コレで完璧!スプレー缶の安全な捨て方ガイド〜事故を起こさない方法はコレ

家の中に溜(た)まった不用品を処分する時、“これどうやって捨てようかな?”と悩むものはたくさんあります。中でも、代表格の1つといえばスプレー缶ではありませんか?

缶の注意書きを読むと、“高温になると破裂する”などと恐ろしいことが書かれており、適切な捨て方に悩んでしまいます。そこで、こちらではスプレー缶の正しい捨て方をレクチャーすることにしました。

  1. なぜ危険!?スプレー缶の基礎知識
  2. 要チェック!正しいスプレー缶の捨て方
  3. 日頃から注意!スプレー缶の扱い方

1.なぜ危険!?スプレー缶の基礎知識

ところで、どうしてスプレー缶には恐怖を喚起するような注意書きがなされているのでしょうか?まずはスプレー缶に隠された危険について正しい知識を得る必要があります。

1-1.スプレー缶による火災に注意

スプレー缶に使われているガスは、大半がLPG(液化石油ガス)・DME(ジメチルエーテル)などの可燃性ガスです。万が一、火がつくと火災が発生する恐れがあります。

実際、横浜市では風呂場でスプレー缶のガス抜きをしていた男性が、大やけどを負う事故が起こりました。スプレー缶から抜けたガスが風呂釜の火に触れて引火したことが原因です。カーテン・風呂桶(おけ)までが燃えており、一歩間違えば本格的な火災になっていたかもしれません。

スプレー缶を扱う際には、自分が危険な可燃物を扱っている…という強い認識が必要です。風呂釜の種火でさえ、引火して大事故になる可能性があるわけですから、決して気を抜いてはいけません。

1-2.スプレー缶の破裂に注意!

スプレー缶を扱う時に注意するべきは、空中に放出したガスへの引火だけではないのです。スプレー缶の内部に残っているガスが高温に晒(さら)されるケースにも注意が必要。

過去には祭りの準備中に、カセットコンロの近くに置かれていたスプレー缶が破裂する事故が起こりました。この時、近くで作業をしていた男性がやけどを負っています。

ガス抜きをしている時だけでなく、保管中に関しても火気には十分注意してください。ガスは熱されると体積が膨張するため、スプレー缶に収まりきらなくなって破裂する恐れがあります。

2.要チェック!正しいスプレー缶の捨て方

さて、さまざまな危険が潜んでいるスプレー缶を適切に処分するためにはどうすれば良いのでしょうか?中身が残ったままごみ集積場に置いてしまうと、直射日光の熱で破裂したり、ごみ収集車に投入した際に事故が起こったりする恐れもあります。基本中の基本として、絶対にガスが残ってる状態のまま捨ててはいけません。

知らないうちに加害者になってしまわないよう、入念に安全対策を施した上で処分するようにしてください。

2-1.殺虫剤・制汗スプレーなど気体のスプレー

ほぼ気体が入っているだけのスプレーであれば、捨て方は比較的簡単です。まずは屋外で残ったわずかなガスをすべて抜いてください。万一の引火を防ぐため、必ず屋外での作業を徹底しましょう。

スプレーをプッシュして、シューという音が聞こえなくなるまで中身を抜きます。もちろん、近くにタバコを吸っている人がいないか…など火気には注意を払いましょう。

中身が完全に抜けたら、一応、缶を振ってみてください。シャカシャカと中身が揺れる音がする場合は、缶を体温で温めて、もう一度ガス抜きを試しましょう。繰り返しますが、温めるのは必ず体温にします。間違っても火気に近づけたり、高温に晒(さら)したりしてはいけません。

最後にガス抜きキャップを使って残ったガスを抜けばOKです。プラスチック部分はプラスチックごみに、缶本体は金属ごみにするなど、自治体のルールに従って分別してください。

Webサイトによっては“缶に穴を開ける”と記載してあることもありますが、最近は穴開けを不要としている自治体が多いです。念のため、このあたりのルールも確認しておきましょう。

2-2.塗料など液体のスプレー

さて、塗料など液体の中身が入ったスプレー缶は少し手間がかかります。特に中身が残ってる場合、未使用の場合は処理に注意が必要です。屋外の適当な場所に塗料を噴射するわけにもいきません。

まずは屋外に大きめのごみ袋を用意し、中に新聞紙などの紙類を入れてください。そして、スプレー缶の中身を袋の中に入れた紙に噴射します。完全に中身がなくなるまで、徹底的に使い切りましょう。

中身がなくなれば、そこから先は気体のスプレーと同様です。ガス抜きキャップでガスを抜き、自治体のルールに基づいて分別してください。

ちなみに、使い切ったスプレー缶を処分する時ですが、その場合でも1度はごみ袋の中に噴射してみましょう。万一、中身が残っているとガス抜きの時に中身が飛び出る恐れがあります。

3.日頃から注意!スプレー缶の扱い方

もちろん、スプレー缶の取り扱いに注意したいのは、捨てる時だけではありません。日頃から、スプレー缶を保管・使用する際には十分な注意が必要なのです。

キッチンでコンロを使用中にゴキブリが出たら、ちゃんと火を止めてから殺虫剤を使用していますか?火がついたままでスプレーを噴射するのは非常に危険です。万一、コンロの方向にスプレーすれば、まるで火炎放射器のように炎が上がる恐れがあります。

制汗スプレーを使用する時、タバコを吸ったり、アロマを焚(た)いたりしていませんか?引火すれば大やけどを負うような事故に繋がりますし、室内に可燃物が多ければ大火災に発展する恐れもあります。

いかなる場合でも、スプレーに火気を近づけてはいけません。保管場所に関しても、近くに火気がない場所を選択してください。スプレー缶による事故を防ぐためには、ふだんの心がけが重要です。

まとめ

以上、スプレー缶を安全に処分するための方法でした。火気に近づけると大事故に繋がりかねないので、日頃から取り扱いには十分、気をつけてください。

  1. なぜ危険!?スプレー缶の基礎知識
  2. 要チェック!正しいスプレー缶の捨て方
  3. 日頃から注意!スプレー缶の扱い方

万が一の事故を防ぐため、危険物の処分には常に注意が必要。ちょっとした不注意が大事故を招く…という危機管理意識が、自分・ほかの人を守るための第一歩です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから