取を依頼する商品の情報を伝え買取査定や見積もりがおこなわれます。ここでおこなわれる査定や見積もりは“仮”のものであるため、買取当日の本査定で結果が変わってしまう可能性があることを覚えておきましょう。正確な査定・見積もりを受けるためには“買取を依頼する製品の情報や状態を詳細に伝える”ということが大切です。

4-2-3.買取当日

買取当日は“製品の詳細な査定”“搬出・運搬作業”“買取代金の支払い”がおこなわれます。ほとんどの作業は1時間以内で終わるため、買取当日は長時間の拘束はありません。

4-3.注意点

最近では、不用品買取・回収の違法業者によるトラブルも数多く報告されています。不用品の買取・回収サービスを利用する上で大切なことは“業者選び”です。信頼できる業者に依頼することは、買取・回収トラブルを事前に回避するための唯一の方法といえるでしょう。

4-3-1.不用品買取・回収サービスに多いトラブルとは?

不用品買取・回収では“相場よりも安い価格での買取”や“当日になって多額の回収料金を請求された”などのトラブルが数多く報告されています。このようなトラブルを引き起こす業者のほとんどが、許可を受けずに買取や回収をおこなう“違法業者”です。トラブルを回避するためにも違法業者の買取サービスは利用は避けましょう。

4-3-2.違法業者の見分け方

違法業者の見分け方は会社の情報なおどの企業案内をしっかりと確認することです。トラブルの多くはトラック巡回による買取・回収をおこなっている業者になります。買取サービスを利用する業者の情報は必ずインターネットなどを利用して確認することを心がけましょう。

5.プロジェクター買取でよくある質問

Q:ゴミとして捨てる場合には、どう分別すればいい?

A:プロジェクターは自治体によって分別方法が異なります。分別に関しては各自治体に相談し、適切な方法で処分しましょう。

Q:ランプの寿命と表示されるプロジェクターは買取不可能?

A:ランプは消耗品であるため故障という扱いにはなりません。しかし、ランプが切れている場合には動作確認が難しいため査定を受けるのが難しいといえるでしょう。

Q:コントローラーが紛失してしまっている場合には?

A:プロジェクターのコントローラーは特殊な仕様であるため入手が難しいものです。紛失している場合には買取不可となってしまう可能性があります。

Q:業務用のプロジェクターでも買取可能?

A:ビジネスプロジェクターも中古市場では需要が高く買取の対象です。事務所などの統廃合などで複数のプロジェクターの処分する場合には、大量買取を依頼できる業者に依頼しましょう。

Q:プロジェクターは家電リサイクル法の対象品目ですか?

A:プロジェクターは“テレビ”という品目には当たらないため家電リサイクル法の対象ではありません。家庭からの処分では“一般廃棄物”としての処分、事業では“産業廃棄物”として処分しましょう。

Q:天井に吊っているプロジェクターの取り外し作業なども依頼できる?

A:別料金が必要になることもありますが、取り外し作業なども依頼できます。申し込みの際に相談してみましょう。

6.まとめ

身近になりつつあるプロジェクターは、中古市場でも需要があるのです。プロジェクターは家電リサイクル法の対象品目ではないものの、自治体によって分別方法が大きく異なります。不要なプロジェクターを処分したいという場合には買取サービスを利用するというのも選択肢の一つといえるでしょう。

買取可能なプロジェクターは“製造から3年以内”という目安があります。しかし、プロジェクターは非常に繊細な機械であることから、状態によっては買取できない場合もあるので注意が必要です。買取対象にならないプロジェクターの場合には不用品回収サービスで処分を依頼する方法もあります。使えるものであれば格安回収などの可能性もあるため、不用品買取・回収業者に相談してみましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから